ピクシブ百科事典

カートレイン

かーとれいん

一つの列車に旅客とマイカーを一緒に乗せて走る列車のこと。
目次[非表示]

概要

ざっくり言ってしまえば、フェリーの列車版である。
かつては日本でも国鉄JRが運行していたが、欧米などでは現在でも運行されている。

日本のカートレイン

日本初のカートレインは国鉄時代の1985年から運行を開始した。運行区間は汐留駅~西小倉駅、のちに浜松町駅~広島駅~西小倉駅。当初は急行列車だったが、のちに特急となった。その後しばらくしてほかにもカートレインができたことから「カートレイン九州」と改称された。
その後、青函トンネル開通を機に「カートレイン北海道」などが登場した。
当初は徹夜で並ばなければ切符が買えないほどの人気があったが、末期は後述の制約の多さ故に利用客が減少し、2000年代にすべて廃止された。

衰退した原因

・搭載できる自動車は搭載できる自動車は基本的に全長4670 mm、車幅1700 mm、車高1985 mmまでで、基本的に5ナンバー車のみ。その後自動車の大型化が進んだために搭載できない車が増えてしまった。
・燃料は移動に必要な最小限の量までにしておく必要があった。
・車内販売は車掌による記念品販売程度で、駅弁や飲み物などはあらかじめ買っておくか、途中の指定された停車駅のキヨスクなどで買う必要があった。

MOTOトレイン・モトとレール

こちらは自動車ではなく、オートバイを積む列車である。類似したものなので、ここで記載する。
どちらも荷物車にバイクを積み込み、ライダーとともに運ぶ列車。
ツーリング地として人気の高い北海道に向けて夏に運転された。
バイクは燃料を抜いておく必要があったが、都市圏の駅から乗って行けるという利便性から人気が高く、10年以上にわたって運転された。

MOTOトレイン

国鉄→JR東日本が運転した列車。上野~青森を走っていた急行「八甲田」に連結する形で、通常の列車とは別に専用の寝台車と荷物車を連結した。当初は青森で青函連絡船に乗り換えたが、青函トンネル開通後はそのまま臨時快速「海峡」として函館まで走った。

モトとレール

こちらはJR西日本が運転したもの。寝台特急「日本海1、4号」に連結し、ライダー向けに1両増結する形で運転された。こちらも青函トンネル開通後は日本海が函館駅まで延長されたので、そのまま乗り入れた。余談だが当初は「日本海モトトレイン」という名称だったが、これでは「元とれん」に聞こえてしまうために、「元とれる」の語呂合わせで「モトとレール」になった。

関連タグ

鉄道 ブルートレイン 20系 14系 24系

pixivに投稿された作品 pixivで「カートレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114

コメント