ピクシブ百科事典

必要悪(特撮・実写)

とくさつとじっしゃさくひんにおけるひつようあく

特撮・実写作品における必要悪を取り扱った記事。
目次[非表示]

注意

  • この項目には過度なネタバレと主観的な記述を含みます。 閲覧の際には十分注意してください。


必要悪」の定義については親記事を参照ください。

仮面ライダーシリーズ

最終回のあれ
彼もまた、ネタバレになるが世界と友、そして愛した人々を救うため、自らを(世界にとって)忌み嫌われる存在へと貶めた男である。詳細は彼の項目を参照。ただし、彼は上記のラオウなどとは異なり、人を傷つけるなどの忌み嫌われるような悪事を敢えて行わったわけではない。どちらかというと、自己犠牲的な一面の方が強い人物である。よって、狭義で言うところの「必要悪」とは言えないかもしれない。
兄弟
彼もまた、ネタバレになるが大切な人を守るため、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。
俺たちの旅はまだまだ続く
彼もまた、ネタバレになるが仲間達を救うため、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。


大河ドラマ

お題第12回:痛み by蜂
彼も主君を守るために、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である


海外ドラマ

米国の私立陸軍幼年学校(架空)の校長であり、米軍に勤める軍人でもある。階級は大佐。陸軍学校の理事長が赤字経営に陥っていることを指摘し男女共学の短大にしようとしていたことを受け、祖国を守るためには陸軍学校が必要であるという信念を持つ彼は式典に用意された祝砲用の大砲に仕掛けを施し理事長を爆殺させた。ただし、彼の場合はあくまで事故としてとは言え反抗的な劣等生に(整備が不十分だったとして)責任をいくように偽装しており、必要悪としては少々度が過ぎている面もある。コロンボの追及の果てに、彼は学校を守るため、つまり祖国を守るためなら悪事であろうと何度でも行うと話した。
  • 「戦争は何度でも繰り返される…」
  • 「これは必要だった。私は何度でもやるだろう。」


関連タグ

必要悪 親記事。
悪役 ダークヒーロー

コメント