ピクシブ百科事典

スナバァ

すなばぁ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.769
ぶんるい すなやまポケモン
タイプ ゴースト/じめん
たかさ 0.5m
おもさ 70.0kg
とくせい みずがため


他言語版の名称

英語 Sandygast
イタリア語Sandygast
スペイン語Sandygast
フランス語Bacabouh
ドイツ語 Sankabuh
韓国語  모래꿍
中国語 沙丘娃


進化

砂の城


スナバァシロデスナ

概要

ポケモンSM』(第7世代)から登場する、の山のような姿をしたポケモン。
頭に何故か玩具の赤いスコップが突き刺さっているのが特徴。口の喉の奥に当たる部分がトンネルのように開いており向こう側が見えている。目は砂と同じ色の瞳にのイメージイラストの如く周りを扇状に黒く縁取ったデザイン。
名前の由来は「砂場+(驚かす時の擬音語)バァ」からであろう。砂かけ婆がかかっている可能性もある。名前の発音はアニメでは「砂婆」(「バ」がアクセント)。

ゴーストタイプの例に漏れず、このポケモンも幼げな容姿や名前に反して恐ろしい生い立ちを持っている。
進化系のシロデスナが砂地獄らしき物にポケモンを引き込み、それで倒れたポケモンの怨念が砂山に宿って生まれるというのである。砂の塊自体がスナバァの正体だ。
逆に言えば、シロデスナや彼らが作る罠とセットでないと出現できない事から、生息域は海岸砂漠地帯など砂地が連続する場所に限られるものと思われる。
頭のスコップはうっかり触ってしまうとスナバァに操られてしまい、操った子供達を利用して自分の体を大きくする。一部の個体はスコップを無くしてしまうことがあり、代わりに木の枝や旗を刺し自分のスコップを探すために彷徨う。
トンネル状の口で人間やポケモンの生気を吸う。アローラ地方にはこの口に手を入れる度胸試しがあるようだ。図鑑(ムーン版)によると、口の中に手を入れた者を操って砂山の体を大きくさせるそうだが……。

ゲーム『SM』ではナマコブシ投げアルバイトで有名なハノハノリゾートの、右端のビーチに数個ある盛り上がった砂の中から野生出現する。ヒトデマンの方が出現する可能性もあるので捕獲までは多少の根気が要求される。

特性は新しい「みずがため」。「みずがため」は弱点であるみずタイプのわざを受けると、ぼうぎょが2段階上がるというトンデモ特性である。ただひらいしんのようにダメージを無効化する事はできないので弱点は突かれてしまう。

アニポケのスナバァ

SM編22話で初登場。ビーチでサトシニャビーが技を特訓している時に現れるも、その見た目が「砂浜に刺さったスコップが小さな砂山を伴って動き回り、道を塞がれると進路を変えるだけ」というものだったせいでピカチュウイワンコに面白がられて追い回される。
これに怒ってサトシ達の前に戦意むき出しで完全に顔を出すが、サトシがイワンコにいわおとしを指示したせいで頭のスコップが弾かれ海に落ちて凶暴化。トドメにサトシが代用としてロトム図鑑を刺したがために怒りが頂点に達してシロデスナへと進化、サトシやニャビーを飲み込んでしまう。
SM編ではアマカジに続く2体目の進化シーンとなった。

→その後の展開はシロデスナの記事に記載。

スコップに触った者は人間もポケモンも心身共に操れる。カキも幼い頃に祖父の言いつけを守らずちょっかいを出してうっかり指先で触れてしまい、目を赤く光らせたうつろな表情で翌朝まで黙々と砂山を作り続けた。その体験もあって今のカキはスナバァを相当警戒している。


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン一覧 ポケモンSM 砂場
ゴーストタイプ じめんタイプ ゴビット

pixivに投稿された作品 pixivで「スナバァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237777

コメント