ピクシブ百科事典

お前のような病人がいるか

おまえのようなびょうにんがいるか

そんなにハッスル出来て、ホントに余命いくばくも無いんですか・・・?(汗)
目次[非表示]

概要

お前のような病人がいるかとは、重病や難病を患っている病人であるにもかかわらず、その設定を投げ捨てるようにエラく御達者な様子の当人を指す。

元ネタは、漫画『北斗の拳』の登場人物・ケンシロウが、老婆に扮した拳王の手下に放った一言。
おまえのようなババアがいるか」から。

この台詞の原点は、同じく『北斗の拳』の登場人物であるトキである。
彼自身、ケンシロウユリアの猛威から救うべく、物語序盤で定員を超過した核シェルターから自ら退出して死の灰を被り、不治の病を患う。これにより、「もっとも北斗神拳の継承者に近い男」とされながら、あえなく候補から外されることとなる。

しかしながら、公式に病人設定があるにもかかわらず、劇中では体力の限界状態で北斗有情破顔拳を放ったり、寿命を削る副作用のある刹活孔を使用してラオウに挑んだり、なんだかんだでその後のリュウガ編まで生きていたりと、かなり(?)ハッスルしていた…。
(補足であるが、原爆症と言ってもその症例は多岐にわたり、80歳以上のご長寿がいることを鑑みれば、即座に死につながるとは言い難い一面もある。(※あくまで一面))

これをさらに加速させたのがアーケード格闘ゲーム版『北斗の拳』である。プレイヤーキャラクターとして参戦したトキであったが、「ジョインジョイントキィ」の言葉ができるほどに強力なキャラクター性能で一気にプレイヤーたちを席巻。病に蝕まれているという公式設定は「設定は投げ捨てるもの(キリッ」と言わんばかりに、ゲーム版『北斗の拳』のぶっ飛んだゲーム性の体現者となってしまった。
もっとも、トキは相手の力を利用する柔の拳の使い手であるため、病によって体力を削られていてもその拳は十分すぎるほどに脅威になりうるのだが。

とりあえず、公式に病人設定がされているのもかかわらず、そんなことはお構いなしにいろいろとはっちゃけている状態へのツッコミとして貼られるタグである。
上記の件もあって、本タグが貼られるネタの大半はトキである。
二次創作方面に行くと、もはや定番ネタと化しており、公式に病人である場合、どこが病人だと激しくツッコみたくなるものが非常に多い。
またMUGENでも、あえてそのネタを利用したキャラを制作する猛者もおり、大体は病院帰り・退院して完治と称して、かなりカオスな方面にいっている。

そう叫びたくなる病人達

実在する人物

追記募集中

架空の人物


その他


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「お前のような病人がいるか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59147

コメント