ピクシブ百科事典

公式大人化

こうしきおとなか

公式による大人化。作品によって年齢が異なる。
目次[非表示]

概要

公式大人化とは、公式(=版権元)によって行われた大人化である。
魔法などの力で一時的に大人化するケースと、年を取ったことにより大人化するケースがある。

大人化が行われた公式作品

本編

第1話「波乱のサイクリング〜男の子のないしょ〜」より。


 →カタリナ・クラエスジオルド・スティアートアラン・スティアート
  キース・クラエスニコル・アスカルトソフィア・アスカルトメアリ・ハント


キテレツが父の仕事場に行くために発明品で大人になる。

野原しんのすけ大人しんのすけ
野原ひまわり大人ひまわり
ボーちゃん大人ボーちゃん
風間くん大人風間
マサオくん大人マサオ
ネネちゃん大人ネネ

日向夏美大人夏美

第5話「リアル天才バカボン」より。

タイムふろしきによってのびたが大人になる。

 エンディングでエルが大人になっている。

 本作のシナリオは少年時代編と青年時代編が存在し以下のキャラクター達の大人化が確認できる。
 →アスベル・ラントヒューバート・オズウェルシェリア・バーンズリチャード(TOG)

薬によって成長した。


続編・爆走兄弟レッツ&ゴー!!Return_Racers!!(1話~8話)、レッツ&ゴー!!翼ネクストレーサーズ伝の一部のエピソードにて大人となった星馬烈星馬豪鷹羽リョウ鷹羽二郎丸三国藤吉三国チイコJ佐上ジュンが登場している。

ちびうさブラックレディ/逆玉ちびうさ

天国へのカウントダウンでは機械によって成長した少年探偵団の顔が、10年後の異邦人では直接登場するが
阿笠博士が作った薬やお酒のおかげでコナンも一時的に元の姿に…。

主人公が別の世界で大学生になっている。

公式か微妙

本編より未来の話だが、時系列設定が曖昧である。

DiGiCharatデ・ジ・キャラットシリーズ等と繋がりが無い。

実写CM

のび太(妻夫木聡)、スネ夫(山下智久)、源しずか(水川あさみ)
ジャイ子(前田敦子ジャイアン(小川直也)、ドラえもん(ジャン・レノ)

まる子(吉岡里帆)、たまちゃん(奈緒)、花輪くん(竜星涼)

関連タグ

公式擬人化

関連記事

親記事

大人化 おとなか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「公式大人化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7538

コメント