ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レイえもん

れいえもんごんざます

レイえもん(れいえもん)とは、YouTubeで活動しているゆっくり実況者である。
目次 [非表示]

カイロスめ!


概要

レイえもん氏は、ポケットモンスターシリーズ、スーパーマリオメーカーなどの動画を主に上げているゆっくり実況者である。

そしてポケモンGOの10kmタマゴの件以降、ほぼすべての動画でカイロスをネタにしているいわゆるカイロスの人である。


登場人物

ゆっくり

動画のメイン登場人物。キャラ付けのため、一部例外を除き常に白目。

カイロスに呪われており、動画内で不意にカイロスが登場した際には「カイロスだ! カイロスじゃねーか!」と叫ぶ(通称「カイロスシャウト」)。

たまに変身をし、ナガシカクえもん、サンカクえもん、カイロスえもんなど様々な形態になる。なおカイロスえもんになった時は口上も自ら行う。

名前の由来はドラえもんに名前を似せれば、会話が成り立ちやすくなると思ったから」


レイえもんと同じく、動画のメイン登場人物。一人称は「僕」。上と同様の理由で基本的に点目だが、レイえもんとは違い目には若干の差分がある。

敬語で喋るが、たまに暴言を吐くことがある(特にシバに対してはあたりが強い)。レイえもんの作戦や言い訳を略して「○○えもんですね」と言う。初期の頃は常体で喋っていた。

名前はレイえもんと同じ由来で「ノビサ」にしようとしたらしいが、しっくり来なかったためまだ未定である。ゴンザマスと言われている時もあった。


珍獣3匹

自称「カリスマポケモン」。別名「ハズレ王」。

語尾にロスと付けて話す。登場時に「マカセロス」と喋る(色違いだと「キラリンチョ」と付け加える)。性格は悪い方で相手を煽ることも多い。

主にポケモンGOやポケモンの対戦動画に登場するが、ぶっちゃけあまり強くない。

剣盾で発売当初の内定はしなかったものの、いくつかの動画内ではやはりネタにされている。追加DLC第1弾「鎧の孤島」にてついに剣盾に参戦したが、メガシンカを失い大幅に弱体化している。

LEGENDSアルセウスでは剣盾に続けてリストラを食らったためゲーム未登場。しかしゲーム内3つ目のマップである群青の海岸にカイロスの角そっくりの妙にデカい岩のオブジェクトがあり、それをネタとした動画も作られている。

SVでもリストラされた。

立ち絵はポケモンGOのグラフィックにゆっくりの表情を付けた物。


自称「絶世の美女」。挨拶は「まさこと申します」。

名前の元ネタは初代ポケモンでのNPCとの交換で唯一入手できるルージュラのニックネームがこれだったから(他人からもらったポケモンは2度とニックネームを変更できない)。

動画内ではゲーム画面の文章を読むナレーションとしてボイスが使われている他、登場時には鳴き声に無理やり語呂合わせした「まさかまさこまさにまさこ」のフレーズがお約束となっている。

対戦では専用技のあくまのキッスで相手を眠らせたり、特性かんそうはだを生かしてみずタイプを受けるのが主な役割。

リストラされた剣盾ではブリムオン(綺麗なまさこ)となり登場している。追加DLC第2弾「冠の雪原」にて本物が剣盾に参戦し、これにより珍獣3匹が揃った。

LEGENDSアルセウスではカイロスの陰に隠れてしれっとリストラ。めちゃくちゃ出てきそうなマップがあるのに…。

SVでもリストラされた。

立ち絵はMiiで作った物。完成度が高く見た目のインパクトも強いことから真似して作った視聴者も多かったようでマリオカート8やマリオメーカーで目撃されている。



攻撃種族値がポッポと同じであることをネタに、ポッポさん呼ばわりされている。

タイプ一致の地震で弱点を付いても半分も削れなかったりすることがよくあり、いつもゴミみたいなダメージと言われている。特性がんじょうを活かしたクッション役やステルスロック撒き要員の他、そこそこのすばやさを活かして岩魚誰(いわなだれ)で運ゲーを仕掛けることもある。

シバやタケシ(LPLE強化後)の再現パーティーでは先鋒・切り込み隊長枠とされるが早々に敗退して「いきなり数的不利からのスタート」となるのはお約束。また戦術面でもソフトによって鍵になる特性や技が未実装ということを失念し(という体の茶番で)あえなく不発に終わるのもお約束。

対戦では進化させたりさせなかったりしている。

剣盾では珍獣3匹の中で唯一発売当初から内定を受け、LEGENDSアルセウスでもしれっと続投した。ただしSVではリストラされてしまった。

立ち絵?そんなものはない。そのため他2匹とトリオでの動画では雑な落書きで表現されたりシバが代役という扱いをされることも。


トレーナー

キャラクター由来

カントー地方のポケモンリーグの四天王でかくとうタイプを使う。かくとうタイプの四天王なのに、何故かイワークが手持ちにいることでネタにされている(イワークなんか入れなくてもニョロボンやオコリザルがいるのに…)。

動画ではグリーンハラなど各地(各世代)のジムリーダー、四天王に挑戦するも、ことごとくやられている。敗戦後に「実家に帰ります」宣言をするのがお約束。

しかし、(ORAS中古開封のソフトを流用した)ホウエン四天王挑戦編では、第六世代で猛威を振るったメガガルーラが手持ちにいたおかげでカゲツに余裕で勝利した。ただ、あまりにもメガガルーラが強すぎるせいか後半残りの3人パートはポルナレフ状態になり鬱になり実家に帰った(らしい)。

そのシリーズの残りはレイえもんが代わりに実況していた。ちなみに次に登場したシンオウ編で出禁30年の刑を言われた。

剣盾では手持ちが全員内定を貰うという謎の優遇を受けたため、そのまま続投。

SVでは手持ちが全てリストラされた模様。しかし、ポケモンスタジアムで使っていたポケモンなどをあつめて無理やり登場している。後にバルキー系統のみ藍の円盤で復活した。

立ち絵はMiiで作った物で口パクは上記のまさこ(ルージュラ)の使い回し。


イッシュ地方プラズマ団の王。突如として自身のテーマ「決戦!N」が流れ、早口で喋り出す忙しい人。高すぎるIQ故か、その内容はマリサ(仮)は理解できていない。

剣盾内定ポケモンでNのパーティを無理矢理作って対戦していた。

立ち絵はMiiで作った物。


プレイヤー由来

以下は中古開封企画で発見したアカウントに由来する。実際のプレイヤーの性別や年齢は不明ながら基本的に使用キャラと同性の小学校高学年くらいとして扱っている。

初出は「カイロスさんとヘラクロスさんどっちが人気なのか中古ガチャで決定【ポケモンBW】【ゆっくり実況】という動画。

イッシュ四天王に何度も敗れ全財産まで毟り取られ、ついに引退を決意した悲しきトレーナー。

その後10年の時を経て、タダシパこと彼の用いたポケモン(ロード時の手持ち)を用いて無事クリアまで到達。当人のあずかり知らぬところで雪辱が果たされる。

立ち絵はBW男主人公のトレーナーカードのものが用いられ、所持金0円とセットで表記される。

BDSPには同名のからておうが登場することから、ここぞとばかりにネタにされていた。

最近の開封動画では「タダシくんの発見」や「タダシくんに準ずる者の発見」が項目として追加されるなどすっかり第2のメインコンテンツになってしまった。


  • たけくん

初出は「絶望しかない中古ガチャBW2開封【ポケモンBW2】【ゆっくり実況】という動画。

タダシくんと同じくイッシュ四天王直前まで進み、引退したトレーナー。

彼のポケモンボックスを開こうとすると、すぐフリーズされてしまう。さらに戦闘時にもフリーズが発生することがあり、特にトレーナーとの対戦では開始時を含め高確率という有様だった。


  • マリナちゃん

初出は「とんでもない価格になってしまったダイヤモンド開封中古ガチャ【ポケモンDP】【ゆっくり実況】という動画。アニメ版のクリスではない。

タダシくんやたけくんとは異なり殿堂入り済みで所持金も30万円超だが、その実はかつては純情な少女だったがポケモンリーグで挫折して闇落ちし、男たちを誑かしてポケモンを巻き上げる悪女と化した……なる妄想設定を「(サブ垢も複数持ちながら)構築が弱く詰んで友人を頼ったか、殿堂入りの手持ちの半数が交換」「複数のトレーナーと総勢40体近く交換している」という特徴から付与されてしまったトレーナー。

曲解を抜きにしてもプレイスタイルや推察される交友関係など様々な点でタダシくんとは対照的かつその結果にあまりの差がある存在。


その後タダシパ同様マリナパ(こちらも純然たる自前ではないが)を用いてシンオウリーグに挑戦する検証企画が行われ、四天王は突破したもののシロナで詰んでしまい、「すぐに友人を頼ったマリナちゃんは正しい」と彼女(のプレイヤー)をフォローする結果となった。

立ち絵はDP女主人公のトレーナーカードのもので、時折ジャイアニズム全開だったりカマトトぶった台詞を言わされる。大富豪扱いされるがポケスペの令嬢でもない。


その他のポケモン

ラグラージ(鳴き声)

カイロスの弱点補完として動画内で使われていたポケモン。メインであるはずのカイロスよりも活躍するのはお約束。

カイロスが雨を降らせてメガラグラージが暴れるという珍動画もあるほどに優秀なポケモンだったが、剣盾ではカイロスと共にリストラとなってしまった。しかし冠の雪原で変色して帰ってきた。その後、SVの藍の円盤でも復帰。やっぱり変色していた。


動画内でよく使われていた爺さんたち。爆発したりとっても丈夫なジョブ爺さんになったりする。剣盾ではリストラされたが冠の雪原で解禁された。

ちなみに緑の爺さんはある意味カイロス以上にぞんざいに扱われている。

立ち絵はMiiで作った物。


通称『綺麗なまさこ』。本家まさこがリストラされた剣盾からまさこ枠で登場。

主にトリル始動要員として活躍。火力も高めなのでダイマックスアタッカーとして活躍することもある。

SVでは内定している。


ハナタレが特徴の、剣盾から新たに現れた新規珍獣。剣盾シリーズにてカイロスの次に題材となったのが彼をはじめとするカセキメラであり、その中でも氏のかなりのお気に入りとなっている。

トリルや霰などのサポートを受け、クチバシで叩くという戦法を取る。カイロスの代わりのエースアタッカーといった所だろうか。

一年もの歳月登場してきたサンタ帽はこのパッチルドンさんを温めるために生まれたという設定に(無理矢理)されている。


SVから現れた珍獣。普段は引っ込めているがカイロスのような角を生やすことがあることと色違いが紫系統という共通点から、「カイロス(パルデアのすがた)」「中にカイロスが潜んでいる」などとネタにされた(サワムラーやバンギラスのように延々と擦られてはいないが)。

のろいを積んで殴るのがおもな役割だが、ゴーストテラスタルを使い、受けに出てきたてんねん持ちのポケモンにのろいをかけるといったトリッキーな活躍もする。


SVから現れた珍獣。色々アウトな色違いシガロコを入手できたためそのままパーティに加わった。

さいきのいのりを使い、主役のポケモンを復活させて無理やり活躍させるのがおもな役割。


カイロスのライバルにして本物のカリスマ虫ポケモン。

語尾にロスを付けて話す。一人称は「オイラ」。

図鑑説明でのカイロスは「10倍の物を持ち上げる」なのに対し、ヘラクロスは「100倍の物を持ち上げる」という力の差はネタにされている。

アローラでは仲が良いという設定があるためかカイロスと一緒にスペシャルレート16を戦った。

SVでは内定している(カイロスさんはリストラされたのに…)。


チャンネルの宿敵。

ほぼカイロスの上位互換な性能をしている上に、対面した場合カイロスにほぼ勝ち目はないというカイロス殺戮兵器。そのスペックと人気からチャンネル内では様付けで呼ばれている。

剣盾ではリストラされたが、冠の雪原で解禁された。

SVでは内定している。


2代目600属。

おなかの模様が色違いのカイロスの後ろ姿にみえるという理由で中にカイロスが入っているとうネタが創られた。カイロスがリストラされる度に動画のオチとして使用される。


サワムラー=カイロス説でネタにされているポケモン。シバの手持ちなのでそのパーティの時に入れられたりする。初代シバパでは数少ないまともな技構成のため、だいたい1番活躍する。

剣盾では最初から内定しているが、LEGENDSアルセウスではリストラ。その後SVの藍の円盤で追加内定をした。


初代御三家の一角。

ポケモンGOで最高個体値のゼニガメを入手、技が当たりなら戦力になると進化させるも一番ハズレ技のラスターカノンを引いてしまった。

以降、レイえもんはカメックスのことをラスターカノンと呼ぶようになった。ニックネームは文字数制限で入りきらず「ラスターカ」になってしまっている。


USUMから登場したウルトラビーストの一種。情報公開当初からその残念なタイプやいかにも鈍足物理といった外見から動画で取り上げられていた。

「格闘4倍弱点なのにかくとうタイプを使うハラの前に現れて勝負を挑んだが、果たして勝つことはできるのか」という検証が行われたが結果は…

カイロスの弱点補完としてレートでも何度か使われた。

解禁された冠の雪原以降の剣盾実況において、ちょくちょく『全自動動画宣伝装置』として

動画冒頭のポケモンキャンプ内で寝ながら動画サムネイルをポップアップしていたが、

剣盾末期動画では防寒対策をしていたり休暇をとったり二日酔いに悩まされたりとバリエーションに富んでいる。

剣盾対戦での目ぼしい活躍は無かった。


剣盾から現れた珍獣。サザエさんの頭を彷彿とさせる(?)大量の石炭(通称「ふざけたカタマリ」)が特徴。東方仗助が序盤で先輩に言われたセリフが由来かと思われる。

ポケモンキャンプでボールを投げてあげると、その上にボールを乗せ、期待に応えて(?)くれる。


動画

レイえもんとマリサの2名による「一つの題材を説明口調で展開するスタイル」と、質素で緩やかなテンポでの進行が特徴。

基本的にポケモンの動画が多いが、対人戦だけでなくポケモンの図鑑説明に焦点を当てた動画や検証動画、縛り下でのゲーム内トレーナーへの挑戦など内容は様々である。

また音楽関係の動画も多く、マリオメーカーやあつ森での演奏や、ポケモンBGMの解説なども投稿している。


ポケモンGO

カイロスに呪われた全ての元凶。

10kmタマゴからカイロスが出まくる絶望を動画にしたのがそもそもの始まり。その後ポケGOだけでなく他の動画でもカイロスネタを多用することとなる。

動画内容はイベントでの色違いゲットが主。

なお、現在の動画スタイルはその同じカイロス動画から始まっている。


ポケモン対戦実況

開始時期はサンムーンから。

カイロスに呪われているため毎回カイロスがパーティに入り込んでいる(とはいえ必ず選出されるわけではないし、むしろほとんどの場合通りが悪いので選出率は低め)。


SM時代はカイロスの他に、ラグラージランド爺さんボル爺さんゲッコウガギルガルドミミッキュポリゴン2ツボツボキリキザンウツロイドテッカグヤなどのポケモンを使用。全体的にいわゆる「積みアタッカー」が多い印象を受ける。

カイロスさんの役割は主につるぎのまいを積んでメガカイロスの高い素早さと火力で押し切る、または体力の少ない相手にとどめを刺すハイエナプレイをすること。曰く「弱った相手には強い」「弱い相手には強い」「強い相手には弱い」


カイロスやまさこがリストラされた剣盾からはカセキメラの一体であるパッチルドン、綺麗なまさこことブリムオン、内定を勝ち取ったイワークの進化系であるハガネールなどを用いたトリルパを主に使用。ちなみにパッチルドンの対戦動画を初めて投稿したのは氏が初めてである(当時は他のカセキメラと比べると育成論がほぼなかった)。

また、サワムラーネギガナイトをカイロス扱いして起用するなど相変わらずである。

カイロスの解禁後は、メガシンカを失ったため、特性じしんかじょうスカーフカイロスで先制ハサミギロチンを撃ちこんだり、耐久力を上げてカタロスにしたりと様々な方法で運用している。

ポケモンカード

対戦動画はなく、ほとんどが開封動画となっている。パックの入った箱を開けたら中にカイロスさんのぬいぐるみなどが入っているのはお約束。

ちなみに後述のサワムラー=カイロス説の元ネタは昔のカイロスのカードである。


ポケモンマスターズ

カイロスがダツラの相棒として実装されたためガチャを回し、無事入手。

その後も何度かガチャを回す動画を上げていたが、ダブりが尋常じゃなく多くなってしまった。


ポケモン企画・シリーズ

レート対戦の他にも様々な企画・単発企画を不定期に行っている。


  • 虫一匹の伝説狩りシリーズ

レベル100のカイロスがウルトラホール内の伝説ポケモンを連続で倒しに行くという内容。

途中でうっかりカイロスをボックスに預けてしまうこともあったものの、Part7.5まで続いていた。

しかし次第に重複が目立ちワープホール厳選に手間取るようになり、一覧表の撃墜マーク「×」の二重を「米」の字に見立てて「ムシヒカリ」なる米が賞品のビンゴゲームと嘯いていたもののやがて途絶え、後の動画で失踪企画扱いされる。

そして、2023年3月11日に7虫年記念で失踪5周年を超えて再開した。コメント欄では4年ぐらい「虫の伝説狩りから逃げるな」というコメントが来ていた。シリーズの総集編も兼ねている。ムシヒカリは腐ったが食べられるらしい。


  • 四天王シバさんシリーズ

初代最弱の四天王と呼ばれるシバに関するシリーズ。

シバ(のパーティ)が各地の四天王やジムリーダーら様々な相手に挑戦する。


  • タダシパシリーズ

ポケットモンスター・ブラックの中古ロムに残っていたタダシというトレーナーの手持ちポケモンを用いたシリーズ。

元々は中古ロムでカイロスヘラクロスのどっちが数が多いかの検証動画だったが、彼のデータの方に注目が集まりシリーズ化(開封動画のオチも珍獣3匹が同一ボックスに揃い踏みと強烈だったものの)。

その後、彼の遺したパーティ(+イベントで捕獲するレシラム)をステータスそのままで用いてクリアできるかの検証動画がPart3まで投稿、無事完結する。

その後剣盾においても彼の手持ちを意識したパーティでランクマを行う動画が投稿される。無事モノズジヘッドに進化しているが、大人の事情で相棒御三家のエンブオーが出演できない不幸も降りかかる。

さらにSMでもタダシパで四天王及び主催者に挑む動画が投稿された。

内容が内容なので、珍獣要素はほぼゼロとなっている。


  • 珍獣三兄弟による絶望カロス制覇の旅

珍獣三兄弟でポケモンXのクリアを目指す縛りプレイ。なおまさこは技取得の都合でPart17時点でもムチュールのまま。

・使用ポケモンは珍獣三兄弟(秘伝要員は戦闘にだしてはいけない)

・戦闘中はアイテムの使用禁止(ポケモンにアイテムを持たせるのは可)

・勝ち抜きモード

・出来るだけ戦わない(低レベル縛り)

最初の草むらでポッポに全滅したり、ザクロを倒すのにTEKE225かかったりとかなり苦労している。しかし、メガカイロスを手に入れてからは一気に進むようになった。

忘れたころに続きが投稿されているため失踪はしていない。


  • 都市伝説系

有名な「ゲンガー=ピクシー説」「ミミッキュの中身ポリゴン説」などの動画のほか、「サザンドラからアクジキングが作られた説」(今では有名だが、投稿時にはこのチャンネルしか無かった)といった独自性の高いものが上げられている。

また、サワムラー=カイロス説」という完全にネタな説も登場している。


ポケモン以外

自作の音遊びコースの紹介や、他人が作ったコースのプレイ動画などを投稿している。

ちなみにこのチャンネルの最初の動画はこのマリオメーカーであった。しかし後に黒歴史動画認定されてしまう。


たまに動画を投稿。作ったMiiでレースに参加している。


かなりハマった好きな作品で色々対戦動画をupしようと考えていたが、いざ実況してみると何を話していいかわからなくなってしまった。


剣盾でリストラされたカイロスを探す為に始めた無人島生活。

セキチクシティを再現した島を作ったり、色々な楽器を作って演奏したりしている。


余談

  • 2018年のクリスマス動画(投稿日:2018/12/26)では登場キャラがサンタ帽を被っていたのだが、その後の動画で「脱ぐのを忘れた振りをするのを忘れる」「なので今回はしっかりと脱ぐのを忘れる」などしていた結果、以降の動画でずっとサンタ帽が動画に出現している(最近はよく探さないとわからない箇所にあったりもする)。結局そのまま1年後のクリスマスを迎えてしまうこととなった。
    • 後の動画にて、鼻水を垂らして寒そうなパッチルドンを温めるためであるという(後付けの)事実が明かされた。

  • ポケモン剣盾では登場ポケモンが選抜制となり、カイロスとルージュラがリストラされたため珍獣3兄弟がイワーク一匹となってしまった。だが、2020年1月9日のポケモンダイレクトで、本編初の有料追加コンテンツ「鎧の孤島」「冠の雪原」が発表。合計200種類以上のポケモンが復活すると告知され、カイロスやルージュラが復活する可能性も出てきた。そんな中で、ゲームのニュースサイト「インサイド」で、既に登場を決めたポケモン以外を対象に「エキスパンションパスで登場してほしい過去作ポケモンは?」というテーマで読者アンケートが行われたが、600族のカイリューボーマンダ、人気の高いハッサムゲッコウガを抑えて、なんとカイロスが1位になってしまった。しかもご丁寧にレイえもん氏の名前が堂々と記事に書かれ、読者のコメントもほぼファンによるもの(参照)。
    • この反響はTwitterのトレンドでカイロスが1位になったほど大きく、本人も動画内でネタにしている(参照)他、この動画や当日に挙がった動画(参照)にも「レイえもんが好きだから投票した」「あなたのせい」といったコメントが多く寄せられた。
    • そして鎧の孤島が配信された6月17日、要望が実現したかのようにカイロスの内定が決まった。Twitterでは「カイロスだ!カイロスじゃねーか!」という内定報告が大量に書き込まれ、再びカイロスがTwitterのトレンド入り。レイえもん氏とカイロス、それぞれの影響力の大きさが窺える。

  • マッシブーンの人と同様にYouTubeで「カイロス」と検索するとこのチャンネルに行きつく。それだけでなく、他ポケモン実況者の動画に一瞬でもカイロスが登場した瞬間にコメント欄に「カイロスだ!」「カイロスめ!」「カイロスじゃねーか!」と打ち込まれる異常事態が発生するだけでなく中には「あれ?チャンネル間違えたか?」と言い出す者すらも。
    • 結果、とある生声実況者がコメント欄が「カイロスだ!」で溢れかえったが為にカイロスが主役の動画を作るという取り返しのつかない事態すら発生した。カイロスめ!
    • なお、人によってはこうした現象が起こることを快く思わないこともあるため、本人の関係ない場所で過度にネタを持ち込むのは控えるようにしよう


  • いつかの動画でレイえもん氏は「メガカイロスさんは無駄な虫タイプのせいで弱点が増えているため飛行単タイプになればもう少し強くなるのだが」と言っていたがテラスタルの実装で本当にひこう単タイプのカイロスを実現できる...と思いきや肝心のカイロスさんの内定が未定であるため、まだひこうカイロスさんは実現できない。
  • DLCが配信された結果として、カイロスどころかイワークやルージュラといった珍獣3兄弟が軒並み未実装というオチとなった。なお、上述の間違えられたチャンネルはマッシブーンは未実装だが、他メインポケモンは全員実装している

関連タグ

カイロス ルージュラ イワーク ポケットモンスター

ゆっくり実況 ポケモン実況者

ぽへチャンネル…同期のポケモンゆっくり実況者。相棒枠が個性的な見た目の虫ポケモンである点が共通しており、またお互いにお互いをネタにしたこともある。

ミーアのゆっくり…同じくポケモンゆっくり実況者で、作中トレーナーの再現パーティー企画を度々投稿する共通点がある。


関連リンク

レイえもん@ゆっくり実況

レイえもん氏のTwitter

関連記事

親記事

ゆっくりポケモン実況者 ゆっくりをつかったぽけもんじっきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26074

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました