ピクシブ百科事典

Reバース

りばーす

未来を追いこす、出会いがあるーー 「Reバース」とは、ブシロードのトレーディングカードゲームである。正式名称は「Reバース for you」。
目次[非表示]

作品解説

ブシロードが展開するTCG。同じブシロードのヴァイスシュヴァルツ同様、版権作品が参戦している。なお、ゲーム性はヴィクトリースパークを元にしている。

主な参戦作品

ヴァイスシュヴァルツとは違い、発売当初はSDキャラが登場する作品を中心に参戦していた。しかし、後に例外の作品も登場するようになり、現在はSDキャラが登場していない作品も登場することが多くなった。その場合、イラストレーターが新たにSDキャラを描くことがある。例えば、SSSS.GRIDMANは、カードイラストにドレスを着ている響裕太宝多六花などが登場している。特に新日本プロレスのSDキャラは必見。

参戦作品備考
ガルパ☆ピコ後に第2弾として、『ガルパピコ ~大盛り~』も登場した。ヴァイスシュヴァルツとは異なり、本編である『バンドリ』及び『ガールズバンドパーティ』ではなく、ミニアニメからの参戦。『ガルパピコ ~大盛り~』では、第1期では施さなかった、文字が金色の箔押し入りのカードがRRR(トリプルレア)限定で収録されている。
スタリラガルパ☆ピコとは違い、ミニアニメ『少女☆寸劇オールスタァライト』ではなく、本編から採用。そもそも『少女☆寸劇オールスタァライト』は評判が賛否両論であり、衣装のバリエーションがかなり少なかったので仕方ないかもしれないが……。なお、『ヴァイスシュヴァルツ』にも参戦している。後述するが、他のReバース参戦作品と比べると、かなり不遇な扱いになってしまっている。
D4DJ当初はミニアニメはなかったため、本編及びグルミクから採用している。後にミニアニメ『ぷっちみく』が放送中の時に行われたガチ大発表会で第2弾の発表があったが、『ぷっちみく』の参戦はなかった。文字が金色の箔押し入りのカードがRRR(トリプルレア)限定で収録されている。トライアルデッキが複数販売されているタイトル(3種類販売されている)
異世界かるてっとRe:ゼロから始める異世界生活のキャラの名前があるカードのみ、Re:ゼロから始める異世界生活のカードと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作ることが可能。また、後にこの素晴らしい世界に祝福を!のキャラの名前があるカードも、この素晴らしい世界に祝福を!のカードと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作成することが可能になると思われる。
Re:ゼロから始める異世界生活前述の異世界かるてっとのリゼロのキャラが描かれたカードと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作ることが可能。文字が金色の箔押し入りのカードがRRR(トリプルレア)限定で収録されている。『ヴァイスシュヴァルツ』にも参戦している。
東方project
ホロライブ後述するが、他の作品よりもかなり優遇されている。文字が金色の箔押し入りのカードがRRR(トリプルレア)限定で収録されている。当初は4期生(ゲーマーズ含む)までが発売されていたが、『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』で5期生の参戦も判明された。また、桐生ココ潤羽るしあのように、発売後、様々な事情で引退したキャラも使用することが出来る。トライアルデッキが複数販売されているタイトル(6種類販売され、さらに後にもう1種類(5期生)も追加された)
ご注文はうさぎですか? BLOOMこの作品のブースターパック発売以降、RRRのカードのみ、金色の箔押しが入った。『ヴァイスシュヴァルツ』にも参戦している。
アズールレーン第2弾も発表されている。しかし、外伝作品である『びそくぜんしんっ!』は参戦していない。
シンデレラガールズ劇場
SSSS.GRIDMANSSSS.DYNAZENONと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作ることが可能。Reバース史上初めて、キャがRRR(トリプルレア)に選ばれた経験を持つ。
SSSS.DYNAZENONSSSS.GRIDMANと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作ることが可能。
ひぐらしのなく頃に 業
新日本プロレス何故かブースターパック第1弾(2021年発売)の後に、『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』でトライアルデッキが販売されることが決定されている。なお、このような関係上、前述の『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』の発表まで、トライアルデッキが存在していない唯一のタイトルであり、この作品のネオスタンダード構築のデッキを作りたい場合、ブースターパック第1弾限定で構築しないといけないハンデを抱え持つ。但し、そのハンデを持っている関係上、ブースターパックのカードの中にはとても強力なカードが多いのも特徴である。トライアルデッキが複数発売されるタイトル(6種類販売される)。
ぼくたちのリメイク
ゴジラS.P
原神ぼくたちのリメイクが参戦判明された『戦略発表会』の時に参戦が判明された作品であるが、何故か発売日などの詳細が現在も判明されていない。
ブルーアーカイブ
STARDOMトライアルデッキが複数販売されるタイトル(5種類販売される)
この素晴らしい世界に祝福を!前述のRe:ゼロから始める異世界生活同様、前述の異世界かるてっとの『この素晴らしい世界に祝福を!』のキャラが描かれたカードと一緒にネオスタンダード構築のデッキを作ることが可能になると思われる。
かぎなど異世界かるてっと』以来となる、複数タイトルが登場している作品。恐らく『D4DJ』のコラボイベントで共演する繋がり、同じ要素を持つ『異世界かるてっと』の存在、そしてTOKYO_MXでは、後述するミニアニメ『りばあす』の後番組の役割を持つことがある理由から、参戦が決定したのではないかと思われる。ちなみに、この作品に登場している作品の内、『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Rewrite』(及び『Key 20th Anniversary』で登場した『智代アフター』)は『ヴァイスシュヴァルツ』の参戦作品でもある。
ゆるキャン△『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』で参戦決定。前述の『ご注文はうさぎですか? BLOOM』以来となる、『まんがタイムきらら』系列の作品からの参戦。第1期からの参戦になると思われる。
放置少女『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』で参戦決定。

簡単なルール説明

基本的に50枚のカードを入れたデッキとパートナーカード3枚を使う。エネルギー置き場にカードを置かれると、エネルギーとして利用するようになり、カードをプレイしたり、エントリーのキャラをメンバーに移動させたりするためには、エネルギーが必要になる。ちなみに、パートナーカードもエネルギーとして利用できる。
アタックフェイズの時は、メンバーを横向き(このゲームではレストと呼ばれる)にして、エントリーにいるキャラでアタックし、相手のエントリーのDEFが0になれば、そのエントリーはリタイア置き場に置かれる。それ以下の場合は、DEFからATKの数値を引く(ターン終了時にDEFの数値が戻る)。
(例):例えば、エントリーのATKが3で、相手のエントリーのDEFが6の場合、1回目でDEFが3になり、2回目の攻撃で0にすることが出来る。
ちなみに、パートナーカードが3枚且つ、エネルギーとして利用していなかった場合、アタックの時にすべて横向きにすることで、パートナーアタックという、ブロッカー(手札から捨てると、そのアタックを無効にすることが出来る効果)を通じない且つ相手のエントリーを確実にリタイアさせる強力なアタックが使える。そして、リタイア置き場にカードが7枚置かれた時点で勝者が決まる。但し、エントリーイン(前述のエネルギーを利用してメンバーに移動した時や、アタックでエントリーがリタイアに置かれた時に、エントリーがいなくなった場合、デッキの上から1枚をエントリーに置くこと)で回復(デッキに8枚しか入れられないReバースカード(イラストが横向きのカード)(但し、キャラカードも回復効果を持つカードがある)の効果)で、リタイアの枚数が6枚以下になった場合はゲーム続行になる。
このように、ゲームは非常に単純なので、初心者でも楽しめるカードゲームだが、詳しいルールは公式サイトにも書かれているので、そちらを参考にしてほしい(参考)。

構築ルール

構築ルールとしては、スタンダード構築とネオスタンダード構築、タイトル限定構築が存在している。

ネオスタンダード構築

基本的に大会でよく使用される構築ルール。前述した参戦作品から一つ選び、その作品のカードのみでデッキを構築する。
ちなみに、パートナーカードは自由。なので、デッキを作る際に選んだ作品以外の別作品のキャラも使用したい場合は、パートナーカードから選ぶと良い。
なお、タイトルカップなどで扱われる構築ルールであるタイトル限定構築も、あちらが決められた作品しか選べないという点を除いて、ほぼネオスタンダード構築のルールである。

スタンダード構築

発売済みのカードや配布済みの限定カードがすべて使える構築ルール。しかし、リリース直後は、何故か大会ではこの構築ルールを採用することはほぼなかった。その後、次第にスタンダード構築による大会が開催されるようになったが、ネオスタンダード構築ではほぼ不可能に近い無限ループが可能になるなど、スタンダード構築の問題点が出てくるようになった。

ネタ要素

実戦でデッキを組む際には気にならないが、このカードゲームならではのネタ要素も存在している。

  • キャラカードは『○○○○○ △△△』(○はキャラの特徴や二つ名など。△はキャラの名前(例えば、『星のカリスマ 香澄』の場合は、○が『星のカリスマ』、△が『香澄』)。但し、東方projectシンデレラガールズ劇場などの場合、○が名字になっていることもある)が中心になっているようだ。
ちなみに、前述のスタンダード構築では、作品によっては、名前が同じキャラも含まれていることもあって、キャラの名前指定によって効果を発動するカードが、例え原作では無関係のキャラ同士でも発動してしまう。
  1. 例えば、ココアのカードの中には、『モカ』を指定している効果を持つカードがあるが、スタンダード構築ではモカのカードの他に、名前繋がりである青葉モカのカードも対象に含まれてしまっている
  2. さらに読み方が違っていても、漢字が合っていてば、同じ名前扱いされる。例えば夢大路栞のカードの中には、『文』の名前指定がある効果を持つカードがあるが、夢大路文(こちらの読みは『ふみ』)のカードだけではなく、読み方が違う射命丸文(こちらの読みは『あや』)のカードも対象になってしまっている。ちなみに、ご注文はうさぎですか? のカードである『ご注文はReバースですか? ○○』(○○はキャラ名)というカード名までも『文』の対象になっている。

  • キャラカードの右下には属性が書かれている。メンバーやリタイアの数を指定していて、その枚数に達することで効果を発動する『本領発揮』の中には、属性をしているカードもあるので、デッキを組む際には意識をする必要がある。作品ごとに属性が被らないようにしている工夫をしている(例えば、同じ音楽作品でも、『ガルパ☆ピコ』では『音楽』属性が与えられたのに対して、『D4DJ』では『音楽』属性が与えられていないなど)が、『ゴジラS.P』『SSSS.DYNAZENON』でついにSSSS.GRIDMANで初めて登場した『怪獣』『ヒロイン』属性が被るようになった。
ちなみに、カードの中には、属性を付与する効果を持つカードも存在する。
この属性付与で問題になるのが、やはりスタンダード構築。デッキ構築によっては、そのキャラには有り得ない属性を付与してしまうことがある。なお、これらは『Reバース』というカードゲームで起こってしまう実例であり、原作では以下のような出来事は絶対に発生しない。

  • 他にネタにされやすい点として、ステータスの存在もあり、『ゴジラS.P』のトライアルデッキで収録されたラドン(ゴジラS.P)では、第1形態ではコスト5/ATK5/DEF8だが、第2形態ではコスト1/ATK2/DEF4と何故か弱くなっている。後にブースターパックでコスト5/ATK4/DEF9になり、効果も付いたラドン第2形態も登場したので、安心して欲しい。

その他

ホロライブ優遇?

数多くの作品が参戦している『Reバース』であるが、何故か『ホロライブ』に対しては、他の作品よりも優遇されている。

  • 後述するが、スペシャルデッキセットが販売された。
  • トライアルデッキが7種類(1期生~4期生やゲーマーズなど、さらに5期生も登場することが判明された)も販売されている。このトライアルデッキのカードの1種である『相手のメンバーから1枚を控え室に置く』のスパーク効果を持ったカードを用いたデッキ、通称『除去ライブ』デッキが存在し、環境に存在している。ちなみに、トライアルデッキが複数販売する作品タイトルは、他にも『D4DJ』(3種類)『STARDOM』(5種類)、『新日本プロレス』(6種類)が存在している。
  • ブースターパックでは当初としてはシリーズ最多の152種類が収録されている(しかし、後に『Re:ゼロから始める異世界生活』がブースターパックで161種類収録となり、記録が更新されてしまった)。これにトライアルデッキや後述のスペシャルデッキセットを含めると……。現在は『ガルパ☆ピコ』や『Reバース for you』の第2弾が発売されたこともあり、一部作品に対しては『ホロライブ』の収録カードの種類の格差が少なくなったが……。
  • ミニアニメ『りばあす』で『ホロライブ』の話(白上フブキが登場した特別篇とブースターパックが登場した第34話、カード自体が登場した第49話などが該当)があった。
  • 『ホロライブ』のネオスタンダード構築限定の大会まで存在している。
但し、一応他の作品も、『ホロライブ』デッキでは出来ない使い方などを体感できるため、他の作品が『ホロライブ』に劣っているわけではないという点も明記しておく。
  • 特に『新日本プロレス』と『STARDOM』は、トライアルデッキが複数販売される(但し、前者はブースターパック第1弾の後に販売。ブースターパック第1弾だけのデッキでも環境入りしている程、かなり強いタイトルではあるが)ということもあり、かなり優遇扱いになることも多い。他には『D4DJ』も、プロモカードしかない『ヴァイスシュヴァルツ』とは真逆に、こちらでメインとして活動していることもあり、こちらも優遇扱いになっている。
  • その一方、『スタリラ』は、他の参戦作品と比べるとかなり不遇で、2020年でブースターパックが販売された後、プロモカードこそ登場しているが、ガルパ☆ピコ』や『D4DJ』とは異なり、第2弾の情報がない。さらに、具体的には癖の強いカードがかなり多く、強いデッキを組みたい場合は、トライアルスタートデッキやティーチングデッキのカードを入れないといけない(しかも後者は入手困難)という欠点まで持つ。
  • 『異世界かるてっと』で参戦した『オーバーロード』や『幼女戦記』も、『Re:ゼロから始める異世界生活』『この素晴らしい世界に祝福を!』とは異なり、原作が参戦していない状況で、しかもカードパワーも(最も古いカードということもあって)カードパワーが足りなくなっているので、こちらも不遇である。
  • それ以外にも、参戦発表があったのに、未だに追加情報がない『原神』も不遇扱いになるだと思われる。

トライアルデッキについて

  • 他TCGで言うならスターターデッキ扱いのトライアルデッキだが、最初はトライアルスタートデッキだった。後に改名され、『スタート』だけなくなって、現在の名称になっている(同時に費用も高くなってしまったが)。ちなみに、他TCGとは違い、トライアルデッキだけでも優勝することが可能(運任せになるが)。
  • なお、各作品にトライアル(スタート)デッキは用意されているが、前述したように、『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』でトライアルデッキの販売決定が発表されるまで、『新日本プロレス』だけトライアルデッキが存在していない状況だった。また、『ガルパ☆ピコ ~大盛り~』も、『ガルパピコ』第2弾扱いになっているということで、『ガルパピコ ~大盛り~』のトライアルデッキが販売されていない(無印版の場合なら存在している)。ちなみに、一部ブースターパックと同時発売になるタイトルもある。


ローダーセット/アクリルキーホルダーセット

  • 東方projectご注文はうさぎですか? BLOOMのみ、カード&ローダーセットが発売されたことがある。また、バンドリRoseliaをメインにした劇場版の公開を記念して、Roseliaをメインにしたカードと、カードとアクリルキーホルダーのセットも発売されている(但しカードイラストは映画本編ではなく、『ガルパピコ ~大盛り~』第15話『ロゼリアオンライン』から採用している)。『ホロライブ』に至っても、トライアルデッキや限定カード(しかも1種類4枚も封入されている)などが封入されているスペシャルデッキセットが存在している。


ルール改正

  • デッキ切れになっても、控え室にカードがあれば、それらをシャッフルして、新しいデッキを利用するルールが存在していた(このゲームではリフレッシュ)が、そのリフレッシュを悪用したデッキが環境に出てきてしまったことから、後にデッキ切れが起きたターン終了時(相手ターンの時は次の自分のターン終了時)に敗北するルールが追加された(参考)。


まさかのミス

  • 『WGP2021春 日本選手権』の地区決勝の第3地区で、大会運営の判断によって、レギュレーションとは異なる手順で決勝ラウンド進出者の選出が行われてしまい、その後の調査によって、その判断は誤った対応であったことが判明したため、一時期お詫びや説明の記事が出るなどの大騒動になってしまった。(参考)。


デッキの構築費用について

  • (カードゲームとしては避けられない運命ではあるが)環境入りしたデッキのカードの内、効果がとても強力な高レアなカードがあったり、絶版になっているカードがあったりした場合、そのカードのシングルカードの費用が高くなってしまう。そのため、最初から環境入りしているデッキを作ろうとすると、デッキの構築費用で悩まされることが多い。
  • しかし、このカードゲームの場合は別で、一部の高レアカードは費用が高いカードも多いが、属性が指定された本領発揮(属性が指定された本領発揮の効果は、指定された属性とは別の属性のカードがメンバーやリタイアにあった場合では、そのカードは数えられないため)によって、強さを区別化したり、エントリーインによる運ゲーの強さがあったりということもあり、一部の環境入りしているデッキを構築する場合は、簡単に費用を抑えることも可能である。具体的には『⁂(Reバース)』や『ホロライブ』の『同居ーず』など。特に後者は、基本パーツは前述の『スペシャルデッキセット』を買うだけで揃う(もちろん、シングルカードで揃えようとした場合でも安く構築することが可能)利点が存在している。
  • 但し、その一方で、最近は効果の条件に属性が指定されていないカード、例えば対応Reバースと『ひかり』がメンバーにあるだけでATKが強化され、メンバーが単体除去に選ばれない効果を持つ『アーサー華恋』や、スパーク効果でデッキの上から公開した2枚の内、キャラを1枚メンバーに置ける上に高いステータスを持つ『ドレスコード!Marriage! アカネ』などは、比較的高くなりやすい。そのため、一部の環境デッキは、費用が物凄く高くなるということも考慮しておくこと。また、入手が難しいプロモーションカードも存在しているということも忘れてはいけない(特にプロモーションカードの一つである『バイト中 ぺこら』は、その汎用性の高さと入手方法の難しさもあって、若干高額になっている)。


制限カードについて

  • 昨今のカードゲームでは、ゲームバランスを整えるために制限カードでカードの使用枚数を決めていることが多い。ところが、『Reバース』は制限カードが出ていないという、かなり珍しいカードゲームになっている(2022年3月8日の『ブシロード TCG戦略発表会2022 春』でも制限カードが出てこなかった)。確かに、エントリーインで登場したカードによって、運ゲーになりやすいカードゲームなので、それは仕方ない点かもしれない。但し、一応前述した通り、リフレッシュを悪用したデッキが登場したことによるルール改正をしたこともあり、これが恐らく、現時点で唯一の制限を適用した事例だと思われる(実際、このルール改正によって、リフレッシュを悪用したデッキが一気に消滅した)。もちろん、今後の環境次第では禁止カード、制限カードがでる可能性もある


参戦作品について

  • 当初、『ガルパ☆ピコ』や『異世界かるてっと』のようなミニアニメや、『スタリラ』のようなSDキャラが参戦しているということから、参戦作品はミニアニメやSDキャラが登場する作品に限られるのではと思われていたが、最近は『SSSS.GRIDMAN』や『ぼくたちのリメイク』など、ミニアニメではなく、SDキャラも登場していない作品も数多く参戦している。そのため、初期のような、ミニアニメやSDキャラが登場する作品が参戦する機会が減っている(一応『シンデレラガールズ劇場』や『かぎなど』は参戦しているのだが)。
  • 前述したように、『少女☆寸劇オールスタァライト』『ぷっちみく』『びそくぜんしんっ!』は、原作が参戦しているのにも関わらず、これらは『Reバース』で未だに扱われていない状況になっている。前者はスタァライトシリーズの問題作なので、相当扱いにくい可能性があるのかもしれないが、後者2種類は参戦してもおかしくないのに、未だに未参戦の状態である。
  • ブシロード作品の参戦状況としては、『D4DJ』は、何故か『ヴァイスシュヴァルツ』ではプロモーションカードのみの登場であり、『Reバース』で活動しているのに対して、『ラブライブ!』と『アサルトリリィ』については、『Reバース』に参戦せず、代わりに『ヴァイスシュヴァルツ』で参戦している。前者についてはスクスタストーリー第20章炎上問題が原因で参戦しにくい状況になっているが、その一方で、後者については、共演者がかなり多いこと、ミニアニメ『アサルトリリィふるーつ』があることがあり、この作品が『Reバース』に参戦できる可能性はあるかもしれないが……(但し、キャラの人数が19人と少ない且つ全13話の内、9話が一柳隊の話、ヘルヴォルグラン・エプレが2話ずつしかないという課題点があり、これが理由で参戦が難しいと思われる)。


登場人物

『Reバース for you』の特徴として、このカードゲーム自身(正確には後述するミニアニメの『りばあす』)も参戦作品になっている。そのため、本作品のオリジナルキャラクターが登場している。
産声を上げたのは2019年9月で、この時Go_Go_しちゅー’s!岡崎育未、そして名称不明の少女(後に藤堂圭であることが判明した。声優とミニキャラは当初未判明だった)が判明した。後に9月18日に名称不明の少女の名前が藤堂圭であること、そして、残りの7人のキャラと声優が判明し、現在に至っている(但し、1名のみ声優が変更されている)。

手羽先高校

名古屋・大須にあるごく普通の高校。

Go_Go_しちゅー’s!

Reバースのファンアートです。GoGoしちゅー’s!


CV:西尾夕香
Reバースが大好きな女の子。
CV:西本りみ
カードショップの隣の串カツ屋の看板娘。
CV:進藤あまね
天才中学生であり、飛び級で有達と同じクラス。

⁂(アステリズム)

CV:成海瑠奈(2021年12月30日まで)→各務華梨(2022年1月19日発表)
ちょっと無口で研究熱心な女の子。Reバースのキャラで唯一声優の変更があった。

CV:佐伯伊織
占いやおまじないが好きなミステリアスな雰囲気の女の子。
CV:尾崎由香
星が好きでロマンチストな女の子。実はGo_Go_しちゅー’s!と共に、最初に判明していたキャラでもある。

セントパンダ女学院

東京・上野にある中高一貫のお嬢様校。

トReニティ

Reバースfor youのファンアートです。トReニティ


CV:小山百代
有とスマホへの依存が止まらない女の子。最初は東山有と一緒に手を繋いでいるイラストに登場していたのを除けば、名前も声優も不明だったが、9月18日に名前と声優が判明した。
CV:遠野ひかる
過剰に品行方正で自分にも他人にも厳しい優等生。
CV:岩田陽葵
運動神経で、いつも身体を鍛えているストイックな少女。

ヴィーナス

CV:大塚紗英
「おもしろければいいじゃん!」が行動原理の破天荒な少女。

CV:三村遙佳
真面目でおっとりした心優しい女の子。ごく普通の家庭の出身。
CV:葉月ひまり
勉強が苦手だが、Reバースの実力は全国でもトップレベルの謎めいた雰囲気の少女。

twinkle♡way

CV:徳井青空
手羽先高校の卒業生。自由奔放。

CV:佐々木未来
セントパンダ女学院の卒業生。知的で温厚。

備考

実は、猫ヶ洞青の1代目声優である成海瑠奈を除いた全ての声優は、Reバースの音楽3部作に登場するキャラの声優を担当している。

声優Reバースバンドリ(ガルパ☆ピコ)スタァライト(スタリラ)D4DJ
西尾夕香東山有広町七深愛本りんく
西本りみ若宮千春牛込りみ
進藤あまね美濃周子倉田ましろ春日春奈
各務華梨猫ヶ洞青(※1)明石真秀
佐伯伊織春日井梢田中ゆゆ子
尾崎由香岡崎育未戸山明日香(※2)鳳ミチル
小山百代藤堂圭愛城華恋
遠野ひかる愛染京能々美子(※3)夢大路栞女子高生他モブ役多数(※4)
岩田陽葵桜木雪露崎まひる花巻乙和
大塚紗英鳥越樹里花園たえ月見山渚
三村遙佳駒形豊大鳴門むに
葉月ひまり寿沙希日高さおり
徳井青空(※5)カンナ(Reバース)二十騎ひなこ(※3)
佐々木未来クルミ(Reバース)鰐部七菜(※3)胡蝶静羽
ちなみに、『BanG_Dream!』の『Afterglow』『Pastel*Palettes』『Roselia』『ハロー、ハッピーワールド!』『RAISE_A_SUIREN』、『少女☆歌劇レヴュースタァライト』の『青嵐総合芸術院』、『D4DJ』の『PeakyP-key』(※6)のメンバーは一人もいない。

※1:2代目声優として。
※2:ガルパ☆ピコには登場しているが、Reバースでは一度もカードになったことがない。
※3:ガルパ☆ピコ未登場のキャラ(本編に登場する)。
※4:D4DJ(ミニアニメであるぷっちみくにも彼女が担当するモブキャラが登場する)のモブキャラと言うこともあって、流石にReバースではカードになっていない。
※5:現時点で『Reバース』参戦作品の『ガルパ☆ピコ』『スタリラ』『D4DJ』に登場するキャラを演じていない、唯一の声優(2021年12月30日までは成海瑠奈も含まれていた)。
※6:但し、後述するミニアニメで、山手響子の中の人である愛美が担当するキャラである戸山香澄が登場した話がある。

ミニアニメ

本作品のミニアニメとして、『りばあす』が作成されている。詳しくは『りばあす』を参照。

関連作品

ヴァイスシュヴァルツ:ブシロードで展開されているTCG。『スタリラ』『Re:ゼロから始める異世界生活』など、ヴァイスシュヴァルツとReバースの両作品に参戦している作品も存在している。逆にReバースに参戦した後、ヴァイスシュヴァルツに参戦することが判明した作品(ホロライブが該当)も存在している。
フューチャーカードバディファイト:かつてブシロードが展開されていたTCG。Reバースの参戦作品であるガルパ☆ピコシンデレラガールズ劇場SSSS.GRIDMANが『アルティメットブースタークロス』で登場していた。
ヴィクトリースパーク:ゲーム性の元となったTCG

表記ゆれ

Reバースforyou:空白がない

関連タグ

ブシロード
ガルパ☆ピコ:ブシロードが関わっている作品であり、参戦作品の一つ。バンドリキャの内、声優が『りばあす』に出演している。なお、『りばあす』で7月以降の最新話が放送再開した時、意外にもガルパ☆ピコの2期の作品である『BanG Dream! ガルパ☆ピコ ~大盛り~』が放送中だった。
スタリラ:ブシロードが関わっている作品で、参戦作品の一つ。スタリラ少女の内、が『りばあす』に出演している。
D4DJ:ブシロードが関わっている作品で、参戦作品の一つ。D4DJの内、が『りばあす』に出演している。後に猫ヶ洞青の新しい声優になった各務華梨も、D4DJのキャラの声優を担当している。

外部リンク

『Reバース for you』公式サイト

関連記事

親記事

ブシロード ぶしろーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Reバース」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Reバース」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26937

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました