ピクシブ百科事典

豆腐仙人

とうふせんにん

『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する怪人・ゴーマ怪人の1体。
目次[非表示]

「とうふふふふ…」
「麒麟拳のお兄さぁ~ん!俺と呑み比べをしようじゃないの」
CV/演: 城谷光俊
登場話: 第12話「豆腐で酔ったァ」

概要

豆腐を模した頭部に不気味な1ツ目、冷奴擬人化したかのような真っ白なボディが特徴的なゴーマ怪人。本来の姿はチャップリン風の大道芸人で、人間態でも走行中の自動車を蹴り飛ばすだけの、某ボタンむしり以上の脅威のスペックを誇る。
食べると酔った末に正気を失う豆腐で人間を泥酔させ、社会を堕落させたうえで滅ぼすのが使命。また、自身も大の酒豪にして酔拳使い。出刃包丁を模した大振りの刀に、土鍋の蓋を模した盾を得物とする。

活躍

ゴーマ豆腐で泥酔させたサラリーマン達を率いている最中にキリンレンジャーの攻撃を受けるも、しなやかな体術で往なしてその場を撤退。
その後和と豆腐屋の娘・町子を追いかける大五と将児の前に立ちはだかり、2人をアルコールで引火させた火で攻撃し、酒を浴びせて泥酔状態にさせる。

その後、ゴーマに攫われた町子を追いかけてきた和に対して「和が勝てば町子を解放して豆腐仙人は自爆、負ければ町子を堅いゴーマ豆腐で圧殺する」という条件で呑み比べを強要。ゴーマ老酒なるアルコール度数90%の酒を一気飲みし、和にもコットポトロに運ばせた老酒を一気飲みさせ、泥酔させた所を殺害しようとしたが、和が飲んだのはコットポトロに扮した将児と大五がすり替えたただの水であったため失敗に終わり、町子もリュウレンジャーにゴーマ豆腐を両断されて救出される。戦闘では酔いながらも冷や奴水平斬りや湯豆腐さいの目斬りという刀術で攻撃するも、キリンレンジャーが投げた気力酒を勧められるまま飲み干し、まんまと泥酔させられた所を急性二日酔い頭痛拳と天時星頭痛正拳突きでダメージを負う。(それがヒーローのやることか…。)

その後巨大化爆弾を起爆させ巨大化する。(その際「二日酔いが治った!」と発言している。)
口からの火炎放射で大連王をひるませ、大王剣を奪って攻撃するも、大王剣大放電で反撃されて剣を奪い返され、そのまま大王剣・疾風怒濤に散った。(その際チャルメラの音が響いている。)

余談

作中で泥酔した人間や豆腐仙人が酔った際に歌っていた歌は酔っぱらいつながりで『帰って来たヨッパライ』のパロディとなっている。「こんな会社辞めちゃおぉ~♪」といった歌詞から始まる強烈な電波ソングは、一度聴いたら忘れられないこと間違いなしである。

本作でシャダムを演じた西凛太朗氏も何かと酒に縁があり、「酒が呑めるから」という理由で小笠原猛監督から直々にシャダム役に合格し、後の『侍戦隊シンケンジャー』でも酒豪の怪人・血祭ドウコクの声を担当した。

デザイン担当の篠原保氏曰く、「キューブ男」と仮称されたノンモチーフのラフデザインから、サイコロか何かをモチーフにしようという流れで豆腐モチーフになったとのこと。また、大葉・かつぶし・ネギと、冷奴の薬味が網羅されたデザインは「豆腐としてパーフェクト」と称された。
また、知を演じた土屋圭輔氏が一番印象に残っているゴーマ怪人でもある。(土屋氏曰く、「あの口がいい」とのこと。)

関連タグ

ゴーマ族 ゴーマ怪人
酒豪

関連記事

親記事

ゴーマ怪人 ごーまかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豆腐仙人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント