ピクシブ百科事典

スーパーマリオのアニメ

まりおのあにめ

任天堂の大人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズをアニメ化した作品
目次[非表示]

概要

スーパーマリオ」シリーズは日本を代表する世界的ゲームおよびキャラクターであるにもかかわらず、日本でテレビアニメ化されたことはなく、アニメ映画、CM、OVA数作品に止まっている。
海外ではテレビアニメが放送されていたが、本記事では日本で制作された映像作品を取り扱う。現在は全て廃盤のため、入手が困難。ほとんど子供向けに作られているが、ゲームファン、マリオシリーズのファンであったり、昔のアニメならではのシュールさや画質と音質から、大きくなっても十分楽しめる内容となっている。

なお、他のキャラクターはたびたび替わるものの、マリオの声はほとんどが古谷徹氏が演じている。

一覧

  • スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!(1986)

 シリーズ初の日本語のアニメ映画。声優じゃない人の起用が多く、棒読みだったりなかなかにハマっていたりする。なお、永谷園がバックについているため、当時販売していた「マリオふりかけ」「マリオラーメン」が戦闘中に唐突に現れる。

  • アマダアニメシリーズ スーパーマリオ(1989)
天田印刷加工が制作したOVAで、「一寸法師」「桃太郎」「白雪姫」をマリオのキャラクターが演じるという内容である。
なお、舞台の世界観はマリオシリーズの方に寄せているため、昔話ではあり得ない文明や展開があったりするが、突っ込まないであげよう。
また、予算があまりなかったのか、よく見るとキャラが動いてなかったり使い回しのシーンがあったりするが、これはこれで古き良きというもの・・・・・かもしれない。

  • スーパーマリオの消防隊(1989)

東映アニメーションが製作した防災教育用アニメ。なぜか日本で消防隊に入っていた(作中ではたまたま非番だったらしい)マリオとルイージが子供たちに火や災害の怖さを教えてくれる。同じくマリオの教育アニメとして「スーパーマリオの交通安全」なるものもあるが、現在では地方の視聴覚センターにでも行かないと見ることはできないようだ・・・・・・・。また、貸し出しも然るべき団体様向けとなっている。違法アップロードとはいえYouTubeやニコニコ動画に上げられていたものも残念ながら削除されている。

  • マリオとヨッシーの冒険ランド(1991)
SFCソフトスーパーマリオワールドを30分にまとめたOVAで、バンダイが当時販売していた幼児向け知育玩具「てれびっこ」に対応している。(玩具がなくても普通の映像作品としても楽しめる。)マリオ、ルイージ、ヨッシーが冒険と途中でたびたび視聴者に向けて電話でクイズを出してきて、それに正解すると冒険が進んでいく。
キャラ設定は今までの作品よりもゲーム版に近くなっている。

登場キャラクター


マリオ
CV:古谷徹
おなじみ主人公。

ルイージ
CV:水島裕(「ピーチ姫救出大作戦」、「冒険ランド」)、龍田直樹(「アマダアニメ」)

ピーチ姫
CV:山瀬まみ(「ピーチ姫救出大作戦」)、遠藤みやこ(「アマダアニメ」)、山本百合子(「冒険ランド」)

クッパ
CV:和田アキ子(「ピーチ姫救出大作戦」)、佐藤正治(「アマダアニメ」)、郷里大輔(「交通安全」)、渡部猛(「冒険ランド」)

関連タグ

スーパーマリオ マリオシリーズ 任天堂

関連記事

親記事

マリオシリーズ まりおしりーず

兄弟記事

コメント