ピクシブ百科事典

ジーンダイバー

じーんだいばー

実写とCGを併用したアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1994年4月4日-1995年1月24日にNHK教育テレビ『天才てれびくん』内で放送され、1996年の夏休み期間にも再放送された。「バーチャル3部作」と呼ばれるシリーズの2作品目。ナレーションは中村大樹

前作の『恐竜惑星』と同じく全編を通じて、主人公の芳賀唯を、アキラとCGキャラ・虎哲がナビゲートをするという形を取っていた。

アニメーションの動きこそ少ないが、量子コンピュータやDNA解析、恐竜の絶滅に大規模噴火説と巨大隕石落下説を併用するなど、小学生向け番組のアニメとは思えないほどのハードな内容を扱ったSF作品である。しかしDVD化の話が一向に出なかったため、一時はマスターテープが既に廃棄されているという噂も流れたが、2003年12月にDVD化が実現した。


あらすじ

大きく分けて2つに大別できる。

プグラシュティク編

絶滅した生物の遺伝子を採取するためにバーチャル世界に赴いた主人公・唯が、バーチャルプログラムの暴走により齧歯類から進化したもう一つの人類・プグラシュティクの住む世界に飛ばされてしまう。彼らは人類を自らの存在を脅かす危険な存在と見なし、バーチャル世界へ侵入、人類の進化を妨害し地球の歴史から抹殺しようとする。今や唯一バーチャル世界に出入りできる人間となってしまった唯は、プグラシュティクの世界で出会ったパックやバーチャルセンターの仲間達の手助けを受けつつ、プグラシュティクとの間で地球人類の地位を賭けて戦うことになる。

スネーカー編

プグラシュティクの戦士・ティルと個人的に和解したことによりプグラシュティクとの戦いは一段落したが、ティルが元の世界に戻れなくなってしまう。その原因を探るうちに、唯達は地球の過去に何度となく進化の介入が行われていた事実に気づく。進化の介入者・スネーカーとドライ6(ドライシックス)らエウロパ人達の戦いに巻き込まれるうちに、スネーカーが進化の介入の方向を人類の進化から抹殺へと変更したことが明らかになる。ドライ6と和解した唯達は、地球上の生命の進化の歴史を一気に遡りながら、その都度スネーカーの計画を阻止。最終的にはスネーカーの本拠地である月に向かい、宇宙全体の有機生命体の進化に介入する無機生命体(スネーカーの本体)に対して直接対決を挑む。

登場人物

芳賀唯(声:白石文子)・・・主人公。あるきっかけで人類の存亡をかけた戦いに巻き込まれた少女。プグラシュティクに出会って早々、無意識ながら宣戦布告してしまう程度の奇跡の能力の持ち主である。バーチャル世界で原始的なの幼生に噛まれたことが物語のきっかけとなり、後半での重要な伏線となった。

パック・ロブ(声:熊谷ニーナ)・・・通称パック。糸状の触手は万能である。中々可愛いルックスをしている。「会話をするための羽」と「飛行用の翼」を持つ。

ティル・ニー・ノグ(声:岩男潤子)・・・通称ティル。プグラシュティクの名門リャナン家の次女であり騎士でもある。…がそれよりも何よりも特徴的なのは獣系ツンデレガールという事である。ラストネームはプグラシュティクでは「妾腹」を意味する失礼な言葉であり、彼女の出生を端的に物語っている。

ドライ6(声:三木眞一郎)・・・エウロパ人の戦士であり仲間の遺伝子を預かる身でもある為他のエウロパ星人より優遇されている扱いを受けている。ルックス・声ともに異性人ながら中々のイケメンである。能力はとても万能である。

虎哲・・・ヴァーチャルステーションのシステム責任者。ティルを水攻めにしたり等、『鬼の虎哲』として一部の視聴者に認識されている。それ抜きでもセラフィーがスネーカーに改善してもらおうと提案した程度には性格に問題がある。

セラフィー:女性型のリアリティインターフェイス。後半の鍵を握る存在としてバーチャルステーションに出現する。アキラをこれ呼ばわりする。

アキラ・・・バーチャルステーションで虎哲の指示に従い唯達をサポートしている。

その他

フラクタライズ・エラー…バーチャル世界へと未知の領域から大量の情報が送られ、その結果としてプログラムの自己増殖による情報量の急激な増加のこと。情報量次第ではバーチャル世界の事変が現実世界に影響を及ぼす危険性を孕んでいる。本作ではプグラシュティクがバーチャル世界に介入したことで発生。これにより外部からの追加データ受け付け、唯以外の人間がバーチャル世界に入る、唯の体重より重い物の転送、の3点が不可能となった。最終話ラストシーン以降、解決されたかどうかは不明。ぶっちゃけ、本作では唯以外のジーンダイバーが物語に係わるのを防ぐためのガジェットである。

スネーカー…ビッグバン以前の宇宙で創造されたコンピューター生命体。名前はプグラシュティクの言葉で進化への介入者の意。エウロパ星人たちからはノーテイストと呼称されている。たとえ宇宙ごと滅びても自力で再生可能。有機生命体を含む宇宙全域の完全な情報化と存在の永続化が最終目標。多様な種類の生命体を滅ぼしてはいるが、それは前述の目標のためであり、一概に悪行とは言い切れない(滅ぼされた側、及び滅ぼされそうになる側としては有難迷惑だが)。最終話での唯との対話は、NHKアニメ史に残るきわどい描写で伝説となった。

ゲンゴロウ…虎哲が設計し、アキラが開発した新素材(唯の遺伝子情報を組み込んだバイオプラスト素材)を採用、バーチャル世界にいる唯たちが組み立てた高性能移動用マシーン。フラクタライズ・エラーのせいで制約があった(前述)ため、部品は現実世界で唯の体重を超過しないように組み上げられ、各自バーチャル世界に転送された。命名は虎哲であり、このネーミングに関して唯は画面どアップで不満を露わにしている。

登場する恐竜及び古生物

恐竜

哺乳類

鳥類

単弓類

爬虫類

両生類

魚類

その他


関連動画

アイキャッチ


関連イラスト

ジーンダイバー的
ジーンダイバー



関連タグ

天才てれびくん バーチャル3部作 珪素生物

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーンダイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190652

コメント