ピクシブ百科事典

エルトライト

えるとらいと

エルトライトとは、主にポケットモンスターの動画を投稿しているゆっくり実況者である。
目次[非表示]

概要

主にポケットモンスターの動画をYoutubeに投稿をしているゆっくり実況者である。
初期こそ真面目な実況をしていたが、「600族の恥」ことジャラランガをはじめとした不遇な恥ポケたちを使い始めたことにより、恥系実況者として有名になった。
恥と呼ばれるポケモンを使う動画を作り続けた結果、無駄に急所を食らったり低確率の状態異常に苦しんだりとプレイングに恥が伝染してしまった。
ネットで「ポケモン」「恥」のキーワードで検索するとこの人が出てくる。
(尚、YouTubeでは「恥」と検索すると一番上に出てくることが確認された)
チャンネル名の由来は、DEATHNOTEの登場人物であるL夜神月

ちなみにチャンネルのアイコンは「りんごがめさん」という名のオリジナルキャラクター。
背中にミズゴロウを載せている(以前まではミズゴロウの公式絵をアイコンにしていた)。
腕につけているのは黒いこだわりスカーフキョダイマックスの姿もあるとか…?

ここまで読むと全ポケモンで一番好きなのはジャラランガかミズゴロウなのでは?
…と、思ってしまう人もいるだろうが、全ポケモンで一番は第2世代のバクフーンとの事。

登場キャラクター

東方レギュラー

  • 博麗霊夢
    • 友達のいない性格厳選を失敗した陰キャイキリ中二病恥饅頭。うp主の役割もかねている。
    • USUMでレート2000、剣盾では最終順位三桁に到達するほどの実力者で、使用率が低いポケモンを使ってかなりの勝率を誇っている。
    • しかしジャラランガと恥運が足を引っ張っているので、勝てそうな試合で負けたりしている。
  • 霧雨魔理沙
    • 黄色いポケモンが好きなバナナ饅頭。
    • 基本的には敬語だがたまに毒舌になったり、霊夢がマリオメーカー2にてミスをしたりするととても嬉しそうな顔をする。また、時々ダジャレを言う。
    • 主役回ではジャラランガを使ったがジャラランガが恥をさらしたことによりいい活躍ができなかった。その後リザードンを使ったが、あの虫にボコボコにされた。


ポケモンレギュラー

  • ジャラランガ
    • 恥の原点にして頂点。こいつのせいで負けることが多い。
    • 動画内での一人称は「おれ」。図々しい性格で、何かにつけて活躍の場を要求する。
    • 相棒だが出番は少なくレート2000チャレンジの時もパーティに入れてもらえなかった。また、剣盾では専用Z技の没収、冠の雪原で全ての準伝説が解禁された事も重なり、パーティ入りする頻度は更に減っている。
    • 主曰く剣盾のジャラランガは毎回違う型を使い主役回を作るという方針らしい。
    • 稀に敵として登場することがあるが、大抵返り討ちにあっている。
    • 自分の能力の低さを馬鹿にされると「ぶん殴るぞ」と腹を立てるが、一方で自分のせいで負けた時には素直に謝る姿勢も見せる。
    • また、霊夢の動画編集補佐の仕事も請け負っていて、月100時間超のサービス残業を強いられている。
    • 2020年8月にチャンネルオリジナルの立ち絵が追加された。
    • ポケモンマスターズでシロナがマジコスでジャラランガを使っていることに誇りをもっている。
  • ウツロイド
    • このチャンネルに登場するキャラとしては珍しくあんまり恥を晒したことがない。
    • 動画内での一人称は「私」。かわいい。
    • USUMではレート2000チャレンジ時にパーティ入りするなど、かなり信頼されている模様。
    • 剣盾には冠の雪原で内定するまで登場出来なかったが、内定前でも変わらず動画での出番があった。
    • 初期はそうでもなかったが現在はめんどくさがりな側面が出てきている。
    • あまり活躍できなかった際には、霊夢に対してコンビニでパンを買ってくるように命じている。
    • あらゆるどくタイプのポケモンに変化する生態を持つ。冠の雪原にてウツロイドが内定して以降は他のポケモンに変身して不正入国する必要が無くなったため、変身する頻度は減ってきているようだ。
    • なお、過去に動画内で変身したポケモンと変身方法は以下の通り。


その他ポケモン

  • ミズゴロウ
    • ホウエン御三家の一匹で、このチャンネルのアイコンにもなっているポケモン。
    • だがその進化系であるラグラージを全く使っておらず、それはラグラージ回で自虐している。
    • むしろ後述の通り動画内においてはミズゴロウには嫌な思い出がある。
  • ジョウト御三家
    • 最弱の世代。
    • 彼らがメインの動画はこのチャンネルの動画でも群を抜いて再生数が高く、現在は300万再生となっている。
    • 冠の雪原にてホウエン御三家が揃ったのにも関わらずジョウト御三家には何もなかったことを嘆くなどかなり愛着があるようだ。
  • マリルリ
    • 通称:ぽよぽよ破壊神さん。かわいい。
    • USUM剣盾の両方でメインの動画が投稿されている他、レート2000チャレンジやフーディン回でもはらだいこで大活躍しているなどまさに破壊神。
  • カバルドン
    • カバさん。本人曰く第4世代で最も好きなポケモン。
    • 曰く「ポケモン対戦が単なる殴り合いじゃないということの象徴みたいなポケモン」であり、サイクル戦という戦術を好む氏と相性がいい。
    • その性質上主役ポケモンとなることはないが、出番があればほぼ確実に仕事をするいぶし銀。こうげきが3段階上昇したザシアンの攻撃を耐えたことも。
    • あまりポケモンの性別にはこだわらないようだが、カバルドンはメス派らしい。
    • ちなみに動画内でプレイングミスをした際に「プレイングガバルドン」なるギャグ?を発するのが定番となっている。
  • ランクルス
    • 通称:ぽよぽよ守護神さん。本人曰く第5世代で最も好きなポケモン。
    • 剣盾回のラストでレギュラー入りするかもしれないことを仄めかしていたが、その後はあまり使われていない。
    • しかし、2周年記念動画では後ろでジャラランガやストリンダー(ウツロイド)と共にポケモンキャンプに参加していたり、とあるゆっくり実況者とのコラボ回では手持ち全員をチャンネルのマスコットやメインにしたことのあるポケモンで固めた事を見習って、ランクルスとりんごがめの代わりのタルップルを入れるなどチャンネルを代表するポケモンの1匹として認識されているようだ。
  • テッカグヤ
    • 初期に登場していたが、パーティに合わないのとキャラづけがめんどくさいという理由で出番とボイスを奪われた。
    • 次にボイスがなかった場合、霊夢に対してヘビーボンバーを喰らわせると警告(脅迫?)していたが、今のところは喰らった気配はない模様。
    • 過去に1度、暑さで体がスリムになりエアームドに変身したことがある。
    • レート2000チャレンジではかえんほうしゃバンギラスやけどにするなどの大活躍をした。


エピソード

主な恥回

  • 六世代御三家の恥、ブリガロンの特集をした時にやどりぎのタネを3連続で外し、どくどくを外し、じしんが急所に当たり、ほのおのパンチでやけどを引いた。これを引く確率は0.000042%である。…ここまでくるとこおりのキバが当たっただけで奇跡に思える。
  • ジョウトポケモン統一パでスペシャルレートに潜った際、当時アイコンであったミズゴロウにパーティを半壊されるという大恥を晒した。尚、アイコンがミズゴロウから「りんごがめさん」に変更されたのはこの件が原因だと思われる。
  • オニゴーリの犯罪者呼ばわりを無くそうと、ムラっけを使わないメガオニゴーリを使用したが、交代で出てきたメタグロスを凍らせてしまい、4ターンも動かないメタグロスを無傷で倒してしまい、オニゴーリはムラっけがなくても犯罪者と証明してしまう。
  • とある実況者とコラボ対戦企画を行ったが、その際お互い三匹中一匹は恥ポケモンを入れるルールを導入したが、恥ポケモンを出さずに二匹で勝ってしまう状況に。相手に恥ポケモンの名前を見せたいという理由もあって交代すると、リザードンの起点にされて敗北。ちなみに出さなかったら十中八九勝っていた。
  • とあるゆっくり実況者とのコラボでは、2戦目の選出でステルスロックを撒くためにジャラランガを初手に選択したが、うっかりジャラランガのみを選出するという恥を晒してしまい、再び仕切り直す羽目に。その後はジャラランガがメルメタルによって倒されてしまい、続けて出したタルップルも急所込みで倒され、最後のザシアンダイマックスを使われ、最終的に三縦される。
  • 剣盾で冠の雪原以降の環境はジャラランガの活躍は難しいと考え、実装前に活躍させようと考えた。ジャラランガを初手ダイマックスさせダイアースで特防を上昇させる事でフェアリー技も耐え弱点保険を発動させる型、と豪語したのに、初戦であっさりフェアリー技の急所を引いてジャラランガはワンパンされる。
  • この他にも、進化前ポケモンのヤミカラスに三縦されたり、動画内でブイズパーティに全敗だったりと、幾度となく「恥」を晒している。


このようにあまりに恥を晒し続けたせいか、ありえない運負けをしても視聴者から叩かれるどころか「お家芸」とか「本人確認」とか「知ってた」とか、もはや恥を晒す場面を望まれている。
また初夏のとある日「使用率圏外統一パ」でランクマに潜っている時、初夏とあって暑さから窓を開けてプレイしている最中に、「あああああああ」や「ほげえええええええ」などと叫びながらプレイをしていたら、「不審な叫び声がする」という理由で家に警察がやって来たことがある。
というように、実生活でも恥をかいているようだ。

補足

…と、ここまで読むとかなり運がひどいようだが、その腕前は前述の概要の通り実力は本物である。

  • ウルトラサンムーンではレート2000を達成。剣盾では最終順位三桁。弱体化シロナパ(まだリストラポケモンが多かったシーズン)で十五戦十三勝(二敗は急所負け)を上げる。
  • 使用率圏外の化身トルネロスをほとんどの試合で選出して最終順位三桁かつレート2000を達成(むしろエースバーンが肝心なところで技を外して足を引っ張っていた)。さらにこの動画投稿の後、シングルバトルにおける化身トルネロスの使用率がなんと90位前後まで上昇(しかも技構成は氏が紹介していたものと同じ)している。

また、コラボ対戦動画ではなぜか対戦相手が恥になる展開になることもあり、
  • 勝利を確信したコラボ相手「これもうリザードンで勝ちでしょ」と慢心し続けて最終ターン。「さよなら……(エルトライトの先制技が飛んでくる)ふぁ⁉ちょ、耐えろ! あああ!」「完全に恥晒した………これは実況者の恥っ……」
  • 別のコラボ相手がエルトライトと二回戦い、一戦目でカビゴンを相棒と呼んだ結果、次の試合で従来の相棒のサザンドラと対面。『これ以上ないくらい』サザンドラにボコボコにされて浮気はよくないと教えられる。
    • 「え、待って待って待って!」「一戦目にカビゴンを相棒って言ったのがよくなかったのかもしれない!」「エルトライトさん許してくれ!こんな姿を!世に晒したくない!」


ウツロイドバーチャル化計画

  • 絶賛失踪中企画。2018年8月に始動を宣言して以来一切更新されていない。本人は「挫折済み」としているが、視聴者は依然としてこの企画の再始動を待望している。ウツロイドが登場する動画のコメント欄には「#ウツロイドVtuber化計画から逃げるな」などのコメントが多くみられた。
  • ところが始動から2年以上経過した2020年10月3日、バーチャルウツロイド改め「白崎虚(しろさきうつろ)」として動画に登場。まさかの受肉に驚いたのか、コメント数は瞬く間に1000件を突破した。
  • また、正式なコラボは現時点で無いものの、とあるゆっくり実況者のファンアートで狂気の沙汰であるVtuberとの夢(?)の共演を果たす。


恥語録


プレイングガバルドン

  • 派生系として「日本語ガバルドン」「プレイングガバルジーナ」等がある。
特防ぺラップ
  • 本人曰く、上記プレイングガバルドンと共に流行らせたいらしい。
恥なのか?(結局)お前も恥なのか?
  • ある種、決めゼリフ。派生系として「神なのか?」「私が恥なのか?」等。
POYOの力なんだぜ
  • ぽよぽよコンビが活躍した時に放たれる決めゼリフ。
さあ思い出せ〇〇、(以下略)
  • 動画の主役ポケモンの見せ場シーンに使う口上。
そのあとの台詞はその都度微妙に違うがおおよそ「〇〇と言われた怒りを、〇〇と笑われた屈辱を、お前のその〇〇は〇〇(相手ポケモン)の心臓に届くんだよなぁ!」といった口上になる。
この時流れている魔王魂のBGM「BOSS8」は「恥のテーマ」と呼ばれる。
視聴者何やってんだァ
  • 時折見せる、神がかったことを視聴者が行う際驚きながら言う。
草も美味いよなぁ
  • 活躍しているポケモンがグラスフィールドの回復をする際に発する言葉。大体勝ち確ムードができているが、主が恥すぎてそこからの大敗をすることもある。
響け!勝利の音色
  • 最強の積み技、腹太鼓を使った時の決めゼリフ。主にマリルリ、ジャラランガが使用する。
眠れ、歴戦の王よ
  • 厨ポケを撃破した際にたまに使う決めゼリフ。黒子のバスケの赤司征十郎の台詞である。

関連タグ

ゆっくり実況プレイ ポケモン実況者
ポケモンUSUM ポケモン剣盾
ミズゴロウ ジャラランガ ウツロイド


外部リンク

YouTubeチャンネル
エルトライト氏のTwitter

関連記事

親記事

ゆっくり実況プレイ ゆっくりじっきょうぷれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルトライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5501

コメント