ピクシブ百科事典

色とり忍者

いろとりにんじゃ

豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、pixiv大百科にめちゃイケの記事が立てられた! 後世にこんなバラエティ番組があったんだよと伝えたいハゲの軍団の仕業である! 藤吉郎はそんな行いに感動しつつも、何故か立たなかったある企画の記事の作成を忍法「色とりの術」で全国の忍びたちから執筆の速さを褒められる彩一族に依頼した。 その企画の名こそ、タイトルに描かれている「色とり忍者」である!
目次[非表示]

概要を説明するでござるが、大丈夫でござるな?


めちゃイケの企画の1つ。
正式名称は「只今参上!色とり忍者」

単位上等!爆走数取団が、諸事情により打ち切りになった後、約半年のブランクを経て放送された「七人のしりとり侍」の要素を受け継ぐゲーム企画である。

2006年11月から始まり、こちらも数取団に負けず劣らずの人気を誇っていたが、2009年6月27日の放送分を最後に新作が発表されなくなり、1年後に新たなゲーム企画「集中寺」が放送されたことを受け、色とり忍者の打ち切りが確定した。
(ちなみに、その「集中寺」も諸事情により僅か5ヶ月で打ち切られ、その3年後に登場したのが「めちゃギントン」である)

めちゃイケ最終回に向けて、過去の懐かしい企画を行う「終活プロジェクト」に、同じゲーム企画である「しりとり侍」「数取団」は復活したにも関わらず、色とり忍者は復活しなかったりとそこそこ不遇な扱いを受けている企画である(それでもゲームコーナーの紹介からもハブられた「集中寺」よりはマシだけど)。

ルール説明はしなくて大丈夫でござるか?


しりとり、かずとりと来て次に用意された要素はズバリ「

まず最初に「シュッ!シュッ!シュシュシュ!」という掛け声を全員で唱和し、ゲームスタート。
最初の人が「赤い果物」などのお題を言い、もう一度「シュッ!シュッ!」と全員で行った後、後ろに控えている人がお題にあった色の答えを言う(この場合「りんご」などが正しい)

後は、誰かがミスするまでずっと同じことを繰り返すだけである。

ちなみに並び順は赤兵衛→黄太郎→白佐衛門→緑吉→青助→紫丸の順でゲストはこの中に入るが、ほとんど赤兵衛と紫丸の間か緑吉と青助の間が多い。

第3回と第5回からゲストが登場し、彩一族と罰ゲーム執行人たちにボコボコにされた。

ちなみに、色とり忍者は1部と2部に分かれた構成となっている。

  • 盗まれたツボを「ハゲの軍団」から取り戻すべく、助っ人忍者とこそこそ頑張る物語(1部)
  • なかなかツボを取り戻せない彩一族を教育すべく、先生と呼ばれる忍者がビシバシ教育する物語(2部)

しかしやっている事はあんまり変わらないので、1部2部なんてあったの?という反応をする人がほとんどだったという(現にこの記事作成者もそう)

今回色とりゲームをしくじった場合、こんな人たちが忍者たちに地獄を見せる。

罰ゲームは相当キツいでござるが、負けないでござるな?


今回の罰ゲームは2種類存在する。

1部

負けた者は『ツボ係』に指名され、ツボ押しジジイこと赤ハゲをリーダーに、青ハゲ、黄ハゲ、緑ハゲ、桃ハゲの5人のハゲヅラの男達「ハゲの軍団」にツボを押されるというもの。
第14回まで、この「ハゲの軍団」が罰ゲーム執行役を担当。

盗まれたツボを、10メートルぐらいある門まで持って行き、外に逃げれば、罰ゲーム回避だが、「ハゲの軍団」の中でも主戦力的存在である桃ハゲ(現役プロレスラーのアレクサンダー大塚)は、メンバー随一の巨体と豪腕を持っているだけでなく、脚力までも兼ね揃えた強者であり、ツボ係になった者は門にたどり着く間もなく、尽くこの超強敵に捕獲されてしまう。

その桃ハゲを始めとする5人の指圧師、ミスしたメンバーに向かって襲いかかってくる様は、ちょっとしたホラーである。
しかも、今回の罰ゲーム執行人は全員働く
地獄度も5倍増しである。

さらに、奇跡的に「ハゲの軍団」を凌いで門にたどり着けたとしても、肝心の門の扉が非常に重く、ツボ係一人で開けるのには非常に手間取る構造となっており、結局は門をこじ開けようとする間に「ハゲの軍団」に追いつかれて、捕獲される運命にある
この様に、理不尽極まりない舞台構成の為、当然ながら罰ゲーム(ツボ押し)を回避出来た人間は1人もいない

尚、女性がツボ係となった場合、セクハラ対策の為、女性専門の執行役「ハゲの嫁はん」が代わりに登場するが、こちらもまた女子プロレスラーをはじめとした腕っぷしの強い女性(岡村隆史有野晋哉曰く「男性ではないか?」と疑惑を向けている人物が一人いる)ばかりで構成されている為、被害者のツボ係(柳原可奈子)は勿論、男性である有野ですら全く刃が立たずにボコボコにされてしまった。ちなみに有野は色とり忍者以外のコーナーでも何度か「ハゲの嫁はん」の構成メンバーである女性達と対戦(という名のリンチ)を受けた経験がある。

2部

「徳川綱引」という将軍様と文字通り綱引きを行うというもので、負ければ前方に敷き詰められているお白州(白い粉の敷き詰められたプール)にダイブするハメになる。
しかもこの時、曲が終わる前に綱を引っ張ったり、いつまでも綱を引っ張ろうとしなかったり、ちゃんと仰向けになるように飛び込んで全身粉まみれにならないと、将軍様の機嫌を悪くして、お白洲に降りてきた将軍様から地面の粉に無理矢理顔を押し付けられたり、プロレスをかけられるなどの追加制裁が与えられる。
また、あまりに間抜けなミスで罰ゲームになった者は将軍様の帰り際にお付きの側用人から露骨に嘲笑われたり、将軍様を怒らせた際にセットの周りを逃げ回る往生際の悪い奴腰元達に身柄を取り押さえられ、将軍様に突き出されてしまう。
そして、万が一にも腰元に危害を加えた場合、将軍様の逆鱗に触れ、より粉まみれにされた上で、ボコボコにされてしまう

当然、綱引きであれば(将軍様を怒らせるような事をしない限りは)第一部と違い、セクハラになる心配もないため、こちらでは男女問わず、将軍様は一切手加減する事はない

ちなみにこの「将軍様」役の方は、これまた現役プロレスラーのマッスル坂井。かつての数取団罰ゲーム担当「関取団」の構成メンバーの一人でもあり、その腕っぷしの強さ、そして罰ゲームとなった被害者(特に加藤浩次)への情け容赦のない加虐っぷりは、関取団リーダーの火の竜に負けず劣らず、当然の事ながら、将軍様に勝てた人間も1人として存在しない

関取団(火の竜)ですら勝てた人間はいたのに…何、このチート集団?

ついでにうわさのシステムもあるが、大丈夫でござるな?

最終戦で敗北した場合に執行されるシステムである。

  • 制裁要員によって頭に取り付けられたり、懐に入れられたりするものである。
  • 基本ゲスト中心に執行されるが、一部例外で執行されない場合もある。
  • 1部では「矢文」で、2部では「秘伝の書」である。
  • 中身はヤバい情報が盛り込まれてる写真が出てくる。
  • BGMはTOKIOの「うわさのキッス」である(一部例外あり)。

彩一族の面々はこんな感じだが、大丈夫でござるな?


それぞれ色+兵衛といった感じで名前が付けられている。
衣装は「仮面の忍者 赤影」っぽいものになっており、中々スタイリッシュ。

以下が彩一族の面々6人+αである。


赤兵衛

演:加藤浩次
おはようございますっ!
成績/第1部:6敗/第2部:6敗(未公開含むと8敗)/通算:12敗(未公開含むと14敗)

司会進行を務める狂犬。
この辺りから、狂犬が子犬になってきた気もするが、気にしてはいけない。
モデルは「赤影」だが、マスクは着けていない。

スッキリスタイルでの挨拶が得意技。
その反面、色とりは苦手らしくツボ押し・綱引きを含めて12回、未公開も含めると14回も罰ゲームを食らってしまった。
その数は全メンバー中でぶっちぎりのトップ!

さらに、第一部では前ゲームコーナー打ち切られた原因を作った張本人の相方という事で、ゲスト出演した前ゲームコーナーの罰ゲーム執行役の関取団リーダーの火の竜から半ば八つ当たり同然に恨まれた挙げ句、因縁の相撲対決の最中、火の竜の衝撃的な秘密を偶然晒してしまった事で更に怒らせてしまい、最終的に舞台セットの松明の炎に押し付けられて、顔を火炙りにされてしまった

第二部の綱引きでも、綱を引っ張る際にわざとフライングする綱を振り回す等、ふざけた様な引っ張り方をするといったズルをする為に、将軍様からは特に目をつけられており、最終的に粉まみれ以上の悲惨な目に遭わされる事が多い

しかし、それらも致し方ないこと。何故なら彼は、本来山さんがやるはずだったゲストとの相手ポジションを引き継いだのだから・・・


黄太郎

演:濱口優
すいません・・・インフルエンザかもしれん・・・
成績/第1部:5敗/第2部:1敗/通算:6敗

バカV5を達成した黄色い忍者。

緑の動物というお題に「おくまさん」と答えたり「緑の花」というお題を自分で出したにも関わらず「(答えは)ない!」と断言するなど、バカっぷりがにじみ出ているが、それでも全回を通して負けた回数は6回と上位3位につけている為、こういったゲームは非常に得意だということが分かる。

何故か短パンを履いている。だからかは不明だが、よくスネ毛をハゲの軍団にむしられていた。


白佐衛門

演:矢部浩之
もう負けられねぇ!
成績/第1部:7敗/第2部:1敗/通算:8敗

ガリガリの忍者。今回は司会ではなく、一参加者として登場。
モデルはおそらく「白影

意外と色とりゲームは苦手らしく第4回目の色とりの際には1人で3敗を喫したりと、しりとり侍や数取団とは打って変わって弱くなってしまった。
これも司会を赤兵衛に譲ったためか・・・



と、思いきやその後22回のゲームを通して、負けた回数はなんと3回だけ!
かなりどころか凄まじい成長を見せた。


緑吉

演:有野晋哉
では行くぜござるよ〜?
成績/第1部:1敗/第2部:1敗/通算:2敗

ロイドメガネをかけた緑の忍者。

負け回数は2回とかなり少ない。
強くなったというよりかは、脅威である武田が前にいなくなったというのが、正しいのかもしれないが。


青助

演:岡村隆史
帰れ〜!
成績/第1部:3敗/第2部:2敗/通算:5敗

チビのおっさん忍者。
モデルはおそらく「青影」(ゲームでの合図「ダイジョーブ」もこの忍者のポーズから取られている)

戦績は可もなく不可もなくな計5回。

しかし、綱引の罰ゲームを行った際には、引っ張られた衝撃で遥か彼方までぶっ飛んだ!
記録にも記憶にも残る活躍を見せてくれた忍者だった。


紫丸

演:武田真治
私がいなくなってしまう!(焦)
成績/第1部:1敗/第2部:0敗/通算:1敗

色とりになっても強さは相変わらずで、どんなお題もシュッシュッと答える。
その強さを支えるのはやはり前日の予習らしく、その甲斐あってか罰ゲームを受けた回数が全27回中1回というとんでもない記録を叩き出した!

更に、この企画おなじみのお題である「ブルーな気持ち」を生み出した人物でもある。

何ですか?このレジェンド。
でも遅刻はよくするし、出番は比較的に少ないし、おまけに桃ハゲにビンタ2発喰らう程のいじられキャラである。

助っ人忍者(第1部) / 師範代(第2部)

演:ゲスト
成績/第1部:33敗/第2部:44敗/通算:77敗

第3回と第5回から登場するゲストの総称である。

基本~影殿や先生などと呼ばれているが、彩一族の面々(主に紫丸)に裏切られ制裁要員にボコボコにされるのがお約束となっており、全勝を達成したのは第1部と第2部を合わせてたったの11人だけである。

成績の内訳

第1部

敗数助っ人忍者
4ボビー・オロゴン(第12回)
3中居正広(第3回) / 石原良純(第6回) / 香取慎吾(第11回)
2内山信二(第5回) / 城島茂(第7回) / 国分太一(第7回) / ウエンツ瑛士(第8回) / タカ(第9回) / たむらけんじ(第13回)
1松岡昌宏(第7回) / トシ(第9回) / 笑福亭笑瓶(第10回) / 彦摩呂(第10回) / 柳原可奈子(第10回) / 陣内智則(第13回) / 小栗旬(第14回) / 高岡蒼甫(第14回)
0山口達也(第7回) / 長瀬智也(第7回) / アンディ・オロゴン(第12回) / チョ・ヘリョン(第12回)

第2部
敗数師範代
3上地雄輔(第18回)
2田村亮(第15回) / 佐藤隆太(第17回) / 宮川大輔(第17回) / 山本高広(第21回) / 板尾創路(第22回) / misono(第23回) / 成宮寛貴(第25回)
1田村淳(第15回) / 薬丸裕英(第16回) / つるの剛士(第18回) / 和田アキ子(第19回) / 武田修宏(第19回) / 石垣佑磨(第19回) / 西尾聖(第19回) / 髭男爵(第20回) / 鳥居みゆき(第20回) / 竹山隆範(第20回) / 岡田将生(第21回) / 山本裕典(第21回) / 水嶋ヒロ先生(第22回) / 里田まい(第23回) / 藤本敏史(第23回) / 櫻井翔(第24回)/ 相葉雅紀(第24回) / 二宮和也(第24回) / 松本潤(第24回) / 品川祐(第25回) / ゴリ(第26回) / 田中直樹(第26回) / 宮迫博之(第26回) / 山下しげのり(第26回) / 春日俊彰(第27回) / 澤部佑(第27回) / 塙宣之(第27回)
0野久保直樹(第18回) / 大野智(第24回) / 世界のナベアツ(第26回) / 蛍原徹(第26回) / 若林正恭(第27回) / 岩井勇気(第27回) / 土屋伸之(第27回)

関連動画を見ても大丈夫でござるか?

これが第1部と第2部の最初の色とりである。



関連項目も見ても大丈夫でござるか?


めちゃイケ
しりとり侍
数取団
めちゃギントン

pixivに投稿された作品 pixivで「色とり忍者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1765

コメント