ピクシブ百科事典

Cupheadの債務者一覧

かっぷへっどのさいむしゃいちらん

当記事は「Cuphead」に登場する債務者及び、ボスキャラクターたちの一覧である。
目次[非表示]

エリア1の債務者

  • ザ・ルート・パック(The Rote Pack)
BOTANIC PANIC!!!!!!


畑を拠点にしている、怒りん坊ジャガイモのモータト(Moe Tato)、泣き虫タマネギのウィーピー(Weepy)、サイキッカーニンジンのサイキャロット(Psycarrot)からなる根菜3人衆。『Botanic Panic!』のボス。
モータトは口から肥料やミミズを吐き、ウィーピーは涙を降らして攻撃、サイキャロットは超能力でニンジンを飛ばしたり、額に隠した3つ目から光線を飛ばしてくる。
シンプルモードではウィーピーが登場しない。
モチーフは1930年代に放送されたコメディドラマ「3ばか大将」。

  • グーピー・ル・グランド(Goopy Le Grande)

Goopy


水滴の形をしたスライム『Ruse Of An Ooze』のボス。
常に積極的に飛び跳ね、ボクシンググローブのような形になって攻撃。ある程度ダメージを与えると謎の薬を飲んで巨大化し、ストレートパンチをかまして来る。最終形態では墓石になって執拗にプレス攻撃を仕掛けてくる。
敗北した際メッセージを読むと、どうやらナルシストな性格の模様。
2014年で発表されたトレーラーでは元々二体だった。

  • ヒルダ・バーグ(Hilda Berg)

Threatenin' Zeppelin


空を飛ぶツェッペリンの魔女。『Threatenin Zeppelin』のボス。
細身な体型だが、戦闘になると空気を吸い込んでツェッペリンのような体型に変化。一輪車に乗って飛行し、雲を纏うことで牡牛座射手座双子座の3種類の星座をイメージした姿に変身する。更に追い込まれると、巨大な月に変身してUFOと星を無数に飛ばして攻撃してくる。
モデルはベティ・ブープか『ポパイ』に出てくるポパイの恋人オリーブと思われる。

  • キャグニー・カーネーション(Cagney Carnetion)

カーネーションくん。


海が見える木の麓に生える花。『Floral Fury』のボス。
初見では可愛らしい姿をしているが、戦闘になると刺々しい姿になり、顔つきも凶悪なものに変貌する。地中に値が張っているので移動はできないが、マシンガンや2本足になるなど姿が目まぐるしく変わる。最終形態になると根を張り、動きを制限して来る。
彼の踊りのような特徴な動きは『Swing You Sinners!』という作品に出てくる幽霊の動きをそのまま使っている。

  • リビー&クロークス(Ribby and Croaks)

茶碗頭まとめその3


カエルのボクサー兄弟。『Clip Joint Calamity』のボス。
いつも2匹一緒に行動し、それぞれ別の攻撃手段を仕掛け、追い込まれると巨大なスロットマシーンに変身する。
このキャラクターはシリー・シンフォニー『子守歌(Lullaby Land)』からアイデアを得ており、元ネタはストリートファイターシリーズのリュウとケンをオマージュしたもの。彼らが使う技の多くはストリートファイターに登場するキャラの技のオマージュである。

エリア2の債務者

  • バロネス・フォン・ボン・ボン(Baroness Von Bon Bon)
Baroness Von Bon Bon


生きているお菓子の城の主。『Sugarland Shimmy』のボス。
第一形態では5体のお菓子(ワッフル、カップケーキ、ジョーブレイカー、キャンディコーン、ガムボールマシン)の部下のうち3人が相手になり、自身はキャンディケイン型の銃を発砲したり、何度でも再生できる頭部を投げつけてくる。最終形態ではお菓子の城の「ホイペット・クリームパップ(Whippet Creampup)」が動き出して襲ってくる。
ブーメラン弾が無いと手強い。

  • ジミー・ザ・グレイト(Djimmi The Great)

Djimmi the Great


ランプの魔人の姿をした超能力者。『Pyramid Peril』のボス。
宝箱からランダムに違うアイテムで攻撃してきたり、回転する石の筒になって阻もうとする。
また、cupheadによく似た人形「パップヘッド(Puphead)」を操って攻撃して来る。
キャラモチーフはディズニー映画のアラジンに登場するジーニー

  • ベッピー・ザ・クラウン(Beppi The Clown)

まとめ


遊園地で待ち受ける道化師。『Carnival Kerfuffle』のボス。
甲高い笑い声が特徴で、色々な遊具に乗ったり変身したりする。プレイヤー敗北時に読めるメッセージは、実はアメリカンジョークになっている。
モチーフはフライシャーの最初期のアニメ「道化師ココ」。

  • グリム・マッチスティック(Grim Matchstick)

GRIM MATCHSTICK


高くそびえる塔に住む巨大なドラゴン『Fiery Frolic』のボス。
口から炎を吐いてくるが、火傷しているようでどもりがちな喋り方をする。
元ネタはメカドラゴン。実際にインタビューでメカドラゴンを参考にしたとコメントしている。
ちなみに弱点も一緒(このゲームのブーメラン弾は後ろへの射程が長く逃げながら戦うこのボスには非常に効果的)。

  • ウォーリー・ワーブルス(Wally Warbles)

Wally Warbles


鳩時計を住処もとい装甲にしている大きな雄の鳥。『Aviary Action』のボス。
口から卵を吐いたり、荒々しく自身の羽を弾幕のように飛ばしてくるなど激しい猛攻を仕掛ける。
頭脳明晰な子供が1羽おり、ウォーリーが倒されると代わりに光線銃を撃って戦う。
シンプルモードではそのままフェードアウトするが、レギュラーモードだと担架に運ばれてボロボロでもなお抵抗を仕掛け、顔をゴミ箱に変化させてゴミを吐いたり、自ら殴って心臓を飛び出させて攻撃する。
対地攻撃が出来ないとかなり手強くなる。
キャラクターデザインは『ポパイと船乗りシンドバッド』に登場するロック鳥

エリア3の債務者

  • ルマー・ハニーボトムズ(Rumor Honeybottoms)
Wolrd 3 Bosses


蜂の巣会社を経営する女王蜂の社長。『Honeycomb Herald』のボス。
配下にミツバチの警備員や社員がザコ敵として出てくる。本人は魔法で攻撃したり、自身を戦闘機に変えて抵抗してくる。
ホーミングが無いと手強くなる。
ボス戦開始のフォークとスプーンをカチカチ鳴らすモーションは、『ヴァンパイアシリーズ』に登場するキュービィの勝利モーションのオマージュらしい。戦闘機に変身するのは、戦闘機の愛称が『Hornet(スズメバチ)』と呼ばれているのにちなんでいる。
ボス戦では終始脚部が見えないが、デザイン画を見るとしっかりと足がある事がわかる。

  • ブライニー船長(Captain Brineybeard)

アイアイキャプテン


大きな船に乗っている海賊。『Shootin N' Lootin』のボス。
タコから玉を放って攻撃し、口笛を吹くと手下としてイカやサメなどが襲ってくる。更に追い込まれると船自体が攻撃し、のどちんこから破壊光線を放射する。ちなみに船が襲ってくると、船長はその反動で海に放り出されてしまう。
モチーフは明らかだが『ポパイ』に出て来るポパイのライバル、ブルートであろう。ゲーム中に出て来るキャラの中で唯一五本指をしている。

  • サリー・ステージプレイ(Sally Stageplay)

Sally Stageplay


日傘を装備している金髪の舞台女優。『Dramatic Fanatic』のボス。
戦闘が進むことにより舞台背景が変わり、それに合わせて姿を変えてくる。ちなみに既婚者であり、夫や子供も背景に役者として出ている。
ボス戦開始の際のモーションは『ストリートファイター』のユリアンのオマージュ。第3形態はケフカがモチーフと思われる。

  • カラ・マリア(Cala Maria)

Cuphead


海から出現する巨大な人魚。髪はタコになっている。『High Seas Hi-Jinx!』のボス。
亀やハリセンボンなど海の生き物たちを従えて攻撃し、口から幽霊を放ってくる。
更に追い込まれると、電気鰻に噛まれたショックでメデューサのような姿に変貌、目から石化ビームを放って動けなくしてしまう。

  • ワーナー・ワーマン(Werner Werman)

WernerWermanくん


ドイツ訛りの軍人マニアのネズミ。『Murine Corps』のボス。
空き缶型の戦車を操縦して攻撃する。背景には巨大な猫が戦いをのぞき込んでおり、追い込まれるとワーマンを飲み込んで、その猫が相手となる。ちなみにボスを倒すと、その猫もワーマンが操縦するロボットだということが明らかになる。
キャラモチーフはディズニーモーティマー・マウス。猫はトムとジェリートム。戦車に使っている缶は『キャンベルのスープ缶』がモチーフ。

  • カール博士のロボット(Dr.Kahl's Robot)

Dr. Kahl's Robot


巨大な鋼鉄製のロボット。間違いやすいが博士ではなくロボットの方が債務者である(おそらく、差し押さえという意味だろうか)。
『Junkyard Jive!』のボス。
カール博士はロボットの頭部に載って操縦し、ロボットの体内からいろんな攻撃をしてくる。
最終形態になるとロボットの頭部が分離して博士が姿を現す。攻撃方法として宝石を取り出して、弾幕を飛ばしてくる。
これらから察するに、キャラクターはロックマンDr.ワイリー、攻撃方法はソニックカオスエメラルドがモチーフになっている模様。

  • ファントムエクスプレス(Phantom Express)

Phantom Express


死者だけを運ぶ列車とその乗組員達。『Railroad Wrath」のボス。
最後尾は両手に目のついた幽霊のブラインド・スペクター(Blind Specter)、車掌帽をかぶった巨大などくろのティー・ボーン(T-Bone)、ろくろ首のような一対のピストンのブレイズブラザーズ(Blaze Brothers)が車両の屋根を破って攻撃してくる。そして最終形態では蒸気機関車のヘッド・オブ・ザ・トレイン(Head of the Train)が車輪型の足を延ばして、走って追いかけてくる。

コメント