ピクシブ百科事典

ゴルダー

ごるだー

ゴルダーとは、初代ウルトラマンに登場する筈だった地球人が結成した悪の秘密結社“サン=ダスト団”が使役する怪獣の名称である。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンボツシナリオ『怪獣用心棒』(後に『ぼくら』(講談社) 1967年8月号掲載の「怪獣ゴルダーの巻」似て漫画化。詳しくはウルトラマン(一峰大二版)を参照)に登場する世界征服を目論む地球人たちによって結成された(←ここ重要‼)悪の秘密結社“サン=ダスト団”が使役する組織の用心棒にして守護神を担う巨大怪獣。別名は怪獣用心棒または用心棒怪獣

蝙蝠とも翼竜とも異なる恐竜型の頭部と全身の3分の2以上を覆う巨大な(先からのつま先まで全てを覆っている)を持つ。

巨大な翼でを自在に飛行することも可能だが、最大の武器はこの翼を使って発生させる真空波ドリル状に収縮させて貫通力を上げた状態で放つ『ゴルダー=ドリル』で、その威力はビル街や山麓をいとも簡単に貫き、灰塵へと変えるほどの威力を持つ。
また、からは“サン=ダスト団”が保有するレーザー光線銃のおよそ千倍の威力を誇る熱線を吐く能力を持っており、その威力は特殊合金で作られた原寸大サイズのウルトラマン像をいとも容易くドロドロに溶かしてしまう程の威力を持っており、これらの能力を使って2年前に某国の首都・アリーナをたった3分で壊滅へと追いやった。

反面、常日頃から凶暴という訳でもなく、“サン=ダスト団”本部(秘密基地)で暴れる事無く待機しているなど、普通の人間に御される程に大人しいが、特定の条件下(皆既日食が起きる)に置かれる事で急激に凶暴性を増すという習性を持っており、この習性を利用して“サン=ダスト団”はコルダ―を自分たちの用心棒兼世界征服用の生物兵器として利用している。

ウルトラマンをぎりぎりまで追い詰める程の強豪怪獣であったが、最後は早期に決着をつけるべく放ったエネルギーを結集して作った巨大な『八つ裂き光輪』の突き刺さる目掛けて放たれた『スペシウム光線』の直撃を受け二つのエネルギーの大爆発に飲み込まれて木端微塵に吹き飛び絶命する。

コルダーの敗北を受けた総統ヒラーは自分たちの野望がついえた事を悟り、基地の自爆装置を作動させ自決し、“サン=ダスト団”は壊滅した。

サン=ダスト団

総統ヒラー率いる世界征服を目論む悪の秘密結社。
構成員は地底人でもなければ宇宙人でもなく、ましてや異次元人でもない全員地球人と言うウルトラシリーズ類を見ない極めて珍しい悪の組織である(簡単に言えばウルトラシリーズに仮面ライダーシリーズショッカーなどを登場させたような感じ)。

戦闘員全員に強力なレーザー銃を配備されており、特殊合金でウルトラマンの原寸大の像をこさえたり怪獣コルダーを使役するなど、極め戦い情報網や科学力を保有しているが、組織としての全貌は謎に包まれている。

構成員

総統ヒラー
ゴルダーを利用して世界情勢を荒らし、その隙に世界征服を目論む“サン=ダスト団”の首領。ちなみに(重要な事なので何度も書いているが)彼はれっきとした地球人である。

変装術を得意としており、自分たちの野望達成に為に最も邪魔となる存在のウルトラマンと科学特捜隊早田隊員が密接な関係であるという情報を掴み、老人に変装して行き倒れを装い、早田に近付き彼を拉致することに成功する。

最後はコルダーの敗北を受け、最早これまでと悟り、基地の自爆装置を作動させ、爆発する基地と共に運命を共にした。

余談

2007年、実相寺昭雄監督の一周忌を忍び一峰大二氏が書き下ろした『ウルトラセブン ゴードの巻』(実相寺氏の没シナリオ『怪獣35+宇宙人15』をコミカライズしたもの)では、イカルス星人バルタン星人率いる怪獣傭兵の一匹として登場。イカルスとバルタンによって蘇らされた、とあるので、恐らく前述した漫画に登場するゴルダーと同一個体と思われる。
脳改造手術を受けて東京を蹂躙し、圧倒的な物量戦でウルトラセブンを完敗させるも、ウルトラ警備隊がばら撒いた興奮剤により他の怪獣と同士討ちを始め、最後の力を振り絞って変身したセブンのアイスラッガーの前に鎮められた。

関連項目

ウルトラ怪獣 初代ウルトラマン

コメント