ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フジテレビ系列局で2015年4月から(ただしテレビ大分テレビ宮崎は2021年4月から)放送中。また、青森テレビテレビ山口(いずれもTBS系列局)でも放送されている。

パッと見真面目な顔して脱線した空気の中、本物の台本を用意されていないと同時に本番組の実際の内容を全く知らない芸人ゲストもといお笑い芸人が自分以外のボケ役の出演者達をツッコミする番組。

一見すると、時事ネタを考察する知的な深夜のワイドショーだが、実態はレギュラー陣が準レギュラーやゲストを無遠慮にイジリ倒すという趣旨のお笑い番組である。
そのイジり方も、唐突かつ見当違いでシュールなものが多く、ときに一つのイジリに番組の大半を浪費したり、出演者を何かしらの装置に括りつけたまま放置したりは日常茶飯事。ひどい時には特定の出演者をガン無視して進行し、番組終盤で今更のようにイジり倒すといった雑な手法も辞さない。
ある熟女が好きな芸人が渡米が決まった回でこの番組の方向性が決まった。
また、昨今のワイドショーにおいて問題視されている、いわゆるインタビューの切り取り及び捏造なども平気で行う等、テレビ局でありながら報道への風刺も容赦ない。

……と、見る人によってはネタと分かっていても理解に苦しむ(時に不快感を催す)シュールな雰囲気が、この番組最大の持ち味といえる。
ただしあくまで仕込みアリのコントであり、どれだけひどいイジりでも台本を通したうえでのやり取り(つまりフィクション)なので、出演者もある程度ひどい扱いをされることは了承している。

名前通りに、「全力」でふざけているのを目くじら立てず「脱力」しながら眺めるのが、この番組を楽しむコツなのかもしれない。


〇〇(芸人ゲストの名前)「俺は絶体に許さないからな、この番組(脱力タイムズ)の出演者とスタッフを絶体に許さないからな…!」
スタッフ「おつかれさまでした。」
〇〇(芸人ゲストの名前)「うるせぇ!!」



注:この番組内で紹介した情報や意見は全力解説員の見解であり、諸説ある中の一説の場合があります。 ※この番組はフィクションです。


出演者

MC

アリタ哲平
この番組のメインキャスター。
この番組の内容を知っていない芸人ゲストをレギュラー陣・タレントゲスト・ディレクターと共に追い詰めていく。
相方はこの番組にはまだ出演していない。
小澤陽子
進行キャスター。

全力解説院

吉川美代子
岸博幸
出口保行
五箇公一
斉藤考
この番組の解説員…もといレギュラー。基本上記の中から3人が登場する(それ以外の人が出る回もある)。
本物の報道番組に出てくる面々だが、本番組の演出で彼らも真顔でボケていく。

コメンテーター

毎回お笑い芸人(主に男性芸人だが、場合では女性芸人が出演する事がある)と芸人以外のタレント(主に10代から30代前期の若手だが、場合では30代後期以降の中堅またはベテラン、さらには芸人〈現時点では柳原可奈子のみ〉が出演する事もある)がゲストコメンテーターとして出演し、芸人ゲストはツッコミを担当する芸人が呼ばれている事が多い(ボケの方やピン、さらには芸人以外のタレント〈現時点では武井壮SHELLYの2人〉が出演する事もある)。基本芸人ゲストしかおかしい所をツッコミしないため、ある意味力量が試される。
ちなみに公式ページにおける「タレントゲスト」とは普段バラエティ番組には出演する事のない俳優(女優)・アイドル・モデル・歌手などといった芸人以外のタレントの事であり(なお、タレントゲストではなくても本番組に出演する芸人以外のタレントがいる場合がある)、一方の「芸人ゲスト」は数々のバラエティ番組に出演しているお笑い芸人の事である。
タレントゲストの番宣は本番組の演出により変なタイミングで行われ、それを聞いた芸人ゲストはあ然とする。
またタレントゲストとして呼んでおいて、あとから芸人ゲスト(ベッキーなど)扱いされることもり、その場合は芸人がタレントゲスト枠になる。
ちなみに男性陣はスーツを着ているのが決まりとなっており、女性陣は私服で出演する事が多い(ただし、一部スーツを着ている女性陣がいる場合がある)。
最近はメンバーが固定化されてきている。

代表的な芸人ゲスト(というよりも本番組の被害者)

中川礼二
中川家の弟の方。
出演する度に、必ずお家芸である中国人をはじめ、様々な人種、職業の人間に扮して、インタビュー(という名目で無茶振り)をやる羽目になる。また、彼が出演する回では芸人以外のタレントも巻き込まれたり、便乗するパターンもお約束となっている。
自身が芸人ゲストにならない回でもVTRに出演する場合もある。
河本準一
次長課長のタンメンの方。
彼が出る回は子供の質問に答えるコーナーの体で、その時期に不祥事・スキャンダルを起こした芸能人に関する質問を答えさせられるのが恒例行事になっている(当人曰く「こういう質問に俺が一番答えたらあかんねんて!!」)。
礼二同様に自身が芸人ゲストにならない回でもVTRに出演する場合もある。
小籔千豊
吉本新喜劇の本業よりも東京での仕事が多い座長の方。
本人曰く自分が出演した回は最低視聴率になるらしい。
川島明
麒麟の昔ブログの女王と付き合ってた方。
今番組の芸人ゲストの中でも特にツッコミのキレが良い事に定評がある。
下記の美食遺産の『稲庭うどん』の回では、下記の滝沢の珍ナレーションに数々の名ツッコミを連発した。また、本番組の演出ではあるが、自身以外の出演者からスタジオに置いてけぼりにされ、誰もいない中で意味不明なギャグをやらされ、その提供者にマジギレした(この時スタジオの照明は落ちたが、収録終了後は再びつけている)。
相方裏で探偵しているからか出演していない(但し同じくをしている芸人もたまにくる)
陣内智則
2代目妻持ちであるが、2022年現在も相変わらず先代妻の件と自身の浮気ネタは継続している(他のバラエティ番組でもそういう事になっている)。
なお、その先代妻はある女芸人の片割れという体で出たことがある。
柴田英嗣
アンタッチャブルの色々あってしばらく表舞台から消えていた方。彼が出る回はクイズ間違い探しの比率が高くなるため、この番組をクイズ番組だと思っている。
タレントゲストがファンとの理由で、毎度の如く下記の面々をはじめとするクセの強い芸人と無理矢理組まされて漫才をやらされるのが恒例行事だが、ある回では…?
相方はハロウィン回(?)で出たことがある。
田村亮
ロンドンブーツ1号2号のポンコツな方。
相方はスーパー淳助したり100%した。
ナダル
コロコロチキチキペッパーズクズの方。
他のバラエティ番組と同様、この番組においても数々の問題発言を連発し(なければならない状況に追いやられ)ている。また、番組側の悪意か、リアルで揉めたり、ケンカをふっかけるような事をした人物とワンツーマンで共演させられるなどして、しどろもどろになったり、進退窮まる状況に立たされる事がある。
久保田かずのり
とろサーモン某賞レース審査員を罵倒して炎上した方。言うまでもなく、陣内の浮気ネタ同様にその事件の事は本番組でも格好のいじりネタとされている。
相方はそれらしき人だったり幼稚園児という体で出ている。
藤本敏史
FUJIWARAの顔がデカい方。
離婚した元妻と元妻のある不祥事の件をイジられ、自身は当然不満としている(他のバラエティ番組でもそういう事になっている)。
藤森慎吾
オリエンタルラジオの眼鏡の方。
元彼女であるアナウンサーと現時点では最後の元彼女であるブラジル系の一般人の件をイジられ、自身は同然不満としている(他のバラエティ番組でもそういう事になっている)。
ちなみに元彼女のアナウンサーはタレントゲストとして出演している。
山里亮太
南海キャンディーズのメガネの方。出演した際に結婚相手をネタイジりの洗礼を受けていたが、その回で共演した女優とその翌年にマジで結婚するというミラクルを起こした。結婚後に出演した際には当然の事ながら、その事について恩着せがましくイジられる羽目になる。
相方は下記のヒコロヒーと共に出た事がある。
フワちゃん
YouTuber女芸人。初登場時はスーツ姿で出演したが、2回目では私服姿で出演した。
小杉竜一
ブラックマヨネーズの『塗布を重宝している方
主にVTRの中で登場。
真面目なインタビューを装って、自身の薄毛をイジりに来る本番組の事を嫌っており、番組名を聞かされて激昂して追い返すのが定番のオチとなっている。

その他

松村邦洋
コウメ太夫
ハリウッドザコシショウ
くっきー!
永野
カミナリたくみ
するめ
ザブングル加藤
ぽんぽこ高木ひとみ○

時折、スタジオやVTRに登場するキャラクターがぶっとんだ個性派芸人たち。
スタジオに登場する際には、タレントゲストが芸人ゲストのコンビのファンという理由でネタ披露することになるも「スケジュールの都合が合わない」という名目でやってくるのは上述するコイツらだったり、「本物の○○(芸人ゲスト)は誰か、オーディションで決める」等と番組側の意味不明な企画で招かれた数人の新人芸人達に混じってやってくる。
その際には、番組側から理不尽なルールが科されたり、やってきた人物が本来の漫才・コントの段取りを無視して自身の芸(コウメの場合は「小梅日記」、ザコシショウの場合は服を脱いで暴れまわる、等)を無理矢理ねじ込んでくるなどして、最早完全に別のコント・漫才に変えてしまい、まともにネタを出来ない状況に追い込まれる。
それぞれ単独で登場するだけでも収録の場は相当カオスな状況に陥るが、時折複数人同時に登場するなどした場合には最早その場の収拾がつかない程に混沌の泥沼へと陥る事に

VTRに登場する場合も同様に大物芸能人に扮してインタビューを受けるも、相変わらず自らのキャラクターや芸風を貫き通し、元の人物のイメージを損なう様な言動を見せる為、芸人ゲストから「◯◯(元の人物)さんに怒られるぞ!」「知らんぞ! 後で大変な事になっても!」等とツッコまれる。

滝沢カレン
THE美食遺産、THE絶景遺産やその他VTRのナレーション担当…だがそのナレーションは(回によっては放送事故寸前レベルに)色々とツッコミどころが満載。このカオスな食レポに対して、芸人ゲストが如何に面白おかしくツッコめるかによって、面白さが格段に異なり、ある意味ではゲストの芸人のお笑い力の腕の見せどころにもなっている。

ヒコロヒー
2021年からの準レギュラー。
『脱力コンプライアンス委員会』と称して、もう一人女性芸人を伴いながら、その回に出演した芸人ゲストの言動に不適切なものがなかったかチェックしていたという名目で、そのゲストのツッコミなどを査定して、ボロカスに批評する。芸人ゲストのツッコミや振りへの対応などをこき下ろした後には必ず「コンプライアンス的には問題有りません」と言って締めるが、言われた芸人当人は「芸人としては問題あるんだろ!」等と赤面しながら憤慨したり、落ち込むのが定番のパターン。また、最後にツッコミに関して良かった点を褒める事も多い。
基本ヒコロヒーでお送りされるが回によっては、事務所クビになった人や本物の方だったりする時もある。
なお、2022年7月8日の放送分では芸人ゲストとして出演する予定である。


外部リンク

公式サイト

関連タグ

フジテレビ
報道番組/ネタ番組/クイズ番組/コント番組
有田ジェネレーション
有田Pおもてなす

関連記事

親記事

フジテレビ ふじてれび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「全力!脱力タイムズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 698

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました