ピクシブ百科事典

グレートソード

ぐれいとそーど

グレートソード(Great Sword)とは西洋における、比較的大型の刀剣の総称で、ファンタジー作品では定番の大剣。
目次[非表示]

概要

「片手では扱えないサイズの直剣、主に歩兵用」というイメージを思い浮かべる人は多いはず。
(一応、だいたいあってるが。)

明確な定義は無く、またグレートソードという区分は必ずしも両手剣と同義であるとは限らない。

乱暴に表すのならばその人とってデカいと感じた刀剣は、いかなる使用法であろうとすべてグレートソードである。


詳細

日本刀のように「刃の切れ味でスラリと斬る」のではなく「質量と遠心力で力任せにぶった斬る」武器であり、板金などボール紙の如く両断できる…などというのは創作から来た俗説である。
実際のグレートソードと呼ばれるような刀剣は、(鎖帷子などは別として)板金鎧を両断することは不可能であり、力任せにぶった切るような真似はスキや体力の消耗が多いため、ある程度の持久力と高度なテクニックが要求される場合が多く、専業の兵士が扱った。また高価であり使い手は富裕層に限られた。


フィクションでは

上述の通り「大きめな剣」の意でしかないグレートソードだが、フィクションではもっぱらバスタードソードより二回り以上も大きい巨大武器として扱われる。一般的なイメージの尺度を人間で表すと「2mくらいの男性の首から上が柄、首から下が刀身、肩幅が刀幅」である。
当然というかあっても振り回せるわけがないのだが、儀礼用として馬鹿デカい大剣も実在するらしい。昔からデカいのはロマンだったようだ。


クレイモアとバスタードソード、グレートソードの「両手剣」としての違い

追跡者ディートリヒ



クレイモアはスコットランド由来の剣で、直剣には珍しい「刃の鋭さで斬る剣」。
グレートソードはあくまでも「大きめな剣」であり、それ以下でもそれ以上でもない。
バスタードソードは片手・両手兼用の剣。RPGの勇者が持つ剣はだいたいこっちのイメージだろう。(研究者によってはロングソード同一視されたり、派生型と見做されたりする。)

よって、(「そんな馬鹿な説明があるか」と思う人も多いかもしれないが)バスタードソードもクレイモアもグレートソードの一種といえるが、状況によってそうでなくなる場合もある。

なお、「グレートソード」は俗称であり、厳密なカテゴライズとしてはトゥハンドソード両手剣)が正しいといわれることもある。

グレートソードの使用者



その他使用人物がいたら追記求。

関連タグ

ソード 西洋剣

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36975

コメント