ピクシブ百科事典

改自

かんむすたちがかいじょうじえいたいにはいりました

「艦隊これくしょん」のキャラの現代化。
目次[非表示]

オリジナル艦娘を含むものは自衛艦これを参照。

概要

艦隊これくしょん」実装艦娘のうち、モチーフになった艦がかつての日本海軍と、現在の海上自衛隊の両方にある(前者は漢字、後者はひらがな表記)とともに、後者の艤装を装備するなどしているものに、「自衛艦これ」とともにつけられるタグ。
(愛宕を例にとると、本来艦娘のモチーフ元は重巡愛宕だが、その名を継いだ海自艦としてイージス艦あたご」があるため、艦これの愛宕がイージス艦「あたご」の艤装を身に着けている、といった具合)

ただし「自衛艦これ」にはオリジナル艦娘も含まれるのに対し、「改自」は艦これキャラに限られ、飽くまで艦これキャラの現代化であることを強調している。

なお「改自」とは海自と「改二」とを組み合わせた表現。発祥はニコニコ動画とのこと。

日本海軍艦の名を受け継いだ艦名が存在する海自艦の艦級

配列はネームシップの艦番号の若い順。

  • 「あきづき」型の代数は旧海軍の秋月型駆逐艦を、「あさひ」型の代数は旧海軍の朝日型工作艦(もと戦艦朝日)をそれぞれ初代とした。
  • 「あさしお」型は艦種が旧海軍の朝潮型の駆逐艦に対し、こちら海自では潜水艦、と異なるため代数は旧海軍とは別々。

現役

はつゆき型DD-122~133 日本初のオール・ガスタービン機関(COGOG)を採用した汎用護衛艦。ヘリコプターやC4Iシステム、各種ミサイルなどの兵装をバランスよく搭載。全12隻で艦これ実装艦つながりではともに3代目の「はつゆき」「しらゆき」の2隻があった。なお「はつゆき」「しらゆき」など7隻が退役(「しらゆき」は晩年練習艦(後述)となる)、3隻が練習艦に艦種変更されたため、護衛艦として現役にあるのは2隻のみ。
あさぎり型DD-151~158 汎用護衛艦の第2世代。全8隻のうち3隻が旧日本海軍の駆逐艦の名前を継いでおり、このうち艦これ実装艦つながりは、当代が2代目にあたる4番艦「あまぎり」のみ。
むらさめ型(2代目)DD-101~109 「はつゆき」型、「あさぎり」型に続く汎用護衛艦。9隻中8隻が日本海軍の駆逐艦の時代から続く由緒ある名称を持ち、これらのうち「むらさめ」「はるさめ」「ゆうだち」「いなづま」「さみだれ」「いかづち」「あけぼの」の7隻が艦これ実装艦つながり。「さみだれ」は2代目、それ以外は4代目で海自でも1度ずつ使用実績がある(後述)。
たかなみ型DD-110~114 「むらさめ」型の準同型艦にあたる。5隻とも日本海軍の駆逐艦の名前を受け継いだ(「さざなみ」のみ吹雪型(の中でも特Ⅱ型、俗称綾波型)に、残4隻は夕雲型に由来)。艦これ実装艦つながりでは現在ネームシップの「たかなみ」のほかに「さざなみ」がおり、いずれも3代目で「たかなみ」は過去に「あやなみ」型護衛艦の名称にもなっている。なお「さざなみ」の先代にあたる初期艦のひとり。
あきづき型(3代目)DD-115~118 防空能力を強化した護衛艦。4隻とも日本海軍の秋月型駆逐艦の名前を受け継いだ。艦これ実装艦つながりではネームシップの「あきづき」と「てるづき」がいる(当代が3代目)。
あさひ型(3代目)DD-119~120 最新鋭の汎用護衛艦。あきづき型とは異なり、対潜水艦に対する攻撃力を比重している。艦これ実装艦つながりでは2番艦の「しらぬい」がいる(当代が3代目)。
はたかぜ型DDG-171~172 イージス艦以外では最後のミサイル護衛艦で、先発の「あまつかぜ」「たちかぜ」型とは異なりヘリ着艦能力を持つ。「はたかぜ」「しまかぜ」の2隻があり、いずれも当代が3代目。
こんごう型DDG-173~176 イージス艦。「こんごう」「きりしま」は日本海軍の戦艦から、「みょうこう」「ちょうかい」は日本海軍のそれぞれ異なる型の重巡洋艦から名称を受け継いだ。当代で「こんごう」「ちょうかい」は3代目、「きりしま」「みょうこう」は2代目。
あたご型DDG-177~178 同じくイージス艦。「あたご」「あしがら」ともに日本海軍のそれぞれ異なる型の重巡洋艦の名称を受け継いでいる。当代で「あたご」は3代目、「あしがら」が2代目。
ひゅうが型DDH-181~182 全通甲板(空母)方式のヘリコプター搭載護衛艦。「ひゅうが」「いせ」ともに日本海軍の航空戦艦の名称を受け継いだ2代目。
いずも型DDH-183~184 ひゅうが型の拡大改良版。全長が248m、基準排水量が19,500tで、戦後就役した軍艦の中で最大である。艦これ実装艦つながりは2番艦「かが」である。「かが」は当代が2代目。
あぶくま型DE-229~234 平成生まれで初めて、かつ現在の海自で唯一の沿岸護衛艦。ヘリ着艦能力を持たないのも今や本級のみである。本級は海自艦で初めてステルス性を付与された外観をもち、前述の「むらさめ」型は本級にヘリ着艦能力とVLSなどを備えた強化版であるともいえる。6隻あり、「あぶくま」「じんつう」「おおよど」「せんだい」は日本海軍のそれぞれ異なる型の軽巡洋艦、「ちくま」「とね」は重巡洋艦の名称を受け継いだ。当代で「ちくま」「とね」は3代目、他4隻が2代目。
ちよだAS-405 同型艦のない潜水艦救難母艦。当代で4代目だが艦名は旧海軍の空母千代田とは異なり、江戸城の別名・千代田城に由来。なお老朽化のため同じ「ちよだ」を名乗る新型潜水艦救難艦・ASR-404に代替されることになった(そちらは5代目となる)。
そうりゅう型SS-501~509 AIP潜水艦で現在8隻が在籍する(ほかに1隻が艤装中)。艦これ実装艦つながりでは「そうりゅう」「うんりゅう」がおり、ともに艦名は日本海軍のに由来。
おやしお型(2代目)SS-592~600/TSS-3608~3609 葉巻型の船体を初めて採用した潜水艦。全11隻(最初の2隻「おやしお」「みちしお」は練習潜水艦に転用)の内、艦これ実装艦つながりでは「おやしお」「みちしお」「くろしお」がおり、ともに艦名は日本海軍のそれぞれ異なる型の駆逐艦に由来。当代で「おやしお」「みちしお」は3代目、「くろしお」が4代目。
かしまTV-3508 「かとり」の代替として建造された練習艦にして、現・練習艦隊旗艦。幹部候補生学校卒業後の初任幹部の実習訓練(内地巡航と遠洋航海)に用いられる。当代は3代目で、旧海軍の練巡鹿島とは異なり同型艦はない。
しまゆき型TV-3513,3517,3518,3519 「はつゆき」型2・8・10・12番艦を転用した練習艦。艦これ実装艦つながりでは2番艦の「しらゆき」がいたが、「しらゆき」がすでに退役したため、現在は日本海軍にルーツを持たない3隻が在籍するのみ。
てんりゅうATS-4203 世界の海軍全体で海自に「くろべ」とともに2隻きりの艦種・訓練支援艦の片割れ(どちらも同型艦はない)。軽巡・天龍の名を受け継いだが、命名基準は異なり、長野県の天竜峡に由来する。なお当代は3代目。
ひびきAOS-5201~5202 非武装の音響測定艦。2隻あり、ネームシップの「ひびき」は駆逐艦・の名を受け継いだが、命名基準は異なり、山口県の響灘からとられた。


関連イラスト

黒に満ちて候


艦これの満潮黒潮による新「おやしお」型「みちしお」「くろしお」。


過去に存在

はるかぜ型DD-101,102 初の国産護衛艦のひとつで2隻が建造された。いずれも実装艦の「はるかぜ」「ゆきかぜ」である。
あやなみ型DD-103~106,110~112 1950年代後半~1990年まで使用されていた対潜護衛艦。全7隻中、艦これ実装艦つながりでは「あやなみ」「いそなみ」「うらなみ」「しきなみ」と前述の「たかなみ」の5隻。
むらさめ型(初代)DD-107~109 1950年代後半~1980年代後半に使用されていた対空/多目的護衛艦。「むらさめ」「ゆうだち」「はるさめ」の全3隻。
やまぐも型DD-113~115,119~121 1970年代~90年代前半に使用されていた護衛艦。全6隻で前期型と後期型に分かれる。日本海軍の駆逐艦の名称を受け継いでおり、うち5隻が艦これ実装艦つながりで前期型に「やまぐも」「まきぐも」「あさぐも」、後期型に「あきぐも」「ゆうぐも」が存在した(残る1隻「あおくも」のルーツは、建造中止となった秋月型駆逐艦の「青雲」である)。
みねぐも型DD-116~118 1970年代~90年代前半に使用されていた護衛艦。やまぐも型の改良型で晩年は練習艦に。全3隻とも日本海軍の駆逐艦の名を継いだが、艦これ実装艦つながりでは「むらくも」のみ。
はるな型DDH-141,142 ヘリコプター搭載護衛艦。「はるな」「ひえい」ともに日本海軍の戦艦の名称を受け継いだ。本型の代替として導入されたのが前述の「ひゅうが」型である。
あきづき型(2代目)DD-161,162 1960年~1993年まで使用されていた指揮護衛艦。あやなみ型・むらさめ型(初代)の兵装を併せ持ち、対潜と艦隊旗艦機能が付与された。「あきづき」と「てるづき」の2隻。
あまつかぜDDG-163 初の艦対空ミサイル装備された護衛艦(ミサイル護衛艦)。同型艦はない。
たかつき型DD-164~167 1960年代~2000年代前半まで使用されていた対空/多目的護衛艦。全4隻中3隻が艦これ実装艦つながりの「きくづき」「ながつき」「もちづき」である(ネームシップ「たかつき」のみは旧海軍に同名艦なし)。
たちかぜ型DDG-168~170 1970年代~2010年まで使用されていたミサイル護衛艦で「あまつかぜ」とともに第1世代に数えられる。蒸気タービンが採用され、ヘリ離着艦能力がないのもこの世代のみという特色があった。3隻すべて日本海軍の駆逐艦の名をいただいたが、実装艦つながりは2番艦「あさかぜ」のみ。
あさかぜ型DD-181~182 アメリカ合衆国からの貸与艦で、元グリーブス級駆逐艦(リヴァモア級とも)。実装艦繋がりは「あさかぜ」(元「エリソン」)「はたかぜ」(元「マコーム」)の2隻。
あけぼの型DE-201 初の国産護衛艦のひとつ。海軍の駆逐艦・曙がマニラ湾で浮揚~解体された時期とほぼ同時期に進水~就役した。沿岸護衛艦で蒸気機関が採用された唯一の艦でもある。同型艦はない。
いかづち型DE-202,203 沿岸護衛艦。「あけぼの」型の準同型艦でこちらはディーゼル機関を採用した。「いかづち」「いなづま」の全2隻。
いすず型DE-211~214 同じく沿岸護衛艦。「いすず」「もがみ」「おおい」「きたかみ」 の全4隻。うち後期型は機関や武装で大きな違いがあることから「きたかみ型」とも。
ちくご型DE-215~225 同じく沿岸護衛艦。全14隻の予定がオイルショックによる建造費の高騰で11隻に。実装艦つながりでは「みくま」「ちとせ」「くまの」「のしろ」の4隻。また旧日本海軍関係では「よしの」(吉野型防護巡洋艦1番艦「吉野」)と「によど」(建造中止となった大淀型軽巡洋艦2番艦「仁淀」)がある。なお護衛艦の「ちとせ」は海軍の水上機母艦「千歳」とは命名基準が異なり、北海道の千歳川(旧名:支笏川)に由来する。
ゆうばり型DE-227,228 同じく沿岸護衛艦。前級「いしかり」があまりに小型過ぎ運用に余裕がなかったため、「いしかり」に比べて全長が6m延長され、基準排水量が180トン増加された準同型艦として建造。それでも本型も過小との評価を受け全2隻で打ち切り。実装艦つながりがネームシップの「ゆうばり」である。
わかば型DE-261 詳細は下記の「リアル改自」参照。
くろしおSS-501 アメリカ合衆国からの貸与艦で、元ガトー級潜水艦ミンゴ。同型艦はなく、これが海自潜水艦唯一の外国艦でもあった。旧海軍の陽炎型駆逐艦黒潮」に続き2代目。
おやしお型(初代)SS-511 海自としては2隻目の潜水艦。艦名は旧海軍の陽炎型駆逐艦に由来していたが、先代にあたる親潮とは異なり同型艦はない。
おおしおSS-561 潜水艦。艦名は旧海軍の朝潮型駆逐艦に由来していたが、先代とは異なり同型艦はない。
あさしお型(初代)SS-562~565 同じく潜水艦。全4隻のうち、艦これ実装艦つながりでは「あさしお」「みちしお」「あらしお」があり、すべて日本海軍の朝潮型駆逐艦に由来していた。
うずしお型SS-566~572 本型は米軍の実験潜水艦3代目アルバコアを発祥とする涙滴型船型・1軸推進方式を採用。実装艦つながりは「くろしお」のみで当代が3代目。「くろしお」を含めて5隻が後に特務潜水艦(ATSS)へと種別変更された。
はるしお型SS-583~589 同じく涙滴型の船体を持った潜水艦。全7隻の内、艦これ実装艦つながりでは「あらしお」「あさしお」がおり、ともに艦名は日本海軍の朝潮型駆逐艦に由来。最終7番艦で最後に除籍された「あさしお」は竣工後わずか3年で練習潜水艦に転用された。「あさしお」は当代が4代目、「あらしお」は同3代目だった。
かとりTV-3501 初の練習艦。後継の「かしま」と同様、幹部候補生学校卒業後の初任幹部の実習訓練(内地巡航と遠洋航海)専用に製造された。護衛艦「わかば」の対空レーダーを流用。旧海軍の先代までとは異なり同型艦はない。
ゆら型LSU-4171,4172 沿岸へき地地帯や離島への人員・物資輸送を目的とした輸送艦。海上自衛隊で最小の艦であった。実装艦つながりではネームシップの「ゆら」があるが、命名基準は異なり、愛媛県の由良半島からとられた。
あかし型AGS-5101 海洋観測艦。対潜戦略のパッシブ化に伴い、海上保安庁水路部(現海洋情報部)とは別個に海洋環境資料を収集する必要が生じた事から海上自衛隊として初めて計画されたもの。同型艦はない。


リアル改自

尚、文字面から「修により海の艦艇になったかつての日本海軍の艦艇」と曲解すれば、戦闘艦としてはDE-261「わかば」となった元橘型駆逐艦」が存在する。ただし、太平洋戦争期の旧海軍艦艇である以上「梨」としても「わかば」としても実装の可能性があり(田中謙介プロデューサーが実装を構想している旨の発言をした事あり)、就役時期が重複していないとはいえ、先代である初春型の「若葉」の現代化という本ページの意味での海自は考え難い。少なくとも2015年9月21日現在pixiv上で確認される艦娘化した「わかば」のイラストは、ほぼ全て完全なオリジナル艦娘としての姿である。


関連タグ

艦隊これくしょん 護衛艦 イージス艦
現パロ

初風(艦隊これくしょん):海自ではなく航空自衛隊になるが、1954~83年にかけて空自初の初等練習機としてはつかぜが存在した。

pixivに投稿された作品 pixivで「改自」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442627

コメント