ピクシブ百科事典

牙王

がおう

牙王とは、映画『仮面ライダー電王 俺、誕生!』に登場する時の列車を襲撃する列車強盗集団の首領の名称である。
目次[非表示]

「お前、喰われなきゃわからないらしいな」
演:渡辺裕之

概要

TV本編25~27話及び映画『仮面ライダー電王 俺、誕生!』に登場。
時の列車ばかりを狙う強盗集団首領を務める山賊のような出で立ちの壮年の
時の狭間の世界ではその名が知れ渡っている程に有名な人物らしく、その存在を聞いたハナが驚くほどで、イマジン達からも一目置かれている存在。
なお、カイとの関連は不明だが、彼と共に2007年の時間軸へとやって来たブラッドサッカーイマジンが彼の元へとやって来ていることから、少なくとも彼の力を利用して目障りな野上良太郎=仮面ライダー電王を排除しようとしていた可能性が推測されるが詳細は不明。

豪胆で狡猾にして残酷で冷淡な性格の持ち主で、人間の三大欲求の1つ“喰らう(食欲)”ことに貪欲であり、ついには時間をも喰らおうと画策。
全ての時間を支配できるとされる太古の王が作りだしたとされる伝説の神の列車“ガオウライナー”を求め、 “ガオウライナー”のチケットを所持するオーナーから奪い取る為に時の列車“デンライナー”をジャックしようと暗躍する。

その見た目に違わず野性的な戦闘スタイルの持ち主で、戦闘能力も極めて高く、ガオウへと変身した際はソードロッドアックスガンフォームベガフォームの5人を同時に相手にしても圧送する程の力量を見せ付けた程。

“ガオウライナー”入手後、手始めにうっとおしい特異点である良太郎=仮面ライダー電王の消滅を企み、良太郎が生まれた1988年12月26日へとタイムスリップすると、その日の時間の消滅を企むが、良太郎の決死の活躍や侑斗の機転で異なる時間軸から連れてこられた良太郎が変身する3人の電王と侑斗自身=仮面ライダーゼロノスの合計5人ライダーの活躍で“ガオウライナー”を破壊され、最後は基本時間軸の電王=ソードフォームとの壮絶な一騎打ちの末に渾身の“俺の必殺技・スペシャルバージョン”を受け敗れ去り、「時間に喰われるのは……俺の方か……」との言葉を最後にと化して消滅する。

余談

時の消滅に拘った理由をスタッフは何も言ってくれない為、中の人は、最愛の息子に先立たれて過去や思い出を消し去るために凶行に走ったと設定したらしい。

関連項目

仮面ライダーガオウ 仮面ライダー電王

pixivに投稿された作品 pixivで「牙王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15538

コメント