ピクシブ百科事典

ガレス(Fate)

ぷりてぃぼーまんがれすちゃん

『Fate』シリーズに登場するランサーのサーヴァント。円卓の騎士の1人。
目次[非表示]

このガレス、勝利を得てみせましょう!

プロフィール

真名ガレス
クラスランサー
性別女性
身長153cm
体重41kg
出典アーサー王伝説
地域イギリス
属性秩序・善・地
好きなもの
嫌いなもの油汚れ
ILLUSTネコタワワ
CV桑原由気


概要

円卓の騎士の1人であり、モルガン×ロット王の4兄弟の末子。兄に太陽の騎士ガウェイン鉄のアグラヴェイン、ガヘリスがおり、アーサー王叔父(叔母)、モードレッドは異父弟(妹)に当たる。

初登場は『Fate/GrandOrder2018年の水着イベント。この時点では立ち絵のみであり正体も明かされなかったが、約一年後、FGOの4周年イベントにて真名が判明。また、フレンドポイント召喚枠の☆2ランサーとしての実装が発表された。

真名

アーサー王の円卓の騎士。円卓第七席。
ガウェイン、ガヘリス、アグラヴェインを兄弟とする若き騎士。
ロット王と妖妃モルガンの間に生まれた子の一人。
叛逆の騎士モードレッドは異父弟にあたる。
別名ガエリエ。
もしくはボーメイン(美しい手)。

ガレスは最も新しく円卓に加わった者であり、経験浅き騎士である。
先輩である円卓の騎士たち全員を尊敬していた。特に、ランスロット卿によく懐き、よく彼に従った。
見習い騎士として数々の修行を経て、正式に円卓の騎士の一員となった後にも、ガヘリスのように長兄ガウェインとは行動せず、ランスロットの従者のような立ち位置を選んだ。

可能性に満ちた存在としてガレスは多くの者に愛され、兄弟ののみならず他の円卓の騎士たちからも
「いつの日かもっとも優れた騎士となる」
「いずれ、兄弟全員に匹敵する真の騎士となる」
と評価されていた。


その死は諸説あるが、一般に知られているものは悲惨な逸話となっている。
ギネヴィアとの不貞が明らかになりランスロットがアグラヴェインを返り討ちにして逃亡した後、モードレッドが発案してアーサーが承諾したギネヴィアの処刑を執行するにあたって、ガレスとガヘリスは王妃の死を悼む気持ちから非武装の喪服姿で参加する。
しかし王妃救出のためランスロットが乱入、戦闘になる。その混乱の最中見慣れぬ喪服姿であったためランスロットに護衛と誤認され頭蓋骨を叩き割られるという無残極まりない最期を迎えた。この時に同じくガヘリスも殺されており、非武装だった者含む弟と妹を殺したランスロットへ、ガウェインは死の間際まで憎悪を抱くことになる。

円卓第7席の騎士とされるが、本人曰く初代第7席ではなくかなり後の時代になって第7席の座に着いた騎士だとされている。

人物

そのサラブレッド血筋を最初は隠していた為、キャメロット勤め一年目はアーサー王の義兄ケイ卿の人事で厨房の下働きに回された挙句、「手が美白だからお前ボーマン【Beau Mains=美しき(Beautiful)手(Manus)】な」とセクハラまがいのニックネームを付けられてしまう。
そんなエピソードのせいかTYPE-MOON時空では女の子になってしまった。
生前は「変身の指輪」で騎士の姿に変身していたと言及しており、このため伝説では男性として伝えられた可能性がある。

ak_g


兜を外すと、毛先が黒くて子犬の垂れ耳を思わせる愛らしい外ハネ髪が確認できる。鎧を着ている状態ではわからないが、出ているところは人並みにある。この他ピンク色の頰が特徴で、全体的にはガウェインを女体化して、小動物的な可愛さを足した感じである。

原典では謀略や奸計に加担したことのない清廉潔白な人物として描かれることが多く、Fateの彼女も真面目で礼儀正しく人懐っこい性格となっている。一方で戦いに対してはかなり積極的で、実力も円卓の騎士にふさわしい強さを伺わせる。
円卓の騎士には皆礼儀正しく接し、自分を初めて騎士として取り立ててくれたランスロット卿をとても慕っている。
ランスロットや兄のガウェインからもとても愛されており、王妃ギネヴィアの処遇を巡る争いで誤って彼女を手にかけてしまったランスロットは一生ものの後悔を背負い、ガウェインにとってもランスロット不倶戴天認定の最後のトリガーとなった。

生真面目なベディヴィエール卿からもちゃん付けで呼ばれているあたり、アーサー王とは別ベクトルなキャメロットのアイドル、もしくは円卓組の末妹枠だったのかもしれない。

一方で生真面目さは、ややもとすれば以上の筋金入り。
ユーモアに理解こそあるものの、こと「騎士の矜持」に関わる風紀の乱れや礼節への考えは、己の操る槍の如く妥協のない真っ直ぐさと清廉さを心がける。
若さゆえの融通の無さとも言えるが、だからこそ誰よりも騎士道を重んじ自ら実践する姿勢は、やがて円卓の中枢に上ると期待された人望の萌芽であったのかもしれない。
さらには下記する十二勇士メンバーは勿論、他のランサーサーヴァント達にまでも槍試合を所望しているあたり脳筋気質な所まで兄譲りの様子。

「自分もヤング」など言い回しが一昔前のセンスを思わせる為、本当に若いのか?と思われがちだが、一応年若いのは本当である。(後述)
といっても彼女は英語圏の人なので、こういう言い回しをしても何らおかしくはない・・・はず。

先述の通り厨房で下働きをしていた為、彼女自身はあのマッシュな兄と違い料理上手で、バレンタインで振る舞ったカップケーキも好評だった。
ただし、パーシヴァルのアドバイスを素直に受け止めた結果、数百個単位と大量に作ってしまう癖がある。
もっとも、同僚たちはそれらを余裕で平らげられる大食らいばかりなので問題はないのだが。

なお、騎士になった経緯から奥さんがいるはずなのだが、この世界ではどうなのかは不明である。

シナリオでの登場

円卓の騎士を取り上げた『Fate/Grandorder』メインシナリオ第六章本編では登場していないが、実は主人公がレイシフトする前に他の騎士たちと共に召喚され、戦いの末に座に退去していたことが明かされている(奈須きのこ氏公式ブログ「竹箒日記」2016年7月31日分より)。
清廉潔白な性格であるが故に獅子王の悍ましい統治についていけず、祝福(ギフト)によって人格そのものを捻じ曲げてなお耐えられずに死を選び、十字軍側の首魁である『リチャード一世を名乗った魔人の如き強さのサーヴァント』共々ガウェインに介錯されたらしい。

上述のような不遇な死のエピソードがイメージ先行するが、原典ではケイ卿をワンパンで捻り、ガウェイン卿を撤退に追い込んだ凶悪の騎士を決闘で討ち取るなど、円卓の騎士でもかなりの武闘派である。

2018年の水着イベントにて、第二再臨の鎧姿で実装に先駆けて登場。
ペリノア王ケイ薄い本解釈違いと称しながらも購入した際、童顔なので年齢を疑われていた。
アーサーの体験クエストにおけるモードレッドの発言によると、彼女は兜を着用していたらしく、実装前から正体は推測されていた。

現界時の肉体年齢に関しては不明だが、享年は本人曰くマスターと同程度らしいが、成人している事は間違いないようである。
ギャグイベでの腐女子属性が今後も定着するかは不明だが、それを除けばベディヴィエール卿と並ぶ問題児ばかりの円卓の良心といえる人物。(原典では兄や妹達がこぞってラモラックをリンチしたのに対して、彼女(彼)だけはリンチには加わらなかったという逸話を持つ。)

ちなみに当時の真名考察にて『6章で『不浄』のギフトを授かった影響で801本を…?』と言う意見もあった。
このような形で正体が絞られる英霊なんてそうそういないのでは…

ガレス(不浄)



水着イベント2019「見参!ラスベガス御前試合〜水着剣豪七色勝負!」では、舞台が(カジノ)キャメロットなこともあり、シナリオの本筋で登場する。「アロハ騎士」「カジノ」といった独自のノリに若干疑問をもちつつも、かつての王や円卓の騎士達と共に居られて嬉しそうな様子が描かれている。同時にモードレッドを叱りつける真面目キャラとしても描かれている。水着などの特別な霊衣(グラフィック)が無いため、今回は鎧を着ている。

能力

華奢にも見えうる可憐な容姿に反し、ライオネス嬢をめぐり数々の武功を立て、昼のガウェインに対し2時間も打ち合える程の卓越した槍術を振るう武闘派。
円卓でも一目置かれる有望株だったが、夭逝したためかステータスでは円卓の上位層よりも劣る。
馬上槍(ランス)はマーリンの魔術によって多重に強化が施され、ある種の魔術礼装となっている。
よく見ると青いカートリッジのようなものが装着されており、腰のベルトにはその予備と思しきものが確認できるため、ガンランスとも見解されている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CBADDC


保有スキル

対魔力(C)魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(B)騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。馬上槍の名手であるガレスは、ランサーが持ち得ない騎乗スキルを例外的に所有する。
戦闘続行(C)戦闘を続行する能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負っても戦闘が可能。
変身の指輪(B)ガレスは、変身の魔術が込められた指輪を持つ。本来は宝具の効果だが、本作ではスキルとして効果を発揮する。
美しい手のガレス(B)変装してお城の下働きをしていた際、白く美しい姿をしていた事からケイ卿に『ボーメイン(美しい手)』と称されていた。当時のケイはそれがガレスの変装であるとは気付いてなかった。すなわちガレスは白く美しく、美肌であり、その手は特に美しかった。


宝具

猛り狂う乙女狼(イーラ・ルプス)


  • ランク:C++
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大補足:1人
仕留めます! 我は狼! 我が槍は必殺の牙! ゆくぞ! 『猛り狂う乙女狼』!

イーラ・ルプス。
馬上槍の技の冴えが宝具として昇華されたもの。
怒濤の連続攻撃を叩き込んだ後、必殺の一撃を以て敵を貫く。
過去、親友レディ・ライオネスを守るために戦った際には、ブラモー・ド・ゲイネス卿、ガリホディン卿、ガリハッド卿(ギャラハッドではない)、ディナダン卿、ラ・コート・マル・タイユ卿、サグラモアー・ル・デジラス卿、ドディナス・ル・ソヴァージュ卿、アイルランドのアグウィッサンス王、スコットランドのキャラドス王、ゴール国のユーリエンス王、バグデマグス王といった名だたる騎士をなんと槍一本で倒してみせた。

またある時、アーサー王に対して馬上槍試合に挑んだ際には、その戦いぶりを王から『猛り狂う狼』として讃えられたという。

変身の指輪

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:
  • 最大補足:1人


生前、貴婦人ライオネスから賜った神秘の指輪。
さまざまな色に変化する指輪であり、
姿を変えることができる。
自らの身分を隠しながら馬上槍試合を繰り返していた際には、大いに役に立ったという。

前述のように「FGO」ではスキルとして使用。

キャラクター性能

最大HP1795~9537
最大ATK960~5413
カード配分A1・B2・Q2
スキル1戦闘続行(C):ガッツ状態(戦闘不能から復帰、HP500~1500)を付与(3T)
スキル2美しい手のガレス(B):NPを増やす(10~20%)+自身に「被ダメージ時に攻撃力がアップする状態(1回/5T)」を付与(3T)
スキル3変身の指輪(B):自身にターゲット集中状態を付与(1T)&防御力を大アップ(1T)&NP獲得量アップ(1T)
宝具猛り狂う乙女狼(宝具カード種別):自身に無敵貫通状態を付与(1T)+敵単体に超強力な攻撃〔Lv.1~〕&防御力ダウン<オーバーチャージで効果アップ>


☆2ランサー初の攻撃型宝具のサーヴァント。
ただし、弁慶以上にHP偏重のステータスをしており、そのせいでATKは3騎の☆2ランサーでは最下位となっている。
同時に先輩2騎に同じくターゲット集中持ちでもあり、攻防両面で立ち回る独特の性能を有する。

ガッツ、変則バフ、ターゲット集中と、分かりやすいタンク役であると同時に、一撃必中を旨とするカウンター戦法を最大の武器としている。
特に「変身の指輪」で被弾を誘い、「美しい手のガレス」で攻撃力アップを発生させ、三重の攻撃力アップを宝具へと繋げることで、低い攻撃力を補って余りあるパワーを発揮する。
無敵貫通は1ターン持続するので、宝具で突っ込んだ勢いそのままに回避や無敵を叩き割れる豪快さも頼もしい。

課題として、☆2というランクそのものがネックとなっている。
耐久に偏り過ぎているせいで、普段は火力が伸びず、だからといって被弾で攻撃力アップを狙っても攻撃力アップは攻撃1回で消化されるため、どれだけ受けても一発が限度となる。
「戦闘続行」も持続ターンが短く回復量も少ないため、たとえ踏ん張っても呪いややけどで落ちてしまうことがある。
ならタンク役らしく概念礼装「ぐだぐだ看板娘(自身にターゲット集中&攻撃力アップ/3T)」を装備させると、今度はHPが足りなくなってしまい、どうしてもヒーラーやほかのディフェンダーからのフォローが必須となる。
一応、HPに関しては聖杯転臨でぐんと伸びてくれる(Lv.100で13,764)ので、愛があるなら耐久型のサブアタッカーとして育ててみるのも一興か。

宝具運用を前提としたカウンター型タンク。
足りない箇所を色々と補ってあげる必要はあるが、文字通りのカウンター戦法が取れるユニークな性能を持っている。
上手くハマれば、相手を問答無用で正面から突き崩す重戦車乙女ランサーとして存在感を放ってくれるだろう。

関連人物

アルトリア
円卓の騎士として仕えた主君であり、母方の叔父(叔母)。カルデアで再会すると大泣きしながら王の最期の時に共にいられなかった事を悔いている。

ガウェイン
円卓の騎士の同胞かつ三人の兄のうちの長兄。金髪や目の色が似通っている。一番仲の良い兄であり「ガウェイン兄様」と呼び慕っている。ガレスがランスロットに誤って殺された際にはひどく悲しんだ事からもその溺愛ぶりがわかる。
カルデアで再会した時も、ガレスの方は素直に喜んでいるが、彼はある事情からか少し複雑な様子がうかがえる。と言うのも、皮肉なことに不浄のギフトを授けられたガレスを介錯したのは、あらゆる不浄を清める焔の陽炎に選ばれた騎士だったからである。

ランスロット
円卓の騎士の同胞であり、彼女が最も敬愛する騎士。ランスロットも彼女を大層大切にしていた程の仲だった。その為か、攻撃時に彼の宝具「縛鎖全断・過重湖光」の名を言ってみたりとリスペクトぶりは中々の物。
しかし、生前にはある出来事を切っ掛けに彼に誤って殺されてしまった。
Zeroにおいての彼英雄王に狂犬と言わしめた御仁なので、犬要素も彼リスペクトなのかもしれない。

マイルーム会話でも両者について言及分けがされており、セイバーの彼とは顔を合わせるや否や緊張と興奮から慌てふためいているが、自分を斬り殺した時期に近いバーサーカーの彼には悲しみと憐れみの目を向けている。

ケイ
自身に「美しい手」というあだ名をつけた張本人。
原典では血筋によるえこひいきを避けたい思いから、名乗ることを憚ったがために、彼から皮肉を込めてこのあだ名を与えられ、厨房での下働きに回されることになる。
その後、悪道騎士の討伐で名乗りを上げた際、腕試しに立ちはだかった彼を一撃でのしてしまった。
型月では王の性別を知っていた彼だけに、ガレスの性別の件を含めて、この一連の件がどう解釈されるか注目される。

トリスタン
円卓の騎士の同胞。浮気は駄目だと厳しい声をかけている。ランスロット卿が聞いたら確実に心に突き刺さりそうである。当のトリスタン本人はよそ見をしている様子。(というより本人の性質から言って、寝てしまっている可能性が高い。)

ベディヴィエール
円卓の騎士の同胞。こちらも銀の腕に興味深々であり、同時に別人だと言われて首を傾げている。

モードレッド
異父妹であり円卓の騎士の同胞。同じく型月時空の通過儀礼として女体化したお方。
カルデアではなかなか声をかけるタイミングが掴めない様子。真面目な姉と態度の悪い妹の如く喧嘩はするものの、他の騎士たちと違いガレスはモードレッドにも好意的に接しており、仲は良い様子。

アグラヴェイン
円卓の騎士の同胞であり三人の兄のうちのひとり。こちらは「アグラヴェイン兄様」と呼んでいる。ガウェインと比べてもあまり外見が似ていない。ガレスとガウェインは母親似で、アグラヴェインは父親似なのかもしれない。別々に育てられた為、兄妹として接する機会は殆ど無く、生前は誤解されやすいアグラヴェインの人柄からあまり快くは思っていなかった様子。しかしサーヴァントになってからはガレスの方はアグラヴェインと仲良くしたいと思っている。

パーシヴァル
聖杯探索に参加した騎士。ガレスからの評価も高い。その一方で余計な事も吹き込んでいたが・・・

マシュ・キリエライト
マイルーム会話でマスターとサーヴァントである自分の関係を先輩後輩に当てはめているが、後輩ポジションには既に彼女がいるため悩んでいる。
また、1部6章クリア後にマイルーム会話を聞くと・・・・・

マーリン
アーサー王を見出し仕えた魔術師。皆には内緒にしているが、内心ちょっと怖くて苦手としている。

モルガン
母親。あまり接点はなかったとのこと。何をどうやったらあの母親からこのような清廉な娘が誕生するのか。氏より育ちということか。

獅子
アーサー王のifの姿。カルデアで顔を合わせた時は戸惑っていると同時に、誰もが言いたかったであろうツッコミを入れている。

アーサー王
こちらは異世界の男性のアーサー王。当然だがカルデアで顔を合わせると驚いていると同時に混乱している。あちらの世界でのガレスの性別はどうなっているのか気になる所。

アストルフォブラダマンテ
フランク王国の騎士達。顔を合わせるや否や槍試合を所望し出す。さすがはガウェイン卿の妹君である。
もっともアストルフォの方は「触れれば転倒!」を使わなければ勝つのは難しそうである。
ブラダマンテとはクラスは勿論、尊敬する人物がいる事や一生懸命で頑張り屋な所がよく似ている。

関連イラスト

再臨すると鎧を着込むが、本人曰く第一再臨で着る鎧は騎士になった頃のもので、第三再臨で着る鎧が円卓時代の物とのこと。pixivでは鎧を着ていない姿が描かれることも多い。

ガレスちゃん
ガレスちゃん


ガレスちゃん
ただの落書き



関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ 円卓組 サーヴァント 騎士 女性

関連記事

親記事

ランサー(Fate) らんさー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガレス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2780877

コメント