ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意

  • この項目には過度なネタバレと主観的な記述を含みます。 閲覧の際には十分注意してください。


必要悪」の定義については親記事を参照ください。

仮面ライダーシリーズ

最終回のあれ
彼もまた、ネタバレになるが世界と友、そして愛した人々を救うため、自らを(世界にとって)忌み嫌われる存在へと貶めた男である。詳細は彼の項目を参照。ただし、彼はラオウなどとは異なり、人を傷つけるなどの忌み嫌われるような悪事を敢えて行った訳ではなく、どちらかというと自己犠牲的な一面の方が強い人物である。よって、狭義で言うところの「必要悪」とは言えないかもしれない
純情
彼もまた、ネタバレになるが自分の正体を知った後は地球上のワームを全滅させるため、自らをワームの頂点に立つ存在へと貶めた男である。
兄弟
彼もまた、ネタバレになるが大切な人を守るため、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。
俺たちの旅はまだまだ続く
彼もまた、ネタバレになるが仲間達を救うため、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。
時の王様
彼もまた、ネタバレになるが世界を救うため、遠い先の未来で自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。


テレビドラマ

いい加減目覚めなさい!
当作品の主役であり、半崎小学校の6年3組担任。作品のタイトル通り、彼女は女王、もしくは鬼教師という振る舞いで児童に接し、体罰や成績による差別など苛烈な仕打ちを児童たちにさせていた。しかし、その真意は子供たちに自立心と強靭な心を持たせることにあった。本作品の前日譚で彼女が「女王」になるまでのエピソードが描かれており、その意味では哀しき悪役とも言える。
  • 「いい加減目覚めなさい」
  • 「自主性や自由とか言って大人が放っておいたら、子供は自由と非常識を混同するようになるだけです。」


大河ドラマ

お題第12回:痛み by蜂
彼も主君を守るために、自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である


海外ドラマ

米国の私立陸軍幼年学校(架空)の校長であり、米軍に勤める軍人でもある。階級は大佐。陸軍学校の理事長が赤字経営に陥っていることを指摘し男女共学の短大にしようとしていたことを受け、祖国を守るためには陸軍学校が必要であるという信念を持つ彼は式典に用意された祝砲用の大砲に仕掛けを施し理事長を爆殺させた。ただし、彼の場合はあくまで事故としてとは言え反抗的な劣等生に(整備が不十分だったとして)責任をいくように偽装しており、必要悪としては少々度が過ぎている面もある。コロンボの追及の果てに、彼は学校を守るため、つまり祖国を守るためなら悪事であろうと何度でも行うと話した。
  • 「戦争は何度でも繰り返される…」
  • 「これは必要だった。私は何度でもやるだろう。」


洋画

  • ユーリー・オルロフ(Lord of War])|ウクライナからユダヤ人を装って親とともに移民してきたアメリカ移民1世。作中では武器商人として紛争が続くアフリカ諸国を中心に活動する。そして、1995年のある日商用でリベリアのモンロビアに立ち寄った際、ユーリは、同国の大統領アンドレイ・バプティストから呼び出しを受ける。大統領は、商魂逞しいユーリを一目で気に入り、以降ユーリはもっぱら彼と取引するようになる。その後、とあるトラブルにより弟を死なせてしまい、自身も弟の遺体から検出された銃弾で拘留されてしまう。しかし、彼がいなければ武器の販売を続けられない当局の何者かの判断によって釈放され、武器商人を続けるところで映画は終わる。なお、ヴィクトル・ボウトという実在の武器商人のモデルにしたといわれている。
  • 「最大の武器商人は君たちのボス、合衆国大統領だ。輸出量は1日で私の1年分。中には履歴が残るとまずい取引もある。そんな時は―私のようなフリーランスに委託する。だから…僕を悪と呼ぶのはいい。でも君たちにとっては、必要悪なんだ。」

関連タグ

必要悪 親記事。
悪役 ダークヒーロー

関連記事

親記事

必要悪 ひつようあく

兄弟記事

コメント