ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ちいかわの登場キャラクター一覧

ちいかわのとうじょうきゃらくたーいちらん

ここでは、ナガノ氏による漫画・アニメ作品「ちいかわ」の登場キャラクターを解説する。
目次 [非表示]
  • 1 概要
  • 1.1 名前について
  • 1.2 性別について
  • 2 ちいかわトリオ
  • 2.0.1 ちいかわ
  • 2.0.2 ハチワレ
  • 2.0.3 うさぎ
  • 2.0.4 呪われたハチワレとうさぎ
  • 3 準レギュラーキャラクター
  • 3.0.1 栗まんじゅう
  • 3.0.2 ラッコ
  • 3.0.3 モモンガ
  • 3.0.4 シーサー
  • 3.0.5 古本屋(カニ)
  • 4 グレーの子たち(ちいかわ族・モブかわ)
  • 4.0.1 パジャマパーティーズ
  • 4.0.2 あのこ
  • 4.0.3 グレーの子(てぃは!!) (戦犯ちゃん)
  • 4.0.4 上位ランカーたち(仮称)
  • 4.0.5 島の子たち(仮称)
  • 4.0.6 葉っぱちゃん(仮称)
  • 5 鎧さん
  • 5.0.1 労働の鎧さん
  • 5.0.2 ポシェットの鎧さん
  • 5.0.3 ラーメンの鎧さん
  • 5.0.4 偉い鎧さん
  • 5.0.5 その他の鎧さんたち
  • 6 その他の無害・友好的なキャラクター
  • 6.0.1 流れ星(星)
  • 6.0.2 オデ
  • 6.0.3 島二郎
  • 6.0.4 むちゃうマン
  • 6.0.5 スフィンクス
  • 6.0.6 マンボウ
  • 6.0.7 レーザー男爵(レーザー公爵)
  • 6.0.8 けん玉おじさん
  • 6.0.9 サンタクロース
  • 6.0.10 ウォークマン
  • 6.0.11 パラレルワールドの木、木のおじさん(仮称)
  • 7 たまに出てくるこわいやつ(怪異)
  • 7.0.1 キメラ
  • 7.0.2 お面キメラ
  • 7.0.3 魔女(緑の魔女)
  • 7.0.4 山姥(山んば)
  • 7.0.5 なんかでかくて強いやつ(でかつよ)
  • 7.0.6 カブトムシ(ちいかぶ)
  • 7.0.7 虫(ギチギチ虫)
  • 7.0.8 グーチョキパーの擬態型(うさぎの怪物)
  • 7.0.9 あのこ
  • 7.0.10 中止でーす(中止虫)
  • 7.0.11 フグ(アミアブラ)
  • 7.0.12 でかい鳥(怪鳥)
  • 7.0.13 アリジゴク
  • 7.0.14 ゴブリン
  • 7.0.15 コック(巨人)
  • 7.0.16 黒い流れ星
  • 7.0.17 蛇の置物
  • 7.0.18 ゾウ(あくむ)
  • 7.0.19 豆腐擬態型
  • 7.0.20 プリンアラモード君
  • 7.0.21 アメーバ
  • 7.0.22 ジャンケン君
  • 7.0.23 トゲあたま
  • 7.0.24 なんかムカデ
  • 7.0.25 セイレーンと人魚
  • 7.0.26 黄色い怪物(仮称)
  • 7.0.27 ナグリビト
  • 7.0.28 なんか虫(仮称)
  • 8 関連タグ
  • 本記事は「ちいかわ」から分離・独立させた一覧記事です。記事の肥大化を防ぐため、詳細な内容は各キャラクター個別記事に記載するようご協力ください。


    概要編集

    名前について編集

    登場キャラの名前は、基本的に作中で呼ばれることはない(会話の中で誰か特定のキャラを指す際は、吹き出しの中にそのキャラの顔の絵が表示される)。

    グッズ化の際に名前が判明することが多く、読者からつけられたニックネームがそのまま採用されていると思われるケースもある。

    「けん玉おじさん」など、作中でも名前が登場するケースもまれに存在する。


    性別について編集

    ほとんどのキャラクターの性別は不明(「魔女」や「男爵」などを除く)。

    ちいかわトリオについても、担当声優と七夕のイラストから、ハチワレ男の子、ちいかわとうさぎが女の子と推測されていたが、「僕のヒーローアカデミア」「東京卍リベンジャーズ」コラボでは3人とも男性キャラの衣装を着ており、サンリオコラボではハチワレとちいかわが女の子、うさぎが男の子のキャラを担当しているため、性別やそれに伴う衣装の違いについて明確な設定はないと見られる。


    ちいかわトリオ編集

    • キャラクターの詳細については、各キャラの個別記事を参照。
    • 「CV」はアニメ版の担当声優。
    • 2022年12月から開催された、ナガノ作品の展示会「ナガノ展」の展示内容に基づく記述も一部含まれる。
    • 誕生日は、初めてそれぞれのイラストがTwitterに投稿された日。
    • キャラクター名は、アニメクレジットや書籍やグッズの表記に基づき、名前が不明なキャラクターは「ファンから呼ばれている名前(仮称)」とする。

    ちいかわ編集

    CV:青木遥子役

    ちいかわちいかわ twitter用ヘッダー

    誕生日は2017年5月1日。

    本作の主人公。モチーフは不明だが、原作者がネズミの絵文字を使用してツイートしている。明確な言葉はあまり使わず、「ワッ」「フ!」「ヤダ」などの短い単語を使って会話する。

    やや臆病で泣き虫だが頑張り屋。強運の持ち主らしく、懸賞で当てたドーム形の住宅に住む。草むしり検定5級の資格取得に向けて勉強中。

    作品タイトルと区別するために、こちらを「ちいちゃん」と呼ぶファンもいる。


    ハチワレ編集

    CV:田中誠人(子役)

    お疲れ気味のあなたへハチワレちゃん

    誕生日は2020年5月1日。

    モチーフはハチワレ模様のちいかわトリオの中で唯一、明瞭かつ流暢な言葉で話している。

    好奇心旺盛で怖い物知らずな所があり、また天然ぽい性格。カメラやギターなどに熱中するなど趣味人な傾向がある。

    洞窟に住んでいたり、ひびの入った皿を使うなど生活にはあまり金をかけていない様子。草むしり検定5級の資格を持っている。


    うさぎ編集

    CV:小澤亜李

    うさぎちいかわ うさぎ × スプラシューター

    誕生日は2019年1月22日(ただし、これ以前にナガノの単行本告知ツイートでこっそり顔を出している)。

    モチーフは。「ウラ」「ヤハ」「プルルル」などほぼ奇声のみで話している。

    奇行とも取れるような振る舞いが目立つ。現時点では居住地が描かれておらず、プライベートは謎に包まれている。よく呪いのアイテムを入手してくる。

    初期はちいかわをよくからかっていたが、ハチワレ登場後は友達思いの性格になっていった。草むしり検定3級の資格を持っている。


    呪われたハチワレとうさぎ編集

    異形の者たちこころがふたつある

    うさぎがリサイクルショップで買った魔法の杖の力で怪物に変身してしまったことがあり、ちいかわが杖を折ったことで元に戻った。

    3人がそれぞれ自分の似顔絵を描いているイラストで、ハチワレとうさぎは自分が怪物化したような姿を描いている。

    また、ナガノ展のお土産にこれとは別の姿に変化したハチワレが描かれているものがある。⇒ハチワレ(でかつよ)

    なっちゃった


    ちなみに「ナガノ展」の展示の中で、ちいかわは「似鳥」、ハチワレは「池谷」、うさぎは「鈍器」という名前をつけようとしていたが結局やめたことが言及されている。


    準レギュラーキャラクター編集

    栗まんじゅう編集

    CV:淺井孝行

    くりまんじゅう牛乳

    飲んだくれ親父然としたキャラクターで、登場シーンでは大抵つまみと酒を嗜んでいる(ただしアニメでは、大人の事情で酒がお茶など他の飲み物に変更されている)。

    労働で疲れたちいかわやお酒の資格の試験勉強をするシーサーに差し入れをするなど面倒見がよく、ちいかわたちからも慕われている。

    セリフはなく、基本的には酒を煽った時の「ハーーッ」という溜め息のみである。

    ファンからは、ラーテル(もしくはカワウソ)がモチーフではないかと言われている。


    ラッコ編集

    CV:内田雄馬

    ラッコさん上位ランカーさん

    右目の上に十字の傷跡がある、ちょっと顔が険しめなラッコ。主に「討伐」の仕事をしており、討伐ランキング1位の「上位ランカー」で、トップレベルの実力と高い実績を持つ。後輩の面倒見がよく慕われている。また、実は筋金入りの甘党であり、ケーキパフェに目がないという意外な一面も。

    流暢に話すことができるほか、自動車の運転免許および自家用車を持っている。記念公園の銅像(きねんこうえんくん)に何やら想い出があるようだが、現時点では詳しくは語られていない。


    モモンガ編集

    CV:井口裕香

    モモンガさんモモンガ

    目が大きく可愛い見た目のモモンガ。しかし、非常にふてぶてしい上わがままかつぶりっこで口も悪い。欲しい物は何でも手に入れたがる。後述の「でかつよ」と何らかの関係性を疑わせる描写がある。

    「この体で可愛いこぶってやる」(要約)と発言しており、「誰か入れ替わっているのではないか?」と推察されているが、公式からは明言されていない。このイラストのモモンガが、入れ替わる前の本来の姿ではないかといわれている。


    シーサー編集

    CV:島袋美由利

    じゅるりうれシ〜サ〜

    単行本2巻から登場したシーサー。スーパーアルバイターの資格を持ち、ラーメン屋」でバイトをしている。ラーメンの鎧さんを「お師匠」と呼ぶ。

    それなりに喋ることができ、沖縄の特産品をよく勧めている。なお、サーターアンダギーのことを「さたぱんびん」と呼んでいることから、宮古島と関係があると見られている(作者のナガノは宮古島に住んでいた時期がある)。

    「お酒の資格」を取得するために勉強をしており、お師匠と酒を飲むのが夢。


    古本屋カニ編集

    仲良しな2人が見たいんじゃモモンガ🦀ともだち

    2020年8月29日(アニメでは第57話)より登場した、モブキャラクター(グレーの子)の一人で、フリーマーケットで古本を売っていた(左のイラスト)。 売っていた本が気に留まったモモンガに読み聞かせを要求されたのがきっかけで、モモンガのことを気にかけるようになる。

    2023年1月24日投稿の、モモンガにカニの鋏をモチーフにしたカチューシャをもらうエピソードより準レギュラーキャラに昇格して、詳細な姿が描かれるようになった(右のイラスト)。なお、この姿になってからカチューシャを外していない。

    グッズなどでは「古本屋」の名前だが、初めて現在の姿が描かれたコマの下に「カニ」と書かれており、このキャラを「カニちゃん」と呼ぶファンもいる(ただしモデルは前述の通りカニではなく、ハダカデバネズミではないかとファンに推測されている)。


    グレーの子たち(ちいかわ族・モブかわ編集

    CV:武藤志織森友莉世増田里紅小島菜々恵池田華子法元明菜玉城仁菜大名由夏

    ちいかわの皆様

    ちいかわたちと同じような姿の種族だが、体は黒っぽい灰色一色で顔も描かれていない、作品世界の住民たち。いわゆるモブキャラクターで、耳や角など個体差がある。

    種族の名前も不明なため、ファンからは便宜上「ちいかわ族」や「モブかわ」と呼ばれている。アニメのクレジットでは「グレーの子たち」と称されていた。

    モブかわの中には何度も作中に登場する特定の個体がおり、以下簡単に紹介する。


    パジャマパーティーズ編集

    CV:諸星すみれ(みどり)、長縄まりあ(ぴんく)、篠原侑(しろ)、内山茉莉(むらさき)

    ツノモブパジャマパーティーズ

    ポシェットの鎧さんからパジャマを買った4人。後に「パジャマパーティーズ」というグループを結成し、歌とダンスで人気になる。

    「むちゃフェス」ステージの出演に向けた練習中に、緑の子を除く以外3人がでかい鳥にさらわれてしまう。その後、3人は「むちゃフェス」当日に会場まで逃げ帰ってきたが、片耳を失う、顔に傷を負うなど大きな怪我をしていた。その後、グループの代理メンバーをしていたちいかわトリオに助けられ、7人で本番のステージで歌い踊った。

    パジャマパーティーズのうた


    あのこ編集

    CV:青山吉能

    あのこ

    シール貼りの労働でちいかわと知り合った、ピンク色のパジャマを着たモブキャラ。ちいかわより耳がやや長い。ちいかわとパジャマがお揃いだった縁で親しくなるが、ある日突然姿を消してしまう。

    名前が判明するまでは、シール貼りの労働現場にあったオフィスグリコでお菓子を買っていたことから「オフィスグリコちゃん」と呼ばれていた。なお、同じ「あのこ」という名前のキャラクターがこの作品にもう一人(?)存在しているが…?

    アニメではグレーの子とテロップされた。


    グレーの子(てぃは!!) (戦犯ちゃん)編集

    (嗚咽)てぃは!

    おっきい討伐をしに来た三人組の一人。武器としてサーベルを所持する、頭に一本の角がある個体。(他の二人はそれぞれハンマーヌンチャクを所持。)

    モンスターが友好的な仕草を見せたため、討伐をやめて友達になろうと提案し、武器を手放して一緒に踊ったが、油断した所を突然襲われる。

    なお、「グレーの子(てぃは!!)」という名前は公式からグッズ化された際に紹介されたものであり、ファンからは(討伐に失敗した原因を作った)「戦犯ちゃん」と呼ばれている。


    上位ランカーたち(仮称)編集

    上位ランカー

    金棒を持った上位ランカーは丸い耳と頭頂部に一本角があり、ハンマーを持った上位ランカーは平たい(垂れた?)耳をしている。ラッコと一緒に討伐から帰って来た描写がある。

    金棒を持った上位ランカーは、ラッコが指導するハチワレの討伐の修行にもつき合った。


    島の子たち(仮称)編集

    島の子達

    セイレーン(後述)が住む島に住んでいるちいかわ族。見た目は他のちいかわ族とほぼ同じだが、グレーの色合いが少し違い、腰蓑花冠など南国風の装いをしている。

    「なんか懐いてる鳥」を使い、魅力的な内容のチラシを撒いてちいかわたちを島に招待し、屋台などを開きもてなしたが、実態はセイレーンを討伐してもらうためだった。


    葉っぱちゃん(仮称)編集

    一つ葉、二つ葉葉っぱちゃん達

    上記の島モブたちの中でちいかわたちと行動を共にしている2人組。花冠をしていない代わりに、頭に葉っぱがあるのが特徴で「一葉」「双葉(二葉)」等と呼ばれている。

    船到着の歓迎式でハチワレに声を掛けられたことで交流が生まれ、セイレーンにラッコが拐われた際は、一緒に救助へ向かった。


    鎧さん編集

    スパスタ7話を見た鎧さん達鎧さん

    西洋風の甲冑)を纏ったような姿をしている人型の種族。鎧を着ているのか、そのような外見なのかは不明。色違いで複数の個体が存在しており、それぞれ性格が違う。「○○の鎧さん」という呼称で区別されている。

    ちいかわ達の労働の管理や監視を行っており、厳めしい外見に反して基本的に善良な性格の個体が多く、面倒見もいい。


    労働の鎧さん編集

    CV:東地宏樹

    モモンガと鎧さん

    最初に登場した鎧さんで、主に労働斡旋などの受付窓口を担当している。ぶっきらぼうな口調だが、端々から人間味が滲み出ており、またたびたびモモンガに絡まれている。鎧の色は、茶色がかった灰色をしている。

    「○○か~?」が口癖で、断定すると「○○だッ !! 」と言う。(例:「擬態型か~?」「友好型だッ… !! 」)


    ポシェットの鎧さん編集

    CV:杉田智和

    鎧さん&ちいかわ

    手芸が好きなようで、ぬいぐるみポシェットやちいかわ族向けのパジャマなどを作り、バザーで売っている薄い灰色の鎧さん。ちいかわとお揃いのポシェットをつけている。

    ちいかわトリオと仲がよく、パジャマのお礼として(ちいかわトリオはアクセサリーと思っていた)メリケンサックをプレゼントされた。以来ポシェットに入れて大切に持ち歩いているのだが、そのせいで労働の鎧さんに「危ない奴」と誤解されかけたことがある。


    ラーメンの鎧さん編集

    CV:松岡禎丞

    郎の鎧さんにシップを貼ってもらうシーサーちゃん

    黄色の鎧さん。ラーメン屋「」で働く。シーサーから「お師匠」と慕われている。

    労働・ポシェット・ラーメンの3人がよくつるんでおり、休みの日に一緒にピクニックに出かけるなどしている。


    偉い鎧さん編集

    CV:寸石和弘

    仮面ライダーエライ エントリーフォーム

    鎧さんたちの上司と思われる金色(ラーメンの鎧さんと違い光沢感がある)の鎧さん。前頭部に王冠のような形の装飾があり、他の鎧さんと異なるデザインである。

    部下の鎧さんたちとちいかわたちが仲よくしている様子を見て「仲よくしすぎだ」と注意しているが、現時点では詳細不明。


    その他の鎧さんたち編集

    • 草むしりの鎧さん
    • 採取の鎧さん
    • 検定の鎧さん
    • 薬局の鎧さん
    • 屋台の鎧さん
    • マスターの鎧さん
    • プリンの鎧さん
    • 湯豆腐の鎧さん
    • ダースの鎧さん
    • マルーンの鎧さん

    その他の無害・友好的なキャラクター編集

    ちいかわ族や鎧さんとは違い、そして後述の「たまに出てくるこわいやつ」のような敵意も持っていないキャラクター達。広義的に見れば一纏めに「友好型」と捉えることもできる。


    流れ星(星)編集

    CV.マシューまさるバロン

    流れ星七夕 ちいかわ

    名前の通りの黄色い。流れ星として降ってきたこともある。普段は可愛らしい顔をしているが、力を入れると歯を食いしばったしかめっ面になる模様。英語で話し、漫画では吹き出し内のセリフが英文の筆記体で書かれる。

    複数個体がいる。「三ツ星レストラン編」では3体が巨人の「三ツ星レストラン」で捕まっていた。ちいかわとハチワレの奮闘によって解放され、宇宙に帰る際にお礼として魔法でごちそう(巨大なオムライス)を出した。


    オデ編集

    オデくんちいかわ×隻狼(SEKIRO)2

    「ゴブリン地下牢編」に登場。一つ目で、大きな体を持ついわゆるサイクロップス

    ゴブリンが大切にしていたキノコを食べてしまい、居合わせたちいかわたちと一緒にゴブリンに捕まった。

    やや頭は弱いものの普段はとても優しく温厚な性格だが、実は怪力の持ち主。めちゃくちゃにしてやる!最終的にゴブリンたちの用心棒になった。


    島二郎編集

    島二郎島二郎

    「島編」に登場。ちいかわたちが訪れたセイレーンが住む島にある飲食店「島二郎」の店主。貝汁が名物料理の様だが、全然お客さんが来ない。

    店で倒れたちいかわを介抱した他、セイレーン討伐に協力をした。


    むちゃうマン編集

    CV:東地宏樹

    Twitterログその2 ちいかわ むちゃうマンむちゃうマン

    「むちゃうマン編」に登場。作中の人気商品「むちゃうまヨーグルト」のイメージキャラクターで、ちいかわが彼の大ファン。むちゃうまヨーグルトのイベントに登場した。ヨーグルトをテーマにした歌とダンスがある。影山ヒロノブ氏が歌唱する。(むちゃうマンのテーマ)

    鎧さんたちがむちゃうマンと同じダンスの練習をしていたが、中の人などいない。


    スフィンクス編集

    ちいかわアニメ2話

    巨大なスフィンクス。ハチワレに声をかけられついていったが、それだけで特に何もしない。


    マンボウ編集

    マンボウタクシー

    外見はいわゆるマンボウ。空中を泳いでおり、ちいかわたちが乗り物として利用している。しかし、目的地へ行けるかは分からない。


    レーザー男爵(レーザー公爵)編集

    遭遇レーザー公爵

    ちいかわとハチワレが買っていたカードゲームのキャラクターとして登場。

    黒いスーツ姿がレーザー男爵で、ナガノの別作品の「もぐらコロッケ」にも登場しており、レーザーで攻撃してくる敵キャラクターだったが、ちいかわ豆本ではヒーローと紹介されていた。

    カードをめくると金色のスーツを着たレーザー公爵の絵柄が出てきた。とても強いレアカードらしい。


    けん玉おじさん編集

    CV:利根健太朗

    VS擬態型

    公園でけん玉を披露しており、ちいかわたちは「けん玉おじさん」と呼んで慕っていた。これといった危害を与えないため、鎧さんに「友好型」認定された。


    サンタクロース編集

    事情聴取を受けるちいかわ

    毎年クリスマスにやってくるが、プレゼントをまともにくれたことがない。黒いサンタクロースもいる。


    ウォークマン編集

    WALKMAN

    2023年クリスマスで、ちいかわトリオがそれぞれ「ラッキー白コアラのセーター」「寿司ゲタ」「ウォークマン」を頼んだところ、サンタクロースに連れて来られた頭が足の形をした謎の人物。3人の願いをまとめた結果らしい。


    パラレルワールドの木、木のおじさん(仮称)編集

    木のおじさん

    ちいかわの脳内に植え付けたパラレルワールド内に居た意思をもった木。何者かは分からないが、ハチワレにパラレルワールド脱出のアドバイスをした。


    たまに出てくるこわいやつ(怪異編集

    ちいかわ族とは別の種族のモンスター。ちいかわ族を襲ってくる危険な存在。虫や獣のようなモンスターは討伐対象となっている。また、魔女や巨人のような人型の知的生命体も存在する。

    モンスターの総称は不明だが、ナガノ展でモンスター登場回が「たまに出てくるこわいやつ」と紹介されていた。ファンからは、危害を及ぼすような現象全般を含めて「怪異」と呼ばれている。最初は友好的だが、突然襲ってくる「擬態型」や、全く危害を加えてこない「友好型」なども存在する。

    ここでは、危害を加える描写があるキャラクターを紹介。事象についてはリンク先参照。


    キメラ編集

    CV:國府田マリ子

    キメラキメラ

    ちいかわ族に近い容姿で、ピンク色の体色で虫のような羽や紫色の太い尻尾があるキャラクター。

    「こんなになっちゃった…たはは」と涙を流し泣き笑いの表情を浮かべていたが、突如「なっちゃったからにはもう…ネ…」と両手から鋭い爪を生やしちいかわに襲いかかろうとした。しかしちいかわに激しく抵抗され、泣き笑いのまま「ひー、こわいこわい」とどこかへ飛び去っていった。


    お面キメラ編集

    CV:伊原正明

    キメラ討伐戦

    長い耳とシーサーのような真っ赤な顔のキメラ。四足歩行で、キメラと同様の4枚の羽と蛇のような尻尾が生えている。「だからなんだってんだよ」と、特に何をする訳でもなくちいかわに絡んできたが、ちいかわが涙目で激しく嫌がると「じゃ…帰るわ…」「ハ~ァ…しんど…」と言い残して不服そうにどこかへ飛び去っていった。


    魔女(緑の魔女)編集

    CV:國府田マリ子

    魔女から逃げるちいかわ達ちいかわ達でデッドバイデイライト

    「なんとかバニア編」に登場した、緑色の肌の魔法使いの姿をした老婆。一人称は「ワシ」。2020年6月28日投稿回で姿を見せた。

    ハチワレが持っていた3体の「なんとかバニア」という人形とちいかわトリオの身体を「ワシの力」で入れ替えた。「なりたいやつがいるんじゃ…こういう…風に…」と言いながらちいかわトリオの身体を網の袋に入れてどこかへ持っていこうとしたが、ハチワレが転がしたペットボトルの蓋を踏み転倒し、術が解けた隙に3人は急いで逃げて事なきを得た。

    その後、ファミリーマートコラボで再登場し、コラボ商品のちいかわの形をした「コグミ」をちいかわトリオに食べさせた。結果ハチワレとうさぎがちいかわのような姿に変化してしまったが、その後どうやって元に戻ったのかは不明。


    山姥(山んば)編集

    この時間が好きなんじゃ

    「山姥編」に登場。魔女の初登場から約2年後の2022年9月20日投稿回で魔女に酷似した顔の山姥が出てきたが、服装や肌の色が魔女と異なっており、魔女の変装なのか別個体なのかは不明。

    マロングラッセの森」でにかかったちいかわトリオを助け、自宅でお菓子や料理を振る舞うなど手厚くもてなす。しかし翌朝の朝食時に突然「なりたいやつがいるからの…そういう風に…」と魔女と同じようなことを言いつつ呪文を唱え始め何かをしようとするが…。


    なんかでかくて強いやつ(でかつよ)編集

    CV:山下タイキ

    ちいかわ達「返せッッ!!」

    通称「でかつよ」。2020年8月13日登場で、その時は「返せッ」と叫びながらモモンガを追いかけていた。

    ナガノの「こんな風になって暮らしたい」というイラストが初出。このイラストではちいかわ族を倒しているが、漫画本編のでかつよはら流れ星を見て「叶うかな…」と呟きながら涙を流す、「あのこ(後述)」がちいかわ族をいたぶる様子を見て「やめなよ…」と言いながら怯えるなど、少々様子が異なる。

    「あのこ」に「とられちゃったの?からだ…」と訊いており、ファンから「誰かと体を入れ替えられたのでは?」と推測されている。

    モモンガは最後こう終えてほしい


    カブトムシちいかぶ編集

    CV:武藤志織利根健太朗(巨大化後)

    ちいかぶちいかぶ

    「小さな友達(ちいかぶ)編」に登場。カブトムシのような姿をした小動物で、入り口に頑丈な鉄格子の扉が設置された洞窟内にいたが、ひょんなことから扉が開かれて、中に入ってきたちいかわトリオに発見された。

    そのままちいかわの家に勝手についてしまってしまったため、ちいかわに飼われ仲良くなる。

    鎧さんに擬態型と疑われた時は、茶菓子を出しもてなすが、最終的に筋骨隆々の巨大な姿に変化し、どこかへ飛び去った。

    ちなみに、これ以前作中に登場したカードゲームのキャラクターで「カブト王」というそっくりなキャラクターがいたが、関連は不明。

    ファンからは「かぶちゃん」「ちいかぶ」と呼ばれることもある。アニメでは、カブトムシ→カブトムシ(大)と表記。


    (ギチギチ虫)編集

    ギチギチなんとかなれー!

    討伐対象の敵で、比較的よく発生する。他にも何種類かいる模様。「ギチギチ」と音(鳴き声?)を出しながら素早く動く

    横縞模様のある「黄緑色の虫」(左のイラスト)は戦闘力は低く、さすまたで討伐できる。無地のピンク色で体の下に黒く太い伸縮自在の3本の腕を生やした、ギザギザの歯を持つ個体(名称不明・右のイラスト)もおり、こちらはかなりの強敵。携帯ゲーム機「ちいかわといっしょ」では、薄紫色の地色にテントウムシのような模様がある「水玉の虫」も登場する。


    グーチョキパーの擬態型(うさぎの怪物)編集

    CV:田村ゆかり

    ちいかわ 擬態型グーチョキパーで

    ピンク色の大きなうさぎ。最初は「グーチョキパーで何作ろう」を歌いながらちいかわ達と遊んでいたが、突然両手を鉄球に、両足を車輪に変化させて襲ってきた。その後誰かに討伐されたらしく、鎧さんはちいかわたちに「ああいう擬態型見かけたら報告して」と言っていた。討伐された後の様子を見ると口の中に別の顔が見える


    あのこ編集

    CV:青山吉能

    あのこ『怖いかちいかわ達よ!! 己の非力を嘆くがいい!!』

    森に住んでいる大型のキメラケモノのような姿をしている。2021年5月3日登場。

    ちいかわトリオが討伐しに来た時は、ハチワレを尻尾の一撃でダウンさせた以外は攻撃をせず、ちいかわに対してその場にいたを指差すという意味深な行動を取った後、うさぎの攻撃で逃げていった。

    その後、木の実を食べている最中にグレーの子たちの襲撃を受けてからは、自分を討伐しに来る彼らに対し、明確な意思を持って危害を加えるような様子や、自分の力に酔いしれている様子を見せている。

    でかつよが彼に対して「(体が)突然そうなっちゃったの!?」と驚いていたことから、元は違う姿であった模様。なお、「あのこ」という名前のキャラクターが別に存在しており、蛙の形をした代金箱がついたお菓子の無人販売器を利用していたが…?


    中止でーす(中止虫)編集

    CV:菊地燎

    中止で〜す中止でーす

    「中止でーす」「中止」と言いながら、前足から鋭い爪を出して襲ってくる三つ目の虫のような姿をした怪物。

    ちなみにこの「中止でーす」が登場した回は2021年4月24日に投稿されており、COVID-19感染拡大の影響で、全国各地でイベントが軒並み中止になったタイミングだった。


    フグ(アミアブラ編集

    CV:田島章寛

    アミアブラ

    体の後部に短い複数のタコ足が生えたフグのような姿をした怪物。口から網脂(牛や豚の内臓の周りについている網状の脂。脂肪分の少ない肉を焼く時に包む形で使われる)なる粘液を出す。ハチワレがこの網脂に捕まってしまい、討伐に失敗した。

    捕まえた後も攻撃することなく「アブラカタブラ」「バイバーイ」と言いながら空を飛んで逃げているため、攻撃性はあまりない、または攻撃力そのものは低いと見られる。


    でかい鳥(怪鳥)編集

    VSでかいとり

    パジャマパーティーズ編」に登場。パジャマパーティーズのメンバー(赤・紫・白)を連れ去ったトンビアヒルを混ぜたような姿の大きな鳥。頭に2本の触角が生えており、どこか焦点の合っていない目をしている。

    見た目に似合わず戦闘力が高く、パジャマパーティーズのメンバーの片耳を食いちぎるなどのを負わせたが、最終的にちいかわトリオによって討伐された。


    アリジゴク編集

    模写パロ

    文字通りアリジゴクのような巣を作る怪物。巣以外にも複数の個体がいる。ちいかわが足を滑らせて巣に落ちたところ、持っていたさすまたが偶然アリジゴクの体にサクッと嵌まり、討伐に成功した。


    ゴブリン編集

    ゴブリン

    「ゴブリン地下牢編」に登場。ちいかわ族に似た姿をしている。大切にしていたキノコを食べられたのを理由に、オデ(後述)とちいかわたちを洞窟内の地下牢に閉じ込めて食べようとした。

    満足な食事を与えられず空腹を訴えるちいかわたちの前でフライドチキンを食べる、弱ったちいかわたちを食べようとする仕草を見せるなど、かなり野蛮。また、ちいかわたちを監禁した際には全員のサイズの囚人服を用意しているなど用意周到な一面もある。


    コック(巨人編集

    CV:伊原正明

    怖い夢

    ※画像はイメージです。


    「三ツ星レストラン編」に登場。レストランを経営している、緑色の肌をした巨人。アニメでは「コック」とクレジットされていた。体の一部分しか描写がなく、全身像は不明。流れ星3体を店内の壁に磔にしており、それで「三ツ星レストラン」を名乗っていた。

    来店したちいかわとハチワレをトルティーヤ巻きにして食べようとした。


    黒い流れ星編集

    黒い流れ星

    「黒い流れ星編」に登場した星の黒色バージョン。黄色のの流れ星と同じく願い事を叶えてくれるが、「ちょっと嫌な気分になる」と噂されている。

    ちいかわが買った目覚まし時計の中に住み着いて、ちいかわの「こんな日がずっと続くといいよね」という願いを、「時間を巻き戻して永遠に楽しい1週間を繰り返させる」ことによって叶えようとした。それなりに被害があるらしくインターネットに撃退法が紹介されている。


    蛇の置物編集

    VS白蛇

    「呪いの旅館(拾魔)編」に登場。廃業したと思われる旅館に住み着いていた、置物のような姿をした白蛇。「お土産石」の破片を手にしたちいかわ族を洗脳し、旅館の「拾魔(ひろま)」という部屋に寄せ集め、大きなお土産石を削らせて破片を量産させていた。

    素早く動き回るほか、目から石化する光線を出すことが出来る。自分が光線を浴び石化すると、他の石化したちいかわ族は(削られていなければ)元に戻る。

    なお、ナガノ展にて「蛇の置物はダミーで、丸っこいメデューサのような姿の本体が置物の台の中に隠れている」「本体は『歯応え』を求めていて、お土産石を食べている」設定にする予定だったという没原稿が公開された。


    ゾウ(あくむ)編集

    恐怖のガンギマリオ

    「あくむ編」に登場した、象(バクにも見える)のような姿の怪物。相手に催眠をかけ、にらめっこ勝負を仕掛けてきて、負けると毎日悪夢を見せられてしまう。にらめっこ勝負では、脇腹から伸びるもう一対の腕と尻尾を使い無理やり笑わせて負かすというタチが悪い戦法を使う。

    足の裏をくすぐられるのには弱いらしい。


    豆腐擬態型編集

    絹!!

    四角い巨大な豆腐のような外見をしており、ちいかわたちが山中で見つけた。近寄ったちいかわトリオを4本の腕を伸ばして捕まえた(その後どうなったのかは不明)。


    プリンアラモード君編集

    あきらめたくないッッ!!

    ハチワレが一人で戦っていた相手。尖らせたような口から生クリームを出してハチワレの体にかけたが、ハチワレの様子を見ると見かけによらず強いらしい。


    アメーバ編集

    先生と特訓

    「ハチワレの修行編」に登場。ハチワレはラッコ及び彼の相棒とおぼしき金棒を持った1本角のモブかわ(上位ランカー)との3人で討伐に赴き、ラッコの指示でとどめの一撃を決めて討伐に成功した。


    ジャンケン君編集

    やめてよォ

    人間の握り拳(もしくはクリームパン)のような姿のモンスターで、長く伸びる腕を持つ。ハチワレを片手で捕まえてジャンケン勝負を挑み、それでハチワレに勝った後、ハチワレを放り投げてしまった。


    トゲあたま編集

    喫茶店

    喫茶店に突然現れた怪物。ピンク色エプロンをしているが、この喫茶店には同じエプロンをしていた店員(グレーの子)が働いており…。直接的な描写はないが、ファンからは店員が怪異化したものと推測されている。この怪物騒動で、「スーパーアルバイター制度」(ちいかわ族のアルバイト)が無くなると噂が流れた。


    なんかムカデ編集

    でかつよ

    ミミズ色をしたムカデ。話しかけてきたでかつよに口から酸のようなものを飛ばし攻撃をした。


    セイレーンと人魚編集

    セイレーンと人魚とセンシティブな作品

    「島編」に登場した、島の洞窟に住みついている伝説の怪物。大きいのがセイレーンで、流暢な言葉で話し知能も高い。小さいのが人魚で元々3匹いた。そのうち1匹が誰かに食べられてしまい、犯人探しのために島民を襲っている。襲った島民は味噌漬けにして食べているらしい。

    セイレーンは歌声で植物を操り、人魚は武器を噛み砕く鋭い歯で攻撃してくる。どこからか島にやってきて、島の料理が気に入って住み着いたらしい。怒ると目が赤くなる。


    黄色い怪物(仮称)編集

    ピーマンのハチワレ詰め

    ハチワレをピーマンの肉詰めにしようとしたが失敗し討伐された。


    ナグリビト編集

    ザーーッ ザーーッブンブンぶん殴り

    ナガノ氏の別作品「もぐらコロッケ」にも登場する全身紫色で筋骨隆々の謎の男。「ブンブンぶん殴り」と言いながら腕を振って迫ってくる危険人物。

    突然現れてシーサーを追い回したが、栗まんじゅうが見つけた巨大ちくわを左腕に嵌められそのままどこかへ逃げて行った。


    なんか虫(仮称)編集

    長毛

    頭にパラレルワールドを植え付け、しばらくして脳と混ざり合い濃厚になったところを吸いに来る害虫。刺された者は高熱を出し、吸われてしまうと廃人になってしまう。


    関連タグ編集

    ちいかわ ナガノ

    関連記事

    親記事

    ちいかわ ちいかわ

    子記事

    兄弟記事

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました

    見出し単位で編集できるようになりました