ピクシブ百科事典

目次[非表示]

本作品は、あくまでファンの二次創作です。苦手意識を感じるならば直ちに、観覧をやめることをオススメします。


概要

作者はpixivユーザー・リュー氏。
作者は「社会復帰のため」という姿勢のもとで執筆を続けており、そのために原作キャラクターを残酷に扱うことも辞さないことを作者ブログ内で予告している。そのため、熱烈な読者とそうでない者との間で評価は真っ二つに分かれている。少なくとも万人向けでない内容であることから、これから読む方には十分な理解をしていただく必要がある。

本人のアカウントの「画像一覧」から彼の考案したオリキャラを、「小説一覧」から小説本編を閲覧できる。

シナリオ・あらすじ

物語の舞台は見滝原であり、リリカルなのは勢の魔導師は「とある事件」をきっかけに見滝原に来ることとなる。一方、異世界にいるはずの第501統合戦闘航空団のウィッチは、魔女の結界に迷い込んだことがきっかけで見滝原に流れ着く。なのは達はウィッチと邂逅し、見滝原に前線基地を置く。彼女たちはやがて巴マミを初めとする魔法少女とも共闘関係を結び、魔女やネウロイと戦っていくこととなる。


登場キャラクター一覧

本作は二次創作のため、版権キャラクターのクロスオーバーが多い。
(※この項目は書きかけです…編集にご協力ください。)

魔法少女リリカルなのはシリーズより

高町なのは (CV:田村ゆかり
フェイト・テスタロッサ (CV:水樹奈々
八神はやて (CV:植田佳奈
ユーノ・スクライア (CV:水橋かおり
クロノ・ハラオウン (CV:杉田智和
アルフ (CV:桑谷夏子
ヴィータ (CV:真田アサミ
シグナム (CV:清水香里
シャマル (CV:柚木涼香
ザフィーラ (CV:一条和矢
月村すずか (CV:清水愛
アリサ・バニングス (CV:釘宮理恵
リンディ・ハラオウン (CV:久川綾
エイミィ・リミエッタ (CV:松岡由貴


ストライクウィッチーズシリーズより

宮藤芳佳 (CV:福圓美里
リネット・ビショップ (CV:名塚佳織
ペリーヌ・クロステルマン (CV:沢城みゆき
シャーロット・E・イェーガー (CV:小清水亜美
フランチェスカ・ルッキーニ (CV:斎藤千和
ゲルトルート・バルクホルン (CV:園崎未恵
エーリカ・ハルトマン (CV:野川さくら
ウルスラ・ハルトマン (CV:同上)
エイラ・イルマタル・ユーティライネン (CV:大橋歩夕
サーニャ・V・リトヴャク (CV:門脇舞以
坂本美緒 (CV:世戸さおり
ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ (CV:田中理恵
中島錦 (CV:三瓶由布子


マギカシリーズより

魔法少女まどか☆マギカ

鹿目まどか (CV:悠木碧
暁美ほむら (CV:斎藤千和
巴マミ (CV:水橋かおり
美樹さやか (CV:喜多村英梨
佐倉杏子 (CV:野中藍
キュゥべえ(QBインキュベーター) (CV:加藤英美里
鹿目詢子 (CV:後藤邑子
志筑仁美 (CV:新谷良子
上条恭介 (CV:吉田聖子

魔法少女おりこ☆マギカ

美国織莉子 (イメージCV:沢城みゆき
呉キリカ (イメージCV:井上麻里奈
千歳ゆま (イメージCV:小岩井ことり
優木沙々 (イメージCV:伊瀬茉莉也

魔法少女かずみ☆マギカ

かずみ(魔法少女かずみ☆マギカ)(昴かずみ)
牧カオル【予定】
御崎海香【予定】
浅海サキ【予定】
若葉みらい【予定】
宇佐木里美【予定】
神那ニコ【予定】
ユウリ様(杏里あいり)
双樹あやせ双樹ルカ (イメージCV:中原麻衣
聖カンナ

その他

神名あすみ (イメージCV:阿澄佳奈

本作で描かれる時系列

  • 【魔法少女リリカルなのはシリーズ】

魔法少女リリカルなのはA's、闇の書事件から1年半後。 高町なのはは11歳となっているが、原作とは全く異なる歴史を辿ることとなる。「とある事件」の発生により、リインフォースⅡの開発計画は中断されていると推測される。

  • 【ストライクウィッチーズシリーズ】
ストライクウィッチーズ2、第501統合戦闘航空団が再結成された後。 第何話の時系列になるのか、現時点では不明。これまでの記述から、本編第5話よりも後であることが分かっている。元の世界における、新たに発生したネウロイの巣は健在と思われる。

  • 【マギカシリーズ】
本編第1話以前の時系列からスタート。 おりこ☆マギカは原作終了後の時間軸。
かずみ☆マギカに至っては、本来はすでに原作終了後、もしくは終了間近なはずだが、オリキャラの介入で原作の展開が大きく遅れている模様。第一部でかずみが少しだけ登場している。

オリキャラ紹介

本作品では、クロスオーバー元の登場人物の他にも作者の考案したオリキャラが登場する。
作者曰く「虚淵玄先生ならどんなキャラを生み出すかを想定した」とか。
これを作品独自の魅力を打ち出す努力として見るか、
原作作品を自分色に染め上げる恣意的な行為として見るかは読者の判断に委ねられる。
オリキャラのデザインは魔法少女まどか☆マギカオンラインを元にしており、作画は魔法少女さやか☆マギカ~ハートフルストーリー~の作者であるムカイユー氏に依頼した模様。
これまでの作者の発言から、未登場キャラクターのいる可能性が高い。

本作限定のオリキャラ

桜花レイ/??? (イメージCV:小倉唯
七瀬瑠奈 (イメージCV:雪野五月
大和ミサ (イメージCV:豊口めぐみ
時雨麻衣 (イメージCV:茅原実里
白井りえ (イメージCV:後藤沙緒里
???

補足

殆どのオリキャラ達は過去に何かしらの一言では言いきれない程の暗い過去を持っている。それが物語に何の関係を表しているかはいずれわかるが、更に彼女達の目的も知ることが出来れば納得も出来るだろう。しかし、彼女達の行動をただ単に悪と見るか、あるいは一応肯定して見るか、はてまたは別の方向から見るかでこの作品への感じ方は天と地ほどに差が出ることも、読むときに頭に置いていただきたい。

桜花レイ

第9話から登場。栗髪をおさげにまとめ、メイド服をまとった魔法少女。中学受験を控える秀才でありながらも、表裏のないとても純粋な姿が印象的である。あとがきによると、作者のイメージ声優は小倉唯
参考キャラはおそらくあの方か、某スパッツメイドと思われる。
前の時間軸で魔女に殺されそうになったところをもう誰にも頼らない頃のほむらに救出されたことがきっかけで、ほむらの力になりたいと思い魔法少女の契約を結んだ。能力は自分の記憶力を活かしたもので、様々な銃器の具現化と銃撃。初陣ではグレネードランチャーでネウロイを撃破するという鮮烈なデビューを果たすが、初めてグロック18Cを撃ったときは的を大きく外れていることから察するに、まだまだその銃撃センスには向上の余地があることを窺わせる。
新米でありながら、時としてベテランの暁美ほむらや巴マミを上回る活躍を遂げることもある。作者曰く「魔法少女綺譚における鬱クラッシャーズ」。
しかし…

七瀬瑠奈

銀髪セミロングの少女。作者のイメージする中の人は雪野五月。服装はへそ丸出しでミニスカートという露出度の高い衣装で、紫紺のマントを羽織っている。「人の姿をした魔女」らしい。武器は大鎌。しかも大きい。
彼女は鹿目まどかが見滝原に転校してくる前のまどかの旧友であるとのこと。まどかとの因縁めいた展開になることが予想されている。なお、魔法少女綺譚外伝では、4人の中で猛烈なツッコミ役を果たしている。ややボーイッシュな口調で話すのが特徴。もう一つの外伝では別作品のオリキャラと恋仲である。

大和ミサ

緑髪ポニーテールの魔法少女。身長183cmの怪力タイプ。一人称は「オレ」で、豪放磊落な性格が見受けられる。作者のイメージする声優は豊口めぐみ。魔法少女綺譚外伝での彼女の扱いは完全に大喰いキャラかつ筋肉馬鹿で、何だかアイツを見ているようである。
また、かなりの力押し戦法でありながら佐倉杏子とのバトルを圧勝するほどの実力を持つ。とはいえ、かませ犬の形で酷い扱いを受けた杏子のファンから苦情が出たことは容易に想像がつく。

時雨麻衣

蒼髪ロングで、赤い貴族服を着ている魔法少女。作者のイメージ声優は茅原実里。武器は妖刀で、毒や呪いを含んでいるため、斬りつけた相手に毒で更に追い打ちをかける戦法を好む。魔法少女綺譚外伝における口調は完全に育ちの良いお嬢様タイプだが、同時に白井りえの姿を見て性的興奮に満たされている変態淑女のイメージも見受けられる。外伝では完全に、大和ミサの保護者的な役割。百合夫婦の想像も進むいい関係である。某カップリングと色が被るのは気のせいだろうか。
作者曰く「彼女とはいい酒が飲めそう」。作者考案のキャラなのだから当然といえよう。

白井りえ

白髪ロングで白服、10歳の魔法少女。作者のイメージ声優は後藤沙緒里。武器は精神攻撃から吸収・反射までを行える、用途の広い鏡一つ。外伝によれば寡黙タイプで、某人形の魔法少女版に見えてもおかしくない。時雨麻衣に(性的な意味で)狙われていることから、瑠奈に守られるのは日常茶飯事である。

次の項目よりネタバレ注意




























桜花レイカ
第25話から登場。レイのもう一つの人格、つまり二重人格だったことが判明し、高町家惨殺事件も全国で起こっていた爆撃事件もレイカによる犯行だった。
キュゥべえの考えに賛同し、積極的に感情エネルギーを集めている。これまでレイカが起こした事件も全て人から感情エネルギーを採取するためのものであり、その為に人が死ぬにはどうとも思っていない。
性格も冷淡で感情がこもっていない。人間版キュゥべえのようである(キュゥべえからもボク達に近いと言われている)。戦闘能力も高く、銃器の扱いにも長け、連合のメンバーを苦しめた。
だが、第28話で激戦の末、倒されたかと思いきや第36話で生きていたことが判明。現在進行形で連合を苦しめている。
そして第62話(後編)で更なる衝撃的な事実が発覚する。
なんと、桜花レイという人間は初めからいなかったのである。全ては桜花レイカという人間の芝居でしかないのであった。第9話~第28話を読み返してみると、このことに対する伏線が事細かに書かれている。
桜花レイというのは魔法少女となり、感情エネルギーを集めるために残虐な行為を繰り返してきたレイカの心の中に存在する最後の良心であった。それを断ち切る目的で魔法少女連合に入り、幻覚の見せるキャラクターを演じ、そして死ぬというシナリオを全うした。全てはレイカの掌の上で踊らされただけにすぎなかったのである。



読者からの評価【ネタバレ注意】

上記の記述だけを読むならばスパロボのような印象を受け、より多くの客層を見込んでいるように見受けられる当該作品ではあるが、実際はまどマギの世界観が強めであり、近年のアニメでは放送できないレベルのハートフルボッコ展開が待ち受けている。

序盤だけでも、

  • 喫茶翠屋の爆撃事件により高町なのはの家族が全員死亡
  • 家族を亡くしたなのはは過剰なストレスで自律神経失調症に陥り、半ば薬漬けの生活に
  • 宮藤芳佳がネウロイに撃墜される。一命を取り留めるが記憶喪失
という、まさに血だまりスケッチ状態である。そのため、特にリリカルなのはのファンから「原作レイプ」「なのはにトラウマができた」という批判の声が根強い。
第二部では、さらなる陰惨な展開、そしてこれまでの主人公勢が戦う意義を見失うという局面にまで立たされている。

その一方で
  • 精神的に傷ついたなのはを必死に励ますフェイト・テスタロッサの献身的な姿勢
  • 記憶を失った芳佳を「新しい隊員」と捉え、自己紹介をし直す坂本美緒たちの振る舞い
など、苦難を乗り越えようと努める登場人物たちの勇姿に涙する読者がいることも事実である。

なお、シリアスや鬱展開が多いこの作品だが、所々にゆるい展開やハートフルな展開も申し訳程度に織り交ぜられている。果たしてどんな結末に向かうのか・・・。

因みに作者曰く、登場キャラクターの8割は死ぬらしい。

魔法少女綺譚外伝

外伝には主に二パターンあり、鬱展開やシリアスを廃した登場キャラの誕生日を祝う企画や学園コメディ企画など完全なギャグSS。本編とは違った作風が目立つ。
もう一つは、きつね@らん氏の作者代筆による別作品のオリキャラと絡む外伝も存在する。この別作品のオリキャラが本編に何らかの影響を与えるか否かは不明である。徐々に絶望する彼はどのように変わっていくか……。本編第62話(後編)ではエイラの人生相談の相手として、本来の外伝でもゲスト出演を果たしている。

参考にした作品

版権元作品の他にも様々な作品から影響を受け、本作を執筆していることを繰り返し述べている。よって、作者が影響を受けたという作品を読者も同じように辿ってみれば、本作への見方が変わってくるかもしれない…?

漫画・アニメ

エルフェンリート 極黒のブリュンヒルデ 進撃の巨人 ベルセルク なるたる ぼくらの 鬼切丸 うしおととら 最終兵器彼女 無限のリヴァイアス 蒼穹のファフナー 機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダム00 Fate/Zero

ドラマ

家なき子 聖者の行進 SummerSnow 砂の器 白い巨塔 女系家族 白夜行 幻夜 不毛地帯 明日、ママがいない

小説作品

ドストエフスキーの作品より。悪霊罪と罰カラマーゾフの兄弟

関連タグ

クロスオーバー オリキャラ 二次オリ 二次創作 版権小説 魔砲少女なのは☆マギカ

関連記事

親記事

版権小説 はんけんしょうせつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔法少女綺譚」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔法少女綺譚」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30552

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました