ピクシブ百科事典

幻想ポケ遊戯

げんそうぽけゆうぎ

ゆっくり実況者のリア氏が2015年頃から投稿している、ポケットモンスターシリーズ対戦及び実況動画のタイトル名。現在も投稿中(2019年時点)。
目次[非表示]

この動画は、通常ではありえないポケモンバトルを楽しむ動画です


改造やイカサマを助長する動画ではありません


動画の方針を理解したら、ゆっくりしていってね

概要

幻想ポケ遊戯とは、観察お姉さんでお馴染みのリア氏が投稿しているポケットモンスター実況及び対戦動画シリーズである。
一言で表せば「東方projectの世界にポケモンが現れたら……」という世界観で、東方とポケモンを融合させた各部構成の群像劇を展開する。登場ポケモンの中には人間の言葉を話したり、初登場時は普通のポケモンだったが喋るようになるなどして、主要ポケモンたちに命が吹き込まれていることが最大の特徴。

ストーリーが重厚で展開や伏線回収もやや複雑なため、期間にブランクがあるとうぷ主ですらあらすじや設定を間違えたり忘れてしまうほどだが、その分細部まで作りこまれており、時にはストーリーの前提を逆手に取ったどんでん返しを見せることもある。
さらに、劇中に登場した用語やキャラクターが他のシリーズでも登場することがあるなど、世界観の繋がりが感じられるシーンも多々あるので、うぷ主は観察茶番劇や最強トーナメントなどの動画シリーズでチャンネルに興味を持ってからの視聴を推奨している。






以下、各部の登場キャラクターや設定のまとめ。ネタバレを含むので未視聴の方は注意。






第1部 改造ポケットモンスター シリウス実況編

照れるキルギシア



ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙は今日も今日とてゲーム実況を始めることになった。今回のお題は改造ポケットモンスターのポケモンシリウス実況プレイ。使用タイプ縛りを課して早速始める二人だったが、開始しばらくして不思議なことが起きた。パーティーに加えようとゲットしたラルトスのステータスを確認すると…

「ひ!あ、あの!僕ラルトスといいます!」

ニックネームを付けると喋りだす不思議なポケモンたちに驚きながらも、彼らと共に実況を続ける二人だった。この先待ち受ける波乱万丈の運命の引き金とは知らずに……

すべては、ここから始まった!


以下、登場キャラクター・ポケモンたち(加入順、太字はオリジナルポケモン)


プレイヤー名は「れいまり(命名は魔理沙)」で、「巫女・魔女・マスタースパーク」から連想されるということで「パーティーに使用できるタイプはエスパー・でんき・ゴーストのみ」とする縛りを課して冒険を始める。霊夢は縛りの都合上(モンスターボール入手までは)御三家ポケモンが使えず愕然、魔理沙は衝撃的なピカチュウとの出会いがトラウマになってしまい、開始数分でモチベーションをなくしてしまったが、パーティーに加えたポケモンにニックネームを付けた途端喋りだすという不思議な現象を目の当たりにして俄然やる気になり、何とか気を取り直した。
プレイスタイルにはそれぞれの個性が如実に表れており、相性に基づきサイクル戦や持久戦に持ち込む堅実な戦法の魔理沙に対し、霊夢はいばるやまひを駆使した足止めや、かみなりばくれつパンチなどの外れやすい大技を叩き込む不確定なギャンブル戦法を好む。

  • ラル(ラルトスキルギシア) <エスパー>
    • 二人が初めてパーティーに加えたポケモンであるラルトス。オス
おくびょうな性格・中性的な外見・立ち居振る舞いから滲み出る可愛いらしさで魔理沙と霊夢を(無自覚に)虜にしたが、周囲からは度々性別を間違われたり、霊夢からは終始欲望の目を向けられる気の毒なエース。先述の経緯から魔理沙を主人として信頼しているが、霊夢への警戒を解くまでかなりの時間を要した。
レベル20になった際キルリアになるはずがよくなついていたためキルギシアに進化、強靭な耐久力を獲得しストーリーの要所要所で大活躍を見せる。弱虫な自分を見捨てず成長させてくれた魔理沙には深く感謝しており、彼女を侮辱する者を決して許さない忠臣だが、現在でも虫やおばけ(ゴーストタイプ)を怖がるなどおくびょうな面も健在な様子。また、誰に対しても腰が低く喧嘩になったら真っ先に収めに行く慈愛の心を持つが、その分キレると物凄く怖い。

生態上眠ってばかりなことや、なまいきな性格ということからコミュニケーション面を心配していた魔理沙だったが、ユンゲラーに進化したことで鬱陶しいと感じた者は(敵味方関係なく)強烈な毒舌で論破・煽り立てる苛烈な性格であることが判明した。これにより、ラルに距離を置かれて傷心中だった霊夢はさらに落ち込む羽目になった。
持ち前の耐久力を活かした持久戦担当のラルに対し、耐久が低い分強力な技で敵を撃破する特殊アタッカー担当で、加入当初こそ黒星が多かったが魔理沙の戦法と相性が良く、道中のトレーナー戦では無類の強さを誇る。

ちなみに、名前の由来は某web漫画に登場する超能力少女らしい。また、うぷ主のお気に入りキャラにも選ばれている。

  • ライデン(メリープモココデンリュウ) <でんき>
    • あくタイプに弱いことに気付いた二人が対策のためにゲットしたメリープ。オス。
かなりの不運の持ち主で、うぷ主のミスにより録画されておらず加入の経緯が不明だったり、ラルとは対照的に何故か技をよく外して返り討ちに遭うことが多い。人呼んで「かませ犬のライデン」。
その分明るくずぶとい性格で霊夢と意気投合、一行のムードメーカーとして活躍しいじられ役としても定評がある。かなりの好色家で下ネタを好み、メンバーのほとんどが女性のためセクハラ(被害者は主にラルとタツマキ)を働いては、タツマキの言葉の暴力で制裁されるのがお約束。

  • プルル(ロップル) <エスパー・ゴースト>
    • たまたまエスパー・ゴーストタイプだったためパーティー入りした、天気研究所所長から貰ったロップル。メス。
ひかえめな性格と可愛らしい外見から、メンバーの第一印象は「話すことが苦手な恥ずかしがり屋」と高評価だった
しかし、その本性は部屋に篭ってネットや深夜アニメに興じるオタクそのものであり、ひかえめというのはコミュ症でオドオドしていてながら内心言えないような毒を吐く陰湿で卑屈な小心者、その癖褒められたり活躍するとすぐに(内心では)調子に乗る、要するに陰キャ系オタヒキニートだった(後に腐女子であることも判明した)。
メンバー中最も技範囲が広く、タツマキでは処理しきれないポケモン相手には重宝されるが、当のタツマキとはエスパー同士では心の声が丸聞こえなため犬猿の仲。

運動不足で体力が乏しいらしく倒された時のリアクションに定評がある。

  • ピカさん(ピカチュウ) <でんき>
    • 実況開始当初から魔理沙が欲しがっていたピカチュウ。オス。
歴戦の戦士のような立ち居振る舞いとかなり古風な話し方が特徴で、ゴリチュウに傷心していた魔理沙は理想のピカチュウ像を見事にぶち壊された。その一方、霊夢は彼と波長が合うらしく初対面時彼の凄まじい闘気を感じたことから即パーティー入りを決め、ピカさんの方も霊夢を認めたのか意外とあっさり仲間になった。また、彼だけはニックネームを付ける前から喋っており、ピカさんとはニックネームを付けようとした霊夢に便宜上呼ばせているだけの名前である。
メンバー唯一の物理(実は両刀)アタッカーであり、鬼神のごとき超火力で終盤の強敵を何度も打ち破るパーティーの切り札として活躍。自分より加入が早いはずのライデンからは先輩と呼ばれ慕われており、ピカさんを下した敵を撃破することもある。反面、戦闘以外ではかなりの天然ボケのようで一般常識に疎かったり、こう見えてケチャップに目がない面があるなどネタにも事欠かないため、かなり遅い加入でありながらそれを忘れさせるほどの存在感を放っている。

ちなみに、パーティー内ではピカさんのレベルが他のメンバーより高くなるように意識されており、誰よりも早く100レベルに到達した。これはピカさんの強さを表現する演出のほか、道中うっかりかくとうタイプのゴリチュウに進化して使用不可能にならないようにする対策でもある。

  • ティナ(オルディナ) <ゴースト>
    • ストーリー中でも重要な存在として度々登場したオルディナ。性別不明扱いだが一応メス。
ポケモンとしては願い事を叶える能力を持ち、言葉を話せる幻のポケモンだが、元々はポケモンに改造された人間の少女だったというえげつない過去を抱えている。
ストーリーをクリアした二人は最後のメンバーとして加入させようとしたが、本人はきまぐれな性格で一向に勧誘を受けず、ようやく仲間になった頃には霊夢も魔理沙もすっかり発狂してしまっていた。その過去から重度の人間不信・情緒不安定であり、交渉中の二人の悪態のせいで邂逅は絶望的かと思われたが、プルルの思わぬ活躍によりなんとかメンバー入りを果たし以降プルルを「お姉様」と呼び慕うようになる(ただし、物騒な言動や他の仲間たちへの態度は相変わらず)。

加入が遅すぎるためにどうしても活躍は少ないが、幻のポケモンの能力を活かした耐久力はラルのそれを上回っており、持久戦では彼とは違った立ち回りが可能。仲間内での交流に関しても段々と改善し、当初は鬱陶しがっていたプルルも彼女に対し思うところはあるらしく、なんだかんだで互いに良い刺激となっている様子。

  • 射命丸文
    • 実況中の二人にたまたま遭遇した清く正しい鴉天狗。
劇中では、登場するや否や実況を押し付けられてしまい急遽二人の代わりにラルたちと冒険する羽目になる。そしてこの経験を基に発行した新聞が、後に幻想郷のポケモンブームとそれに伴う長い戦いの日々を引き起こすことになる。

文の新聞を読んでペット(喋るポケモン)が欲しくなり、片っ端からポケモンを捕まえるも一向に喋りださないために痺れを切らし、霊夢たちのポケモンを奪おうと勝負を仕掛けてきた。

第1部は、この霊夢&魔理沙VSレミリア&フランのバトル動画とエピローグで締め括られる。


第2部 改造ポケットモンスター ベガ実況編

ピカさん


霊夢と魔理沙の旅からしばらくして、幻想郷では大ポケモンブームが巻き起こっていた。原因は射命丸文が発行する文々。新聞のとある記事。二人に取材を試みた文は成り行きで喋るポケモンの存在を知り、その後のスカーレット姉妹とのバトルと共にすっぱ抜いたのだ。結果二人は喋るポケモンを欲しがる者達から狙われる羽目になり、とても実況どころではなくなってしまった。

再び取材する予定だった文にとってこれは誤算だったため、二人の代わりに実況を始めることになった。新たな縛りと新たな仲間たちと共に冒険を始める文だったが……


今回から実況とは別に、おまけとして実況している間の幻想郷を描いた裏パートを導入。初期は咲夜&フランの旅立ちの裏話であったり、霊夢&魔理沙のその後を描く程度だったが、視聴者からの需要を取り入れていった結果段々とスケールが大きくなっていき、いつしか本題の実況を喰う程の人気を博すようになる。


主要人物

  • チルノ射命丸文
    • 霊夢・魔理沙に代わって実況を担当する氷の妖精と鴉天狗コンビ。

文々。新聞の信用回復のため、取材を兼ねて実況することになった文が相棒役を考えていたところ、チルノが何故か立候補しコンビを結成した。プレイヤー名は「アヤチル」。
縛り内容は「パーティーは体色の50%以上がチルノ・文の色のポケモンであること」と「図鑑を完成させること」。前者に関しては「体色の50%以上が青・水色・白・黒のどれかである」という意味で、後者はシリウス実況編にて全くと言って良いほど野生ポケモンを捕まえていなかったことの反省によるものと思われる。ニックネームを考えるのは主にチルノだが、これは文のネーミングセンスが壊滅的でメンバーからも不評なためで、文の案が採用されたのはヤマトのみ。
当初文はポケモンマスターをなんとなく目指すチルノを利用するつもりだったが、回を追う毎ややこしくなる幻想郷の騒動に巻き込まれるうち本当に友情が芽生え、互いを真の相棒として認めるようになる。そして、最初はポケモンを子分にするという軽い気持ちで旅立ったチルノも、文と共に数々のバトルを通じて劇中屈指の強者へと成長していく。

ちなみに、この二人が選ばれたのは「うぷ主の個人的に好きな東方キャラが射命丸文だから」という理由で、頭脳派な文の対比としておバk……直情派のチルノが選ばれた可能性が高い。また、チルノと文だけは別タイプのゆっくり素材が使われており、文に至っては前作からのモデルチェンジまでしているが、このことは後に大きな意味を持つようになる。

  • フウ(フロンフロルルフローリア) <こおり>
    • 二人にとって最初の仲間となったフロン。メス。
こおりタイプなこともあってか可愛らしい容姿をチルノに気に入られ、モンスターボールを手に入れるや否やゲットされた。フロン・フロルルの頃はわんぱくな性格のボクっ娘で、チルノと一緒になってボケたり拗ねるチルノを励ます友達のような関係で若干存在感が薄かったが、フローリアに進化してからは一人称が「私」になり一行のツッコミ役やリーダー格を務める、チルノのお姉さんのような存在に落ち着いた。
戦闘では高速特殊アタッカー担当で、こおりタイプとは思えないほどの豊富かつ強力な技で敵を打ち据えるが、耐久は低めなので思わぬ反撃には弱い。また、進化直後や中盤はしばらく火力不足に悩まされていたが、チルノなりの対策として多少命中率が低くとも大技を多く搭載する方針に変えることで解消された。特に当たりにくいはずのぜったいれいどは驚異的な命中率を誇り、実況終了後のストーリーもチルノの主力として活躍した。

陽キャオタクに論者に超ネガティブなど、癖の強いメンバーの中で自分のキャラがやや弱いことを気にしており、一人の時はツッコミの自主練に興じていることが判明した。

世にも珍しい役割論理を信仰する役割論者のトゲピーで、「んんwww○○ですぞwww」や「○○とかありえないwww」といったロジカル語法で喋る。
フウの情報から寡黙でお淑やかな雰囲気を想像した二人(特に文)だったが、いざゲットしてみると厚かましくずぶとい性格・役割論者で補助技嫌いなのに進化するまで低火力で技が少ない・隙あらば役割論理を布教しようとするといった言動で一行(特にフウ)を困惑させた。
本人の意思とは裏腹に補助技を得意とし戦果の幅が大きすぎるため、長らく秘伝技要因にされるなどメンバー内ではやや不遇な状態が続いたが、こだわりハチマキと特性はりきりのコンボによる超火力を手に入れてからは幾分か改善された。

ちなみに、ピカさん同様最初から喋るポケモンである。またヤゲキという名前は「ヤゲキッス(役割論理型トゲキッスの略)」を想定する彼自身が志願した名前で、元々文はトゲキチと名付ける予定だった。


  • ヤマト(デルビルヘルガー) <あく・ほのお>
    • 獣耳好きな文が粘りに粘ってゲットしたデルビル。オス。
れいせいな性格かつ馴れ合いを良しとしない一匹狼気質で、一行からの第一印象もかなり悪かった(特にヤゲキ)が、後にあるアクシデントとその際の文の勇気ある対応をきっかけに打ち解け始め、文の主力ポケモン兼生粋のツッコミ役としてフウと共に活躍した。先述の経緯から文にかなり気に入られており、ヤマトは基本的に素気ない態度をとっているが満更でもない様子なのでよくフウやチルノにからかわれている。
強力なほのお・あく技と高いすばやさを武器に、多少相性が悪くても強引に突破できるほどの火力を持ち、メンバー中最も安定した勝率を誇る。

見かけによらず読書が趣味の文系男子で、マホーネが加入してからは本の読み聞かせやごっこ遊びに付き合ってあげたり、彼女にだけは邪険な態度をとらず真摯に対応するなど面倒見の良い面もあり、一行をほのぼのとした雰囲気にさせることも多い。

  • マホーネ(マホースユニサス) <エスパー>→<エスパー・はがね>
    • ジム戦で大敗を喫した二人が修業&捕獲作業中に出会ったマホース。メス。
天真爛漫・純真無垢を絵に描いたようなおとなしい性格で、ルイ曰く「擬人化したらロリっ娘に違いない」天然娘。そのぼんやりした言動や語尾を伸ばす口癖から一行の癒し役として活躍、文・チルノはもちろん視聴者からも人気を博した。
で進化する晩成型なため、戦闘面ではしばらく火力不足・低耐久から黒星が多かった。しかし、ユニサスに進化してからは特性いかくとはがねタイプを会得し弱点を克服、一行では貴重な物理アタッカーとして重宝され、進化後も幼女っぷりは健在だったため文たちを安心させた。よくヤマトと一緒に勉強しているため、キャラに反して博識。
同じ四本足なためかヤマトと非常に仲が良く、冒険をしていない間も彼と一緒にいることが多く実況中でも度々仲睦まじさを見せている。ませているところがあり、ヤマトはマホーネを妹のように思っている様子だが、当の本人は割と早い頃からそれ以上の感情を抱いていたらしく時々爆弾発言をしては大いにヤマトを慌てさせている。

  • ルイ(スミロドンマカドゥス) <いわ・でんき>
    • 今作の化石ポケモンで体色がたまたま青色だったために加入したスミロドン。メス。
化石の中にいる間ネットやゲーム三昧だったオタクで、チルノたち東方キャラを知っておりメンバーになれることを非常に喜んでいた。魔理沙のプルルと同じオタクキャラだが、卑屈で陰気な彼女と違い明るく社交的な所謂陽キャ系オタクとして差別化、加入は遅いが豊富なサブカル知識を活かしたボケ役として定着し、彼女の加入により一行は目に見えて賑やかになった。
戦闘面では、耐久は低いがいわ・でんきタイプという珍しい組み合わせで攻めに徹する両刀アタッカー。しかし、強力な分打ち漏らした時は相手の反撃でそのまま落とされやすいため、メンバー内ではやや黒星が多い。

オタクキャラだけにメタ発言が非常に多く、ポケモンでありながらゲーム・アニメ関連のボケやネタを不自然がられない少し得な存在。また、ルイという名前はメンバーの名前に一度も使われたことがない文字を使った名前なので特に由来は無い。

  • リバイア(ルギア) <エスパー・ひこう>
    • 終盤でようやく二人の6匹目のポケモンとなったルギア。性別不明扱いだが一応オス。
当初一行はフリーザーを仲間にする予定だったが、この頃には裏パートの騒動が一行に飛び火するようになり、その影響からフリーザーをレティ・ホワイトロックに譲ることになったために急遽ゲットすることになった経緯がある。被捕獲率が非常に低いにも関わらずかなりの短期決戦でゲットされ、初対面のはずだがチルノに何か恩があるらしく彼女をポケモンマスターにすることで恩返しするという理由で加入した。
ステータス画面によるとのうてんきとのことだが、実際は度を越したネガティブな性格で「あはは!○○な僕なんてゴミだね」や「それは違うよ!」が口癖。逆に他人に対しては底抜けにポジティブ思考なので、自分には失敗した時はおろか成功しても卑下するが、失敗したメンバーへのフォローが異様にうまいという強烈な個性で非常に遅い加入を感じさせない存在感を放つ。
戦闘面ではアタッカーの多い一行で唯一の耐久型であり、伝説のポケモンに恥じない超耐久による持久戦はもちろん、攻撃もそこそここなせる器用な戦法を得意とする。

自己評価の低さに反して、チルノたちが陰謀に巻き込まれた際は単身敵に交渉(脅しともいう)を持ちかけ戦わずして退けるなど、伝説のポケモンだけあって只者ではないらしい。ちなみに、本人は自分の個体値についてもひたすら卑下しているが、ステータスを計算したところかなりの高個体値を持っていることが判明した。

咲夜は喋るポケモンを諦めきれないレミリアの命令で紅魔館へ帰れなくなってしまい、仕方なくチルノと文のポケモンを狙い旅をする羽目になった。一方、フランは姉を差し置いて喋るポケモンを手に入れ、ポケモンマスターになる旅のため紅魔館を脱出、後に咲夜と合流した。

この頃は経験の少ないフランの方が弱く、咲夜は相性が良かったとはいえ正攻法でうどんげを撃破する程の才能を見せているが、後に咲夜が本業に戻って旅を辞めたことで実力が逆転することになる。

  • ガバイトガブリアス <じめん・ドラゴン>
    • 咲夜が旅のため強いポケモンを探した結果、とりあえず手持ちにしたポケモン。オス。
自分と同じく旅立って日が浅かったチルノと文の手持ちよりもかなりレベルが高く、簡単に勝てると息巻いたがフウはガバイトの天敵こおりタイプだったため惨敗してしまう。しかし、負けはしたがガバイトがバトル中に何故か喋りだすようになり、しかもこってこての関西弁だったため双方を驚かせた。結局咲夜は自力で喋るポケモンを探すことにしたのでレミリアには献上されず、彼女の主力として活躍することになる。
堅物で厳格な主と違いようきなお調子者で、バトルに勝って浮かれたり会う度にフウや文をナンパしては咲夜に怒られているが、実際はバカを装って敵を油断させつつ冷静に戦況分析するなかなかの切れ者。そのため戦闘面では咲夜に絶大な信頼を寄せられており、文にも一目置かれている。

ニックネームに憧れており、後に大活躍したご褒美としてニックネームを付けてもらえることを楽しみにしていたが……

  • エアームド <はがね・ひこう>
    • ガブリアスの相性補完として手持ちに加えたポケモン。オス。
チルノ一行とのバトルではヤマトの存在から思うように活躍できないが、強固な物理耐久は咲夜からも頼りにされている。

  • ディザソル <あく>
    • 咲夜がいつの間にか手持ちに加えていたポケモン。オス。
ディザソルは前回レミリアが咲夜に似ているという理由で使用していたことから、おそらく咲夜をイメージするポケモンとして加入したものと思われる。

  • ラティちん(ラティアス) <エスパー・ドラゴン>
    • フランと仲良くなった喋るラティアス。メス。
フランの手持ちには加わらず、ラティアスとしての変身能力でフランの影武者となり彼女の旅立ちを援護した。しかし、正体がばれる頃にはレミリアは様子がおかしくなっており……

  • ブーバー <ほのお>
    • 旅立ったフランが手に入れたポケモンその1。オス。
勝率は低く喋らないが、フランにとっては大切なポケモンのようだ。

  • ティオルス→プテリクス <いわ・ひこう>
    • 旅立ったフランが手に入れたポケモンその2。オス。
ブーバー同様喋らず、ブーバー以上に出番が少ない不遇なポケモン。

  • 博麗霊夢/霧雨魔理沙
    • 前作で実況担当だった巫女と魔女の異変解決コンビ。
実況はやめても裏パートでは引き続き主人公を務め、今回からモデルチェンジして登場する。目的の違いから一旦コンビを解消し霊夢はピカさん・ライデン・ティナ(オルマリアに進化)と共に役割論理(と紫)を追い、魔理沙はラル・タツマキ・プルルを連れて守矢神社へ向かう。また、ベガではデンリュウとフーディンのデータが存在しないため、第2部以降タツマキはサーナイト、ライデンはボルトック(でんきタイプ)として進行する。

  • オマルライダー
こーりんやにとりなど知る人ぞ知る正義の味方で、現れるだけでその場の空気は一気にカオスと化す。魔理沙の行く先々に現れ、彼女とは共通点しかないがその正体は不明(笑)。
愛用のおまるは実は魔力のこもった魔具の一種であり、初代ライダーから代々伝えられてきた由緒正しき逸品。一見ネタキャラだが何気に重要人物の一人で、初代ライダーは500年前のある戦争を終結させたり諏訪子と協力してルシフェルの封印に一役買うなど、何度も世界を救った伝説の英雄である。

魔理沙の家に遊びに来た際うっかり魔理沙のトラウマを刺激してしまい、喧嘩していたところを藍に付け込まれ論者に導かれてしまうが、魔理沙とのバトルで元に戻るとともに仲直りし、以降は行動を共にするようになる。この件をきっかけにトラウマを克服した魔理沙だったが、霊夢がいなくなったことでボケ役に転身したためアリスがツッコミ役をする羽目になった。

軽い気持ちで咲夜に喋るポケモン探しを頼んだ結果帰ってこなくなり、彼女がいない寂しさと不便さに発狂してパチュリーを呆れさせてしまっている。
後に萃香の進言により手を組むことになったが、この日を境に様子がおかしくなり……


役割論理

こだわりメガネとロジカル語法をトレードマークとする、ポケモンブームと共に活動を始め勢力を拡大している一大組織。耐久を度外視した高威力技を打ち込みサイクル戦で優位に立つ戦法がモットーで決め台詞は「導く以外ありえないwww」
誰彼構わず勝負を仕掛け、打ち負かした相手を役割論者として導く(洗脳する)ことで信者(組員)を増やす、という強引なやり方と不可解な目的が霊夢と魔理沙の怒りを買い、二人は倒すべき悪として戦うことを決めた。
必ずしも全員が忠誠を誓っているわけではなかったり、会社のようにいくつかの部門や部隊に分かれているなど回を追うごとに内情が明らかとなっていき、そして論理の布教自体はあくまで表向きの目的であることも判明した。

  • 八雲藍
    • 布教活動を積極的に行う狐と猫の式神バカップル。藍は常にこだわりメガネを着用している。
当初は役割論者事件の首謀者とされ、中盤まではトップであると思われていたが、の式神である藍がトップなのはおかしいと睨んだ文の推理により、組織の幹部の一人にすぎないことが判明。後に導いた役割論者を束ねる役割部隊隊長であることが明かされた。
一方、橙は組織に所属してはいるが論者ではなく別の任務を与えられているらしく、普段は藍と行動を共にしたりいちゃいちゃする程度なので布教活動はしておらず、むしろ論理もロジカル語法も好まない様子。そのため、藍は橙と接する時だけは論者モードを辞め普段通りに戻る。

藍が掲げている役割論理だが、ベガは第三世代対戦環境に依存しているので「役割論理三種神器」が存在せず、火力至上主義を謳っていながら火力不足であるというちぐはぐな状態であることが判明する。そのため彼女と交戦した諏訪子からは「不完全な論理に頼る愚か者」と酷評されている一方で、実力そのものは高いらしくさとりには「論理にこだわらなければ強いのに」と陰ながら評価されている。

  • 八雲紫
    • 境界を操る程度の能力を持つスキマ妖怪。
文が睨んだ通り役割論理の事実上のトップだったことが判明する。喋るポケモン探しをする過程でとんでもない事実を発見し、藍には役割論理の布教という表向きの活動(組員を増やす目的も含む)を命じ、他に仲間に引き入れた妖怪たちを指導し役割論理を結成するなど、機が熟すまで人知れず暗躍していた。とはいえ藍の制止も聞かず霊夢に戦いを挑みに行き、目的がばれそうになるなど気まぐれでのらりくらりとした言動は相変わらずな様子。

  • ピカちゃん(ピカチュウ) <でんき>
    • 紫が発見した秘密のカギを握る色違いのピカチュウ。メス。
尊大でいじっぱりな性格と古風な言葉遣いが特徴。一見ピカさん同様喋るピカチュウと思われていたが、その正体は特性はふしぎなまもり・本来ピカチュウが使えない技をいくつも使用・バトル中に特性がふゆうに変わるなど凶悪な能力を持つ改造ポケモンだった。しかし、紫が改造したのではなくなんとある日自然に生まれてきたという不可解な生い立ちのポケモン。紫と同じく空間に穴を開けることが可能で、紫が認めた者以外の者が入るとはるか彼方へ吹き飛ばされてしまう。
能力値自体は普通のピカチュウと同じだが、先述の能力によりピカさんを完封し劣等種とこき下ろした。しかし、ティナにその反則級な能力を糾弾され激怒したピカちゃんは、ティナを庇った霊夢とピカさんを空間の狭間に吹き飛ばしてしまった。

紫は、役割論理の設立をこのように一歩間違えれば世界を滅ぼしかねないピカちゃんの力を正しく扱う「一環」としており、実際”あの”紫でさえピカちゃんに殺されかけたことがあるらしい。

  • ネクロシア <ゴースト・あく>
    • ピカちゃん以外に紫が使用するポケモンその1。メス。
すきまポケモンという分類・ネクロシア自体の特徴として地形を変える能力を持つ・目のような模様がいくつもあるなど、何かと紫との共通点が多いポケモン。後にピカちゃんの教育係兼お友達であることが判明した。

  • パルキア <みず・ドラゴン>
    • ピカちゃん以外に紫が使用するポケモンその2。性別不明。
ネクロシア同様紫をイメージするポケモンとして手持ちにしていると思われていたが、後にピカちゃんを護衛するSPのような存在であることが判明した。

  • 藤原妹紅
    • 老いる事も死ぬ事も無い程度の能力を持つ元人間の蓬莱人。
登場早々から藍に敗北して導かれた状態であり尖兵として永遠亭を襲撃するが、皮肉にも宿敵である輝夜の手で正気に戻された。
1・2匹目のポケモンで確実に相手を相討ちにし、汎用性の高い最後のポケモンでタイマンを仕掛ける「神風論理」なる戦法の使い手であり、初見殺しとしてはこの上ないほどの強さを誇るが、裏を返せば何をしてくるかがバレバレなため対策されると滅法弱い、というピーキーかつ不安定な実力の持ち主。加えて妹紅自身のポケモンに関する知識が欠落しており、何故か一向に学習しないため、輝夜ほどではないが劇中の扱いはかなり悪い。
その後も導かれたり戻ったりを繰り返すが、最終的には組織を脱退し神風論者として落ち着いた。主力はファイヤーのファイアーなのだが……
 
トレーナーとして霊夢と共に幻想郷最強と目されている実力の持ち主で、役割論理戦闘部隊隊長を務めている。忍耐論理を壊滅すべく永遠亭を襲撃しうどんげに圧勝するが、魔理沙とうどんげの捨て身の交渉により撤退を聞き入れたことで事なきを得た。
強いのは心を読んでいるからとよく疑われているが、実際は能力でバトルの結果に影響を与えるとそれに応じた強烈なペナルティを受けるため一切使用しておらず、専ら相手の戦法を見抜いて対策を講じたり相手を挑発して揺さぶりをかけるなど、バトル以外の場面で使用している。

後に妹のこいしと再会し彼女を情報部隊に引き入れるのだが……

下級妖怪ながら役割論理情報部隊隊長を務める。大物揃いの役割論理幹部の中では異例の人事であると不審がられているが、紫からはかなり高評価を受けている。実際、任務である偵察・情報収集が能力や使用ポケモンと極めて相性が良く情報戦では無類の強さを発揮する。

  • ダークライ <あく>
    • ルーミアの主力であるダークライ。性別不明。
得意技ダークホールの演出と性能はルーミアの任務と相性抜群で、あんこくポケモンという肩書も合わさって彼女の役割・戦法・イメージの全てに合致した、劇中キャラでも1・2を争うほど「ぴったり」なポケモン。後に喋るようになり名実共にルーミアの相棒となった。

いつものように気配を消して散歩していたところ、実況に遅れたチルノとフランにたまたま発見されて仲良くなり、協力してバルキーをゲットしトレーナーになる。
後に姉のさとりと再会しその時のある騒動の末、役割論理情報部隊に所属することになりチルノと敵対する形となるが、再会後も楽しくバトルしたりエールを送るなど友人として彼女の旅路を応援していた。

この頃はまだ純粋な良い子”だった”のだが……

  • カポポ(バルキー→カポエラー) <かくとう>
    • チルノ・フランと協力してゲットしたバルキー。オス。
まじめな武人肌のポケモンで、相性で有利なフウやヤマトに善戦しても油断せず、一歩及ばず敗れても健闘を称える潔さを見せた。

  • 森近霖之助
    • 道具の名前と用途がわかる程度の能力を持つ人間と妖怪のハーフ。通称「こーりん」
役割論理運営部隊隊長を務める会社で言う総務課のような存在。前線に立つ役割ではないため長らく存在は伏せられており、トレーナーとしての実力も不明だが、少なくとも利害の一致で組織に身を置いているため忠誠を誓っているわけではない様子。そのため、藍は彼ら運営部隊には大量の仕事を押し付け口出しを封じており、その度にストレスや心労を溜め込んでしまっている。

こーりん同様運営部隊所属だが組織に忠誠を誓っているわけではなく、紫の目的に賛同しつつ彼女とピカちゃんが暴走しないよう監視するため、自己防衛も兼ねて組織に身を置いている。とはいえ、友である妹紅が自らを組織から救い出そうとバトルを挑んだ際は、なんとも複雑な気持ちを吐露しながら迎え撃っているなど、全く組織に思うところがないわけではない様子。
基本的に感情に流されず冷静沈着だが、どうやらこーりんに好意を持っているらしく、映姫にからかわれてはキャラ崩壊している。主力はドサイドンのよこづな。

種族が種族なだけに運営部隊所属だが、その能力を買われて不審者の尋問でも重宝されている。生真面目な性格が災いし、多すぎる仕事とそれに伴う責任でこーりん以上にストレスが溜まっており「まったく、嫌な社会だよ」が口癖になってしまっている。そして、ストレス発散のために慧音がからかわれたりこーりんが残業確定になるなど、負の連鎖が続いて運営に支障をきたすこともある。

ちなみに、彼女の置かれている状況は当時のうぷ主の近況とよく似ていたらしく、時々うぷ主の愚痴を代弁することがある。そしてうぷ主と映姫のストレスが頂点に達すると……


忍耐論理

役割論理の発足後しばらくして永遠亭にて発足した、語尾に「VVV」をつけたござる口調と手裏剣型の髪飾りをトレードマークとした組織。役割論理とは逆に攻撃技を一切使わず、補助技・反撃技のみを使用して勝利するという硬派な戦法が特徴で、目的もシンプルに「忍耐論理を世界一とするため布教すること」。そして決め台詞は「忍耐論理は世界一いいいいいいい!!」。
しかし、好戦的な者がほとんどな幻想郷では究極の待ちスタイルの忍耐論理は共感を得られず、ちょうはつひとつで突破されてしまうという致命的な弱点もあり、町の子供たちからも最弱の論理呼ばわりされる始末。この逆境の中うどんげは現状の打破、ひいては師匠の汚名を払拭するため忍耐論者として生きることを決めるのだった。


輝夜のために新たな戦法「忍耐論理」を発案し、極意をまとめた巻物と”あるもの”の発明という形で残した。しかし、初陣の魔理沙戦では超火力とちょうはつに対応しきれずあと一歩のところで霊夢のピカさんに惜敗してしまい忍耐論理の廃止を決めた。しかし、弟子のうどんげが密かに忍耐論理を引き継いでいたため、廃止は免れた。
一方の輝夜はそんなこと気にも留めず気楽に暮らしていたが、いつしか騒動が永遠亭にも飛び火するようになり、永遠の宿敵が巻き込まれていることもあってか嫌々戦う羽目になる。しかし戦績が異様に悪かったり、後にある大ポカをやらかし制裁を受けるなど扱いが目に見えて悪い。

永琳が霊夢と魔理沙に敗北した後、忍耐論理の極意を盗み見したことで忍耐論者となった。そして武者修行を兼ねて布教活動を始め、その一環でてゐや永琳をも導くことになったが、彼女たちはうどんげの覚悟を知っており望んで導かれていたことが判明する。当初は役割論理同様バトルで打ち負かすことで無理矢理布教していたが、後の魔理沙と永琳の言葉により方針を改め忍耐教室を開いたり、てゐの悪とk……話術と商才を駆使するなどして地道に論者を増やすことを決めた。しかし……
うどんげのトレーナーとしての素質はかなり高く、余程相性の悪い相手でなければなかなかの好成績であり、文とチルノはうどんげに一度も勝つことができなかった。

  • ニボニボ(ツボツボ) <いわ・むし>
    • 町へ薬を売りに行ったうどんげが代金と共にもらったツボツボ。メス。
ご存知超耐久力の持ち主で、うどんげも忍耐論理を体現するポケモンと度々形容している。ちょうはつには弱いが、そんなことは百も承知なうどんげの様々な対策により突破はかなり難しい。
実際うどんげと一戦交えたチルノ一行はかなりの衝撃を受けたようで、それ以来すっかりツボツボ=ニボニボで定着するほど。

ちなみに、この頃のニボニボは声や喋り方がやたら気持ち悪いことに定評がある。

  • コウメイ(テイルーン) <ゴースト・ひこう>
    • てゐが主力として使用する聡明なテイルーン。オス。
極めて理知的なれいせいな性格で、てゐの悪知恵と合わせることで戦わずして勝つことを得意とする。てゐはバトルが苦手であるとしているが裏を返せば実力をわきまえ敢えて避けているという意味でもあり、忍耐論者としての戦法はコウメイにとって相性が良く十分戦えるレベルである。

彼がてゐのポケモンとして選ばれたのは、おそらく「テイ」ルーンと因幡「てゐ」をかけたものと思われる。

  • ツクヨミ(スイクン)
    • 永遠亭メンバーが切り札として使用するスイクン。性別不明扱いだが一応オス。
主に輝夜が使用しているが、永遠亭のメンバーで使い回しているらしい。魔理沙を実質撃破まで追い詰め実力の片鱗を覗かせていた。霊夢のピカさんには一歩及ばず敗北するも交戦直後から喋りだすようになり、永琳は彼と関わったことが原因と考えている。


妖怪の山

論者騒動の主な被害者である妖怪たち。守矢神社では諏訪子の手引きにより、役割論者の侵攻から逃げる妖怪達を匿っている。
ストーリー終盤にて大天狗の苦渋の決断で役割論理の傘下に入り、同じく妖怪の山の住人である文は天狗として大きな決断を迫られることになる。

サイクル戦をせず、あらゆる相手に対応可能なポケモンで居座りつつ戦うという、汎用論理なる戦法の使い手で、その影響からか言動にやたらと「幼女感」が見られる。シリアスな場面では神らしく威厳溢れる通称「神モード」になりビシッと決めてくれるが、唐突に幼女モードに戻ってしばしば敵味方問わず困惑させる。バトルの腕・相手の出方を読み取る技術は凄まじく、最強と目されるさとりと互角に戦えるほどだが、役割・忍耐と違い汎用論理を教えるつもりはないらしい。
約500年前ルシフェルを青いタマゴとして封印しており、再び蘇らないよう始末することを決めたが萃香の策略により封印を解かれてしまう。が、その脅威は杞憂に終わり紆余曲折の末萃香・レミリアと一時手を組み、自由を重んじる世界を目指す「真・汎用論理」なる組織を結成することになった。もちろん、萃香への警戒は依然解いておらず相方の八坂神奈子と共に牽制している。

アメリシアやマナとの連携で極限まで強化した彼の一撃は圧巻の一言であり、能力値にもよるが相性が悪い相手も強引に突破できるほか、第3部にて実は普通のポケモンではないことが判明する。
そのため、諏訪子は並みのトレーナー相手に極力彼には頼らないようにしているが、無数の敵が相手の場合は別でその圧倒的火力で一気に制圧する戦法を得意としている。

  • マナ(マナフィ) <みず>
    • スサノオに次ぐアタッカー・サポーターを務めるマナフィ。性別不明。
ほたるびで大幅に引き上げた特攻で強力な攻撃を決める戦法が特徴で、いざという時はスサノオにつなげるサポーターへの転身も可能。スサノオ同様喋るポケモンで、諏訪子はバトル以外ではマナと喋ることの方が多い。マナもまた第3部にて普通のポケモンではないことが後に判明する。

  • アメリシア <みず>
    • 先鋒で起点作りを担当するアメリシア。メス。
壁を張ったり特性あめふらし(現在と違いベガではターン制限がない)で続くマナやスサノオに繋げるのが主な役割だが、耐久力がそこそこ高いのでそのまま居座って戦うことも可能な縁の下の力持ち。しかし、諏訪子の手持ちでは唯一喋らずニックネームも持たないため、どうしてもキャラが薄いのが難点。

トレーナーとしての腕はそこそこだが、彼女の慈愛の心は後に幻想郷の危機となるはずだった化け物の心を動かした。その時の諏訪子とのやりとりにはなかなか考えさせられるものがある。

  • 河城にとり
    • 水を操る程度の能力を持つエンジニア河童。
バトルは苦手な様子だがエンジニアとしての腕は重宝され、役割論理に入ってからも数々の発明品と共に終始その辣腕を振るうことになる。主力はテペトラーのグンソウ。

  • 犬走椛
    • 千里先まで見通す程度の能力を持つ白狼天狗。
役割論理の進行を防ぐために山の見張り番や見回りを務めるが、搦手を持たないためルーミアや藍にはあっさり突破されてしまっている。
後に妖怪の山が組織の傘下入りした際、文の気持ちを汲んだ上で辞令を伝えにやってきた。
主力はルカリオのユウシャ。

藍率いる役割論者たちから何とか逃げのび、導かれる寸前で諏訪子に助けられた。諏訪子が組織を結成した際成り行きでそのまま加入するが、あくまで諏訪子への恩義なのでレミリアの暴走に疑問を抱いており、チルノのことも終始心配していた。
青緑色のポケモンを使用しており、主力はユキタテハ(色違い)のフェアリー。

  • 伊吹萃香
    • 密と疎を操る程度の能力を持つ万年酔っぱらい鬼。
500年前に凶悪無比なポケモン”ルシフェル”を手に入れチャンピオンとなった後、彼を利用し暴虐の限りを尽くして幻想郷を世紀末状態にしていた張本人。諏訪子の手でルシフェルが封印されて以来おとなしくしていたが、ポケモンブームと論者騒動に乗じ早苗を利用してルシフェルの封印を解かせるべく活動していた。
しかし、当のルシフェルに断られてしまい当初の計画が頓挫してしまうも、言葉巧みに諏訪子たちと共に新たな組織を結成、次なる目的に向け表面上はおとなしくしているようだ。

ちなみに、昔は洋式トイレ派だったが現在はおまる派らしい。

  • ルシフェル(ラルトスキルリア) <エスパー>
    • 500年前、突如幻想郷に姿を現した化け物のようなポケモン。オス。
一見普通の色違いラルトスだが、その正体はすばやさ以外の全ステータス数値が999という凶悪な能力を生まれながらに持った改造ポケモンで、このほかにもいくつか恐るべき能力を持っているが、封印の影響で現在そのほとんどは使えなくなっている。その暴力的な性能に目を付けた伊吹萃香に操られ幻想郷を恐怖で支配したが、諏訪子と初代オマルライダーの活躍により青い卵の中に封印された。それから500年経って封印を解かれたルシフェルだったが、もはや幻想郷の蹂躙への興味を失い、逆に自らの出生を受け入れた早苗に興味が沸き今度は早苗の手持ちとなった。
改造ポケモンだがルーツはトレーナーの手によるものではなく、なんと当時虐げられ力を求めた無数のポケモンたちの願いにより自然発生という摩訶不思議な経緯で誕生した、本来は善でも悪でもないポケモンたちのための存在だった。

かつての姿はエルレイドでトレーナーの影響から極めて残忍な戦闘狂だったが、彼女の元を離れ約500年の年月で多少丸くなったのか、きまぐれかつどこか虚無的な性格になっている。しかし、冗談抜きの問題発言をさらりとすることがあるなど、根本的にはやはり危険なままの様子。


第3部 東方ポケモン対戦記 ガーネット・ラピスラズリ編

不思議な生き物ポケットモンスターを巡り、日々激化する幻想郷の戦いは熾烈を極めた。特にポケモンたちが幻想郷に溢れる妖気に触れ続けていた結果、通常ではありえない強さを身に着けるようになる、という現象が戦いの激化に拍車をかける。その中でも群を抜いた激闘を繰り広げる少女たちがいた。


過去の世界に迷い込み解決策を模索するうちに異変を解決することになる、博麗霊夢。

衰退の道を辿る忍耐論理を後世に残すため奮闘する、鈴仙・優曇華院・イナバ。

姉レミリアを襲った陰謀とその黒幕に立ち向かう、フランドール・スカーレット。

役割論理と紫の真意を知りある極秘任務を託された、ミスティア・ローレライ。

そして、変わらずにポケモンマスターを目指し実況を続けるチルノと射命丸文。


彼女たちの紡ぐ物語はやがてひとつに集結し、思惑絡みあう戦いの真実と不思議なポケモンたちの秘密をひとつ…またひとつと明らかにしていくのだった。


実況プレイとそのおまけという形で始まった前作だったが、おまけパートのスケールが大きくなるにつれて実況プレイが疎かになるという事態が発生。それを踏まえたうぷ主が考えに考えた結果、今回から「東方ポケモン対戦記」と銘打ち、おまけパートをメインにしたガーネットver.実況プレイ+おまけパートのスタイルを続行するラピスラズリver.の2本立てで投稿を続けることを発表。それにあたって、生身でも十分強い人物がほとんどの幻想郷の住人がポケモンバトルで弾幕・能力を使わない理由など、曖昧にしていた部分を明確に設定した。

これにより前作で試験的に導入された群像劇形式を明確化し物語に深みを持たせたほか、それぞれの視点から進行することで多面的にストーリーを展開できるようになった。しかしそれと同時に難点も存在し、新規視聴者にとっては複雑で途中からの視聴が難しい、本筋とおまけの逆転現象が決定的となるなど、うぷ主は後に第3部についてこれらを評価点と反省点の両方に挙げている。


詳細はリンク先を参照。


第4部 ポケモンの鹿を越えてゆけ ポケットモンスター ウルトラサン実況編

一連の黒幕を追い詰め悲しい真実に辿りついたチルノフランドール・スカーレット古明地こいしの呼びかけで目を覚ました二人は、「ある縛り」を設けたポケットモンスターシリーズ最新作のウルトラサンを実況プレイすることになった。

喜ぶ二人だったが何故か二人はポケモンに関する記憶を失っていた。そうとは気付かぬ二人は普通に性別や名前を決め、普通に最初のポケモンを選び、普通にポケモンを捕まえレベルアップ、と普通にストーリーを進め初めて(?)の実況を楽しむ。

しかし、楽しかったのはここまで。希望に満ちた実況プレイは、後に判明したたった一つの「縛り」の存在により、過酷なデスゲームに変貌するのだった……


前作までベガの第三世代環境でのバトル・実況動画だったが、今作から第七世代環境に移行。
久々の純粋な実況動画だが、第二部で見られた実況内容のおまけ化を逆手に取りストーリー性と本編内容を融合させた実況スタイルを確立、例としては「強敵の紹介や攻略法」よりも「いかに難関を突破するか」を重視する手法を採用した異色のシリーズ。

運命に立ち向かおうと足掻くポケモンたち・極限状態に陥ったポケモンの心理描写・殺意を覚えるような屑・何よりも隙あらば一行を絶望させようと暗躍する極悪ナビゲーターなど、ポケモンにあるまじき演出の目白押しとも言える本作はうぷ主にすら良くも悪くも大きな影響を与える結果となり、後の観察お姉さんシリーズ製作の契機となったことからもうぷ主にとって最も思い入れのある作品となった。


詳細はリンク先を参照。


第5部 少女が改造ポケモンと戦うようです

500年前の幻想郷に飛ばされ、現代に帰るため奮闘する博麗霊夢。紅魔館や白玉塔での一件以来新たな協力者を得た霊夢だったが、行方をくらました自らの先祖博麗霊寺が本来するはずだった行動を辿ることが現代に帰る手掛かりに繋がるという推理から、当時のチャンピオン伊吹萃香に挑むため修業する羽目になった。そして、一行は霊寺の功績に一つであるルシフェルの封印を目指して当時の洩矢諏訪子住まう、守矢神社もとい守矢神殿へと向かうのだった。

一方、現代の幻想郷では八雲紫率いる役割論理改め「ポケモン境界」が発足、新たな幹部境界四天王を決めるべく大試験が開催されていた。果たして新四天王の座を手にするのは誰なのか?名誉と信念を懸けたバトルロイヤルが開幕するのだが……

この世界本来のバトルルールや幻想郷特有のポケモン強化現象も明らかとなり、少女たちはもはやポケモンバトルをも超えた激闘”超次元ポケモンバトル”を繰り広げる!


対戦動画シリーズに戻った今作だが、ようやく非公式の第三世代環境から公式の第七世代環境に移行できる反面、本家で使えない技や戦術が使えなくなることで、視聴者からは以前のようなプレイや演出が出来なくなるのでは?という危惧の声が上がっていた。
そこで、今作からほとんどのキャラが改造ポケモンを使用するという大胆な演出を採用。ただし、従来の改造ポケモンたちの設定はそのままにしつつも、幻想郷の強い妖気によってごくまれに生まれる「幻の特性」・一部の人物やポケモンの強い思念から生まれる「準ポケ神」といった差別化も兼ねた新要素により第三部の頃を上回る超次元なバトルを実現した。


関連イラスト

私の妹にこんなのいるわけがない
ピカちゃん



関連タグ

ポケットモンスター リア(YouTubar) ポケ鹿

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント