ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

やったか!?

まだうごくだと

大抵の場合は「やれてない」。(言われる側にとっての)強烈な生存フラグとなる言葉。
目次 [非表示]

解説

「やったか!?」とは「生存フラグ」の一種。

「やったか!?」と言われた対象はだいたい生きている。


そして、同時に言った側にとっては「負けフラグ」(最悪の場合「死亡フラグ」)となる。

相手が倒れたと思って油断したことで大きな隙ができるため、大抵は「やったか!?」と言った次のシーンあたりで強烈な反撃を受けることになるのである。


大抵は強力な敵に苦戦しながらも(その時点で主人公側が出せる最強の)必殺技を決めたにもかかわらず倒すことができないという絶望的な状況と、敵の強さを印象づける非常にインパクトのある展開が繰り広げられる。


しかし、あまりにも同種の展開が用いられる作品が多く制作されたため、一種のテンプレとしてネタ扱いされ、その象徴として扱われるようになったのがこの台詞(あるいは語句)である。


そのため、近年の作品において「やったか!?」という台詞(語句)はある種のジンクスのような扱いをされており、言った直後にそばにいる仲間から「その台詞はやめろ!」と釘を刺されたり、思わず言いかけて慌てて口をつぐむ(あるいは仲間にふさがれる)展開も増えている。よりシリアスな演出の場合も、「やった」かどうか判明する前から仲間に「いや……まだだ!」などと警戒を促されたりといったパターンも見られるようになってきた。


また、言わなければ普通に倒れていたかもしれない、言ったことで生きていることが確定したようにも見えることから、もはや生存フラグを超えて蘇生呪文のように扱われたりもする。


もっとも、テンプレ化していることを逆手に取って、「やったか!?」を言いながら倒れなかった敵に、さらなる攻撃を加えて今度はしっかり止めを刺すといった形で受け手側の意表を突く演出がなされるケース、あるいは「やったか!?」と言いながら目的(敵の撃破、悪の組織による災害阻止、操られた味方の洗脳解除)は成功しているというもあったりするケースも出てきており、必ずしも戦局確定とは言えなくなっている。


ちなみに、似たようなセリフで「やったのか……!?」だと「やったか!?」よりはやれてることがあったりする。本人ではなく仲間が言っていればその確率も上がる。


中には勇者警察ジェイデッカーの第44話や、ウルトラセブンのVシネマ版最終話で状況や立場上「やったか!?」というセリフ自体不適切であろうシーンにおいてこの言葉が使われた実例もある。


関連タグ

お約束 生存フラグ 死亡フラグ 敗北フラグ 返り討ちフラグ グミ撃ち

イデオン:「やったか!?」で明らかにやりすぎなことになっている希少な例。

ACVI:「やったか」と発言するキャラが2いるがだいたいやっている希少な例。


ゴジラ-1.0佐々木蔵之介が演じる秋津淸治を中心に「やったか!?」の嵐な作品。


外部リンク

ニコニコ大百科の類似記事

関連記事

親記事

生存フラグ せいぞんふらぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2706734

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました