ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

初出は2015年2月19日発売された『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』(略称はDOA5lr)。

サイボーグ化して帰ってきた雷道と共に新キャラとして参戦。

キャラクターデザイナーはフブキ


優しいおばあちゃんに育てられた、おっとりな性格の女の子。

だけど格闘技を見るのが大好きで、興奮すると不思議な力が湧き上がってくる。

そんな彼女の一番の特技は見た技をすぐに覚えることなのだが、ずっと秘密にしている。


右手に禍々しいオーラが纏うことがあり。

そのオーラはどことなく、共に今作から参戦した雷道のものに似ている。普段はドクロマークが入った手袋で隠している(水着衣装では外している)。


そして…3月1日発売のシリーズ最新作『DEAD OR ALIVE 6』に参戦。

待望のストーリー追加で、マリーと共に行動するようだ。

雷道との関係性も明らかになると同時に、ある人物との事実も判明することに・・・。


髪型はいわゆるサイドテールで、髪留めにはドクロをモチーフにした可愛らしい飾りが付いている。

1P衣装はオーソドックスな紺色の学生服(ブレザー)にスカート。


2P衣装はオーバーオール。


因みにほのかが履いているパンツの布面積は他キャラと比較しても非常に狭く、かなり大きくハミ尻している。


やわらかセクシーコスチュームセットではカルダモンという名前の黄色い眼帯ビキニを着用している。おっぱい部分の布面積が狭いのは言うまでもないが、お尻がほぼTバック状態なのも大きなポイントである。


プロフィール編集

キャッチコピー絶対秘密のスクールガール
国籍日本
誕生日3月24日
年齢18
血液型AB
身長150cm
体重45kg
スリーサイズB99/W58/H91
推定カップサイズKカップ
職業学生
好物ホイップシュークリーム
趣味プロレス観戦、格闘映画鑑賞、お風呂
流派ほのか流
CV野中藍

戦闘スタイル編集

格闘技の観戦が趣味の彼女の特技は、見た技をすぐに覚えること。これにより、さまざまなキャラクターの格闘スタイルや必殺技を使う我流の格闘術を会得し、みずから“ほのか流”と名づけている。



など、丹田エンジンのあの人やアキラ達バーチャファイター勢からはデュラルを思い出すのではないだろうか。


これだけ聞くと、万能キャラに聞こえそうだがコピーキャラの宿命なのか、体格は普通の女の子なので、威力やリーチは元の技に一歩及ばない点が弱点。


しかし、ほのか自身はスピードがあり、特定の技を当てた後に移行できる。必殺の構えを取れば、力が宿り強力な必殺技を放つことができる。


上記のとおり一見すると技を集めただけのコピーキャラのように見えるが、実際は様々なキャラクターの技を駆使したほのか独自の立ち回りで責め立てていくというキャラクター。

動きこそ真似たものだが、オリジナルとは技の派生や次に繋がる技が全く違うため、使い込んで「どの技から次にどんな技、動きにつながるか」を覚えて使わなければならない。

知らない相手からすれば「そこからその技になるの!?」なんて事もある。

ただ技そのものはオリジナルとほぼ同じの動きであるため、連続技の途中でホールドを取られた、なんてことがないように気をつけて動きを組み立てないといけない。


見た目に反して結構なやり込みが必要な上級者向けキャラとなっている。


無双☆スターズでは攻撃判定が前方に偏っているため公式サイトやゲーム内マニュアルでは対武将向きと紹介されているが、射程距離は意外と長いため対雑魚戦もそれなりにこなせ、ほのかには貴重な全方位攻撃のC5·隙が小さく攻撃を繋げ易いN6·隙が大きいが超射程超火力のC6を覚えた後は前進制圧の拳と化す。

ただし、前述のように攻撃判定が前方に偏っているため、横や後ろに回り込まれないための立ち回りが必要となる。


エッチ(に見える)モーション編集

"史上最胸"のコンセプト通りのスタイルを誇るほのか(バストは堂々の1位、ヒップは2位※1位は本編ではレイチェルDOAXVVではさゆり)。加えて1Pコスの制服スカートが非常に短い事もあり、何をしていても兎に角揺れる見える。本項では変態紳士諸君が興奮せずにはいられないほのかのモーションを詳細に記述する。


ニュートラル(入力無し)編集

ほのかのニュートラル(立ち)モーションは2パターンを繰り返す仕様となっており、1つ目は腕を前に構えた良くあるファイティングポーズ。ここから数秒何も入力しないでいると、腕を両脇に移動させて小刻みにジャンプする2つ目に移行する。体の揺れは小刻みだが当然胸は大きく揺れる。事前に彼女が腕を両脇に移動させているお陰で非常に見やすいのもポイント。

ただし制服では流石に分かり辛い面もあるので、是非ビキニを着させて眺める事をオススメする。


ブラッドからのコピー技(酔拳)編集

何仙姑・双拍

3発目にヒップアタックを放つ。本家も同様にヒップアタックを放っているのだが、発動者によってこんなにも印象が変わるものかと痛感する。お尻を相手にクイッと突き出す腰使いは一見の価値あり。


独立歩

片足立ちの構え。上げている方の足の角度は90°程なので背中側からは殆ど見えないが、お腹側から見る事でパンモロを拝む事が出来る。

前進と後退が可能であり、よりパンツが見えやすくなる。あとめっちゃ揺れる。因みに何も入力せずにいると酔拳のモーションをしばらく披露してくれる、これはこれで中々面白い。


後蹴腿

背を向けた状態から足を前に引いた後、思い切り後ろに蹴り上げる。馬蹴りに似ていると言えば分かりやすいか。

蹴る前に相手にお尻をグイッと突き出す様は中々にエロい。また蹴り終わった後にスカートが完全に捲れる為、無論パンモロ


ジャン・リーからのコピー技(ジークンドー)編集

ハイシンニーキック

「おいしょ!」という掛け声と共に片足を内側から外側へ円を描くように蹴り出す。足が外側に向いた際はガニ股状態で大きくを開く姿勢になり、当然パンモロ

しゃがんでいる相手には当たらない為、かわされると大股開きを間近でガン見される事となってしまう。


ドラゴンキック

「ほわっちょー!」と叫びながら鋭いジャンプキックを放つ。本家同様にガード不能。リーチが長く勢いが凄まじい為、勿論パンモロ

一方でモーションが大きく出が遅い為、回避されやすい。しゃがみでかわされたら後は言わずもがなである。


リサからのコピー技(ルチャ・リブレ)編集

ダブルスピン

両手を地面に付いて両足を浮かせて2回転させる。技発動中はほぼずっとV字開脚状態なので即ちほぼずっとパンモロ。本家のリサの1Pコスはズボン型のルチャドールコスチュームの為安心なのだが、彼女は何故ミニスカートでこの技をやろうと思ったのか…。


リバーストルネード

ダブルスピンの派生。1回転した後に「はにゃ〜」という何とも気の抜けた掛け声と共に逆立ちして蹴りを入れる。当然スカートが完全に捲れる上に開脚角度はほぼ180°。見せてんのよっていうレベルじゃねぇぞおい!


ドロップキック・カレラ

斜め前に大きくジャンプしてドロップキックを放つ。空中でパンモロになるのは言わずもがなだが、そっち方面でのこの技の真骨頂は相手にかわされた時である。相手に足を向けた状態でうつ伏せで着地し、四つん這い状態から立ち上がって相手に向き直るのだが、この間ずっとパンモロ。つまり、相手にお尻を向けて四つん這いパンモロを披露する羽目になる。


ナルガダ・テクニカ

背向け状態から繰り出すヒップアタック。モーションが小さい為パンモロにはならないが、彼女がお尻を突き出しているだけで見応え十分だ。ビキニを着させて発動すると更に破壊力が増す。


ファイヤーバードスプラッシュ

ダウン状態の相手に対する追い打ちの強攻撃。ジャンプして前方に1回転した後ボディプレスを決める。ボディプレス=おっぱいプレスなので、まぁそういう事である。


カンクーントルネード

上記と同様だが、相手に背を向けて発動するとこっちになる。ジャンプして空中で体を捻った後おっぱいプレスを決める。

因みにどちらも、すんでのところでかわされてしまうと逆にほのかがダウン状態になってしまう。しかもパンモロ。ダメージこそ受けないが、見かけ上はただの自滅である(色んな意味で)。


リグからのコピー技(テコンドー)編集

ヨッチャ・オルリギ

一度体勢を低くした後に蹴り足を真っ直ぐ伸ばし、軸足も徐々に伸ばしつつを開く様な軌道を描きながらハイキックする。体を横に倒して足を高く上げるので、通常のハイキックより股間の位置が高い上開脚度も更に上がっている。

しゃがみ状態では回避もガードも出来ない為相手に間近でガン見される心配はないが、スカートが完全に捲れてしまう為プレイヤーからは丸見えである。


ティナからのコピー技(プロレス)編集

アローキック

走り状態から高くジャンプして繰り出すドロップキック。空中でパンモロ状態になるのは言わずもがなだが、地面に落下してから立ち上がる際にM字閉脚を披露する。珍しく閉脚なのだが、これはこれで非常に趣がある。


ティナスペシャル

走りながらリーチのあるヒップアタックパンモロしながら繰り出す。ガードされても相手が怯む為使い勝手は良い。まぁこんな巨尻に思いっきりぶつかられたらそりゃぁ…ねぇ…。


フランケンシュタイナー

女性が行う事で幸せ投げに昇華するプロレス技の代表例。

相手の顔に向かってM字開脚しながら飛び上がり、ふとももで相手の顔を挟んで後ろに回転し、背中から地面に叩きつける。実際に技を掛けられた場合は、とてもパンツをガン見する余裕は無いだろう…。そして投げ終わった後は当然の如くパンモロである。

因みにほのかのこれはティナと違って通常投げに設定されている為投げ抜け可能。抜けられた場合は相手にM字開脚を披露した状態で顔を歪める。因みにその時相手はほのかのパンツガン見している。投げ抜けされた上に間近でM字開脚ガン見された彼女の胸中は如何に…(尤も投げ技が成功した際はより間近で見られるのだが)。


投げっぱなしジャーマンスープレックス

背後から抱き着いて投げ飛ばすタイプのジャーマンスープレックスを決める。投げ終わり後は意外にもM字閉脚


ダブルブレイク

背後から抱き着いてジャーマンスープレックスを2回決める。投げ終わり後のブリッジ状態でのパンモロは中々にシュールである。


ザックからのコピー技(ムエタイ)編集


コザックキック

ジャンプして両足を左右に広げ、180°開脚しながら蹴りを繰り出す(恐らくムエタイとは全然関係無い)。

スカートが捲れるのはお尻側のみの為、カメラに背を向けて繰り出す事でプリケツを拝む事ができる。勿論リプレイで超ローアングルを堪能するのもありだ。


エアウォーク

「む〜ん!」という掛け声と共に手足をバタつかせながら重力を完全に無視した動きで飛び上がり、振り上げた両を振り下ろす(こちらも恐らくムエタイとは全然関係無い)。

飛び上がっている間は終始大股開き状態なので正面からならパンツは見放題である。


バースからのコピー技(プロレス)編集


ベアクラッシュ

斜め前に飛び上がり、手足を四方に伸ばして後ろに下げ、胴体を突き出してボディアタックを繰り出す。つまり相手に向けておっぱいを大きく突き出す格好になる。バースのそれとは別の意味で迫力満点だ。


ドロップキック

リサのものとは違い、体を横に向けて真上に飛び上がるタイプのドロップキック。スカートが完全に捲れるのでお腹側も背中側もパンモロ


ロードロップキック

相手の下段に仕掛けるドロップキック。やはりスカート完全に捲れる


ガッツポーズ→なんてね

ガッツポーズ」まではバースからのコピー、「なんてね」はオリジナル技。

「そいや!」という掛け声と共に横を向いてガッツポーズをする。その後正面に向き直り、片手を後頭部に添えて内股で膝を折りながら「なんてね♡」と笑顔でおちゃらける。

強力な打撃技に移行する事も出来る所を態々こんなアピール技を仕込んでくる辺りに、あざとかわいいキャラ作りに対する製作陣の本気度を感じる。


ベアハッグ

相手の腰に両腕を回して抱き上げて締め付ける。おっぱいどころか全身で密着する。150cmのJKがどんな巨漢をもたちまち持ち上げてしまう様は何とも逞しい。ただし本家の様に背後に投げ捨てる所までは流石に出来ないようだ。

因みに締め付ける瞬間に「むぎゅ〜!」という可愛らしい掛け声を発する。完全に狙ってやってるとしか思えない。


ベアプレス

相手を壁に叩き付けてからおっぱいアタックを繰り出す。あれだけ柔らかそうなものがあれば意外と痛くないかも…などというのは考え過ぎか。


フライングボディシザース

6で追加された投げ技。ガニ股で飛び上がって相手の胸にお尻を乗せて押し倒し、「そいや!」という掛け声と共にガッツポーズを決める。

押し倒した後は相手の胸に開脚状態で座る形になるので、つまり相手の目の前でM字開脚を披露する事になる。その状況でガッツポーズを決められるメンタルには脱帽だ。


ローリングセントーン

相手の上段キックを捉えて背後に投げ飛ばして仰向けにダウンさせる。その後自身は回転しながらジャンプし、相手の顔面にヒップドロップをお見舞いする。

相手が受けるダメージは、バースのそれとは種類が全く異なるであろう。


ヒトミからのコピー技(空手)編集


胴廻し蹴り

後ろ足を円を描くように回転させて振り下ろす。振り下ろした際は尻もち状態でM字開脚という格好になる為、正面からでは逆にパンツが見えない角度を探す方が難しいくらい良く見える。


あやねからのコピー技(霧幻天神流覇神門)編集


風塵砕

フィギュアスケートのスピンのように高速回転した後に蹴りを繰り出す。この高速回転の前ではスカートは最早衣類としての役割を何も果たせなくなる、つまりパンモロ

くノ一であるあやねはまだしも、普通のJKであるほのかが良くこの高速回転に耐えられるものだ。


バイマンからのコピー技(コマンドサンボ)編集


ニープレス

ダウンした敵に膝で追撃する。外した場合は四つん這い状態になってしまうので、パンモロ


首刈り十字固め

相手の上段パンチを手で捉え、相手の首に片方のふとももを掛けて押し倒す。その後両方のふとももで相手の腕を挟み、相手の腕を掴んでいる自分の手を体に引き寄せた後、上半身を背中側に倒して腕を極める。

言語化すると割と複雑な動きだが、重要なのは何がどうエロいのかである。

腕を極めた時点で、相手の腕には根本から順に「ふともも」「股間」「おっぱい」と、ほのかの魅力的な部位がほぼ余す事なく密着しているのだ。


オリジナル技編集


昇竜→稲妻

崖っぷちデンジャーでの打撃技。空中で相手に昇龍拳を決めた後、I字バランスレベルの開脚を披露してから相手を蹴り落とし、自身は前方向に超回転しながら落下して行き、最後は相手の上にお尻から激突する。


鯖折→双把

崖っぷちデンジャーでの投げ技。空中で相手の頭を掴んでおっぱいを押し付け、その後突き落とす。自身は両手両足を上下に大きく広げながら落下し、おっぱいプレスを決める。

恐らくおっぱいを押し付けている部分が鯖折に該当するのだろうが、本当にただ単純におっぱいを顔に押し付けているだけなのでそこではダメージは入らず、相手を突き落とした際に初めてダメージが発生する。何の為にやっているのかは分からないが、エロければそれでいいのだ。


因みに崖っぷちデンジャーではカメラアングルが固定されている為、I字バランスおっぱいプレスを好きなアングルで堪能出来ないのが非常に残念極まりない…。


ほのかプレス

6で追加された投げ技。崖っぷちデンジャー廃止に伴い上記の二つの技も無くなってしまったのでその代替技。「鯖折→双把」をギュッと短縮したようなモーションを繰り出す。迫力はグンと落ちたが、代わりにカメラアングルは自由となった。技の長さや迫力を重視するなら5、カメラの自由度を重視するなら6といった所か。



以上となる。本人が自分の身体的魅力に関して何処まで自覚しているのか、何故その技をコピーしたのかという所までは公式設定が存在しない為、逆に言えば妄想の余地があるという事になる。体がエロいだけの純情乙女として見るも良し、脳内までエロい淫乱ピンクとして見るも良しだ。

どの技をコピーさせるかについてはスタッフ間で議論に議論が重ねられたと思われるが、これだけの数を列挙する事が出来たのは「技の一つ一つで如何にエロかわいい様を表現出来るか」をスタッフが真剣に考えてほのかというキャラクターを作り出したからに他ならない。


余談編集

ゲーム雑誌などの記事名にもなっている“史上最胸”だが、バストサイズはなんと99

全女性キャラで一番バストサイズが大きかったティナの95を4センチ上回り、全女性キャラ最大最胸のキャラになった。

しかも、身長も150センチとカップサイズが最も大きいあやねより背が低いので、カップサイズも彼女を上回っているものと思われる。


先述したとおり、右手のオーラは雷道が放つオーラに似ており、雷道とのタッグ投げやタッグイントロが存在すること、雷道の右手がサイボーグ化している点を見ると、彼と何らかの関係があるものと思われる。


名前が同じことと髪型が若干似ていることからネット上では、あちらのほのかというネタがチラホラ・・・。


ほのか

DOAのほのかは、スクールガールであり、スクールアイドルではないのでお間違えのないよう。


DOAX3では商店街の福引でバカンスの招待券が当たったという理由でザックアイランドに訪れている。基本的に水着で過ごす為、普段つけている手袋は外しっぱなしになっている。

お土産を何にしようか考えたり、おばあちゃんも一緒に連れて行ってあげたかったと言うなど、おばあちゃん思いの女の子で有ることが窺える。


DOAXVVにはお触りシステムが導入されており、文字通り女の子の色んな所をお触り出来る。そう聞いて変態紳士諸君が真っ先に思い浮かべるのはπタッチだろう。勿論できるが当然殆どの女の子は嫌がる。ほのかも基本的には嫌がるのだが、稀に微笑みながら顔を赤らめつつ「んもう、オーナーさんのえっち♡」と、何ともそそられる台詞を言ってくれる。


無双☆スターズに登場した際に、王元姫ある事情で意気投合する。

また、石田三成が何をした人物なのかを知らないという衝撃の事実が判明している(とはいえ、石田三成の細かい業績まで知っている人となるとそう多くなのだが)。


DOA6では、高校のテストで実際に赤点を取ってしまい追試を受ける事になっていた事実は判明。追試まで赤点になれば大会に出られてないのでマリーが手助けする羽目に。(結局のところ自分の力が原因で、マリー共々出場していない。)

おつむの方はあまり宜しくないようだ。



関連イラスト編集

センシティブな作品ほのか

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品



関連動画編集


外部リンク編集

Ultimate: Arcade 公式サイト内 紹介

関連タグ編集

DOA デッドオアアライブ

サイドテール 女子高生 爆乳 桃髪爆乳


【真実】編集


【警告】ここから先はDOA6(デッドオアアライブ6)のストーリーモードのネタバレになります!!!!













































デッドオアアライブ6のストーリーモードにて

M.I.S.Tの研究施設へ連れ去られてしまったほのかを

助けに施設に潜入したあやね。


共に潜入したマリー・ローズを先に行かせ

待ち構えていたNiCOと対峙するあやねだったが・・・



NiCO「流石、あなたも雷道の娘というだけのことはありますね」


あやね「今、あなたも・・・って言ったわね」



NiCOの口から語られる驚愕の真実。


ほのかは雷道の娘であり同じく雷道の父親に当たるあやねはほのかの異母姉妹であることが判明した。


この真実を聞かされたあやねは激しく動揺し

その隙を突かれNiCOに気絶され

ほのか共々、雷道復活の道具として利用されてしまう。


最終的には遅れてやってきたかすみ、ハヤテたちに

あやねと共に救出され、親友であるマリーとも再会することが出来た。

関連記事

親記事

デッドオアアライブの登場人物一覧 でっどおああらいぶのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49667821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました