ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

蟷螂(カマキリ)の姿をした娘。

身体の大半が蟷螂の者もいるがケンタウロス型であったり、人間型で全身が外骨格に覆われている者も多い。


状の腕を持つ以外は人間と変わらない姿の者、逆に頭部が蟷螂そのものである場合も。


蟷螂は草にまぎれ、鎌状の腕で獲物を捕らえる為、擬人化の際にアサシンくノ一として描かれる事もある。


鎌は捕獲用だが創作では鋭い刃物とされ、死神の様に大鎌を持つともされる。


周囲を見渡す為に張り出した複眼が眼鏡と解釈され、人間態眼鏡女子とされる事もある。


蟷螂の雌は交尾の際に雄を食べてしまい、産卵の為の栄養にするといわれ、その雌優位の生態から女性怪人・怪物のモチーフとしても相性が良く、男を喰らう恐ろしいモンスター娘とされる事も多い。


その他、鎌をそろえた姿勢から拝み虫という呼び名があり、英語でも「祈るカマキリ」を意味する「praying mantis」と呼ばれるため尼僧をモチーフにした絵も描かれている。


なお英語マンティスの語源も「占い師のような虫」というギリシャ語の語彙であることから、予言者とされることもある。


一般的に緑色のカマキリがモチーフにされるが、蘭の花に擬態するハナカマキリ娘の投稿も多い。


日本のモンスター解説書でギリシャ神話に登場する、美女に化け男を騙して食べる女妖怪エンプーサの名の意味が「雌カマキリ」であるとされるが、これはアフリカに棲むカマキリの一種の学名が上記の習性から「Empusidae:エンプーサ科」(和名:ヨウカイカマキリ)と名付けられたことに由来する。


昭和の妖怪図鑑でオーストラリアの三位一体のカマキリ男と紹介された「ナマラカイン」や、フィリピンの食人鬼アスワングの一種「マンダランカル」の正体は蟷螂娘であるという。


各言語での呼び名編集

言語カナ表記綴り
英語マンティスガールMantisgirl
ドイツ語ファンシュレッケ・メートヒェンFangschrecke Mädchen
スペイン語ムヘール・マンティス / ムヘール・サンタテレサ / ムヘール・レサドーラ / ムヘール・カンパモチャMujer Mantis, Mujer Santateresa, Mujer Rezadora, Mujer Campamocha
イタリア語ドンナ・マンティデDonna Mantide
フランス語ファム・モントプテフFemme Mantoptère
タイ語サーオタッガテーンタムカーオSao Takkataen Tam Khao
インドネシア語ワニタ・ブララン・スンタドゥ / ワニタ・ブララン・スンバWanita Belalang Sentadu, Wanita Belalang Sembah
アイヌ語マキリコロパッタキメノコMakirikorpattaki Menoko
中国語螳螂女(タンランニュイ)Tanglangnu

類似した虫娘編集

個別タグは無いが、外見が似ているカマキリモドキミズカマキリ娘も投稿されている。

カマキリモドキ娘編集

カマキリモドキ娘ちゃん【ぴく虫】オオカマキリモドキ

ミズカマキリ娘編集

カメムシ女参照

主な蟷螂娘編集

メ・ガリマ・バ


センシティブな作品


信じる蟷螂が正義


マンティス・マルガム


カマキリさん


昆虫剣士ミオーラさん


はなかまきりのひと


Screaming Mantis


Mantis MGE / マンティス


エムプーサ


夜の魔切り姫

 

エヌマさん(魔動王グランゾート)


センシティブな作品


ランカちゃん


Trakeena


MCUらくがきまとめ


センシティブな作品


イラスト無し編集


関連イラスト編集

センシティブな作品マンティス🦗

カマキリメイドさんむかちん(ーー゛)

関連タグ編集

カマキリ ハナカマキリ 昆虫擬人化

女怪人 カマキリ怪人 蟷螂怪人

虫娘 妖虫

関連記事

親記事

虫娘 むしむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 634253

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました