ピクシブ百科事典

スダル・ウルキュー

すだるうるきゅー

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」に登場する、ギャングラー怪人の一人。
目次[非表示]

「お前、人間の中ではマシな顔だなぁ。俺のモンになれ」
あいつは今朝の…そうだ。俺に恥をかかせたんだ。たっぷり礼をしてやるぜ!」

演・CV:塩口量平/スーツアクター:伊藤茂騎

データ

身長/187cm(巨大金庫身長/46.8m)
体重/206kg(巨大金庫体重/515.0t)
犯罪歴/かまいたち事件、咲也の濡れ衣事件
犯罪技/タコスミラージュ
ルパンコレクション/「風立ちぬ~Filer comme le vent~」

概要

姿を消す迷彩能力と風の刃を扱うギャングラー怪人
潜水服にタコ足が絡みついた様な体に、タコ壺そのものの頭部を持つ。
人間界に潜伏している時は、前髪の右一部を赤く染めたチャラ男風の男の皮を被っている。

光の屈折を操作し透明になって自身の姿を消す犯罪技『タコスミラージュ』を使い、相手に気配を悟られないよう身を隠すことができる。また、その状態で他人の身体を掴んで操る芸当が出来、掴まれている状態だと掴まれた対象にしかスダルの感覚がわからない。もちろんその対象がその行動をしたようにしか周りから見えない為、状況によっては相手に濡れ衣を着せることが可能。

タコが絡みついたような先端部を持つ大銛『ホシダコ大銛』を武器に、犯罪技で姿を隠しながら、敵の意表をつく不意討ち戦法を得意とする。

更に自身が所持する鉄扇ルパンコレクション「風立ちぬ~Filer comme le vent~」の力により高い切断力を持つ風の刃をホシダコ大銛から放てる様になり、それを姿を消した状態から放ち、車や建造物を切断する破壊活動を実行。巷で“かまいたち事件”と呼ばれる騒動を引き起こしていた。
しかし、コレクションの金庫が光ってしまうためか直接戦闘時は相性が悪い。

ルパンコレクションを納める金庫は後頭部にあり、暗証番号は「371」。

犯罪技でコソコソ隠れて行動するのを好むからか、恥をかかされた報復目的で咲也の信用をズタズタにする行動を迷いなく起こす等、その性格は卑劣で陰湿。

活躍

冒頭で化けの皮を被ってナンパをしており、気に入った女性を無理やり連れ去ろうとするも、出勤途中で通り掛かった咲也に邪魔された上に頭を冷やせとばかりに近くの噴水へ頭を突っ込まれ、その場から逃亡する。

こうして恥をかかされて不機嫌になるも、偶然、同僚や上司と共にビストロ・ジュレへ入店する咲也を発見。
そこで一旦物陰へ隠れて化けの皮を脱ぎ、咲也に報復しようと犯罪技を使って姿を消しジュレへ侵入。そこで咲也の身体を掴んで操り、国際警察審議官の梁上信太の頭にビシソワーズをぶっかけ、止めに入った圭一郎つかさ顔を殴り飛ばし、さらに梁上審議官にテーブルを蹴り飛ばして彼を庇ったヒルトップ管理官を巻き込む等の暴挙を起こし、一通り報復が終わった後は、今頃とんでもない目に遭っている咲也を嘲笑いながらその場を後にする。

こうして咲也はカンカンに怒った梁上審議官からクビを言い渡され、「自分が起こした行動じゃない」と弁明しても、スダルの姿が見えなかった圭一郎やつかさからも言い訳と思われて信じてもらえず、厳しい言葉を受けてしまう(つかさからは「疲れている」と言われる始末)。ヒルトップの必死のフォローでクビは何とか免れたものの、代償として2週間の自宅謹慎処分を言い渡され、さらに一歩でも外出したら問答無用でパトレンジャーをクビになると言われ、VSチェンジャートリガーマシン2号も没収されてしまう。

しかし、ジュレに入り込んであれだけの騒動を起こした為、自身の匂いを店内に残してしまったようで、その残り香を嗅ぎ付けふらっと現れたグッドストライカーに自身の存在を悟られてしまう。
半信半疑なルパンレンジャーだったが、透真は咲也の行動を思い返し、もしかするとギャングラーが能力を使って侵入する可能性はゼロでは無いと感じ、翌日、確信を得る為ルパンレンジャーが謹慎中の咲也の元へ訪れて問いかけた事で、透明化能力を持つギャングラーがジュレに入り込んだことを確信。

咲也もルパンレンジャー三人に話したことで自分がギャングラーに掴まれて操られていたのに気付き、急いで国際警察に電話をかけて出動許可を申し立てるが、梁上審議官から「現場復帰したいが為の戯言」と信じてもらえず、命令に背いたらクビだと釘を刺され、連絡に失敗。

その頃スダルは今度は体育館をかまいたちで破壊し、次の建物をかまいたちで破壊しようと活動を開始するもそれを聞き付けて現場へ急行した圭一郎とつかさの乗る国際警察の車両を発見。ターゲットを二人に変更して車両をかまいたちで一刀両断、間一髪で脱出した二人へ姿を消しながらかまいたちを浴びせて翻弄する。
一方、咲也はまだ敵の正体が分からない圭一郎とつかさを助けるべく梁上審議官の言葉を押し切って外へ飛び出す。そこへ現場へ向かう途中、咲也の行動を読んで先回りしていたヒルトップに止められるが、「構いません!!守らなきゃいけないの僕の立場じゃない!!みんなの笑顔です!!」と咲也は強く叫ぶ。
彼の熱い信念を受け取ったヒルトップからパトレンジャーの装備を返して貰い、クビ覚悟で咲也が駆け付け、現場に到着した時にかまいたちを使う度に金庫から漏れ出ていたルパンコレクションの光を手掛かりに狙撃、姿を燻り出されてしまう。
そのまま三人揃い、警察チェンジしたパトレンジャーへ姿を見せたまま交戦。だが不意討ち戦法に頼り切りだったスダルの方が不利なのは明らかで、ホシダコ大銛の死角である懐へ飛び込んだパトレン2号から近距離射撃を浴びて怯んだ所に、武器を掴まれての一本背負いを決められる。

この状況に不利を感じて犯罪技で逃げようとしたが、駆け付けた快盗姿(変身前)のルパンレンジャーからカラーボールを投げられて色が付き、姿を消しても意味が無くなってしまう
その状況に慌てている隙にルパンレンジャーはスダルを取り囲み、金庫へダイヤルファイターを押し当て解錠、ルパンコレクションを盗み出した。

そして、スダルに嵌められた咲也の境遇を知るルパンレンジャーは、餞別代りにグッティを残して撤退。快盗側の願いを汲んだグッティも警察側に加勢し、パトレンジャーはパトレンU号となりスダルへ立ち向かう。
一方のスダルも進退窮まり、ホシダコ大銛を拾い上げて抵抗するがU号は更にパトメガボーを持って対抗。近接距離で圧倒された挙句パトメガボーでホシダコ大銛を圧し折られてしまい、丸腰になった所へジャイアントスイングを掛けられ空中へ放り投げられ、落ちて来た所にイチゲキストライクを撃ち込まれて敗北。

直後、現れたゴーシュの手で巨大金庫を施され復活、パトカイザーと交戦。
今度は最初から犯罪技を使っての不意討ち戦法で攻め立てるが、それならばとパトレン1号・2号はトリガーマシンクレーン&ドリル・バイカーを召喚、換装してパトカイザーストロングバイカーを完成。それが伸ばしたヨーヨーのワイヤーがビルに絡み付いて行動範囲が狭まり、やがてヨーヨーが直撃して再び姿を燻り出される。
最後はそこをクレーンで釣り上げられ、そのまま『パトカイザーリフトアップストライク』を叩き込まれる。それでもしぶとく立ち上がるが、「酢ダコは…三杯酢とショウガがうまいぞーっ!」と叫びつつ倒れ爆散した。

なおこの戦いは翌日の新聞の一面を飾り、それを読んだ梁上審議官は一転して上機嫌。自分が下した咲也の謹慎処分、命令に背いたことによるクビをアッサリ撤回
その虫の良過ぎさに流石の戦力部隊の面々は「なんなんだよそれぇぇ〜!!」と叫んで呆れ返るのだった。

※そもそも審議官が来た原因はパトレンジャーに直接挑戦状を叩きつけてきたアニダラ・マキシモフをルパンレンジャーに倒されるという国際警察の面子が丸潰れになりかねない事態が起こったためと予想されており、咲也の処分が撤回されたのはパトレンジャーの力を世間に証明することが出来たためか、咲也の暴挙がスダルによるギャングラー犯罪の一環であったことが判明したためと考えられる。それにしたってせめて咲也に一言謝るべきだが

余談

名前の由来は「酢だこ」。またスダル(수달)には韓国語で『カワウソ』の意味を持つ。青森県津軽では「人に憑り付いて悪さをする」と言う伝承があるが、それを元にしたのが劇中での咲也を操っての暴挙だろうか。
ウルキューは恐らく『ワルキューレ』(walküre)から来ている。その原型は人に付き添う霊的存在とされているが、“人に付き添う⇒人へ憑り付く”と言う解釈か。

自然界にも獲物に気付かれない様”姿を消せる”タコは存在するが、それはあくまで体の形状や色を変化させる擬態であり、スダルのように光を屈折させることによるものではない。
暗証番号は姿を消す犯罪技から「見えない」の語呂合わせだろうか。

ギャングラー共通の骨の意匠は胸にあり、タコ足が集まって出来た肋骨のようなデザインになっている。

ルパンコレクションの名前の由来は恐らく1980年にリリースされたクリストファー・クロスの楽曲『Ride like the wind』の邦題より。元ネタは獣拳戦隊ゲキレンジャーのゲキファン。

スーツはブレッツ・アレニシカの改造。頭部が全く違うが、よく見ると下半身に面影が残っている。その後、スーツは#37に登場するヤドガー・ゴーホムに再改造された。
演者が人間態と声を兼任するギャングラー怪人としては5人目に当たり、改造元のブレッツも人間態と声を同じ役者が演じている。

登場回は珍しく片方の戦隊(ルパンレンジャー)が変身しないエピソードであった。

関連項目

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ギャングラー ギャングラー怪人
ナイーヨ・カパジャー:カワウソモチーフのギャングラー怪人。
ゴネーシ:前年久正人氏がデザインした怪人の一体で、ネッシーと潜水士がモチーフ。
因みに同作にはタコモチーフの女幹部や、姿を消す技(忍術)を得意とする戦隊ヒロインも登場している。

スダール:『ウルトラQ』に登場する大ダコ怪獣。この怪獣の名前の由来も「酢だこ」から来ている。スダルの名前もこの怪獣と番組の名前から取られているかもしれない。
同話で梁上審議官役としてゲスト出演した相島一之氏は『ウルトラQ_darkfantasy』で笹山役として出演したことがある。
本当です!信じてください!:彼のせいで咲也が経験した状況。

pixivに投稿された作品 pixivで「スダル・ウルキュー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2830

コメント