ピクシブ百科事典

ネコヤモリ

ねこやもり

ネコヤモリとは、仮面ライダーに登場するゲルショッカー怪人である。
目次[非表示]

CV:山下啓介

概要

第88話「怪奇血を呼ぶ黒猫の絵」に登場する黒猫ヤモリの合成怪人。鳴き声は「ニャーァ、ニャオー」

体内に「悪魔の血」という増殖細胞が含まれたが流れており、それを混ぜた絵の具で描かれた黒猫の絵に憑依することでその絵から実体化することができる。絵から実体化するときは猫の目が黄色く輝き、絵から出てくると猫の姿は消えてしまう。この能力を使って他の遠くにある絵に乗り移ることでわずか2分で80kmもの距離を移動することができる。もう無茶苦茶である。
また黒猫に変身したり人間に乗り移ることもでき、乗り移った人間の血を悪魔の血に変えてしまう。口からはキャットファイヤーという火炎を吐き出し、腕についてるヤモリ吸盤で仮面ライダーのエネルギーを吸い取ってしまう。

ゲルショッカーが企む世界平和会議に参加する科学者たちを誘拐する「F作戦」を成功させるために本郷猛の眼を引きつける任務を担っており、画家の田中輝夫に憑依して夜な夜な黒猫の絵を描かせ、その絵を手に入れた人間を次々と殺害する密室殺人事件を引き起こす。
そして絵が本郷の自宅に運び込まれたため彼の前で実体化し、本郷と少年仮面ライダー隊の抹殺が目的であることを告げる。
ライダー隊本部を訪れた輝夫の弟サトルから話を聞いた本郷が輝夫の自宅を訪れたため正体が発覚。新1号と戦い、殺害予告を残して逃走。
その後は世界平和会議の会場であるホテルと少年仮面ライダー隊本部に黒猫の絵を送り、本郷をライダー隊本部に引きつけている間に80km離れたホテルに2分で到着するも、ホテルを護衛していた滝和也が時間稼ぎをしている間に本郷が予想より早くホテルについてしまったため失敗。
ヤモリ吸盤でライダーのエネルギーを吸い取るが滝の手によって吸盤を外され、最期はライダーキックを受けて消滅。輝夫も正気に戻った。

派生作品

すがやみつるによる漫画版では、F作戦自体は変わらないものの、素体などの人間関係が大きく変更されている。
素体になったのはケンという貧しい青年で、幼い頃に不注意で・ミユキの視力を奪ってしまったことに深い禍根を感じ、ゲルショッカーの魔の誘いに乗って改造手術を受けた。
その境遇に同情しながらも、10人もの尊い命を奪ったネコヤモリに1号は怒り、「お前がそんな汚いことをやって得た金で治してもらって、ミユキちゃんが本当に喜ぶとでも思っているのか!!!」と打ち据える。しかしトドメを差すことは無く、ケンの身体の変身装置を破壊するという手段でネコヤモリは倒された。
少年ライダー隊の募金活動もあってミユキの眼には光が戻り、ケンはを償うため警察に自首することを決めるのだった。

関連タグ

ゲルショッカー怪人

pixivに投稿された作品 pixivで「ネコヤモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 627

コメント