ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意

  • この項目には過度なネタバレと主観的な記述を含みます。 閲覧の際には十分注意してください。


必要悪」の定義については親記事を参照ください。

スーパーロボット大戦シリーズ

DCの総帥。異星人の存在に気づき、その主張を連邦に受け入れられなかった為に反乱を起こす。だがそれは所謂『現実主義者』としての決断であった。そのことでイングラムからもある意味正しいと言わせたほど。
  • 「平和を求めるのはよい…だが、それにおぼれては…ならん」
  • 「守るべきものがあるなら、それを守るだけの勇気と力を持ち続けるのだ‥‥」
ヴィンデル
シャドウミラーの総帥で、戦争は人類にとって必要不可欠を説き、平和は世界を腐敗させていると嫌う。これは現実主義者のビアンとは対照的である。
  • 「……平和は何も生み出さん。ただ世界を腐敗させていくのみ」
  • 「人類は闘争によってさらなる進化を遂げなければ、来るべき星間戦争を生き残れんのだ」
リクエスト③
必要悪として動いていたのは『ヒーロー戦記』にて。登場当初は記憶喪失であったものの、記憶が戻った際に己の使命が「予知能力で知った世界の破滅の阻止」であることを理解したことで、一度世界の全ての秩序と文明を破壊し、その後にまったく新しい秩序を組み立てることによるスクラップ・ビルドを実行に移すべく、「アポロン総統」と名乗り、世界中のテロリストへの支援を行った。
  • 「悠長に事を運ぶわけにはいかん。それが、この世界を救うためなのだ⋯」


アーマード・コアシリーズ

地下世界レイヤードを統括するAI。荒廃した地上の復興が十分に行われた頃を見計らい、実働部隊を用いて企業や人間社会を無差別に攻撃する事で人間達に自身を討たせ、復興した地上へと促そうとした。
続・狐目
元レイヴンズアークの首魁。前作に起きた世界荒廃を生き延びたレイヴン達を率いて「バーテックス」を組織し、企業連合「アライアンス」に対して24時間後に総攻撃をかけると宣戦布告。しかしそれは、世界を荒廃に追いやった特攻兵器の大元たるインターネサインを倒し得る存在であるドミナントを見つけ出す為であった。
  • 「全ては私のシナリオ通り。残るは憎まれ役の幕引きだ」
  • 「私が生きた証を、レイヴンとして生きた証を……最後に残させてくれ」
諸君、派手に行こう
企業のクレイドル体制に反発している中でも最大の反動勢力であるORCA旅団の長。度重なる戦争とコジマ汚染により地球は深刻な環境破壊を被り、近い将来起こり得る人類種絶滅を危惧した彼は、人類種を生き延びさせる為に宇宙という新たなフロンティアを手にする計画「クローズ・プラン」を提唱。クレイドル体制の要であるアルテリア施設を占拠し、エネルギーを衛星軌道掃射砲に送り込む事で宇宙進出の障害となるアサルトセルを破壊しようとした。
  • 「最悪の反動勢力…ORCA旅団の御披露目だ、諸君…派手に行こう」




妖怪ウォッチシリーズ

ねちがえてるオレ来たぜ!
ケータのクラスメイトや担任をはじめ、多くの人達を寝違えらせたニョロロン族の妖怪。しかしそれには理由があり、前世は整体師のおばあさんの世話になっていたカエルの『ケロちゃん』で、彼女が営む整体院の利用客が最近減ったためだった。自分のやっていることが悪いことだと知りながら、あえて悪となっておばあさんのためを思ってやったことだった。
  • 「それでもオイラ、お婆ちゃんに恩返しがしたかったんだケロ…。」
  • 「自分でも、悪いことだとは知っているんだケロ…。」
  • 「なるほど…寝違える人が増えると、少しでもお婆ちゃんのお客さんが増えると思ったのですね~」 (ねちがえるの真意を知ったウィスパーのセリフ。)
おくらいり
ケータ父親のアイデアをお蔵入りにした妖怪だが、それはそのアイデアが上司のアイデアと被ったためにやったことだった。さらに体内には『無意味な妖怪』・『著作権上ヤバい妖怪』・『下品極まりない妖怪』・『子供が必ず泣く恐れがある妖怪』が入っており、『お蔵入り』というものがどれほど社会において必要悪なのかをケータたちに教えている。
  • 「そりゃあ、世の中に出すべきじゃない…出しちゃいけない妖怪はお蔵入りするんだよ。」


他ゲーム

宇宙一カッコ可愛い大王さま
プププランドの自称大王。基本的にはカービィのライバルとして振舞うが作品によっては必要悪といえる行動をとる事もあり、一例としては夢の泉の物語においてナイトメアにより人々が悪夢に苦しめられる事を防ぐべく、スターロッドを隠す事で彼らが夢を見る事を出来なくする事で対処しようとした。
トリックオアニート!
ここに登場する他のキャラと違い本人が必要悪という訳ではないが、ゲーム内のカードである[ハロウィンぷちデビル] 双葉杏+のイラスト中で、ライブコンサートの真っ最中に必要悪と書かれたTシャツと共に舞台の天井から吊り下げられている。
ピサロ
魔族の王。罪のないエルフロザリーが流すルビーの涙目当ての人間から彼女を守ろうと暗躍する。その一方で人間を根絶やしにしようとする、そしてその障害となる勇者の芽を摘むべく山奥の村を襲撃、キングレオを進化の秘法の実験台にするなど悪逆非道な行為も辞さない。リメイク版では真のラスボスエビルプリーストを倒した際にマスタードラゴンから「あの者の力が無ければ真の巨悪を滅ぼせなかっただろう。」と評価している。
  • 「聞いてくれ、ロザリー。わたしは、人間をみな滅ぼすことにした。」
  • 「しばし、だまって進め。目の前に、目的があるうちはな。」
クソデブ王子と聞いて
他のキャラとは異なり、メタ的な意味での必要悪。アルゴリザードからアルゴンハートを回収する自分の試練に付き添った主人公達を散々振り回した挙げ句、巨大なアルゴンハートを購入して主人公達の苦労を無に帰す、更にミーティア姫との結婚式の際にはその恩を忘れ主人公を侮辱するが、最後はそれらが災いしてミーティアに逃げられたり、主人公にミーティアを奪われ、3DS版では婚約を破談にされてしまう。さて、本題に入ろう。チャゴスが憎まれ役なのはそもそも彼が、エンディングを綺麗にまとめるための必要悪だからである。彼が褒める所が一つもないため、「王族の結婚式の妨害」「結婚式で花嫁を横取りする」「主催者そっちのけで第三者同士の結婚式を執り行う」と言う展開が周りに認められる良展開となるからである。憎まれてもおかしくない面だらけだが、見方を変えれば必要悪になると言う点は後述のヒガナと通ずる所がある。
世界の平和を脅かす隕石を止めるためなら、テロや世界が破滅しかねない行動をも辞さない。など上述のピサロと通じるものがある。
  • 「この世界にとっての希望は、ある人たちにとっての絶望 ……わかる? 」
  • 想像力が足りないよ
色々伸びる男
宗教家として無駄な争いはやめるべきとしつつも、ファイトマネーで飢えた子どもたちを救うため自分自身に「必要悪だ」と言い聞かせてストリートファイトに身を投ずる。
  • 「私は今日も勝って帰る…」
嘲笑う火影?
彼もまた、ネタバレにつき割愛するが未来を救うために自らを忌み嫌われる存在へと貶めた男である。
  • 「この世界の事がけっこう、気に入っているんだ」
【DOD3】そろそろ時間だ
彼女もまた、ネタバレになるので詳細は伏すが人を救うために自らを忌み嫌われる存在へと貶めた女性である。
  • 「そろそろ時間だ」
きぞくといっしょ
カイバーベルトの脅威を察知したため、対処する為に世界中の人々を一致団結させる必要があることに気づく。そこで「誰の目にも判りやすい悪がいれば、人々はその悪に対抗しようと一つになるだろう」と考え、世界征服を企むテロ組織オデッサに対して、表では対抗する姿勢を見せながらも、裏で資金などを援助。
グランベロスの戦友
神竜たちが悪戯と戯れに人間たちへ力を与え、その力で殺し合いをする様子を楽しんでいた歴史ゆえに、人間同士の戦争がその後も絶えなかった。そこで、世界全土を征服することで戦争を終わらせようとしたのか、全ラグーンを手中に収める。事実、征服後は多くのラグーンの治安が保たれていた。
宇宙の全てを無に返す存在「虚空から来たる者」を打ち倒すすべを考えた結果、故郷の星の生物を4000年のサイクルで滅亡⇒種族交代させ続け、その結果、数え切れないほどの犠牲者を生み出している。交代するたびに新しい種族はより争いに満ちた性格が身につき、本編で台頭してきた人間種族はついに同族同士で争うようになったのだが、ミトラにとってはまさに狙い通りであり、自分たちを超える者であることを期待して戦いを挑んでくる。
  • 「私はそこにかけた。再び戦いが、始まるまでに
  • この星の生命に、おおいなる進化をとげさせようと‥‥」
賈充
かなりの悪党じみた立ち回りをするが、単純な悪人ではなく司馬昭の秘めた才能を認めており、己のためではなく司馬昭を魏や天下を収める器に至らしめることを目的として暗躍している。
  • 「踊り狂え…、そう、それでいい…」
  • 「任せておけ、こういった事は、お前より俺の方が得意だ…」
自身と坂本龍馬の育ての親である吉田東洋の暗殺を仕組んだ黒幕だがその真意は国を変える為の手段を選び過ぎていた東洋を殺害する事でその意志を受け継ぐ事であった。
  • 「忘れちまったな、後悔なんて言葉は」
薄桜鬼 黎明録
新選組筆頭局長であるが、気に食わないと容赦なく鉄扇で殴ったり、横暴な態度を見せた丸腰の力士相手に刀で斬ったり、自分に無礼を働いた舞妓の髪を刀で斬り落とさせたりと様々な横行を見せていたが、これをきっかけに近藤や土方は合津藩より命を受けて暗殺を実行、結果若変水を飲んで羅刹になり土方と戦うも胸を刺されて死亡した。この結果新たに近藤勇を局長にし、土方は汚れ役を引き継ぐ。彼がいなければ、今の新選組はなかったのかもしれない。
  • 「土方、お前は鬼になれ」
  • 「よくやった…」
安哥拉曼纽·满羁绊贺图
とある村で世界中の人間の善意を証明するために、「この世の全ての悪の根源」として文字通り必要悪に仕立て上げられてしまった人間が英霊となったもの。その在り方が人々の「願い」そのものであった故に聖杯戦争を狂わせる元凶となってしまった。
ノイズシティの住民。同じビルの住民曰く「関わりたくない」と評される犯罪組織に所属している。しかし彼はそのような組織に所属しながらも被害を受けたチョロQ達を忠告を通じて救うということをしている。実際に劇中でも昔組織に誘拐されたヤビンを助け、生きていく上で必要なことを厳しく教えていた(このことが現在のヤビンが改心するきっかけにもなる)。このゲーム以降、複雑な悪役と呼べる存在がチョロQシリーズでも出てくるようになるが、彼がその始まりであると言える。
  • 「それをわかっていても しなくてはいけないことがあるんだ。いくらたにんにウワサされてもね。」
  • 「ボクは、つよく、やさしくきびしく そういうしごとをしているのさ。 ボクはね・・・。」
ゲーム中の敵対勢力「北領軍」の首領であるクラウス柳が切り札として残していたロボット。クラウスが起動した際、「彼」は自分の意志で動き始め北領軍の本拠地をクラウスもろとも全壊させた。更に鶏野遺跡に向かうため鶏野市への侵攻を開始する。しかし真の目的は遺跡に遺るアスモデウスに搭載された「D機関」を破壊し、彼らを作り上げた古代文明を滅ぼした「破壊神」が現れるのを防ぐことにあった。狙いはD機関の破壊だけであったが、「彼」にとって遺跡へ最短で向かうために障害となる建造物等を破壊する必要があったため、結果論として必要悪になったタイプのキャラである。


関連タグ

必要悪 親記事。
悪役 ダークヒーロー

関連記事

親記事

必要悪 ひつようあく

兄弟記事

コメント