ピクシブ百科事典

ミミズクとコウモリ

みみずくとこうもり

「ミミズクとコウモリ」とは、かわやばぐ氏による東方二次創作の動画シリーズである。
目次[非表示]

概要

主にYouTubeに投稿されている、東方projectの二次創作作品。
作者はpixivやTwitterでも活動しているかわやばぐ

無題



内容としては、豊聡耳神子ミミズク)とレミリア・スカーレットコウモリ)が織りなす、やり取りを中心に話が展開する。(この二人が登場しない回も存在する)
ゆっくりボイスとそれなりの百合要素がある。
現在までに第9話+第1~5話までのNG集を含めた、合計9個が投稿されている。
最大の特徴は、かわやばぐ氏独特の柔らかくかつ、美しい絵柄である。また、キャラクターに動きがあるときの滑らかさや、アニメーションとしての魅せ方の上手さも魅力的だ。
登場するキャラクターの衣装にはオリジナル要素が入っており、原作と比べるとかなり印象が変わっているキャラも存在する。

登場キャラクター

主人公

「私が人間として生きた時代に出会っていたらきっと君を放ってはおかなかったよ」

無題


このシリーズの主人公。
玄関にのための置き物を模索したところ、自身のセンスを屠自古に理解して貰えなかったため、家を飛び出し、レミリアと出会う。
レミリアのことは「女史」と呼んでいる。
なかなかのプレイボーイ(女性だが)で、きれいな女性を見ると必ずと言ってもいいほど声をかけるらしい。
事実、第七話で旧地獄を訪れた際にも、パルスィが妬みをつかさどる妖怪と分かっておきながらも彼女のことをナンパしている。
ちなみにのことは苦手なようだが、果たして?

「ひょっとして歯の浮くような台詞を眉ひとつ動かさず言える人?」

無題


このシリーズのもう一人の主人公。
草むらで自分のカリスマを探していた(?)ところ、神子と偶然出会う。
神子が自宅で受けた待遇が自身のと似ていたため彼女と意気投合し、彼女の家に、「威厳の再興と維持を考える会」と題して、花札をして遊んだり、逆に彼女を夕食に誘ったりするほどの仲となる。
そのルックスと言動の可愛さ故に周りからよく「天使のような悪魔」と表現されるが、彼女自身はそれを嫌がっている。
ちなみに、NG集では事あるごとにスタッフあるいはディレクター(恐らくかわやばぐ氏本人と思われる)に苦言を呈しており、中々の大物女優っぷりを発揮している。



神霊廟

「私はそろそろ夕飯の用意をしないと… 10分前には呼びますからしっかり手を洗ってきてくださいね」

無題


第一話から登場。
神子の身の回りの世話をする奥さん兼お母さん役。()
ツッコミ役で、神子の言動を正そうとする。
堅物のような振る舞いをしているが、本当は甘い物好き、可愛いもの好きで、本心ではレミリアをモフモフしたいと思っている。
そのことを神子や娘々らに見抜かれており、よくいじられる。
意外なことに一番NGテイクを出していた。

「これこれ 妖風情が当然のように自分家よろしく入ってくるでないよ」

無題


神霊廟に住む道士。
近頃、レミリアを始めとした妖風情が霊廟に入り浸っていることを気にしており、そのことをなぜか命蓮寺に愚痴るのが最近の日課となっている。
寺に通ううちに一輪から友人以上の特別な感情を抱かれるのだが、彼女自身はそのことに気づいていない。

「芳香ちゃんそのふぅ〜っていうのやめなさい」

無題


神霊廟に住む邪仙。
常に芳香を連れており、ミミズクとコウモリの恋模様を影で(面白半分に)見守っている。
第三話では、余計なことを口走り、芳香共々(理不尽)屠自古に電撃でお仕置きされる、という体を張った芸人魂を披露した。
しばしば目を閉じており、若干糸目キャラっぽい印象を受ける。

「わかったぞ〜せーがぁ」

無題


娘々によって蘇生させられたキョンシー
キョンシーであるがゆえにか、周りの人物関係は気にしていないように見える。
額に付いているお札をフゥーフゥーする可愛い癖があり、その度に娘々に止められている。
第9話では、マミゾウによりお札を取られてしまい、原作ネタに倣って墓地にて歌を詠んでいた。ただし何故か下ネタ



紅魔館

「お嬢様の可愛さに正気を失う気持ちは分かるけど そもそもお嬢様はすでに私のものだからね?」

無題


紅魔館のメイド長。
屠自古と同様にこちらも第一話から登場する。
主であるレミリアの可愛さを誰よりも理解しており、彼女のためなら地獄の底までもついていく覚悟。
屠自古とは(従者という立場的に)似た者同士であるにも関わらず、第一話から険悪な雰囲気になっており、第六話にて、ついに向き合った。
だが、話しているうちにお互いレミリアの可愛さを理解し合える仲となり、神子&レミリアが見つけた時には、二人で泣き崩れていた。

「だから魔理沙は本泥棒じゃなくてわたしに会いに来た友人 会いに来てくれてありがと♡」

無題


紅魔館の図書館にいる魔女。
レミリアの親友で、極度のコミュ障。
魔理沙と仲良くしたい(最終目的は彼女にプロポーズさせたい)と願っているのだが、コミュ障であるがゆえになかなか上手くいかない。
とある人物が著した、ハウツー本を愛読しており、本人曰く「心のバイブル」
因みに服装が初登場の第五話、及び第六話では、従来のZUN帽だったが、第七話からフードに変わっている。

「どうですか私のコレクション 他にもまだまだありますよ〜?」

無題


パチュリーの使い魔。
腹黒い性格で、自分の失態を他人に擦り付けたり、お仕置きをくらった腹いせに魔理沙に図書館に設置されているトラップについて情報を流したり、さらにその情報も魔理沙をとらえるためだったりとなかなかのものである。
腐女子でもあり、彼女自慢のコレクションが図書館の棚を一つ勝手に占領しているほど。
また、他者の恋模様に妙に興奮する精神の持ち主である。

「お花を摘みに起きました! 寝間着じゃないのは寝る前のお着替えをサボったからです!」

無題


レミリアの妹。
少々サイコパスな性格で、レミリア曰く「一番遭遇しちゃいけない奴」。
自身の「何でもデストロイする程度の能力」を使った、『きゅっとしてガマン』という遊びを発明したらしい。
余談だが、かわやばぐ氏曰く「狂った子の敬語好きで動画でもフランは敬語多い侍です」。

「ご来館の通達は承ってます、ようこそ紅魔館へ」

無題


紅魔館の門番だが、相変わらずのザル警備。
シリーズ中何度も魔理沙の侵入を許しているほか、神霊廟組が遊びに来た時も居眠りの間に侵入されている。
神子曰く「起きてさえいれば優秀な門番」。



旧地獄及び地霊殿

「人里で見かけた楽しそうな人についてったらいつの間にかここに来ちゃったの」

無題


第3話にて初登場。
覚妖怪であり、古明地さとりの妹。
娘々曰く「自分以上に神出鬼没な隠密少女(ステルスガール)」。
彼女についてきて、神霊廟にやって来る。
初登場時は無邪気な可愛い少女、といった雰囲気だったが、第7話で再登場した際は実は姉よりもしっかりした性格であることが判明した。
挨拶がてら、ハグをされるのを好む。
サードアイに絆創膏が貼ってあるのが特徴的。

「今大事なのは私がレミリアさん大好きかつ さとレミは正義という真理のみであって…!」

無題


地霊殿の主であり、古明地こいしの姉。
自身の能力や立場に誇りを持っており、『11点の女』ネタが反映された性格。
それ故に自分のことが大好きで、自分との共通点が多いレミリアと友人以上の関係を持ちたがっている。
気にいった者をペットにして調教してしまう癖があり、レミリアのこともペットにしようと画策する。
ただ、自分の考えていることをすぐ口走ってしまうため、レミリアに全てばれてしまう。
こいし曰く「おぼこの癖に知識だけは豊富な耳年増モンスター」。
髪型、服装などが原作と大きく異なっており、見た目の印象が一番変わったキャラクターである。

「お手が早いですねさとり様♡ どうかうちの主を楽しませてあげてくださいね〜レミリアさん」

無題


地霊殿で働いている妖怪。
たまたまレミリアがさとりにマウントを取っていたところへ部屋に入ってきて、妙に興奮していた。
その姿はどこか小悪魔を彷彿とさせる。
さとりから間違って口走った彼女自身のミスを擦り付けられていた。(理不尽)

「さとり様大変! すっごい大物が来てるんだよ」

無題


お燐と同じく地霊殿で働いている。
超がつくほどの馬鹿正直なうえ鳥頭であり、神子が地霊殿にやってきたのをさとりに報告するも、「名前は聞いたけど忘れた!」と言う始末。
さとりも「正直でいい子」と半ば諦めているように思える。

「あなた今すごくいい顔してる その子を全霊で愛してあげて」

無題


旧地獄の橋に佇んでいたところを神子にナンパされる。
原作及び、二次創作でよく描かれるような妬みキャラではなく、あくまで他者の妬みなどの感情に影響を及ぼす力がある、という設定である。
勇儀と付き合っており、さらには神子にも大切な人がいることを感じ取ったため、彼女の誘いを断った。

「正直者なら色惚けても構やしないが、軟派者は好かないねぇ」

無題


旧地獄に住まう鬼。
パルスィの恋人で、彼女をナンパした神子に対して「噓つきのニオイがぷんぷんする」と言って警戒していた。
だが、神子が酒の話をしたとたん態度を変え、日時や場所についてしきりに迫っていた。



その他のキャラクター

「確かに私は泥棒じゃなくてお前に会いに来た友人だ そして目的は果たしたからもう帰る」

無題


普通の魔法使い。
上記のメンバー以外では最も出演回数が多い。(全8話中3話に登場)
頻繫に紅魔館へ本を盗みに入っているらしく、最近、紅魔館の図書館には魔理沙にしか作動しないトラップが配置された。
しかし、そのトラップの本当の目的はパチュリーが魔理沙と会うための口述のため、さらには魔理沙と仲良くなるためなのだが、やり方がやり方のために魔理沙はその真意を見抜けないでいる。
(さらには、パチュリーが元々コミュ障なことと、妙なハウツー本を愛読していることにも原因がある。)

「あ! 悪者になりたくないってほっぺに書いてある お言葉だけど、その覚悟もなしに誰かを導けるとでも?」

無題


命蓮寺の尼僧。
第4話にて登場。
寺に愚痴をこぼしにきていた布都の悩みを解決するために(半ば強引に)神霊廟へ出向く。
神子にぞっこんであり、気持ちは完全に奥さん気分。
神子本人はまんざらでもなさそうだが、「屠自古がキレる」という理由から彼女とは距離をおいているもよう。

無題


守矢神社の巫女であり、外の世界の出身。
第4話で神子の話の中だけでの登場だが、神子にハロウィンのことを教えたようで、同話における神子がナース服のコスプレをするきっかけとなる。

(厄介事なのは火を見るより明らかなのに こう真正面から頼られると弱いのよねぇ……)

無題


魔理沙と同じく魔法使い。
人形使いでもあり、上海人形を常に連れている。
とある調べもので紅魔館へ訪れた際に、パチュリーから魔理沙と仲良くなる方法を教える羽目になる。
パチュリーが愛読しているハウツー本と彼女自身の性格のせいで中々上達せず、最終的に堪忍袋の緒が爆発寸前になっていた。
その豹変っぷりに魔理沙から「キャラがぶれてる」と言われてしまった。

「このいけずめ お主相手では变化の難易度が爆上がりじゃ」

無題


第9話にて登場。
聖の妄言の真相を確かめるべく、神霊廟へ訪れる。
そこで、芳香に化けて潜伏したが、あぐらをかいていたので布都に不思議がられる。
特にいざこざはなかったが、直後に神子が始めたレミリアと屠自古との茶番劇に困惑していた。

「最初は小憎たらしかった奴が 会うたびに人間味のある可愛い人だって気付いた…」

無題


命蓮寺に住む修行僧であり、妖怪。
近頃愚痴をこぼしに毎日寺に来る布都を慰めているうちに彼女に特別な感情を抱いてゆく。
だが、布都自身は気づいていない。
二人の恋や如何に!?

「え、あれは友達の距離感じゃなくね?」
命蓮寺に住む入道の妖怪。
布都と一輪の様子を影で見ていて、二人が友人以上の距離感であることを感じ取っていた。

「会話が… 会話が成立していない…」

無題


墓地にいた妖怪。第9話にて芳香と会話するが、お札を取られたことによって感じが悪くなってしまった彼女に振り回される。

命蓮寺に住む妖怪。
セリフはなく、一輪と共に布都を慰めている様子が描かれている。

無題


聖のセリフのみで登場。
彼女曰く、神子(父)と聖(母)の娘。

  • まぁまぁ使えるモブ
魔理沙のセリフに登場。
彼女が話しているときのイメージが、紅白の陰陽と幣だったので、もしかすると……?(いや、もしかしなくても
先日、かわやばく氏のTwitterにて、第十話にゲスト出演することが判明した。


本編動画

1話


関連イラスト

先述の通り、かわやばぐ氏本人もpixivで活動している為、本家のイラストが見られる(人物紹介に提示したイラストも全て彼のものである)。

無題
無題
無題
動画4話アイキャッチ



また、pixivにはファンアートが投稿されていることも。

ファンアート的なの
ミミズクとコウモリファンアート



関連タグ

かわやばぐ

関連記事

親記事

東方二次創作 とうほうにじそうさく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミミズクとコウモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1517344

コメント