ピクシブ百科事典

憎めない悪役(特撮・実写)

とくさつとじっしゃにおけるにくめないあくやく

特撮や実写版の憎めない悪役。
目次[非表示]

はじめに…
この項目にはネタバレが含まれております。

ウルトラシリーズ

資源が豊富な星として地球を狙い、植民地にすべくミジー星から派遣されてきた工作員で、メンバーはリーダーのドルチェンコ、作業員のウドチェンコ、オネェのカマチェンコの3人。普段はおもちゃ工場にカムフラージュして裏で全長400Mのメカニックモンスター・ガラオンを制作していたが、途中でタケシに発見されてしまい、パチンコ玉で転ばされ、かんしゃく玉で怯んだ隙に逃げられてしまう。次の日アスカ隊員を無理やり連れてきて調査させた際に見つかってしまったため二人を捕えるも、自分たちの計画を長々と話している隙に反撃され、戦闘でカムフラージュ装置が壊れてしまったためアジトの場所がばれてしまい、仕方なく頭だけで出撃、3つの顔からの攻撃でダイナを苦戦させるもミラクルタイプに翻弄され退却する。この失敗が原因で星から見捨てられてしまうも地球侵略を諦めたわけではなく、エネルギーが切れて動かなくなったガラオンを秩父の山奥に隠し活動資金を貯めるためにアルバイトしながらボロアパートで生活していた。そんなある日、隣の家の脚本家に侵略の計画書を書くよう依頼する。その内容はホログラムでガッツイーグルを翻弄して捕獲、彼らを人質に大量の電気エネルギーを照射させてガラオンを復活させ、ダイナを倒すというもので、ホログラムを空に投影したまではよかったが映像が乱れたことでばれてしまい猛攻を受けるも偶然落雷が発生しガラオンが復活、体当たりやビーム乱射でダイナを苦しめるも途中でエネルギーが切れてしまい、ソルジェント光線でガラオンを破壊されてしまう。この戦いの後この脚本家が脚本した映画に出演させてもらっていたのだが、最後にくしゃみをして元の姿に戻ってしまい現場をパニックにさせた。そしてOVではアーウォンを操っているという濡れ衣を着せられ、スーパーGUTSに逮捕されてしまう。しかし、ダイナがワンゼットに捕えられてしまったためダイナ救出に協力させられることとなり、小型のガラオン、ぽちガラオンを開発し、ハネジローを使ってワンゼットの頭部から体内に投入し、内部の装置を破壊してワンゼットを倒しダイナの救出に成功するが、指揮系統を乗っ取ることに成功したことに気付き、そのままワンゼットを操ってダイナを倒そうとするが調子に乗って無茶な操縦をしたことが祟りコントローラーを壊してしまい、反撃された挙句レボリウムウェーブでワンゼットはブラックホールに突き落とされ作戦は失敗、TPCの隊員たちに追われ逃走した。

べりあるちゃん


光の国で唯一闇に堕ちたウルトラマン。
映像作品中では冷酷非道な悪役として描かれているが、ヒーローショーやネット上ではコミカルな一面を見せる事が多い。
ウルトラマン列伝』にてナビゲーターとして登場した際は、『ザ☆ウルトラマン』の映像を見てアニメデビューを夢見たり、放送時間がもうない事を知ると駄々をこねて放送延長を訴え暴れ出し部下達が止めに入るなど、コミカルな一面が目立った。

仮面ライダーシリーズ

薔薇の肖像


オルフェノクで構成された組織・スマートブレインの社長。
誰に対しても紳士的な物腰で対応し、感情に流されず常に実益を重んじる冷静さと、時には敵をも迎え入れる度量の広さでスマートブレインを取り纏めている。
かつては人間とオルフェノクが共存できる世界を目指していたが、人間から迫害を受けたことで諦めてしまったらしく、その事を語る際は涙をのんでいた。また、かつての自分のように人間とオルフェノクが共存できる世界を夢見ている同族がいつか自分のように人間達から迫害を受けてしまうかもしれないことを心配している素振りを見せた。最期はに自ら命を捧げる形で死亡した。

当初は海堂直也長田結花を圧倒し、主人公・乾巧からベルトを奪うほどの大物っぷりを見せたものの、後に澤田亜希北崎が出現すると徐々に小物化していき、徐々にコミカルな一面を見せるようになった。

本作の敵幹部ポジション。
ネタ要素の多いウヴァさんや母性溢れるメズール、紳士なカザリや言動が幼稚なガメルといった個性的な人たちで構成されており、ライダーより人気が出るほどだった。

パッション!


変身後の如何にもわかりやすい凶悪な容姿や好戦的な性格、中盤のビートライダーズへ差別的な嫌がらせから悪のライダーというイメージが強かったが、オネエ言葉である事から次第にギャグキャラと化し、重要なことも見事に明かすなどで憎めない仮面ライダーとなった。
また、終盤には完全な味方サイドとなった。

「さぁ、始めますわよ!破壊と暴力のパジェントを!」
「バッカモ~ン!恥を知りなさ~い!!」

ドライブ本作の怪人の総称。
劇中冒頭で『グローバルフリーズ』なるテロリズムを行った元凶でもある。
しかし実際は一部の狂気的思考を持った者を除いて、行動が幼稚ながらもコミカルだったりコピー元よりまともなダークヒーローやってたり自身の都合とはいえ人間を守ったり人間と仲良くなって一時的に共存したりしている
もちろん擁護出来ない悪行を行っていた者もいる(069等)が、そのほとんどが『人間の悪意をコピーしたもの』だったり『人間の感情を知らないゆえの歪んだ解釈』だったりする。

スーパー戦隊シリーズ

男球


今や伝説級の「憎めぬ悪役」たち。ストーリーが進むごとにギャグ怪人の比重が増していき、機関車仮面、野球仮面(イラスト)、牛靴仮面などの名怪人が誕生した。
ただし、造形や言動がコミカルでも、作戦自体はシリアス、かつ侮れぬ実力を秘めているのがミソ。野球仮面や牛靴仮面は、ゴレンジャーの向こうを張ってチームプレイで対抗したり、必殺技ゴレンジャーハリケーンバットで打ち返すわ、逆必殺技“黒十字ハリケーン”で対抗するわとやりたい放題。野球仮面は、部下思いの一面を垣間見せたりもして理想の上司っぽかったり。
一方、見た目(造形)がギャグでなくとも、不意打ちで一発ギャグが飛び出したりもするので、油断ならない。岩面(イワヅラ)仮面が、モモレンジャーモノマネしたり。

バンドーラ一味


ジュウレンジャーの敵組織に当たる史上最大の魔女とその一味。とある理由から大サタンに魂を売り、魔女となる。それからは地球を死の星にしようとしており、特に子供が大嫌いで作戦も子供を狙った卑劣な物が多かった。しかし、感情豊かで愛嬌があり、嬉しいことがあると部下と歌ったり踊ったり宴会をするなどのノリの良さ、部下の世話を焼くなど部下思いな所もあり、恐れられながらも慕われている。前作の敵組織は幹部同士の衝突が絶えないギスギスとした雰囲気だったのに対しこちらは全体的にアットホームな雰囲気で仲もよかったため戦隊よりも人気が出るというほどであった。その人気のためか、今の所スーパー戦隊シリーズの敵組織で唯一幹部から誰も死者が出ていない。

3バカちゃんズ


ダイレンジャーの敵組織に当たるゴーマ族の落ちこぼれ怪人神風大将、墓石社長、電話先生の三人組。ザイドスにより「三人一組なら何とかなるだろう」という理由でチームを組まされ、自分たちを見下してきたゴーマに復讐するため真っ向からは勝てないダイレンジャーに何とか勝利するためスポーツ勝負を挑むも負けが続き、遂には戦闘員であるコットポトロからも見捨てられてしまった。
だが勝負を続けるうちにダイレンジャー、特にテンマレンジャーこと将児と奇妙な友情で結ばれるようになり、正々堂々と決着をつけることを誓うが、バイクレースを利用したザイドスの罠から将児を庇い爆弾の爆発に巻き込まれ生死不明になるが全員無事であり、ゴーマとは縁を切るという連絡と寄せ書きの旗を将児に送った。

「風を切り裂く赤い弾丸!爆走星・神風大将!」
「手と手のしわを合わせて拝め!御供養星・墓石社長!」
「全国どこでもフリーでスパイ!電電星・電話先生!」
「燃える三ツ星!有名無実三怪人、ゴーマ3ちゃんズ!」

ゾンネットさまと愉快な仲間達w


カーレンジャーの敵組織にあたる宇宙の暴走族。当初こそ気まぐれで惑星を襲撃しては金品を略奪し、最後は花火と称して惑星を爆破したり、宇宙で事故にあったスピードレーサーを洗脳して皿洗いとしてこき使った挙句カーレンジャーと戦わせたりと悪役らしい一面はあったが、ストーリーが進むにつれ徐々に悪役らしさが低下していき、徐々に馬鹿馬鹿しさあふれる愛すべき馬鹿達へとシフトしていった。そして終盤に現れた真の敵と戦うため、なんとカーレンジャーたちと和解してしまった

ゴードム文明


ネガティブシンジゲートの一つ・ゴードム文明の首領。
不気味な雰囲気を漂わせていると思いきや、現代科学のことについては全く知らないおバカさんな所もある。
尚、戦隊シリーズでは『電磁戦隊メガレンジャー』のDr.ヒネラー以来9年ぶりに登場した顔出しの男性敵幹部でもあり、演じた大高洋夫氏も、いつか復活したいと語っている。

「おのれ~!ボウケンジャ~!!」(もはやお約束ともいえる退却時の台詞)

ネガティブシンジゲートの一つ・ダークシャドウの面々。
悪の組織としては珍しく人畜無害な面々なため、憎めないところがあり、
終盤では闇のヤイバの裏切りに遭うも、最終的に生き残り、その後もプレシャスをめぐってボウケンジャーと争うところで物語は終わる。
その後、戦隊VS関連で再登場を果たしている。

ミニミニ三大臣


当初は悪として揺るぎ無い存在だと思われていたが、次第に憎めないキャラとしてのイメージが強くなり、一度死亡しても戦隊VS関連映画で再登場している。

デーボス軍の幹部だが、人畜無害でアイガロン曰く、「人を殺していない」とのこと。
本来敵であるキョウリュウジャーのメンバーとは物語が進むにつれて仲良くなっていき、最終的に改心した。
そしてクロスオーバー系では戦隊を応援するほどである。

その他の憎めない悪役

デスカル三将軍


セイザーXと戦う宇宙海賊デスカルのオバカな火将軍ブレアード、ツンデレな水将軍アクアル、小物な風将軍サイクリードの三人組。前作のデモンナイト、前々作のインパクター・ロギアと同じく敵から離反した悪役でもある。また、超星神シリーズ全体を通しては、変身後のヒーローおよび普段の敵側に掛けられていたボイスエフェクトが、この三将軍およびもう一人の将軍である雷将軍サンダーラには掛けられていない。
セイザーXとは宇宙の秘宝「コスモカプセル」を巡って何度も対立したライバルキャラだが、上述したタイムボカン三悪のようなコミカルさも持ち合わせている。
デスカル崩壊後、未来から来た彼らの子孫たちであるネオデスカルに保護されたが、ネオデスカルが気に入らなかったブレアードが離反。主人公である安藤拓人に拾われ縁側のポチにジョブチェンジ。その後はアクアルとサイクリードも離反し、三人そろって安藤家の庭先やお茶の間にすっかりなじんでしまった。ある意味では『超星艦隊セイザーX』を代表するキャラクター。

ブレアード「お待たせしました~でへ」
アクアル「やっと三人そろったから挨拶に来てやったわよ!」
サイクリード「ねえ何やってんの?何やってんの?」

数が多いので代表的なキャラのみ追加する。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「憎めない悪役(特撮・実写)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7319

コメント