ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『ニチアサトラウマラッシュ』とは、ニチアサキッズタイムに数年に一度起こる数々の衝撃連鎖である。
重要キャラの退場を含む衝撃的な展開が相次ぎ、子供たちはもちろん大きなお友達に至るまでショックを受ける者が続出した。


主なニチアサトラウマラッシュ


第一次ニチアサトラウマラッシュ

別名:1月19日ショック
詳細はリンク先を参照。

第二次ニチアサトラウマラッシュ

別名:10月25日ショック
詳細はリンク先を参照。

第三次ニチアサトラウマラッシュ

そして2017年5月28日、悪夢はまたしてもやってきた。(第三次ニチアサトラウマラッシュ。)


第四次ニチアサトラウマラッシュ

別名:8月12日ショック
詳細はリンク先を参照。


番外編

番外編その1:ニチアサ事変

2020年東京五輪が決定した2013年9月8日も、同様にトラウマシーンの連続であった。


この日はオリンピック開催地選考委員会中継からの流れだったため、より印象に残ってしまっているかもしれない。

番外編その2:2月1日ショック

2015年2月1日の緊急報道特別番組により、ニチアサキッズタイムとニチアサ民が大打撃を受けたもうひとつの悲劇である。

ほとんどの地域では6:30~8:00の3番組が放送されなかった。しかし、これはネットをする系列各局ごとの判断であり、放送をした地域もごくわずかだがあったらしい。

対象の3番組全てが翌4日までに「翌週に再放送」ということをほぼ決めた。この影響で、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」が1週先延ばしでのスタートとなった。
また、当時行われていた「ワールドトリガー」のキャンペーンは同日放送分のキーワードをHPで公表のうえ、応募締切を延長することでこれに対応した。
危うくニチアサ全滅のところだった・・・
なお、8:00以降の「仮面ライダー」「プリキュア」の二枠は難を逃れた。


番外編その3:スーパー闇落ちタイム

2020年にまたもややってきた悲劇の連鎖。ただしライダーと戦隊のみと、上述のニチアサ事変たちに比べると小規模。


関連タグ

ニチアサキッズタイム
黒い東映
みんなのトラウマ
命は投げ捨てるもの

関連記事

親記事

黒い東映 くろいとうえい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニチアサトラウマラッシュ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニチアサトラウマラッシュ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5576

コメント