ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※ネタと割り切れない方は閲覧しない事をお勧めします

概要

ラブライブ!東條希の俗称。
主に一部のニコ厨なんJ民、淫夢厨から使われる。
デブ+アネキ(「~ネキ」とは似非関西弁(猛虎弁)を使う女性キャラ全般につけられる敬称)をかけた造語。
クソデブ姉貴と同一と思われがちだが、呼ばれる経緯が全く異なっている(後述)ため、全く別の存在である。

こう呼ばれるようになった経緯

希の本来のスリーサイズは90-60-82と、むしろデブとはかけ離れた抜群なプロポーションを持っている。
特にプロジェクト初期の楽曲「Snow halation」PVの希はスリーサイズ通りの細いプロポーションでかなり評判がよく、実際当時は二回連続で人気投票3位をキープするくらいの人気はあった。

のんちゃん



しかし、μ'sの新譜が出るごとにどんどん体型がふとましくなっていき、スリーサイズが大差ないはずの絢瀬絵里(88-60-84)からどんどんプロポーションがかけ離れていく。

プロジェクト開始から3年目、TVアニメの放送開始が決定。公開された設定画・作画は完全に絵里とはかけ離れた骨太体型に変貌しており、最早スリーサイズに準えた初期の細い希の姿はなかった。

同時にアニメ化に伴いプロジェクトの知名度が急上昇した事でふとましい体型を新参から散々ネタにされ、デブ(直球)」、「土俵入り」、「紫ピクミン」、果ては『サンライズふとましいの奴』繋がりでドム呼ばわりされるようになった。その他亜種にサイコガンダムMk-Ⅱ(紫で体格がでかい事、一期11話の学祭の講堂使用を巡るクジに外れて体育座りしているシーンがMA(モビルフォートレス)形態を彷彿させる事に由来)が存在する。

にっくにっくにー
ど す こ い
μ’sピクミン


ドム先輩
【祝】東條希【誕生日】


※希は人気投票で9位(ドベ)になった事はない

さらに既存設定の似非関西弁スピリチュアル特技のハンドパワー♡マジでイケます♡、好物の焼き肉得意料理のうどんさん、趣味の昼寝わしわしMAXどこか卑猥な並び誕生日などもネタにされ始める。

そして、とどめが8話の「9人や、ウチを入れて」で決まった際立った伏線もないμ'sへの唐突な加入。
これが希のネタキャラとしての地位を確定づけるようになり・・・

「激寒クソデブオカルトタロットスピリチュアルハンドパワー「タレ目おっぱいツインテヤキニク淫乱盗撮セクハラワシが育てた神出鬼没大食いすっとぼけ副会長カメラマンストーカー家庭教師説得タダ乗り便乗入部お祈り一理ある一言多い土俵入り棒読み猛虎巫女おうどんさんとダンスに自信ネキ」

という長いあだ名が付く。しかもこれは現在進行形でどんどん長くなっている。さすがに長いのでこれを縮めてデブネキと呼ばれるようになった。

ニコニコでは公式配信で希が出るたびに赤(紫)の固定大文字(shita big red,purple)でどすこい」「重 量 過 多」のようにデブを連想させるワードをスペース入りで貼り付けた弾幕が一斉に張られるのがお決まりとなっていた。当然これを不快に思うファンも多いが、2期後半の頃にはそういった類のコメントは大分収まっていたのが救いか(shita big red,purpleは相変わらずだったが)。

余談だが希の声優である楠田亜衣奈滅茶苦茶細い。二次元キャラと大差ないレベルで細い。

太く見える原因

初期と比べ体型がふとましくなったとはいえ、公式で明確にデブと言われた描写はなく、実際高坂穂乃果小泉花陽がデブった二期7話でも希はデブ扱いされていない。
それどころか希はへそ出し衣装やビキニなど腰回りを露出した衣装を着ている版権絵を見ればわかるように、ウエストはかなりくびれている。
にも関わらずなぜ希は太く見られてしまうのかについては様々な意見が出ている。

作画

最も有力な説。ネットでも見る機会の多いアニメ一期9話冒頭のと並んだシーンを見れば明らかに必要以上に太く描かれているのが分かる(凛と希のウエスト差はわずか1cmしかない)。
前述したように初期はかなりの細身の体型だったことからもおそらくは「μ'sの母」としての貫録・包容力に説得力を持たせるために体系が変化した可能性がある。
「希はデブではなく、安産型なのでは?」という擁護意見もあるが、実は希のヒップの大きさはμ'sの中でも真ん中と意外に小さい。上には絵里、真姫花陽がおり、さらにウエスト込みなら穂乃果にも負ける。よって安産型というフォローも通用せず、作画スタッフが完全にスリーサイズを無視していると言わざるを得ない。

髪型

希は長い髪を大きく二つに分けて四か所で結んでいる。おそらくご利益や運勢を気に掛ける彼女の性格から考えれば「末広がり」を意識しているものと思われるが、これがなおさら身体全体の横幅を広く見せるのに一躍買ってしまっている。髪色と制服の色が似通っていたり髪の結び目も太いのもその元凶。
また、横髪も短いので後述の丸顔の輪郭がはっきり出やすいのも太って見える原因と思われる。
実際「Snow halation」や「Music S.T.A.R.T!!」のPV、アニメ二期12・最終話で見せている違う髪型の希は細く見えるとの声も多く髪型で損をしていると主張するファンも非常に多い。

顔が丸い

希はやや顔が丸みを帯びている。丸顔の人はやせていても太って見えてしまうのは珍しい事例ではない。一方スリーサイズがほとんど変わらない絵里は顔が楕円系で細長く見える(髪型がポニーテールなのも大きい)ためデブと呼ばれないのだろう。

希は他のメンバーと比べ唇がぽってりしているのか、下に線が描かれる事が多い。この表現が顔周りの肉付きをよく見せてしまっているという意見も多い。

巨乳

現実の巨乳女性は、ゆったりとした服を着ると胸の下に空間が生まれ、その分ウエストが太く見える。
この問題を解消させるためにアニメでは乳袋の手法が用いられやすい。
キャラデザでこの手法を嫌ったのか、制服を着た希の乳袋っぽさを少しでも無くすため、現実的な巨乳はウエストが太くみえる作画にした可能性もある。
へそ出し衣装やビキニだと本来のウエストになるのはこのため。人によっては、これも一つのギャップ萌えになるだろうか。

またこれは直接的な原因ではないが、ラブライブ!のプロジェクトが知れ渡る以前からデブさん呼ばわりされていた魔法少女まどか☆マギカ巴マミと見た目が似ていることも原因の一つであろう。マミとは体型云々の意見を除いてもたれ目、主要キャラ内で最も胸が大きい、最年長、やや発言内容が電波、経緯は違えどアパートで独り暮らしを送っているなど瓜二つと言ってもよいほど共通点が多く見られる。

ただ、現在でも稀に希がスリーサイズ準拠の細いプロポーションで描かれたカットや版権絵も存在する。他の8人がそこまで体型の作画にばらつきがない中、作画の不安定さが非常に目立つキャラとも言えよう。

影響

あまりにもネットで希=デブのイメージが定着しすぎたため、アニメ放送と同年の12月、希専の合同同人誌「デブライブ!」が刊行されるまでに至っている。ちなみにうおォン ウチはまるで人間火力発電所や」のネタ発祥はこの同人誌。
また、この煽りをもろに受けて本来のぽっちゃりポジションである花陽の大食いネタが半ば空気化してしまっているという事態まで発生している。本人は喜ぶべきなのか悲しむべきなのか…

一応アニメ開始直前のビジュアルやスクフェスのメインストーリー内の会話で巨大サイズの肉まんが出てきたり、ピザハットとのコラボ企画では穂乃果に負けじと高カロリーのミックスピザを推している事からも穂乃果や花陽ほどではないにしろ希も結構食い意地が張っているというのは強ち間違いではない。
さらにアニメイトに期間限定でオープンしたラブライブカフェでは希のメニューに温泉卵入り焼肉がチョイスされ、花陽のチキンカレー大盛りライスと共に強烈なインパクトを放っている。
もしかしたらパラレル世界ではμ's加入時は細かったが、肉まんや焼肉の食べ過ぎ&昼寝のしすぎでどんどんふとましくなっていったのでは…と考えられなくもない。

後継者

ラブライブアニメ二期終了後、すぐに2014年7月から放送開始された浦安鉄筋家族ではなんと希役だった楠田亜衣奈がガチのデブキャラである鈴木フグオを担当する事になってしまった。
この時のニコ厨その他もろもろの反応はお察し下さい

また、2015年1月から始まった「アイドルマスターシンデレラガールズ」の登場人物には公式大食い設定を持ちほかのアイドルと比べBMI値が高めの三村かな子がいるが、公式配信ではやはりニコ厨達のターゲットにされ、彼女が映るたびshita big redのデブコメ弾幕を張られる羽目に。見事に希の後継者として扱われてしまっている。

…念のため再び言っておくが、ラブライブ!で公式に大食い、ぽっちゃり体型と説明されているのは花陽の方である。
ここまで来ると希を防波堤にした風評無害とも言うべきであろうか…

関連タグ

ラブライブ! 作画崩壊 デブライブ! 風評被害 恵体
クソデブ姉貴 マシュマロ女子
深堀純代 巴マミ/肥マミ 三村かな子
なんJ やきうのお姉ちゃん デブさん

pixivに投稿された作品 pixivで「デブネキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154486

コメント