ピクシブ百科事典

ファイアーエムブレムヒーローズのイベント一覧

ふぁいあーえむぶれむひーろーずのいばんといちらん

ファイアーエムブレムヒーローズのイベント一覧についての記事
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレムヒーローズのイベントは現在、「投票大戦」「戦禍の連戦」「タップバトル」「大制圧戦」「想いを集めて」「巨影討滅戦」「おでかけヒーローズ」「偶像の天楼」「ミョルニル」の9つが実施されていて、大体どれか1つは開催されている。FEHのシステムに沿った戦闘系から、まさかのリズムゲーのような物まで多岐にわたる。

投票大戦

投票大戦 2回戦目のようす


2017年3月のアップデートで新たに実装されたイベント。テーマごとに選別された8人の英雄の中から1人を選び、各陣営のスコアを競いトーナメント方式で優勝者を決める。

バトルは3対3で味方2人は同陣営内から選出される。このときフレンドが同陣営にいると必ず1人が選出される。勝利すると期間中のみ使用できる「英雄の旗」を使用し投票する得点を決める。得点はフレンドが多いと高くなる(最大10人)。一度出撃すると30分のクールタイムが設けられ、その間は出撃できなくなる。

自分が選んだ陣営が敗れるとまだ勝ち残っている陣営に移れる。ただし、勝ち残った場合は変更できない。また各ラウンドごとに陣営ごとの順位に応じた報酬がもらえる。

第3回より劣勢の際、投票時の得点が3倍に増えるようなり、第4回からは経過時間で最大7.5倍のボーナスがつくようになった。これによって結果がキャラ人気に左右されず、大番狂わせが発生するため最後まで油断できないイベントとなっている。劣勢時に負けてしまった場合は光の加護を惜しまず使うのも一考。

第21回よりシステムが改良され、投票権が1時間に1個回復するようになり、最大8個までストックできるようになった。これによって投票権のある限り30分のクールタイム無しに出撃が可能となり、時間が無いときは一気に複数の投票権を投入することができる。もちろん「英雄の旗」システムも健在であり、場合によっては「投票権×英雄の旗×時間ボーナス」と重なって一度にとてつもないスコアをぶち込むことができる
また、倍率は少ないが劣勢時でなくても時間経過の得点ボーナスがつくようになった。

開催期間テーマ出場者優勝者
12017年3月7日~3月13日王子vs王女アルフォンス、シャロン、クロム、ルキナ、レオン、エリーゼ、エフラム、エイリークルキナ
24月4日~4月9日ドラゴンナイトvsペガサスナイトミネルバ、セルジュ、カミラ、ベルカ、パオラ、ティアモ、ヒノカ、ツバキカミラ
35月12日~5月18日女性魔道士vs男性魔道士リンダ、ユリア、サナキ、サーリャ、マリク、男ルフレ、ヘンリー、レオンサーリャ
46月27日~7月3日癒し系シスターズマリア、ラケシス、エリーゼ、サクラ、ミスト、リズ、クラリーネ、プリシラエリーゼ
58月1日~8月7日南国リゾートの休日チキ、フレデリク、ガイア、女ルフレ、女カムイ、エリーゼ、マークス、レオン(全員水着ver)女カムイ
68月31日~9月6日英雄総選挙ベスト8アイク、ロイ、ヘクトル、クロム、リン、ルキナ、カミラ、サーリャアイク
710月9日~10月16日竜の血を引く者子供チキ、ファ、ソフィーヤ、ニニアン、ノノ、大人チキ、男カムイ、女カムイニニアン
811月6日~11月12日ショートヘアー女子vsロングヘアー男子アメリア、カタリナ、シャニー、ヒノカ、タクミ、カレル、セネリオ、リョウマシャニー
912月6日~12月12日愛が注がれる聖杯大戦シャラ、エフィ、プリシラ、サーリャ、ドルカス、カチュア、カタリナ、シグルドサーリャ
102018年1月1日~1月7日冬祭りvsお正月クロム(クリスマス)、男ルフレ(クリスマス)、リズ(クリスマス)、サーリャ(クリスマス)、アクア(正月)、カミラ(正月)、タクミ(正月)、リョウマアクア
113月2日~3月8日鏡の中の影セリカ(普通、闇)、男ルフレ(普通、闇)、タクミ(普通、闇)、ゼルギウス、漆黒の騎士男ルフレ(闇)
124月4日~4月10日兎たちの豊穣の春祭りクロム、ルキナ、マークス、カミラ、カチュア、シャロン、アルフォンス、カゲロウ(全員イースターver)カゲロウ
136月1日~6月7日特務機関vs伝承英雄アルフォンス、シャロン、アンナ、フィヨルム、スリーズ、伝承アイク、伝承女ルフレ、伝承リョウマスリーズ
147月2日~7月8日宿命の対決マルス、ハーディン、シグルド、アルヴィス、エフラム、リオン、アイク、ゼルギウスリオン
159月5日~9月11日選ばれし者たちリン、アイク、ルキナ、ロイ、ヘクトル、セリカ、エフラム、ヴェロニカ(全員総選挙ver)エフラム
1610月2日~10月8日父VS娘アルヴィス、ユリア、ヘクトル、リリーナ、男ルフレ、女マーク、ゼロ、エポニーヌリリーナ
1711月1日~11月7日雷光雷轟リンダ、デューテ、ティルテュ、イシュタル、ラインハルト、オルエン、オーディン、オフェリアラインハルト
1812月4日~12月10日ニフルVSムスペルフィヨルム、スリーズ、フリーズ、ユルグ、スルト、レーヴァテイン、レーギャルン、ヘルビンディフィヨルム
192019年1月3日~1月9日謹賀新年カミラ、タクミ、アクア、カムイ、フィヨルム、スリーズ、フリーズ、レーヴァテイン(全員正月ver)アクア
201月31日~2月6日母VS息子エスリン、リーフ、リズ、ウード、セルジュ、ジェローム、ミコト、男カムイ(夢)ウード
212月28日~3月6日軍師大戦カタリナ、レヴィン、女マーク、サイアス、セシリア、ジェイガン、ヒーニアス、セネリオ女マーク
224月1日~4月7日破壊の衝突ガーネフ、ユリウス、ドーマ、イドゥン、ハーディン、ガロン、男ルフレ(闇)、スルト男ルフレ
234月30日~5月6日こどもの日子供チキ、男カンナ、ルゥ、ユルグ、ファ、ユンヌ、飛行ニノ、デューテニノ
246月3日~6月9日夫婦の絆シグルド、ディアドラ、キュアン、エスリン、バアトル、カアラ、花婿パント、花嫁ルイーズディアドラ
257月1日~7月7日ヘアバンド大戦ジョルジュ、グレイ、バーツ、ティバーン、スー、ワユ、サナキ、飛行オリヴィエワユ
268月1日~8月7日はじける!南国リゾートレーギャルン、レーヴァテイン、ヘルビンディ、スリーズ、リン、ウォルト、リリーナ、ウルスラ(全員水着ver)ウルスラ
278月29日~9月4日大いなる英雄とライバル総選挙アルム、総選挙ミカヤ、総選挙エリウッド、総選挙カミラ、伝承アイク、闇ベルクト、ヘクトル、弓ヒノカカミラ
2810月1日~10月7日舞い踊れ!ラインハルト、ベルクト、シグレ、アズール、イシュタル、リネア、ネフェニー、オリヴィエ(全員舞踏会ver)リネア
2910月31日~11月5日恐怖の館ラーチェル、ドズラ、ワユ、ヘクトル、イレーヌ、ヘンリー、カゲロウ、ジョーカー(全員ハロウィンver)ワユ
3011月29日~12月5日筋肉祭りドーマ、バーツ、ホークアイ、ドルカス、モゥディ、伝承アイク、エルフィ、ヘルビンディ伝承アイク
312020年1月1日~1月7日王国VS帝国比翼マルス、ハーディン、ディミトリ、エーデルガルト、比翼アルフォンス、総選挙ヴェロニカ、騎馬クロム、ヴァルハルト総選挙ヴェロニカ
321月30日~2月5日獣乱闘ティバーン、ネサラ、カイネギス、ニケ、正月レテ、正月キヌ、フランネル、ベルベット正月キヌ
332月28日~3月5日国民投票決勝トーナメントオルティナ、比翼アルフォンス、ソティス、伝承リーフ、クリスマスソティス、伝承アクア、伝承アルム、エーデルガルトオルティナ
344月1日~4月7日スプリングフェースティバル春パオラ、春カチュア、春エスト、春ロキ、春ヴェロニカ、春マークス、春イドゥン、春ナーシェン春パオラ
355月1日~5月7日みどりの日ニノ、マリク、セティ、レヴィン、スー、セシリア、ルゥ、ナギニノ
365月29日~6月4日仮面をかぶるものリーヴ、マルス仮面、漆黒の騎士、死神騎士、ローロー、ジェローム、コンラート、シリウスマルス仮面
377月1日~7月7日父への思いアルテナ、ミシェイル、アルフォンス、マークス、マリータ、ロイド、ロス、アネットマリータ
387月31日~8月6日スウィムウェアはペアで!ワユ、キルロイ、ルーテ、ヨシュア、ベレス、ドロテア、シルヴァン、ローレンツ(全員水着ver)

戦禍の連戦

【FEH】第七小隊と光の系譜


2017年6月のアップデートで新たに実装されたイベント。複数の部隊を操作し3~7マップを連続でクリアしていく。一つのマップをクリアしても自軍のHPは回復せずそのまま持ち越され、全滅すると倒されたメンバー以外を新たに選出し再挑戦する。全部隊が全滅するとゲームオーバーになる。

マップの難易度や戦績に応じてスコアを獲得し、累計ポイントによって報酬がもらえる。各イベントごとにボーナスキャラが設定されており、部隊に入れると獲得スコアに倍率ボーナスがつく。他のモードと違い、途中で倒されてもクリアしたマップで得た経験値やSPは手に入るようになっている。

2017年8月の開催回よりその日の1回目と2回目のスコアが3倍になり、ボーナスキャラは能力上昇と経験値とSPを2倍取得するようになった。

イベント開始前と開催後に会話が用意されており、これを楽しみにしている召喚士も多い。主な案内人はマルス仮面だが、他の英雄に振り回されたり、そもそも登場しないこともあったり…。また、ロキもそれなりに登場し、こちらはマルス仮面とは逆に戦禍で更なる混沌を引き起こそうとしている。

2018年4月のアップデートから戦渦の連戦+に変更。システムが大幅変更された。

  • ボーナスキャラ全てに獲得スコア40%の倍率ボーナスに統一され、スコアを上げやすくなった
  • 1日2回までだが出撃した部隊全員にボーナスキャラ同様にステータスが上昇
  • 14日間から10日間に減ってしまったが戦禍の連戦Mini同様に報酬が貰いやすくなった

開催期間タイトル配布キャラ
2017年6月8日~6月22日覚醒覆う暗雲マルス仮面
7月7日~7月21日共鳴せし双牙ロビン
8月11日~8月25日果たされた再会クレーベ
9月8日~9月15日死に場所は、戦場(mini)マルス仮面
9月23日~10月7日宿命の刻漆黒の騎士
10月23日~11月6日光の系譜アーダン
11月21日~12月5日英雄ではなくともヨシュア
12月26日~2018年1月9日愛と平和を届けにマルス仮面
1月16日~1月23日新たな年を拓く者(mini)カムイ(正月)
1月31日~2月7日あなたを信じます(mini)マリカ
2月14日~2月28日運命の息吹エリウッド(バレンタイン)
3月15日~3月29日運命か、絆かジェローム
4月21日~5月1日雷神の右腕フィン
5月25日~6月4日炎の国のロキマルス(花婿)
6月16日~6月26日四牙相食むカナス
7月15日~7月25日おやすみ、良い夢をマルス仮面
8月14日~8月24日我が名は混沌マルス仮面からヨシュアまでの6人
9月11日~9月21日運命の扉エスリン
10月14日~10月24日懐かしき顔ドルカス(ハロウィン)
11月12日~11月22日あなたに逢う前はアクア(幼)
12月18日~12月28日瞬きほどの一生をセシリア(クリスマス)
2019年1月1日~1月11日王女三人寄ればレーギャルン(正月)
1月26日~2月5日湯巡りの果てにカミラ(温泉)
2月10日~2月20日傭兵ティアマト(バレンタイン)
3月23日~4月2日神にあらざるものロキ(イースター)
4月24日~5月4日春、麗らかにレオン(ピクニック)
5月25日~6月4日神使親衛隊ルイーズ(花嫁)
6月24日~7月4日楽園があるのならユルグ(水着)
7月12日~7月22日共に学んだ仲間とフィオーラ(水着)
8月17日~8月27日なにゆえ、英雄かシグルーン
9月10日~9月20日曲が終わるまでリネア(舞踏祭)
10月14日~10月24日娘たちの願いヨファ(ハロウィン)
11月22日~12月2日悠久の黄砂ブルーニャ
12月17日~12月27日その小さな笑顔にジャファル(クリスマス)
2020年1月3日~1月14日餅腹十日のお正月エイル(正月)
2020年1月21日~2020年1月31日幻想戦渦
2020年2月8日~2020年2月18日愛の祭は大騒ぎシルク(バレンタイン)
2020年3月20日~2020年3月30日百花繚乱の兎たちバアトル(イースター)
2020年4月21日~2020年5月1日アイオテの再来ミネルバ(幼少期)
2020年5月22日~2020年6月1日終わらない円舞曲をヒナタ(花婿)
2020年6月19日~2020年6月29日二人の全力夏休みキルロイ(水着)
2020年7月9日~2020年7月19日浜辺の争奪戦ローレンツ(水着)

タップバトル

従来のシステムとは全く異なる新しいゲームモード。まるでリズムゲームのようにタイミング良くSDキャラをタップし、敵を迎撃する。1ステージ5階層となっており、20階ごとにボスが登場する。最下層である100階層にはちょっとしたイベントが用意されている。クリアしたキャラによっては画面の先へ行きたくなるかもしれない…。

ゲームに使われる曲は歴代のBGMが何曲か使われる。開催期間がおおよそ一月と長く、ソーシャル要素もない為、まったりとした雰囲気のイベントになっている。
クリアや報酬には影響しないが、コンボなどの要素も用意されている、判定は結構シビア。

以下敵として登場する兵種の特徴。

タイプ特徴
歩行特になし。
騎馬向かってくるスピードが速い。ボーッとしてると不意を突かれるかも。
重装向かってくるスピードが遅い。単体では脅威ではないが、他のタイプと組まれると厄介。
飛行上から降りてくる。タイミングが分かりづらい上に大量に来られると視界を遮られる。
暗器移動速度は普通だが、ユニットの手前でジャンプしてタイミングをずらしてくる。BGMをよく聞いて迎撃しよう。

大制圧戦

大制圧戦に備えるエクラ


3つの陣営に分かれて30個のエリアを取り合う陣取りゲーム(事前登録が必須。陣営は自動的に振り分けられる)
バトルのシステムは制圧戦と同じで、専用のスタミナを消費する。スタミナは1時間に1回復。
4時間1ラウンドでスコアを集計し、最もスコアが稼げている陣営がエリアを獲得する。スコアを稼ぐと「大制圧階級」が上昇し、大制圧階級に応じて報酬付与される他エリアスコアにボーナスが付く。

想いを集めて

センシティブな作品


4指定キャラとの親密度を高めて会話を見るイベント。「想い」というアイテムを集めてキャラとの親密度を上げることで、報酬の獲得や特別な会話イベントを楽しめる。「おもあつ」とユーザー間で略されている。
会話内容は従来シリーズで言う支援会話のような日常会話。会話相手は主にエクラヒーローズオリジナルキャラ、同時実装された英雄。第14回以降は過去に実装された英雄が立ち絵を伴って絡んでくる事もあり、クロスオーバー作品の強みを見せるようになった。
個別の会話イベントと同時に、四人全員の最低ポイントを達成すると展開される一本の物語もある。

戦渦の連戦などとは違い、イベントキャラを一人も持っていなくても問題はなく、代わりにイベントで設定されている特定の「アクセサリー」をつけて出撃するとより多くの「想い」が集められる。時間による倍率も設定されている。

テーマイベントキャラクター
1イーリス防衛戦オリヴィエ、リベラ、スミア、マリアベル(オリヴィエは飛行ver)
2宿命を越えてセリカ、エフラム、ヘクトル、ヴェロニカ(全員総選挙ver)
3極上のひとときをフローラ、エポニーヌ、オフェリア、サイラス
4ふたりの魔女ロキ、インバース、ウード、クリフ
5遠き日の誓いスリーズ、フリーズ、フィヨルム、ユルグ
6重なりゆく心ティバーン、ニケ、リュシオン、リアーネ
7消えたオーブの謎フランネル、ベロア、ニシキ、キヌ
8守るべきものイドゥン、スー、ルゥ、ティト
9果たすべき責務カイネギス、レテ、ライ、モゥディ
10力の在処マリータ、チキ、女カムイ、ベルクト(全員闇堕ちver)
11未来への架け橋ンン、ブレディ、シャンブレー、デジェル
12預け合う背中ベレス、クロード、エーデルガルト、ディミトリ
13暁風舞う学び舎ヒューベルト、メルセデス、ヒルダ、ペトラ
14いつか輝く光にフィーナ、ノルン、ナギ、シリウス
15英雄の条件カチュア、シルク、フォルス、パイソン
16傭兵たちの背中エフラム&リオン、ジスト、テティス、ユアン
17明日へと続く道エーヴェル、マリータ、オーシン、タニア
18受け継がれる信念ラクチェ、シャナン、セティ、アルテナ
19紅き一族の陰謀ラス、レイラ、ニルス、フィオーラ
20団欒と混沌の学級フェルディナント、リシテア、ベルナデッタ、アネット
21呪い破る炎の心リンカ、ミドリコ、フォレオ、リリス
22血と鉄の彼方にアイク、男カムイ、ユリア、リオン(全員闇堕ちver)
23蘇る信念サイリ、エメリナ、ムスタファー、覚醒アンナ
24心の色、魂の形ジュリアン、レナ、男クリス、女クリス

巨影討滅戦

2019年6月から追加されたイベント。英雄の姿を模した敵をチームで倒していく協力イベント(レイドイベント)。
大制圧戦と同じく事前登録が必要。

ここのボスは特殊な奥義スキルを装備しており、上手く立ち回るには普段とは違うスキル構成や戦略が求められる。
ボスの取り巻きのユニットを倒すとボスへのダメージ倍率が上昇する。普段のFEシリーズでは味わえないような大きな数字のダメージを叩き出す様はとても爽快。

なお、このイベントの初回会話でトールが初登場した。また、イベントを起こした張本人はロキである。

おでかけヒーローズ

2019年8月から追加されたイベント。英雄達を異界へ派遣し、「探索」と「作戦」をクリアして、ファイアーエムブレムシリーズの叙事詩「ヒーローズ・サーガ」を完成させる指定時間待つタイプのイベント。いわゆる他のゲームでいう「遠征」に近い。

元になった舞台に登場する英雄を1人以上派遣させると累積時間のボーナスがかかる。
累積時間の報酬ラインは最終数百時間レベルになるものの、イベントを進めていけば最大3部隊まで解禁されるため、常に3部隊派遣しておくといい。

なお、「探索」で派遣する英雄が支援を組んでいた場合、帰還時に支援が少し進行している。

イベントの最後に構えている「作戦」は4人1組となって挑むもので、出典元となる英雄を入れておくと能力値にボーナスが入る。また、出撃したキャラは全く育てていなくとも☆5レベル40程度として扱われるため、イベントのために出典元キャラを育てる必要は無い
作戦の敵は正体が分からないように隠されているが、HPを減らしていくと正体が分かるようになるため、次回出撃時はそれに合わせた編成をしておくといい。また、ヒーローズ未登場のキャラクターが登場することもある。

2020年から「おでかけ・ミニ」が実装された。こちらは特務機関の財政危機を救う為ヒーローズの世界をあちこち行くライトなイベントになっている。

偶像の天楼

センシティブな作品


2019年10月から追加されたイベント。提示されたキャラだけで階層を攻略するイベント。提示キャラのみの使用だがクイズマップと違い、10レベルから始まりスキルもある程度選べる。現時点で25階層まであり、高層につれ難易度が上がる。レベルは保持されるので高難易度に挑むなら育成は必須。

習得スキルはその英雄の専用スキルから☆5の英雄しか持ってないような高級スキルまで登場する。めぼしいスキルが無い場合は「限界突破+1」を選択するのも手(「強化しない」という選択肢もある)。イベント限定ではあるが、究極の魔改造ユニットを手軽に作ることができる
スキルを獲得できるキャラはイベントマップで最初に敵を倒したキャラとなるが、意識していかないと育成が遅れるキャラが出てくる。また、イベントを行うためのスタミナは3が最大値である上にスタミナ回復アイテムは有限であり、計画性が求められる。攻略が難しくなってきたら簡単な階層へ戻って強化アイテムだけかき集める手も有効。
2020年春からこのイベントで育成したキャラを購入出来るようになった。

なお、このイベントはトールが起こしたものであり、登場英雄はイベント名の通り英雄ではなく「偶像」という扱いになっている。

提示キャラクター
1総選挙アルム、セリカ、メイ、ボーイ
2花婿マルス、花嫁シーダ、ドーガ、マリク
3シグルド、キュアン、エルトシャン、レヴィン
4リーフ、フィン、緑オルエン、剣ラインハルト
5総選挙ロイ、バレンタインリリーナ、ティト、クリスマスセシリア
6総選挙リン、花嫁ニニアン、飛行ニノ、水着フィオーラ
7クリスマスエイリーク、クリスマスエフラム、水着ターナ、水着ヒーニアス
8バレンタインアイク、バレンタインセネリオ、バレンタインミスト、バレンタイングレイル

ミョルニル

遂にトール率いる大軍隊がアスク王国へ攻めてきた。

2019年12月9日から開始した、三つの期間中に敵を撃破したスコアを競うイベント。飛空城をより複雑にしたようなシステムで、主に「予兆の日」、「防戦の日」、「反撃の日」と分けられている。

・「予兆の日」はマップ設備や自軍のメンバーを入れ替える準備の日。
・「防戦の日」はトール率いる敵軍隊からアスク王国にある異界への扉を守る日。
・「反撃の日」はアスク王国の秘密兵器「アスクの巨砲」で敵軍隊に反撃する日。
そして反撃の日を終えるとイベントは終了し、「平穏の日」を迎えられる。

主に主流となるのは「防戦の日」で、無限に沸く増援から異界への扉を7ターン防衛しなければならない。神階属性によるボーナスや、設備を上手く活用しよう。
ただし、「防戦の日」「反撃の日」は一日しか開催していないため、イベントの見落としに注意(一応「防戦の日」「反撃の日」開始日のログイン時に告知はしてくれる)。反撃の日では一瞬だが未実装であるトールのSDが見られる。
また、攻めてくる軍隊のトップは大英雄戦に登場したユニットが開催順に登場している。

イベント終了時に勝敗が決まり、スコアに応じて報酬が貰え、「神竜の花」の他、「異界の神片」と呼ばれる特別なアイテムが貰える。イベント終了時にトールの軍に負けることがあってもアスク王国が滅ぶことは無いが、敗北しても何事もなく「平穏の日」を迎えていることに召喚師から少なからずツッコミが入った。

関連タグ

ファイアーエムブレムヒーローズ

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムヒーローズ ふぁいあーえむぶれむひーろーず

兄弟記事

コメント