ピクシブ百科事典

スノーマン(仮面ライダー)

すのーまん

スノーマンとは雪だるまを指す言葉であるが、ここでは仮面ライダーにてダブルライダーと初めて死闘を演じたショッカー怪人のスノーマンの解説を行う。
目次[非表示]

「ヒマラヤの雪男を改造したスノーマンだ!」
登場作品『仮面ライダー
第40話「死斗(しとう)! 怪人スノーマン対二人のライダー」
CV/池水通洋(オープニングのキャストでは辻村真人と誤表示された)

概要

死神博士ヒマラヤに生息する伝説上の怪物・雪男を改造して誕生した強豪怪人にしてダブルライダーと最初に戦った栄誉あるショッカー怪人。なんて無茶なことしやがる。動植物の要素がない、純粋なサイボーグとも言える異色の怪人である。
身長169㎝、体重68㎏。結構小柄だ。

ショッカー首領の招集命令に応じた死神博士が推し進める『日本征服作戦』の補佐が主な使命であったが、いざ実行しようと日本へ渡航する直前、スイス(桜島)で本郷の助手を務めるエミとミカによって『日本征服計画の秘密文書』が盗まれてしまうというトラブルが起こり、その計画書を取り戻すために暗躍する。

スイスにて1号ライダーキックを撥ね飛ばす程の強靭な肉体とパワーを誇るが、この手のお約束として、計画書を持っているエミがミカと服を取り換えた事に気付かずに誤ってミカを拉致するなど頭はあまり良くない模様…。彼自身はヒマラヤ人なので日本人の顔の区別が付かなかったのだろう。仕方ないね。

雪男というモチーフや見た目に反して冷凍・氷結系の技は持っておらず、それどころか「マグマを操る」というイメージとは真逆の能力を持つ。

桜島での決戦にて2号をその怪力で追い詰めるが、そこへ駆けつけた1号が合流した事で形勢が逆転。

ダブルライダーの猛攻の前に防戦一方に追いやられ、最後はダブルライダーキックを受け爆死した。

派生作品

映画『仮面ライダー対ショッカー』にて再生怪人軍団の1体として登場している。

すがやみつる版ではイカデビル配下として登場するが、単なる基地の見張り番であり、登場して2ページでサイクロン号に首チョンパされてしまった。

関連項目

ショッカー怪人 雪男 桜島1号

絶滅動物UMA由来のショッカー怪人

ピラザウルス ヒトデンジャー ザンブロンゾ ユニコルノス
アリマンモス

そのほかの雪男をモチーフにした怪人

コゴエンスキー 仮面ライダーレイ

類似モチーフのキャラクター

ユキオオカミ
ウー ギガス フブギララ 獣人雪男

名前だけ共通した怪人

スノーマンイマジン(こっちは雪だるま。英語で "snowman" と言えば雪だるまのことである)

関連記事

親記事

ショッカー怪人 しょっかーかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スノーマン(仮面ライダー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 657

コメント