ピクシブ百科事典

ニュイ・ソシエール

にゅいそしえーる

ニュイ・ソシエールとは、「にじさんじプロジェクト」に所属しているバーチャルライバー。
目次[非表示]

【WinningPost8 2017】ifの世界!バクニュイは別の作戦をとればキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを勝てたのか!?【にじさんじ】


概要

いちから株式会社が運営するバーチャルライバーグループ「にじさんじ」所属のバーチャルライバー。2019年6月から葉山舞鈴と共にデビューした。

公式紹介文

偶然こちらの世界にやってきた魔女。元いた世界への帰り方を探しているようだが……。
配信を利用して、この世界の情報を収集しているーーというのは建前で、本当のところは息抜きがしたいだけらしい。

人物像

長い金髪に金色の瞳が特徴の魔女。
これまで魔法を使うにじさんじライバーは数多く存在していたが、「魔女」という職業を名乗る存在としては彼女が初である。

トーク力はかなり高く、笑い上戸。「清楚エロ枠」を称しており、その自称に違わず配信ではおっさんノリな下ネタを自ら発したり、それに乗っかったリスナーの性癖暴露大会には毎度爆笑するなどしている。…清楚はどこだ?容姿についても「Hカップ」を自負する大変なものをお持ちで、それを見せつけんばかりの露出度の高い衣装を纏っており、見せブラ・見せパンしている。

その他、競馬や格闘技系のスポーツ観戦にも精通し、ときには舞元啓介ばりのマニアックなトークを展開するなど、その引き出しは豊富。

一方でかなりのポンコツで、配信でプレイするゲームではプレミを連発。リスナーも面白がってときにはワザップ並の怪しい情報を掲示して彼女を困惑させることも。

得意魔法は炎系だが使えるのは「メラ」程度とのこと。
喋る時に関西弁が混じるが、あくまで異世界出身の魔女であるとのこと。家族暮らしで、配信中によく遠くから母親(通称「マ魔女」)の声が聞こえることも。

その他

  • デビュー初日に同期の葉山舞鈴に「バクニュー・センシティブ」という渾名を付けられる。それ以外に「おニュイ」「ポンコツ魔女」など数多くの渾名を持つ。
  • その大変なものを持って生まれたがため、某錬金術師の配信ではリスナーからは彼女を引き合いに出されており、その残酷過ぎる格差が顕著に示される。
  • 日本競馬に関する知識はかなりのもので『Winning Post8』の配信では、往年の名馬の名前がポンポンと飛び出した。 ゲーム中につけた牧場名は「バクニューファーム」、馬の名前は「バクニュイ(牝馬)」「バクニュータッチ(牡馬)」「バクニュートーク(牡馬)」など。
  • リスナーからは声質が同じグループメンバーの鷹宮リオンに近いと言われており、ときには彼女の語録を引用することもしばしば(奇しくもリオンとは、金髪、炎属性の魔法使い、巨乳などの共通点がある)。
  • また、ゲーム中の失敗などでよく絶叫するが、その濁声混じりの叫び声がドラえもん大山のぶ代版)に似ているといわれ、一部では「ソシえもん」とも通称される。他に『トムとジェリー』のトムや『ドラゴンボール』の孫悟空に例えられることも。
  • 画力もかなり高く、新衣装デザイン時にはその画力で事細かに希望するデザインを絵に起こしていた。
  • 得意魔法にメラを例に出している通り『ドラゴンクエスト』シリーズは予てよりいくつかプレイしている。『ビルダーズ』はプレイしているもののロトシリーズはよく知らず手つかずだったらしく、10月から『ドラゴンクエストⅢ』の配信を開始した。Ⅲにおいては見栄っ張り勇者おニュイと、パーティーとして迎えられた世間知らずな戦士エクス、苦労人の僧侶アンジュ、抜け目がない遊び人はやま(あと2分だけ一緒にいたお調子者の商人シャチョ)による珍道中が繰り広げられた。
  • 以降も『ドラゴンクエストⅠ』『ドラゴンクエストⅡ』と時系列順にプレイしている。シリーズ共通の舞台であるアレフガルドで語られる勇者の伝説や、『Ⅲ』『Ⅰ』におけるラストダンジョン「ゾーマん家」の時代による変化には思い深い感想を述べている。


外部リンク

YouTube
Twitter

関連タグ

バーチャルYouTuber にじさんじ
魔女ウィッチ)/魔法使い
巨乳爆乳 ポンコツ おっさん

乳山葉山舞鈴とのコラボ。
乳毛山乳ゲ山:乳山+アンジュ・カトリーナのコラボ。

関連記事

親記事

にじさんじ にじさんじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニュイ・ソシエール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5323381

コメント