ピクシブ百科事典

すしペット

すしぺっと

くら寿司の公式サイトで連載中のWEB漫画及びそれに登場する寿司形のペット。
目次[非表示]

概要

すしペットとは、大手100円回転寿司チェーン店くら寿司の公式サイトで連載中のWEB漫画及びそれに登場する寿司形のペット。

異能バトルものを思わせた前作回転むてん丸とはうってかわって、女子小学生のサクラが主人公で舞台も現代に変わり、ほのぼのとした作風の漫画となった。
内容は、サクラとその家族がくら寿司に食事をしに来たところ、ビッくらポンからしゃりわんこというすしペットが飛び出し、飼うことになったというもの。
作中ではむてん丸ではあまり見られなかったパロディネタが多く使われたり(既視感の感じる格ゲー「ステテコファイターズ」、どこかで聞いたことがある漫画「ゴチ亀」など)、メインキャラが魔法少女に変身するなど、ある意味むてん丸よりぶっ飛んでいる。

すしペットとは

キャラクターとしてのすしペットは、健康的な食生活を送っている人にしか見えない不思議な生き物で、普段はびっくら村に暮らしているが、皆を笑顔にするためにビッくらポンから出て来る。
しゃりわんこ、ぐんかんにゃんこの他にもしゃりパンダ(初出は第4話)、しゃりうさ(同第5話)など沢山いるらしい。下記の他にもTwitter上では彼らの親族なども見られた。また、飼い主を変身させる能力を持つ個体も確認できる。

しゃりわんこ
ビッくらポンから飛び出した犬のすしペット。
サクラの家族に飼われることになった。

ぐんかんにゃんこ

無題


猫のすしペット。
マイペースで、表情豊かだが人語を話さない。
ミサキに飼われることになった。

しゃりパンダ
いかにも中華風なすしペット。
武術の達人だが、お化けなど怖いものが苦手。
サクラの家族に飼われることになった。ヒロトからは師匠と呼ばれている。
パンダのすしペット。実は…(リンク先ネタバレ注意)。

しゃりうさ
うさぎのすしペット。
自称ただの紳士。物知りだが少しうざい。くら寿司の宣伝を彼が担うことが多い。
レイに飼われることになったが、単独で行動することも多いようだ。

えびリボンちゃん


犬の女の子のすしペット。
ものづくりが得意。サクラの母の家事の手伝いをする。

えび天わんこ
犬の男のすしペット。えびリボンちゃんの兄。
やったことのないことに挑戦する大切さを説く他、非行に走った少年を正す様子もあった。
ちょいワルを自身は目指しており、サングラスをかけている。
ユカリに飼われることになった。

ぷちわんこ
小型の犬のすしペット。三匹存在する。
チサト先生にはかわいいと称された。いなりさんにもかわいがられているらしい。

しゃりカレーわんこ
犬のすしペット。
パヤットさんの親友。ビッくらポンを介する描写もなく、登場時点で一緒にいた。
すしやのしゃりカレーをパヤットさんが食べたときには、「素晴らしい、私はこのカレーに出会う為に生まれたのかも知れない」、と語った。
パヤットさんに飼われている。

いなりさん
キツネのすしペットと思われる。
占いが得意で不思議なパワーを持っているとされる。
シンに飼われていると思われる。


登場人物


人間

現実の日本社会に近い町で暮らしている。くら寿司が飲食店として存在する(それがくら吉であると示唆する描写はない)。
今のところ住人達は下の名前(カナ表記)で呼び合っており、姓の有無は明かされていない。


サクラ

すしペットのしゃりわんことサクラ


お寿司が大好きで元気な小学5年生の女の子。(画像右)
家族構成は両親と弟のヒロトがいる。
しゃりわんこを飼っている。

ヒロト
サクラの弟。しゃりパンダを師匠と呼び、彼を飼っている。
「マグロス」という野球チームに所属している。守備は苦手で打つことしかできなかった。
「攻撃は最大の防御」 として苦手から目を背けていたが、しゃりパンダの叱責と励ましから練習。
苦手を克服した。練習が結果を実らせたのかチームは地区大会の決勝にまで登った。

ミサキ

すしペット


サクラの親友。(画像左)
おとなしく優しい性格の優等生。家はプール付きの大豪邸で、老メイドのバーヤさんまでいる。
ただし幼いころの出来事が原因で水泳が苦手。
着痩せするらしく普段の服装では分からないが、小学5年生とは思えないほど見事なものをお持ちである。
サクラとはよほど仲が良いのか一緒にいることが多い。笑顔で一緒に下校するように誘うほどであったが、サクラがレイと帰るといったときには…。
ぐんかんにゃんこを飼っている。

レイ
転校生でサクラ達のクラスメイト。
無気力な印象が強い少年。自己紹介が苦手として愛想は良いとはいえず、
サクラの挨拶も初めは無視していた。しかしそれが一週間続いた結果、ついにサクラに応えるように挨拶で返した。その後、無事にクラスに溶け込むことが出来たようだ。
一方、美術に精通しているらしく、作中の美術展小学生部門の最優秀賞を受賞していた。
しゃりうさを飼っている。

ユカリ
サクラ達のクラスメイト。おとなしい性格。サクラからはユカリンと呼ばれていた。作文で賞を何度か取っており、ネットで小説も書いている。しかし、自身が目立つのは苦手らしく野球チームの応援でチアリーダーを務めるようになった時には動揺しており、断ることを考えていた。しかし、えび天わんこの「踏み出すことで見える景色もある」という言葉から、チアリーダーを務める事を決意。本番に姿を見せ、心の中でチャレンジしてよかったと思ったようだ。
えび天わんこを飼っている。

シン
サクラ達のクラスメイト。チサト先生の親戚の子。ガミガミ番長と称されており、とにかく厳しい。合唱練習で指揮者を務めていたが、声がそろわないことで、激昂する形で叱りつけていた。
その姿勢は目上の人物にも同様であり、生徒の個性のこともあると主張したサヤ先生をクラスがまとまらない要因の一つと指摘する程。それらもあり、周りに煙たがられているのではないかと自身で考え、一時的に不登校になってしまったが、サクラ達がシンを必要としていることを表明、いなりさんの説得もあり、再び復帰。厳しい言動もクラスを思ってのことだった。
また、不良化して襲い掛かったユウを合氣道で返り討ちにしたこともある。

ハナオ
レイの以前の学校の知り合い。自称、未来の芸術界を背負う者、レイのライバル。
作中の人物たちの中でも特に奇抜な服装をしている。レイと同じく美術展小学生部門に作品を出展しており、大人に小学生のレベルではないと評価されるほどだった。
レイがスランプに陥った時には、ライバルでありながら(だからこそ?)参考のために美術書を渡したり、美術館で共に展覧しないかと誘うなどむしろスランプを治そうとしていた。
美術展の一件が終わるとサクラ達のクラスに転校してきた。
また、レイには執着があるのか一緒に下校するように誘う場面があった。しかしサクラと帰る事になってしまった時には、ミサキとおかっぱデンジャラスコンビを結成しており、とても恐ろしいことになっていた(アレ変身した訳ではない。)。

リョー
サクラ達のクラスメイト。「俺の右手が…」など中二病のような発言が多い(五5である)。
アーケードゲーム「ステテコファイター2」のファンであり、中学生に勝てるほどやり込んでいた。自分に勝てる者はいないと豪語していた時に、20年プレイした大人、シレンが姿を見せた。 
経験の差もあり、リョーは彼に打ち負かされてしまう。ゲームをやめると挫折しかけたが、しゃりパンダに「何度でも立ち上がる勇気」を教えられ、1週間の修行の後、シレンの下へ舞い戻った。
再戦した結果再び敗れるものの、さらなる修業を積み、彼を越えることを決意した。

ユウ
サクラ達のクラスメイト。頬に傷があり、モテたさ故に、ギターとサッカーを趣味としている。
それだけで、個性のうすい普通の少年。そんな状況を快く思わなかったところでカックラスと出くわす。彼に「何にでも反抗して戦え。」と吹き込まれ、彼の言うままに不良になってしまう。前述の通りシンに倒され学校を飛び出した後、ユカリの連れたえび天わんこに「見た目を変えても意味がない、個性というのは中身だ」と説かれ、ユカリには「そのままでいい、目立たなくても大切なモブ」と励まされた(ユウはモブと呼ばれた事には不満のようだったが)。



サヤ先生

センシティブな作品


サクラたちの学校の先生。誰かに似ている気もする。
身長190センチの長身美女。その体を維持するためかかなりの大食いで、学校の給食では足りていない模様。
同校の保険医のチサト先生とは親友同士。
1つのクラスの担任であるほか、ピアノの心得があると考えられる様子もあったが小心者らしく、
悪口に傷つく、チサト先生やシンに叱責される、不良になったユウを見ておろおろする、ナマコを見て気絶するなど、頼もしく、威厳に満ちた先生とは言い難い。
それでもみんなのお手本になりたい、大好きで守りたいと本人では思っている。実際、生徒が海で溺れたときには、自身に泳ぎの自信がなくとも自ら進んで助けに行った。基本的に明るく優しい性格であることもあって生徒に慕われているのだと思われる。

むてん丸
びっくら村出身だった前作の主人公。くら寿司の店内で登場する。12話では客として現れたが、「試練のカンフータワー」時代の修行もあってか店員として働いていることもあった。本人曰く、「世界中を旅して戦った」との事。
とはいうものの、本作の雰囲気が前作とかなり異なるので弾・章の出来事が「すしペット」の時代の過去にすべて起こったのか、故郷の村が遠い未来でびっくら大都市になるのかは不明。それどころか最近では全く登場しない。

敵?

公式ブログで公開された画像から、彼らの総称は「メイワーク」だと思われる。
どことなく前期シリーズの敵キャラを思わせる造形だが、4人でアパート暮らしをするなど意外と庶民的。
人の胸に×マークを付け、それによってその人の負の感情を増大させる能力を持っている。
この×マーク、意図的に生成しなくても彼らが感情を爆発させたり、または彼らの近くにいるときにネガティブな気分になるだけでも勝手に出てきてしまうらしい。
ただし打ち破られればその力は彼ら自身に跳ね返ってしまう(近くに別の人がいれば押し付けることもできるようだが)。
角?が生えている、逆さまになって空中に浮かぶ、第4話のシャーシカの「せっかく人間の世界に来たのにねー」という発言など明らかに人間ではなさそうだが…。
まだ情報は少ないが、2015年のクリスマスイラストからは何となく各メンバーの性格や関係性を読み取ることができる。
13話からはシレンという人物も登場。4人よりも目上らしく、「メイワーク」に含まれるかは定かではない。

シャーシカ

シャーシカ


メンバーでは一番最初(第1話)に登場した女の子。傘にもなるキャンディ型の魔法の杖(?)を持っている。
名前の由来は博多弁で「めんどくさい、うっとおしい」を意味する「しゃあしか」だと思われ、名の如く「いやなことはやらずに、好きなことだけしていたい」という考えを持っている。

カックラス


フードを被り、手に鋭い爪(?)が生えた男性。
名前の由来は茨城弁で「ぶんなぐる」を意味する「かっくらす」と考えられる。

シャマス

孤独の試練使い


筋肉質で大柄な男性。右目に眼帯をしており、その模様は彼の感情によって変わるらしい(!や?など)。
名前の由来は宮城弁で「うんざりする、苦労する」を意味する「ししゃます」だと思われ、その名の如く苦労人ポジションのようだ(ほかの3人が家事を全くしないですべて彼に押し付けているなど)。

ノッツォ

シャマス~雨漏りしてるよ~


シャーシカと同じく少女の姿をしている。頭の小さな王冠も彼女とお揃い。ぱっつん萌え袖が特徴。
名前の由来は仙台弁で「野良犬、野良猫、仕事をせずにどこかに行ってしまう人」を意味する「のっつぉ」と思われ、名の如く怠惰な性格である模様。
シャマスとはきょうだいの関係。

プロモーション映像



公式ツイッターにて

公式ツイッターではしゃりわんこ達が色々な事をしている様子が見られる。
だがそのツイッター内ではポ○モンだのモン○ンだのグル○ルだのシ○ィー○ンターだのカ○ラを止め○なだの色々なパロディネタが使われている。もはや公式が病気

関連イラスト

すしペットに関連するイラストを紹介してください。

関連タグ

くら寿司 WEB漫画

関連リンク

公式サイト 回転むてん丸
公式ブログ 回転むてん丸ニュース
公式twitter くら寿司 むてん丸 すしペット
Pixivコミックすしペット

関連記事

親記事

くら寿司 くらすし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「すしペット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366920

コメント