2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

スフィアゴモラ

すふぃあごもら

「スフィアゴモラ」(英:Sphere Gomora)とは、特撮TV作品『ウルトラマンデッカー』に登場するウルトラ怪獣。
目次[非表示]

カイザキ副隊長 融合した…?

ムラホシ隊長 スフィア合成獣と言ったところですか…!

DATA

別名:古代合成獣
身長:50m
体重:3万t
出身地:市街地
スーツアクター:新井宏幸or梶川賢司?(ノンクレジット)
デザイン:後藤正行


概要

ウルトラマンデッカー』第3話「出動!GUTS-SELECT」に登場したスフィア合成獣
古代怪獣ゴモラ宇宙浮遊物体スフィアに寄生され、遺伝子情報を書き換えられたことで誕生した。

『デッカー』本編におけるスフィア合成獣第1号であり、スフィアゴモラ誕生の瞬間を目撃したムラホシによって"スフィア合成獣"という言葉および概念が生まれた。

本来のゴモラのパワーファイトに加え、固有の技である超振動波「スフィア超振動波」に強化され、攻撃範囲の拡大に加えてスフィアザウルス同様電子障害をかける事もできる。
尻尾による殴打も突起が生えたことで威力が上がり、ウルトラマンデッカーフラッシュタイプがいとも簡単に吹っ飛ばされてしまうほど。

なお、スフィア合成獣への変貌後もわずかにゴモラの自我は残っていたものの、精神はほぼスフィアに乗っ取られてしまっており、望まぬ融合を受け生き地獄を味わわされた彼もまたスフィアの被害者と言えるだろう。

外見

スフィアゴモラ


禍々しい姿は通常のゴモラよりもむしろ強化形態のEXゴモラを彷彿とさせるが、こちらの方がボディが大柄かつ屈強。首や足腰もゴモラと比べて大きく太めになっている。外皮の色も本来の焦茶色からグレーに近い色味に変化している。
角がスフィア合成獣特有の物へと変化しており、正面から見ると右側の角が曲がりくねって大きく、左右非対称になっている
また背中にも、本来のゴモラには存在しない突起が発生しており、融合前に千切れていた尻尾の断面から新たにスフィアによる禍々しい形状の尻尾が再生している。
その他にも、左胸や脚からスフィアの成分が滲み出しており、生物的にアンバランスな異形の姿へと変貌した。

眼もEXゴモラ同様白目であるが、凶暴さが強調されていたEXゴモラに対し、スフィアゴモラのそれは生気を感じさせない不気味なものとなっている。

活躍

第3話「出動!GUTS-SELECT」

新生GUTS-SELECTの攻撃によりゴモラが尻尾を切断されたタイミングで突如出現した大量のスフィアソルジャーが市街地で暴れていたゴモラに融合したことで誕生。
GUTSファルコンGUTSホークの攻撃で切断された尻尾も再生した。
ゴモラ自身にわずかに自我が残っていたために身体の変化に困惑し、スフィア超振動波を無差別に発射して暴れ回り、ファルコンとホーク、ナースデッセイ号を一時的な電波障害に陥らせたが、カナタがデッカーに変身したことで戦闘に突入。
圧倒的なパワーおよびデッカーが病院を庇って戦っていたという有利な状況で戦いを繰り広げたが、デッカーがストロングタイプにタイプチェンジし、パワーで押し返されたことで形勢が逆転。
スフィア超振動波を「ナースキャノン」とパンチで無効化され、そのまま「ドルネイドブレイカー」を喰らい、アッパーの要領で空中に飛ばされて爆散した。

第23話「絶望の空」

3本の支柱「スフィアオベリスク」を建ててマザーを呼ぼうとするテラフェイザーを止めるべく変身したデッカーの前に、大量のスフィアソルジャーが合体し再現する形で出現。スフィアレッドキングスフィアネオメガスと共に3対1でデッカーを追い詰める。
次々にウルトラデュアルソードで切りかかるデッカーを自慢の角で弾き返し、武器を落とし吹き飛ばされたところを3体でリンチを加え、さらにGUTSグリフォンとナースデッセイ号も支柱からの強力な電磁波で航行不能となり、デッカーは孤立してしまう。そこに追い討ちをかけるべくそれぞれ格闘攻撃を仕掛け、スフィアゴモラの角で弾き飛ばしたところに次々に光線を浴びせて吹き飛ばし、さらに三体同時に光線を放つ。
しかしデッカーはデッカーシールドカリバーで踏ん張り吹き飛ばし、その余波で怯んだ隙にウルトラデュアルソードを回収、最期はスフィアレッドキング共々二つの武器を両手に持って横回転しながらの突撃で滅多切りにされ、爆散した

余談

ウルトラディメンションカードの玩具紹介にて、名称と一部情報が初公開された。
その後、2022年7月1日放送の「ウルトラマンデッカー直前スペシャル」において、先行公開されたシーンと解説でスフィア合成獣として改めて紹介された。

スーツはスカルゴモラの改造。
顔をオリジナルのゴモラに近い物に交換し、ベリアルレッドキングの意匠を削ぎ落とした部分に新たにスフィアの意匠を加えている。また、スカルゴモラは手のサイズが小さかったが、パワーダウンのような感じがするとの指摘があったため、大きく手を作り直している。顔も以前に作ったゴモラの頭部から型を取って別に作っており、スペースゴジラのように結晶体が体表へ突き出しているような容姿であるが、クリアパーツを用いると重量がかさむため、ゴムを素材にメタリックや真珠質な色を使って表現している。

前作『ウルトラマントリガー』では終盤に登場したものの所謂モブ怪獣としての扱いだったため、ゴモラがウルトラ戦士と戦うのは前々作『ウルトラマンZ』以来となる(ただし、素のゴモラの状態ではデッカーと戦っていないため、厳密には異なる)。
なお、『Z』の個体とは第3話に登場し、赤い形態のウルトラマンと戦い、アッパーに似た技で止めを刺されたという共通点がある。

ゴモラの派生怪獣は複数存在するが、初出が令和作品の怪獣はこのスフィアゴモラが初である。

第3話のOPにおいて、スフィアゴモラのスーツアクターがクレジットされておらず、おそらくゴモラのスーツアクターを担当した新井宏幸氏、または『ウルトラマンジード』での初登場以降、改造元のスカルゴモラを一貫して担当し、同話でシミュレータのデスドラゴも担当していた梶川賢司氏のどちらかが兼任したものと思われる。

ゴモラ自体はネオフロンティアスペースおよび『デッカー』の基となった『ウルトラマンダイナ』に登場していないが、『ダイナ』に登場したジオモスネオジオモスは、作中にて初代ゴモラと同様に六甲山に落下して地中に逃亡した後に大阪に出没、ウルトラ戦士を一回ダウンさせるという存在そのものがゴモラオマージュとも言える活躍を見せた(おまけに脚本段階での名前も「ゴズモ」だった)。
ある意味、今回のゴモラおよびスフィアゴモラの活躍はジオモスのオマージュ返しとも解釈できる。また後にジオモスのオマージュ怪獣であるスフィアジオモスが登場している。

なお、スフィアゴモラがアララギ総合病院という名前の病院へ進撃を始めるシーンがあるが、病院名の元ネタは『ダイナ』第37話に登場したユメノカタマリの出身地であるアララギ市からだと思われる。

関連タグ

ウルトラマンデッカー ウルトラ怪獣 スフィア合成獣
宇宙浮遊物体スフィア ゴモラ

カオス怪獣:地球怪獣が外敵に寄生された例。

メツボロスの暗躍で誕生した新世代ヒーローズの強化怪獣。こちらも元となった怪獣完全なる被害者である。
スフィアジオモス:ゴモラをオマージュした怪獣が元ネタのスフィア合成獣。

関連記事

親記事

宇宙浮遊物体スフィア うちゅうふゆうぶったいすふぃあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61566

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました