ピクシブ百科事典

グレートソード

ぐれいとそーど

グレートソード(Great Sword)とは西洋における、比較的大型の刀剣の総称で、ファンタジー作品では定番の大剣。
目次[非表示]

概要

「片手では扱えないサイズの直剣、主に歩兵用」というイメージを思い浮かべる人は多いはず。
(一応、だいたいあってるが。)

明確な定義は無く、またグレートソードという区分は必ずしも両手剣と同義であるとは限らない。

乱暴に表すのならばその人とってデカいと感じた刀剣は、いかなる使用法であろうとすべてグレートソードである。


詳細

日本刀のように「刃の切れ味でスラリと斬る」のではなく「質量と遠心力で力任せにぶった斬る」武器であり、板金などボール紙の如く両断できる…などというのは創作から来た俗説である。
実際のグレートソードと呼ばれるような刀剣は、(鎖帷子などは別として)板金鎧を両断することは不可能であり、力任せにぶった切るような真似はスキや体力の消耗が多いため、ある程度の持久力と高度なテクニックが要求される場合が多く、専業の兵士が扱った。また高価であり使い手は富裕層に限られた。


フィクションでは

上述の通り「大きめな剣」の意でしかないグレートソードだが、フィクションではもっぱらバスタードソードより二回り以上も大きい巨大武器として扱われる。一般的なイメージの尺度を人間で表すと「2mくらいの男性の首から上が柄、首から下が刀身、肩幅が刀幅」である。
当然というかあっても振り回せるわけがないのだが、儀礼用として馬鹿デカい大剣も実在するらしい。昔からデカいのはロマンだったようだ。


クレイモアとバスタードソード、グレートソードの「両手剣」としての違い

追跡者ディートリヒ



クレイモアはスコットランド由来の剣で、直剣には珍しい「刃の鋭さで斬る剣」。
グレートソードはあくまでも「大きめな剣」であり、それ以下でもそれ以上でもない。
バスタードソードは片手・両手兼用の剣。RPGの勇者が持つ剣はだいたいこっちのイメージだろう。(研究者によってはロングソード同一視されたり、派生型と見做されたりする。)

よって、(「そんな馬鹿な説明があるか」と思う人も多いかもしれないが)バスタードソードもクレイモアもグレートソードの一種といえるが、状況によってそうでなくなる場合もある。

なお、「グレートソード」は俗称であり、厳密なカテゴライズとしてはトゥハンドソード両手剣)が正しいといわれることもある。

グレートソードの使用者

  • ガッツ(ベルセルク):固有名「ドラゴン殺し」。一振りで5〜10人の兵士をチーズのごとく裂いていくほどの威力を誇る。「を殺せる剣」という無茶振り注文に対してヤケクソのような形で作られた代物だったのだが、後に本物の竜相手にも振るわれている。
  • アリューゼ(ヴァルキリープロファイル):ゲームの尺度を見ると、普通の人間の2、3倍のサイズである。
  • カイム(ドラッグオンドラグーン):上記の「ドラゴン殺し」をリスペクトした武器、「鉄塊」を振り回して敵を蹴散らす。(ちなみに続編では両手剣を片手でぶん回していた)
  • チェルシー・アーコット(祝福のカンパネラ):終盤で使った神剣シーラスティンはグレートソードの分類に入る。
  • クラウド・ストライフファイナルファンタジー7):固有名「バスターソード」。その他、作中で彼が装備する剣は(日本刀など例外除き)すべて巨大サイズ。
  • イリーナ・フォウリー(新ソード・ワールドRPGリプレイ):人間種カンスト筋力(のちに限界突破)にあわせて誂えたグレート・ソードを装備。直撃時のダメージはすさまじいが、命中精度が芳しくない。
  • ジークフリート(ソウルキャリバー):ガッツ顔負けの大剣をタイマンで振り回す青年。武器のカテゴリーはツヴァイハンダーだが、その見てくれはどう見てもこちら側である。
  • カルラ(うたわれるもの):見てくれ的にはグレートソードというよりものすごくデカい鉈といった方がいい。切れ味よりカルラの筋力に合わせて耐久力重視で製造された逸品。地面に打ち付ければその衝撃で兵士は吹っ飛び地面はめくれ上がるトンデモ武具になっている。どうしてこうなった
  • マグナ(新・光神話パルテナの鏡):身の丈以上の大剣を振り回す最強クラスの剣士。使用している大剣は、条件を満たせば“マグナの巨塔”としてピットも使用可能になる。
  • 剣士ゼータ(SDガンダム外伝):なんと彼は片手でこれを扱っている(もう片方で盾を構えるソード&シールドスタイル)。ただ、SDガンダム特有の体型のおかげかあまり違和感は感じない。
  • 黒鉄のタルカス(ダークソウル):全NPC中、最強と噂される大力の騎士。特殊な黒鉄で作られたユニーク装備で全身を覆っており、彼の亡骸から防具を入手することが出来るのだが、何故か愛用のグレートソードだけは店売りされている。ちなみに彼について話してくれるバーニス騎士もグレートソードを愛用している。その威力は「グレート」の名に恥じないものであり、リーチが広く筋力補正も高いので一撃でボスのHPを数割削るほどの恐ろしい火力を叩き出してくれる。シリーズを通して脳筋戦士の愛用品と言える特大剣である。
  • 犬夜叉(犬夜叉):世にも珍しい日本刀ベースのグレートソード「鉄砕牙」を使用。彼の父親の牙を原料として作られており、普段は封印されてボロ刀の姿だが使用者が人間を慈しむ心を持っていれば本来の姿になる。
  • 相楽左之助(るろうに剣心):騎乗した敵を馬ごと両断出来るとされる「斬馬刀」を持ち、自身の異名「斬左」の由来にもなっている。ただし戦国時代の骨董品で手入れもろくにされていないため切れ味はほとんどなく実質鈍器だが、それでも超重量と左之助の腕力で凄まじい威力を誇る。ちなみに同名の武器は実在するが、流石にこんな代物ではない。
  • ハル・グローリーキングルシア・レアグローブ(RAVE):全てが該当するわけではないが、10の姿に変化する剣「テン・コマンドメンツ」及びそれと対になるダークブリングデカログス」の形態に基本形態である「アイゼンメテオール」を始めとする大剣の形態がいくつか存在する。
  • ソードストライクガンダムソードインパルスガンダムデスティニーガンダム(機動戦士ガンダムSEED)(機動戦士ガンダムSEEDDESTINY):それぞれ「対艦刀」と呼ばれるカテゴリーの、糸鋸状のビーム発振器を持つ片刃のグレートソードを使用。名称は順に「シュベルトゲーベル」、「エクスカリバー」、「アロンダイト」。
  • 8頭身アヒャ/アヒャ神博士(世界制服をたくらむモララーシリーズ):ただでさえモナギコ系としては破格の体格である8頭身体型と比較してもさらに馬鹿でかい包丁状の大剣「凶刃」を振るう。本人の腕力もあってその破壊力は凄まじいの一言。
  • ナタル・フィセージ(しぃのアトリエ):女性の身でありながら自身の身体より一回りは大きな鉈を振るう。ただしこの大きさはAA描きの解釈次第でもあり、一般的な鉈とさほど変わらない大きさのケースも見られる。
  • マジンカイザーSKL(マジンカイザーSKL):海動操縦時に使用される、鋸状の峰目を引く『牙斬刀』を持つ。柄は伸縮自在で、薙刀のような形態をとることも可能。
  • シンケンレッド(侍戦隊シンケンジャー):シンケンレッドこと志葉丈瑠が巨剣「烈火大斬刀」を使用。その面積を盾としても使うほか、5人分の秘伝ディスクを撃ち出すバズーカ枠でもある。さらに最終話では「双」のモヂカラによる二刀流を披露した上、女性である志葉薫の変身時も難なく扱われていた。


その他使用人物がいたら追記求。

関連タグ

ソード 西洋剣 大剣

関連記事

親記事

大剣 たいけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200785

コメント