ピクシブ百科事典

オトスパス

おとすぱす

オトスパスとは、ポケモン剣盾に登場するポケモンの一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.853
ぶんるいじゅうじゅつポケモン
タイプかくとう
たかさ1.6m
おもさ39.0kg
とくせいじゅうなん/テクニシャン(隠れ特性)


進化

タタッコオトスパス(レベル35以上でちょうはつを覚えさせてレベルアップ)

概要

第8世代で初登場したポケモン。タタッコの進化系。
みずタイプを持ってそうな外見に反し、かくとう単タイプ。

ボクシングスタイルだったタタッコ時代から一転、顔が覆面レスラーのようなデザインになり、柔術を主体とする戦闘スタイルに転向した。全身筋肉の塊から来る怪力と柔軟なボディが合わさった締め付け攻撃は強力。普段は水棲だが、わざわざ陸に上がって腕試しをするという武闘家的な側面も持つ。
グソクムシャとは捕食・被捕食の相互関係にあり、戦って敗れた方が勝者のエサとなるらしい。

一本を腰に巻いているため一見してわかりにくいが、脚(腕)の数はきちんと合計8本である。
また、一見すると耳のように見える側頭部の穴は水を噴射する器官で、現実のタコで言うところの「漏斗」という部位。図鑑では言及されないが、攻撃時には体外に伸ばすところを確認できる。
かといってオクタンとは違い、ここが口というわけではない。では口はどこにあるのか…と言うと、腕として使っている4本の脚の丁度真ん中、青と紺の境目となっている三角形の場所がそれ。タコの口も8本脚の中央であり、大幅なデフォルメこそされているものの遠からぬ位置であると言える。
このように現実におけるタコの体形を割と忠実になぞったポケモンだが、タマゴグループは前述のすいちゅう1に加えてひとがたも有する。人とは一体……

ゲーム中ではガラル地方の9番道路に固定シンボルで出現。流氷の間に佇んでおり、主人公が近づくと、足を巧みに動かして泳いで来る。というか人によっては進化前のタタッコより先に見る場合も。みずタイプじゃないのかそうでないのか初見プレイヤーが混乱しそうなヤツである。一応タマゴグループはすいちゅう1に所属しているが……。なおレベルは50固定とその時点ではかなり高めなので要注意。もちろん捕まえれば即戦力となる。
モチーフからして海に生息するポケモンである事が伺えるが、ワイルドエリアでは「げきりんの湖」の湖畔にも生息しており、淡水域でも活動可能な模様(これは他の多くのみずタイプにも当てはまる)。ちなみに陸地ではウニョウニョと音を立てながら高速で這い回って移動する。

全国図鑑No.は奇しくもタコを語源とする玩具凧の代表的な種類である『やっこさん』(853)の語呂合わせになっている。

ちなみに、ポケジョブで依頼が来る企業・施設のひとつ「ガラル警察署」のロゴマークにもなっている。

名前の由来は絞め技で相手を失神させる、という意味での「落とす」+オクトパスと思われる。
モチーフは派手な色合いからして有毒生物であるヒョウモンダコがモデルか。と言ってもコイツはどくタイプを持たないが。格闘技モチーフは分類で言及される柔術に加えて、イギリスで発展したレスリングの一つキャッチ・アズ・キャッチ・キャンだと思われる。
タコでレスラーというモチーフは、専用技を鑑みるにアントニオ猪木の代名詞であった技「オクトパスホールド」からも着想を得ている可能性がある。

ゲームにおける性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
8011890708042

かくとうタイプらしく高い攻撃を持つが、素早さはナゲキローブシンを下回り同タイプ中で最も遅い。耐久もそれなりで全体として決して低ステータスなわけではないものの、他のかくとう単タイプに比べていまいちパッとしない印象を受けてしまう。

特性2つは効果自体は強力だが、発動機会に恵まれるかというと微妙。
「じゅうなん」はまひ状態にならないが、元々のすばやさが低いためメリットになるかというと……
「テクニシャン」は威力の低い技が底上げされるが、適用される技でタイプ一致になるのは「リベンジ(攻撃を食らわなかった場合)」と「ともえなげ(+強制交代)」くらい。恒常的に威力が上がる技で有用なのは「フェイント」や「ぶんまわす」だがタイプは不一致。
強いて言えば相手のまひ撒きに対して交代出しができる「じゅうなん」の方が有用だろうか。

そんなオトスパスの個性が最も輝くのは技のラインナップである。
専用技のたこがためにより相手の耐久型ポケモンを逃さず処理できるのは大きな強み。進化に必要な「ちょうはつ」も役に立つ。「たこがため」を主軸に据える場合は必然的に自身の耐久も重要になってくるが、それと相性の良い「ドレインパンチ」や「ビルドアップ」などもちゃんと覚えてくれる。
水棲生物がモチーフだけあって、かくとう単タイプでありながら「アクアブレイク」や「たきのぼり」「れいとうパンチ」などを覚えるのも特徴。なお「ほのおのパンチ」と「かみなりパンチ」は覚えない。ますますみずタイプじゃないのが疑問だ……。
一応かくとうタイプの標準装備である「インファイト」や「ばかぢから」も覚えるが、大事な耐久を削ってしまうので相性は良くない。
ついでに実用性はほとんど無いものの、タコなので「オクタンほう」も覚える。

総じて、サイクル戦などで真価を発揮できるポケモンと言えよう。

また、天敵の多さからあまり実用的ではないが、「たこがため」を特性「あまのじゃく」を持つ味方カラマネロに浴びせて1ターンごとに防御と特防を上げていきつつ、カラマネロの「ばかぢから」で更に防御と攻撃を上げていくという軟体類戦法もできる。
それにしても締め付けられて防御と特防が上がっていく辺り、カラマネロはマゾヒストなのだろうか…?

関連タグ

ポケモン剣盾 かくとうタイプ タタッコ
オクタン…タコの先輩枠。こちらはしっかりみずタイプ。
カラマネロ…こちらはイカ。格闘技を駆使する。みずタイプに見えてそうではない点が共通。

関連記事

親記事

タタッコ たたっこ

pixivに投稿された作品 pixivで「オトスパス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 579130

コメント