ピクシブ百科事典

たとえ胃の中、水の中

たとえいのなかみずのなか

『ドラえもん』のエピソードの1つ。
目次[非表示]

藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』の有名なエピソードの1つ。

初出は小学館『小学五年生』1975年11月号で、その後にてんとう虫コミックス第10巻や藤子不二雄ランド版第5巻、藤子・F・不二雄大全集版第4巻、小学館コロコロ文庫「しずか編」、My First BIG(コンビニ版)「思いっきり大爆笑!!」編、ぴっかぴかコミックス第14集、学習漫画「ドラえもん科学ワールド・からだと生命の不思議」など何度も再録されている。また、電子書籍限定のデジタルカラー版第10巻ではフルカラー版が読める。

あらすじ

しずかちゃんが浮かない顔でのび太とドラえもんを訪ね、直前に起きたアクシデントについて話し始める。自宅でくつろいでいた彼女がピーナッツの投げ食いをしていたところ、母親の指輪から外れた時価50万円のオパールを誤って飲み込んでしまったのだと言う。のび太はドラえもんにノコギリで体を切断してすぐくっつけるテープがひみつ道具にないかと提案し、しずかは恐怖の余り逃げ出そうとする。どうにかしずかを引き留めたドラえもんは、瞬間移動潜水艦をスモールライトで小さくしてしずかの体の中からオパールを回収すると言う別案を提示した。しずかはこの案に対しても「なんだかばっちい感じ」と消極的だったが、のび太とドラえもんからは「他に方法がある?」と反論され、仕方なくこの案を受け入れることにする。

のび太とドラえもんが乗り込んだ潜水艦をスモールライトで縮小したしずかはすぐさまそれを飲み込み、オパールの回収が終わるまで仰向けで安静にしているよう指示された。潜水艦が(22世紀の時点から見れば)旧式のため、体を動かすと外からの衝撃で故障してしまうかも知れないのだと言う。しずかのの中に到着したのび太とドラえもんは胃液溜まりに彼女が投げ食いしたピーナッツのかけらが浮かぶ様子を実況してみせたが、しずかが怒って体を起こしたため胃の中の潜水艦を激しい衝撃が襲う。2人から「動いちゃだめだってば!」と注意されたしずかが申し訳なさそうに態勢を仰向けに戻した直後、潜水艦は誤飲したオパールを発見して無事に回収した。

潜水艦にはワープ機能があり、ドラえもんがジャンプボタンを押すとしずかの胃の中から野比家の浴槽へ転送された。ところが、既に潜水艦が自分の体の中からワープで脱出したことに気付いていないしずかは仰向けのままオパールは見つかったかと自分の胃の中にいるはずの2人へ何度も呼び掛ける。自室の外からその様子を見て悪戯心を起こしたのび太はドラえもんと共謀し、しずかをからかうことにした。

潜水艦が故障したと言うのび太の声でビクッとしたしずかは2人がいつまでも自分の体の中から脱出できないのではないかと不安になるが、のび太とドラえもんはうろたえるしずかを相手に畳みかけて「このまま行けば食べ物と一緒に流されて小腸から大腸へ……明日あたり出られると思うんだけど」と続ける。しずかが「そんなの絶対にいや!」と泣き叫んだところでのび太は「冗談だよ」と言いながら回収したオパールを渡そうとするが、激怒したしずかはその場にあった物を手当たり次第に2人へ投げつけた。すると、のび太めがけて投げられたインク瓶が口の中にストライクで入ってしまったので、今度はのび太の体の中へ瓶を回収しに行くことになってしまう。

解説

全体のページ数は9ページ(雑誌初出時は8ページで、てんとう虫コミックスと藤子不二雄ランド収録時にそれぞれページ数調整のためコマが描き足されている)と少ないながらも濃厚なフェティシズムを感じさせることで評価が高い一編。

藤子・F・不二雄は映画『ミクロの決死圏』を知り、自分が先に同じアイデアを思い付いていたため悔しがったと言われているが、その『ミクロの決死圏』も手塚治虫の読み切り『38度線上の怪物』を流用したアニメ『鉄腕アトム』(初代)の第88話「細菌部隊」からインスパイアを受けて作られたものだと言うのは有名なエピソードである。

『ドラえもん』はスモールライトやビッグライトの存在もありサイズフェチを語るうえでは外せない作品とされているが、その中でも「たとえ胃の中、水の中」は入手の容易さも手伝って被食シチュエーションの聖典的な存在となっている。

アニメ版

アニメでは1980年、2002年(タイトル「しずかちゃん、大ピンチ!」)、2006年(タイトル「しずかちゃんを探検!? たとえ胃の中、水の中」)と3回にわたってこのエピソードが取り上げられた。このうち、1980年版は「ドラえもんコレクション」第6巻、2006年版は「キャストが選ぶひみつ道具セレクション しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫編」でそれぞれDVD化されている。

関連タグ

コメント