ピクシブ百科事典

スイーツ(笑)

すいーつかっこわらい

「スイーツ(笑)」とは、ネットスラングの一つ。
目次[非表示]

概要

お菓子デザートのことを"スイーツ"と呼び替えるような、お洒落を気取ったり流行に乗るような人物を指すネットスラングの一種。
のちに意味が拡大し、流行に踊らされ「スイーツ」と呼んでしまうような感性そのものや、流行を一方的に広めようとするマスメディアの姿勢そのものを指すことがある。

本来の意味でのスイーツ(お菓子)好きや「スイーツ」という単語そのものを批判しているわけではない。

2006年頃からこれまでの「デザート」「お菓子」を「スイーツ」と言い換える動きが若い女性の間で盛んになり、そうしたトレンドに影響された人々たちを揶揄する表現として、インターネット上で使われ始めたとされる。
(笑)」は「笑い」を示す表現であるが、この語の場合の「(笑)」は皮肉の意を込めた使い方である。

大元は当時流行していた『恋空』などの「ケータイ小説」の支離滅裂な文・超展開を揶揄したコピペで、主人公が死んだ時の描写で(笑)は「私は死んだ(笑)」というあっけらかんとしたオチに使われた表現である。
2007年には「ネット流行語大賞」の銀賞を受賞した。

「スイーツ(笑)」的であるとされるもの

「スイーツ(笑)」の他にも、さまざまな言葉に「(笑)」をつけることで、同等の意味(無理に作られた流行やそれに乗せられる人物を揶揄する意味)を持たせることができる。
特に、女性向けファッション誌に見られる特異な表現につけられることが多い。


など。「スイーツ」が流行した2000年代後半ごろに流行したワードが多い。
より多く知りたければ、はてなキーワードを参照。

流行の影響

元々コピペで使われていた用語が拡大されたもので、(笑)はいつしか皮肉や嘲笑の意味で使われることが多くなった。そして2020年現在ではその(笑)も廃れつつある。

なお、洋菓子をスイーツと呼びかえる文化は、1990年代後半からすでに存在しているとされている。また、「和菓子」に相当する食材を「和スイーツ」と呼び替える動きが一部であったが、こちらは現在「和」を感じさせる食材(抹茶やあんこ、寒天など)を用いた洋菓子的アプローチの菓子を「和スイーツ」と呼ぶことが多い。
日本におけるより古くからの表現で「スイーツ」に相当するのは「甘味」であるといえる。

言ってはならない正論

  • スイーツ(suite)じゃなくて、スウィーツ(sweets)じゃね?→スイーツが浸透した後に表記を変える動きが一部であった。
  • イギリスではsweetsとは飴やグミといった駄菓子の事。
  • デザート(dessert)でいいのでは?→場合による。dessertには「食後に出される菓子」という意味があり、sweetsには「食後」というニュアンスは無い。よって「食後のデザート」という言い方は表現が被ってしまっているので「食後のスイーツ」のほうが正しい。
  • ドルチェ(イタリア語)のほうがよりオシャレでは?


「スイーツ+(笑)」としての「スイーツ(笑)」

お菓子を題材にした作品で、笑える要素を含んだものにもこのタグが付けられる。
ただ、混乱の原因になりやすいので、特別にネタ寄りでなければ、洋菓子pixivカフェ等のタグを付けるのをお奨めしたい。

いろんなスイーツ(笑)変換用語

左側が主に男性(特に年配者)の言い方。右側は(若い)女性やちょっとオサレ(こちらも「お洒落」を揶揄する表現である)な言い方。
左側と右側が必ずしも同義という訳ではなく、総称だったり、正確には違うものだったりする。
そこをあえて言い換えるところがポイントである。


なんだ、炒り卵スクランブルエッグ程度の違いか。…と思ったあなた、スクランブルエッグは単なる洋風炒り卵ではなく、バターなどでとろみを残したもので、日本語の炒り卵の指す所とは違う。上記の言い換えもニュアンスだけでなくジャンルそのものの変化を伴うものもあることを踏まえる必要がある。

関連タグ

スイーツ(笑)(表記ゆれ)

ネットスラングの一覧
(笑)/(笑)
オサレ ミーハー

インスタ映え / インスタ蝿
スイーツ大河

お菓子の方の関連タグ
スイーツ スイート スウィーティー
お菓子/菓子 甘味 甘い 和スイーツ

外部リンク

スイーツ(笑) - Wikipedia
スイーツ(笑)とは - はてなキーワード

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スイーツ(笑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 524714

コメント