ピクシブ百科事典

LIGHTBRINGER

らいとぶりんがー

1994年にタイトーから発売されたアーケードゲーム、または作中に登場する武器の名称。
目次[非表示]

概要

1994年にタイトーから発売されたアーケードゲーム。
魔神復活を目論む闇の魔導師「ヴェノム」に連れ去られた姫を助けるため、
4人の戦士が、トラップ仕掛けのダンジョンを探索していくアクションゲーム。

ベルトスクロールアクション系のゲームであるが、アイテムなどを取ってスコアでレベルアップするなどRPG的な要素も盛り込んである。
最大4人で同時プレイできるのも特徴。
pixivのタグでは「ライトブリンガー」で使われることが多い。

しかしながらこのゲーム、ちゃんとテストプレイを行わなかったのか、あるいはアーケードゲームという関係上インカムとプレイ時間の比率を短くせざるを得なかった為か1フロアの制限時間がわずか2分しかない。フロアを移動してマップを見ている間も時間は減っていく。(これが本作が難しく取っ付き辛い原因の1つ)
ボス部屋でも時間が2分しかなく、しかもボス戦前のイベント中でも時間は減っていくため、事実上ボス戦の制限時間は1分半。そのためボス戦では早期決着が必須である。
極めつけにラスボス戦では多い体力と広い攻撃範囲でなかなか近づけそうにないボスとイベントのせいで1分半しかない時間により、攻略法が分かっていても結局は8割運任せという事となる。
1フロアの制限時間がもう少し多ければ(8分以上くらい)取っ付き易いゲームとなったのかもしれない。移植はされていないので移植の際にそこら辺の制限を緩くしたりタイムリミットを無くす代わりに全フロアの踏破が必要になるモードなどが追加されてもいいかもしれない。


海外版タイトルは「DUNGEON MAGIC」。

基本操作

レバー移動
レバーを素早く→→ダッシュ(ステップ型)
→→+Aダッシュ攻撃
Aボタン通常攻撃(A4段)
Bボタンジャンプ
A+B超必殺技(※)
Aを押し続けて離す溜め攻撃(2段階あり)


  • ※プレイデモでは「必殺技」と表記しているが、性能で見ると超必殺技に近い。
    • 超必殺技はマジックストック分だけ使用可能。

登場キャラクター

プレイヤーキャラ

  • アッシュ

行方不明の父親を探している騎士。メイン武器は剣。

掴んでA掴み技
掴んで←or→+A背負い投げ
溜め攻撃アークソード(ジャンプと同時に斬り上げる必殺技、いわば剣による昇龍拳。)
超必殺技バーサーク(剣を振り回す、発動中は移動可能)

  • グレン
武者修行の旅の最中偶然町に立ち寄り、事件に遭遇した東洋より来た剣士。通常攻撃は篭手によるパンチ。
空中↓+Aボディプレス
掴んでAバックブリーカー
掴んでレバー前+A放り投げ
掴んでレバー後+Aバックドロップ
溜め攻撃一刀両断(日本刀による斬撃)
超必殺技爆破陣(周囲に爆発攻撃)

  • システィー

システィ


一族の村を襲った魔物を追っている、エルフの女性。通常攻撃は蹴り。ミス時の悲鳴の影響か、pixivでは、監禁・陵辱モノのイラストが多い。

掴んでA掴み技
掴んで←or→+Aフランケンシュタイナー
溜め攻撃弓矢による遠距離射撃
超必殺技ソウルエレメンタル(竜巻が自分の周囲を回転する)

  • ヴォルド
邪神に魂を売ったかつての弟子(ヴェノム)の暴走を止める為に戦う魔道士。通常攻撃は杖。
掴んでA掴み技
溜め攻撃魔法(装備している杖によって異なる)
超必殺技メテオ(周囲に隕石を落とす)

その他のキャラクター

  • ヴェノム

邪神に魂を売り、魔神を復活させようと企む邪悪な魔法使い。

  • 王女
魔神復活の生贄のためにヴェノムに誘拐される。

敵キャラクター

  • アマゾン
センシティブな作品


短剣や蹴りで攻撃してくる女戦士。金髪と褐色肌の2種のカラーリングがある。
ステージ1と2に出現するが、出現するフロアが決まっており進むルートによってはほとんどもしくは全く遭遇しないこともある。

関連タグ

アーケードゲーム タイトー ベルトスクロールアクション クォータービュー

関連動画

関連記事

親記事

タイトー たいとー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「LIGHTBRINGER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19600

コメント