ピクシブ百科事典

ミラーい日記

みらーいにっき

ミラーい日記とはニコニコ動画におけるヒバリ氏の仮面ライダー龍騎と未来日記を組み合わせて作られた一連のMADの総称ないしは通称である。
目次[非表示]

概要

元々、「未来日記」と「仮面ライダー龍騎」はバトルロイヤルものという意味では共通しており、主要人物の性格などが龍騎の登場人物に似ているなど共通点が多い。
このシリーズでは日記=カードデッキの扱いで、契約モンスターも存在し、仮面ライダーも存在する。
また、龍騎のキャラクターで吹き替えているシーンや、コラで武器やアドベントカードが存在。
なお、最終回には龍騎キャラクター本人が登場する。
龍騎に登場するライダーの数にひっかけて全部で13話配信された。

配役()内は龍騎キャラクターとしての配役。

デウス・エクス・マキナ(神崎士郎)
今作の元凶さん。ちゃんと発狂シーンも健在である。

ムルムル(神崎優衣)
戦闘力が高く、本当に神崎優衣役といっていいか不明な存在。
しかし最終回のコラによって配役は結衣と判明した。

天野雪輝(城戸真司仮面ライダー龍騎)
本作の主人公。原点同様ストライクベントも使用できるが、基本とどめはシュートベント(ダーツ)に頼っている。
なお父親は愛とマルコとの決戦に生じたタワー崩壊から自分だけ助かろうとしたため、ブランウィングに捕食された。
最終回では真司本人が登場。
最期に生き残ったのは彼で、このときの描写は漫画版TVSPのラストによるもの。

我妻由乃(秋山蓮仮面ライダーナイト)
ヤンデレクイーン
座布団をガードベントにしたり、刃物をダークバイザーツバイに変えたりと武器の使用シーンがとにかく多い。
もう一人の主人公。
三周目の世界ではというと…その目で確かめてみてほしい。

火山高夫(須藤雅史仮面ライダーシザース)
早々に退場兼善人の面を被った殺人鬼ということでシザース役。
未来日記所持者である、雪輝たちを付け狙うが、シュートベント(ダーツ)で日記を壊され、ボルキャンサーに捕食された。第一話早々脱落する。
三周目の世界では何かしらの犯罪を犯して牢屋行きになったが、黄泉とは仲良くやっている様子。

来須圭悟(北岡秀一仮面ライダーゾルダ)
拳銃を使う、司法関係者繋がりということで、ゾルダ役に抜擢。
最初は雪輝に味方をするが、息子の余命があと三か月と知ると、本編の北岡よろしく裏切る。
願いは難病の息子を治すこと。
最期はマグナギガジェノサイダーに捕食され、契約が破棄されたことにより脱落した
このシーンは王蛇VS由良ゾルダのシーンの流用。
ドラゴンナイト版のトルクよろしく第七話で退場する。
ちなみに吾郎ちゃん役は部下の西島さんである。

豊穣礼佑(芝浦淳仮面ライダーガイ)
殺人を楽しむク○ガキということで、ガイ役に抜擢。
殺人の際にはメタルホーンを装備するが十中八九失敗する。
毒ガスや電撃で由乃や雪輝を苦しめた。
雪輝の母である礼亜とプレイしていたゲームはなんと仮面ライダーガイが仕組んだ『マトリックス』の映像の流用。(そもそも礼亜自身もゲームのプログラマーなわけで…。)

第五話で由乃のダークバイザーツバイで刺殺されたことにより第五話で消滅。
この際に落したメタルゲラスのカードがみねねに拾われたことにより…。
三周目の世界では家族とうまくいっているようで本人いわく『面白くなってきたじゃん』とご満悦の様子。

春日野椿(手塚海之仮面ライダーライア)
『千里眼日記』=俺の占いは当たるということでライア役。
今回は龍騎当初の企画に基づき敵キャラ。
最期は雪輝のストライクベントで隙を作られたあとにシュートベント(ダーツ)で千里眼日記を破壊され、「俺の占いがやっと外れる」と言い残し第四話にて脱落。
エビルダイバーは基本的に部屋を飛び回るぐらいで特に何もしない。
彼女の死後、エビルダイバーはみねねの傘下に下った。
ちなみに、御目方教の信者はシアゴーストないしレイドラグーンとして登場し、やっぱり殺される。
三周目の世界では幸せそうな寝顔を見せており、傍らにはコイン占いに使われるコインが置かれていた。

戦場マルコ(仮面ライダーリュウガ)・美神愛(霧島美穂仮面ライダーファム)
龍騎、ナイトと対になるデザインのキャラということで、ファム・リュウガに抜擢された。
児童養護施設『母の里』にて雪輝と由乃を襲う。
登場シーンはストライクベントでドアを吹っ飛ばすという豪快な登場であった。
愛の日記は『逆ナン日記』ではなく『結婚詐欺日記』に変更されている。
逃げる際にはウィングシールドの能力で撤退する。
作戦失敗時にはドラグブラッカーで施設を焼き尽くし、日記所有者をまとめて焼き殺すつもりだった。
3周目の世界では愛は妊娠しており、マルコのセリフが例の吹き替えによって意味深に変わっている。

上下かまど(オルタナティブ・ゼロ香川英行)
増殖日記=疑似ライダーシステムということなのか、オルタナティブ役。
ちなみに役者繋がりで『バッドボーイ』と言うお遊びがある。(そもそもかまど役の今野さんもフォーゼに出演したわけで…)
三周目の世界では…お察しください

雨流みねね(仮面ライダー王蛇浅倉威)
主人公その3。
原点の浅倉はライア、ガイを手にかけてモンスターと契約したが、今作では雪輝たちのおこぼれという形でゲラス、ダイバーと契約している。
黄泉に雪輝によって穴をあけられた左目を引き抜かれるシーンも健在である。
犯罪者、紫という意味では王蛇と共通するが、どっちかというと主人公たちに手を貸すシーンが多かったりする。(もちろん来須の頂にあるとおり原典の浅倉よろしく、他のライダーを脱落させるシーンはもちろんある。)
最終決戦ではきれいなみねねになってしまう。そこ、お前悪い奴じゃなかったのかよとか言わない。
原典に比べて長く生き残った。

月島狩人(先代仮面ライダーインペラー)
おそらく龍騎キャラクターでいうとTVSP版もしくはPS版のインペラーにあたる人物と推測される。
娘に日記と犬(ガゼール軍団)を譲った。今回は来須に殺されて脱落。
三周目の世界では娘と上手くやっているようだ。

日野日向(仮面ライダーインペラー佐野満)
二代目インペラー。月島の娘。
原典のインペラーよろしく犬の軍団を操る。(この犬軍団は顔にギガゼールのコラがされている。)
ちなみに友人であるまおは百合絵さんポジ。
あの断末魔も吐くものの、日向自身は死ぬ=脱落せず、元の日記所有者=月島が来須に殺されたことにより、殺されない形で脱落となった。
原典の佐野満役の役者の名字が日向だったりする。
飼っている犬は三週目の世界でもギガゼールのお面を被っている。

ジョン・バックス(高見沢逸郎仮面ライダーベルデ)
社長ポジションということで、ベルデ役に抜擢。
あの名台詞も吐く。
車が事故ると自分だけバイオグリーザの力を借りて脱出したりしていた。(この時西島さんは…)
最期は何かしらの方法でモニタールームに侵入してきた由乃に殺される。
三周目の世界ではというと…お察しください

平坂黄泉(仮面ライダータイガ東條悟)
英雄にあこがれる繋がりでタイガ役。
戦闘シーンがREVOLUTION MADという豪華(?)な仕様。
トリックベント(原典のタイガはトリックベントを使えない)で由乃を翻弄するが、由乃の斧でまとめて切り裂かれた。(そもそも斧は原典において仮面ライダータイガが使用していた武器)
今回はオルタナティブとは何の関連もない。ここら辺はTVSPの設定だろうか。
タイガなのに第三話で脱落する。
三周目の世界では英雄になっている様子で、火山には「素晴らしい」と評されている。

秋瀬或(仮面ライダーオーディン)
今作のチート担当。
自分の意思で行動している。
彼が登場している際にはコラではあるが黄金の羽が舞い散っている。(この羽自体に当たり判定はない。)
最期は由乃に首ちょんされた。
三周目での世界で黄金の羽が舞う描写がある。

OREジャーナルの面々
本人役で登場するが今回は主人公たちと接点がない。あくまでゲスト扱い。

喫茶店のお姉さん
あの人が本人役で登場。あくまでゲストである。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 MAD 未来日記 その発想はあった

外部リンク

ミラーい日記とは- ニコニコ大百科

コメント