ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:岡村明美

概要編集

幻影帝国の女性幹部。「高貴な貴婦人」を自称するが、首領のクイーンミラージュディープミラーには「欲深き貴婦人」と呼ばれている。

一人称は「わたくし」、二人称は「アンタ」。言葉遣いは高飛車で気取った女性語を常用する。

オレスキーからは「ワガママ娘」と言われており、貴婦人というほど大人でもないが、どこか憎めないお嬢さん。

その名の通り色んなものを欲しがり、それが手に入らなければ壊してしまおうとする強欲かつ自分勝手な性格である。


外見は可愛らしい美少女で、髪は水色の縦ロール、リンゴのマークが入った帽子にピンクと黒を基調とした衣装を着用し、西洋風の傘を携帯している。

サイアークを呼び出す時の口上は「鏡に映る未来を最悪に変えちゃって~!いらっしゃ~いサイアーク!」。

いらっしゃ~い

彼女が作ったサイアークはマフラーが桃色で、世界への浸食能力は「周囲の建造物などをお菓子に変える」というもの。ホッシーワの作り出した侵略世界は一見メルヘンチックで、絵本のような風景になる。

しかし、それらは不幸の味がする「不幸のお菓子」であり、人間の不幸を眺めながらそのお菓子を食べるティータイムが至福の時という歪んだ趣味嗜好の持ち主。

そしてティータイムを邪魔される事が大嫌いである。

基本的に戦闘はサイアークやチョイアークに任せきりだが、20話ではナマケルダと共に戦闘に参加し、傘の先端から小さなビームの弾を連射していた。


オレスキーやナマケルダが我欲を貫くタイプの悪役なのに対し、ホッシーワは他人を貶めることを好む傾向があり、出撃するときは大抵プリキュアたちを挑発する。


同じ仲間である幻影帝国幹部たちに対してもあまり快く思っていないようで、オレスキーのことは「暑苦しい」「めんどくさ男」、ファントムは「キザッたらしい」と陰口をよく叩く。

ただ、ナマケルダに対してはそういったマイナス評価はしておらず、昵懇というほどではないが、案外気が合うのか、二人セットでオレスキーやファントムの陰口を言うこともしばしば。


本編での初出撃は第3話だが、第1話でめぐみの通学路の一部がケーキに浸食された様子が描かれているので、ナマケルダ同様に第1話以前からぴかりが丘の侵略活動を担当していた様子。


更に最終回において、元は砂漠の使徒サソリーナ同様に保育士であった事、名字が星である事が判明した。


ちなみに「スイーツに目がない」「強欲な紅一点」と言う共通点は、前作マーモに似ている。

また、別人に成りすまして主人公たちを欺こうとする作戦はセイレーンも使っているが、セイレーンは本物そっくりに化けた「変身」であるのに対し、ホッシーワは髪型と服装が変化しただけで、ほぼ「変装」である(後述)。


変装編集

第5話ではチョイアークに襲われた一般人を装ってプリキュアを罠にはめようとしたのだが、この時のストレートヘアの彼女がかわいいと一部で評判になっている。→今週の星岩さん

ホッシーワさん

白雪ひめが怪しがっていたので演技は二流だった様子。とはいえ、お人好しな愛乃めぐみはすっかり騙されてしまったが。


第10話では、キュアハニーに対抗してアイドル衣装を披露。自分のことを「歌姫」と称しており、歌には自信があるらしい。またチョイアークによる親衛隊も存在するらしく、そのうちの一体が悩殺されていた。

アイドルホッシーワ

お菓子がホッシーワ☆

もっとも歌った歌はキュアハニーのごはんの歌替え歌であったのだが…

歌唱力そのものは高い。


第24話ではバカンス気分で海に行き、白ビキニ姿をサービスしてくれた。

水着ホッシーワ

センシティブな作品

なお、敵女性幹部の水着姿が披露されるのはプリキュアシリーズにおいて極めて異例である。


最終話では保育士の格好で登場。

星先生

厳密には変装というよりも、こちらが本来の姿のようだ。

ちなみに、オフィシャルコンプリートブックにある担当声優・岡村のメッセージによるとフルネームは「星 和歌子」というらしい。


各話での活躍編集

  • 第3話

初登場。「誠司が自分を襲った」と見え透いた嘘でめぐみを騙そうとした。

もっとも直後の反応からすると、こんな見え透いた嘘で騙されるわけないとはわかっていたようで、ただ誠司を貶めることでめぐみを不快にさせたかっただけのようだ。

サイアークを倒された後、「次はあなたたちの不幸でできたお菓子をいただくわ」と余裕で撤収した。


  • 第5話

チョイアークに襲われた一般人を装ってプリキュアを罠にはめようとする。

前述したように変装としては二流だったが、「襲われている人を助けないといけない」という思いが先行しためぐみはこれに引っかかってしまった。

それに対して、「こんな見え透いた手に引っかかって」という発言でめぐみを嬉々として馬鹿にしている。

これは自分が立てた計画が「一目でそれと分かる三文芝居」と認めているようなものだが、他人を愚弄できる悦びに比べればそんなことはどうでもいいようだ。

さらに、めぐみの人助け体質に対し「感謝されなかったら丸損」などと執拗に罵った。

しかしこれに怒ったひめの反論でめぐみは立ち直り、サイアークを倒されることに。

撤収時には「人の笑顔なんてお腹の足しにならないのよ!」とプリキュアシリーズ5作目劇場版ラスボスのような捨て台詞を吐いた。


  • 第7話

幸せそうな新婚カップルに対して、「人の幸せなんてお腹の足しにならない」と憎らしげな目で見てターゲットにする事に決め、その二人をサイアークにして作り出した不幸のお菓子で大喜びしていた。

その後、一人で戦場にやって来たキュアプリンセスに「一人だけ?弱そう」と、弱いことにコンプレックスを持っていたひめを挑発する。

そしてひめを押しまくったが、駆け付けためぐみがひめと和解し2人がかりでサイアークを倒された。そして「1人では弱っちいプリキュアが2人で強力なコラボ技」を編み出したことに生意気と感じつつもクイーンミラージュに報告するため撤収。


  • 第10話

「歌うプリキュア」ことキュアハニーの人気に嫉妬して、自分もアイドルに変身して多くのチョイアークを集めて歌を歌っていたのだが、その歌はキュアハニーのパクr…替え歌であった。

超時空貴婦人

さらにキュアハニーよりも自分の歌の方が上だと証明するために自分からデュエット…もとい歌対決を望むが、見事にハモっていた他、結果的に彼女もまた洗脳されてしまった


  • 第13話

キュアナイル撃破の報告をクイーンミラージュに報告するファントムに対し「キザッたらしい」とイヤミをつぶやく(この時、クイーンの御前なのに堂々とお菓子を頬張っていた)。

彼が次の目標をぴかりが丘を護るプリキュアに定めた際、これ以上彼を目立たせたくないオレスキーが、「もしもぴかりが丘攻略に失敗すれば制裁を受ける覚悟がある」と余計な約束をしたため、ナマケルダと共にオレスキーの後ろに隠れて、「知ーらない」と言いたげな顔をしていた。

お菓子もぐもぐ


  • 第14話

砂浜で潮干狩りに夢中になっている子供達に目を付けたオレスキーをナマケルダと共に適当にあしらっていたら、「ようやく俺様のことが分かってきたようだな!」と上機嫌になったオレスキーによってナマケルダ共々オレスキートリオの一員にされてしまう。

オレスキートリオ


  • 第15話

幻影帝国に占領されているブルースカイ王国の王城に侵入したプリキュアたちを追いつめ、「わたくしたちの城にわざわざ来てくれるなんて、ご親切ね」と、本来の住人であるキュアプリンセスに対して言い放ち、プリンセスを激怒させた。

プリンセスがここはわたしの城だと反論すると、その反応に「よく見ると、本当にこの国のプリンセスじゃないの。プリンセスがキュアプリンセスの正体だったなんて、単純すぎて全く気付かなかったわ」と発言してさらにプリンセスを貶めた。

その後プリキュアとの戦闘になるが、幻影帝国内ではプリキュアの力が低下するのをいいことに圧倒。しかしオレスキーと共に油断してしまい、プリキュアを逃してしまう失態を犯した。


  • 第18話

7話に続いて結婚式の新郎新婦を襲う。なんでそこまでカップルを嫌うんだと思うところだが、この話ではホッシーワの本音として「他人と何かを分け合うこと」を徹底的に嫌っていることが示された。

ハピプリ 第18話 唐揚げタワー

結婚とはあらゆるものを夫婦で分け合うことの誓いであり、すべてを一人占めにしたい彼女にとっては嫌悪すべきものでしかないのである。同時に「家庭」というものも独占という概念から遠いため嫌っていることが判明する(この為、幹部の中でも相当に過酷な過去を抱いているのではないのかと言う推測もある)。

一方、戦闘においてはキュアプリンセスのマカダミアフラダンスのフォーム技「ハワイアンアロハロエ」を受けて「ち~っとも楽しくな~い!ぜ~んぜん癒されな~い!」と言いつつもしっかり踊っていた。

ハピプリ18話 ホッシーワ


  • 第20話

ぴかりが丘商店街を襲撃している最中、たまたま同じ所を襲撃していたナマケルダと鉢合わせ、縄張りをめぐって対立。そこへキュアラブリーがやって来たため、一時休戦して2人掛かりで襲い掛かる。

ハピプリ20話 チームワークっ

当初はラブリーに押されていたものの、1vs2というハンディから徐々に巻き返し始め、ラブリーを追い詰めるが、キュアフォーチュンの加勢で逆転されて敗北し、ナマケルダに文句をぶつけた後、捨てゼリフと共に撤退した。

なお、この回でホッシーワがプリキュアに傘から出るビームで攻撃しているが、オレスキートリオが生身でプリキュアと戦闘したのはこれが初めてのことである。


  • 第23話

幻影帝国に強制的に戻されてビンタを喰らうファントムを、物陰から見てほくそ笑んだ後にぴかりが丘に出撃。この時ファントムのサイアークによって水晶が生やされたぴかりが丘を見て「水晶だらけにされてたまるもんですか。世界もお腹も満たすならやっぱりお菓子が一番でしょ」とつぶやいていたことからして色気より食い気ということであろうか。

今回は大型のサイアークとチョイアーク大の小型サイアーク+大量のチョイアークを駆使しての陽動作戦を繰り広げキュアフォーチュンを追い詰めた、しかし後一歩の所で後から追いかけてきたプリンセスに大型サイアークを吹き飛ばされ、そのままマカダミアフラダンスとフォーチュンのパインアラビアンの合わせ技であえなく倒されてしまった。

なお、撤退する際に「わたくし寝ながら踊っていませんから~!!」と力説していたので、寝ながら踊っていたと思われる

寝ながら踊るホッシーワたそ


  • 第24話

プリキュア恒例の「せっかく海に来ているのに水着にならない回」

オレスキーの招集でナマケルダと共に海辺へ。

特訓に熱中するプリキュアたちに代わって、白ビキニ姿を披露してくれた。

センシティブな作品

ただしそれも5秒ほど。「ここでオレスキートリオの強化合宿をする」というオレスキーの発案を「バカンス気分の邪魔しないで」とバッサリ拒否し、例によって口論になった後は出番がなく、視聴者は水着どころかオレスキーの飛び散る汗と強靭な筋肉を延々と鑑賞させられる。


  • 第25話

プリキュア合宿後編。今度はクルーザーの甲板で先週同様の白ビキニ姿を披露する。

オレスキーがどこかで誰かが恋愛に夢中になってる気配をかぎつけた際には「恋なんてすぐ冷める」と恋愛に否定的な意見を言っていた。

センシティブな作品


  • 第26話

プリキュア合宿編最終回。田舎の森の中でお菓子を食べながら森林浴をしていたところ、誠司とひめの青春の気配を感じて襲撃をかける。この回、彼女が用意したチョイアークやサイアークはリーゼント姿に学ランという、古い不良のような格好だった。

変身できないひめをかばい、チョイアークを一人で倒す誠司に対し「わたくしのチョイアークにならない?」とスカウトするが、誠司からは即座に「お断りだ」と拒否され、意地になって「わたくしもよ!」と言い返していた。


  • 第29話

ぴかり神社でアクシアの真の力(シャイニングメイクドレッサー)を解放する儀式を行っていたハピネスチャージプリキュアの邪魔をすることをミラージュに命じられ、オレスキー、ナマケルダとともに襲撃してきた。急な話だったらしく、サイアークは作り出さず三人とも生身で戦った。


  • 第32話

カビだらけになったビルの上でナマケルダと一緒にグデグデとだらける。

お菓子とカビでは相性悪いようにも思えるが、やはりふたりは「なんとなく一緒にいてしまう」みたいな腐れ縁っぽいところがあるようだ。

なお、この時にどこかで誰かが恋愛に夢中になってる気配を嗅ぎつけて「うっとうしい、甘酸っぱい香り」と表現している。彼女が好む不幸のお菓子はやはりほろ苦いのだろうか。

体が勝手にホッシーワたそを描いてしまう


  • 第35話

美味しいおおもりご飯がぴかりが丘で人気なのに不快感を示したホッシーワが、人間を幸せにするご飯なんてなくなってしまえばいいとして、おおもりご飯の宅配弁当を楽しみにしていた老婦人の三ツ矢のぶこをサイアークにする。鳥型のサイアークは音波攻撃によりラブリーとフォーチュンの技を正面から打ち破り、プリンセスを含めた3人をダウンさせる健闘を見せたがハニーの新フォームの前に倒された。

「ご飯が食べられなくなったらお腹がすいたときにみんな困るでしょ」と正論を述べるキュアハニーに、「それならお菓子を食べればいいじゃない」と定番の返しをした。

だが、ハニーはホッシーワのお菓子に固執するあり方に「お菓子でもご飯でも美味しいものを食べたいというなら、自分たちと同じ価値観」と捉え、いつか和解できる可能性を見出したようであった。


  • 第40話

失敗続きの三幹部に怒り心頭のミラージュの前で、名誉挽回に焦ったオレスキーが変にやる気を見せたため、ミラージュを更に怒らせる結果に。ディープミラーがその場を収めるが、代わりに三人には次の出撃で成果を出さないと、もはや用無しという最後通告が出されてしまう。わざわざ自分達の首を絞めたオレスキーに「何てこと言うのよ!」と言いたげな表情をするホッシーワだが、もはや後の祭り。

後がなくなったことを自覚した三人は、大量のサイアークを発生させ、息が合った攻撃も珍しく見せたが、成長して圧倒的な強さを見せるプリキュアに一蹴され、最後の挑戦も失敗に終わった。


  • 第42話

プリキュア達と幻影帝国にて最後の対決。何かと因縁のあるキュアハニーと、不幸のお菓子が浮かぶフィールドで戦う。

「好きなものを食べて何が悪いの?」

「わたしは栄養のバランスを考えて欲しいの!」

「わたくし、好きなものを好きなだけ食べたいの!」

「でも食べ過ぎたらお腹痛くなっちゃうよ!」

と、最終決戦とは思えぬ微妙にズレた応酬をしつつ、チョコレート状の粘着液や巨大キャンディ型爆弾で攻撃し、直接戦闘においてはハニーを追い詰める。

「痛みも苦しみも誰も一緒に味わってくれない、だったら喜びだって独り占めしたっていいじゃない」と言うホッシーワに対し、ハニーは「ごはんはみんなで食べればもっと美味しい、楽しい事も分かち合えば何倍も楽しくなる」と反論、イノセントフォームのハニーテンプテーションでホッシーワを浄化する。

「本当は一人で食べてもつまらなかった、誰かと一緒に喜ぶ気持ちをどこかに置いてきてしまったのかもしれない」と素直に本音を吐露したホッシーワは、「あなたにも大切な人と一緒に大好きな物を食べられる時がくるわ」というハニーの言葉に、笑顔でうなずきながら消えて行った。


  • 第49話(最終話)

浄化されたホッシーワは、幹部時代のベレー帽にもあったリンゴマークのついたバンダナをつけ、保育士に復帰した。

「星先生、食べて~」

園児達から大量にハニーキャンディをもらい、うれしがって一気に食べていた。


中の人について編集

担当声優の岡村明美は「ふたりはプリキュアSplash☆Star」において霧生薫と妖精フープの二役を演じており、今回の起用によってプリキュアシリーズでメインの妖精役を演じた声優が敵役で再出演した初の事例となった。


なお、霧生薫の担当声優は岡村で2代目であり、初代は前作「ドキドキ!プリキュア」でアイちゃんおよびその前身であるマリー・アンジュを演じた今井由香である。

無題


また、本作のメイン妖精・リボン役の松井菜桜子は「Splash☆Star」にて敵幹部のミズ・シタターレを演じていたため、完全に立場が逆転している


また、岡村氏がこの一時間後にやっている作品では、なんと宿敵のはずのキュアプリンセスの中の人が演じたキャラが仲間であり、敵の攻撃からかばっている。ある意味奇跡である。ちなみに彼女の船長前作で敵幹部を演じている。もっと言えばその作品対立していた組織のボス将軍前々作(彼女の一味の仲間妖精枠だった)のラスボス敵幹部だった。詳しくはONECUREを参照のこと


小ネタ編集

勘違いしてる人が割と多いようだが、「ホッシーワ」であって「ホシイナー」でも「ホッシーナ」でもはない。

しかし混同ネタが投稿された。

今期のプリキュア見てないけど幹部の名前で思い浮かんだから仕方ない


また、サイアークの登場バンクが初登場した第7話の相手が新郎新婦で、「いらっしゃ~い!」という掛け声から某師匠が司会の番組を髣髴とさせ、師匠の顔真似までさせられていたりする。

新婚さんにホッシーワ。


余談編集


関連タグ編集

ハピネスチャージプリキュア! 幻影帝国 プリキュアの敵一覧

クイーンミラージュ ディープミラー ナマケルダ オレスキー ファントム(プリキュア)

今週の星岩さん アイドルホッシーワ おかしの歌 水着ホッシーワ

水色髪 縦ロール

モエルーワ!

サソリーナ:正体が保育士で、どこか憎めないおバカキャラな敵女性幹部繋がり

関連記事

親記事

幻影帝国 げんえいていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2097476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました