ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

事の起こりは、ハピネスチャージプリキュア!第12話。シリーズ恒例ともいえるテスト回にて、主人公愛乃めぐみはなんと学年最下位になってしまい、追試を受ける事となった。

しかし、当の本人は落ち込むどころか「勉強よりプリキュアが大事」と、勉学を軽視する発言をするめぐみ
それを見かねたブルーが、めぐみにこう宣告した。

「追試で一つでも赤点をとったら、めぐみはプリキュア活動禁止」

かくして、めぐみは追試を赤点なしで乗り切るという試練を迎えることになった……。

その時、衝撃走る(2回目)

またもや過去作の否定?

ハピプリも1クールを迎え、最初の衝撃のほとぼりも冷めた頃、このブルーの宣告に第12話にて第2の衝撃が走った。

つまり、学業を疎かにする者はプリキュアを続けてはいけないという通達であり、その場に居合わせたひめゆうこにも適用されると思われる。

恋愛禁止令違反のペナルティは今のところ明らかになっていないが、こちらは明確に「活動禁止」というペナルティがある。
これは大先輩格彼女でさえ、ここまでなされなかった事を考えると、異例な事態だと言える。
見方によっては「プリキュアだからといって勉強をしなくてもいいというわけではない」という、スタッフから視聴者に向けられたメッセージとも言えなくも無い。

プリキュア機能不全の危機

プリキュアシリーズでは毎年恒例、「夏休みの宿題」や「実力テスト」が話題になる回があり、そこで勉強が苦手なメンバーが慌てふためくのが一種の風物詩になっていた(もっとも、前作ちょっと趣向が違っていたが)。
それゆえ、この禁止令がプリキュアオールスターズで適用された場合、対象者が続出して機能不全に陥る危険性がある。
後に克服した面子は資格復帰としても確実視されている者をざっと挙げると・・・

桃キュア※1、※2、別表参照
黄キュア黄瀬やよい(数学が苦手) 平光ひなた(物覚えが酷く、集中力不足) ※3 追加保留者1名あり
赤キュア日野あかね(英語が苦手)
緑キュア緑川なお(歴史が苦手)※4追加保留者1名あり
青キュア来海えりか(やる気が全くない)
紫キュア※5 追加保留者1名あり
白キュア夏海まなつ(授業中に居眠り、アホな子全開)
虹キュア※6 追加保留者1名あり(但し、非常に微妙)

…という有様で、中でも『スマプリ』はメンバー5人中4人が対象になるという散々な状況である。

衝撃的なのは青キュアで、たった1名とはいえ最も安全視されていたチームからも対象者が出るのは由々しき事態だと言える(しかも、後述するような問題発言までしている)。
ただし、えりかは大好きなファッションと関連性が全くなく、興味も全く湧かない五教科(国・数・理・社・英)にやる気を全く出さないだけで、勉強そのものが全く出来ないわけではないため、油断しなければ大丈夫……なのかもしれない。

これまで全く無傷な白キュアであったが、夏海まなつの登場でその雲行きが怪しくなってきており(あゆみの学力は全く不明だが)、上述の対象者達が戦線離脱を余儀なくされた場合、残った者の負担はかなり重くなると予想される。
特に各シリーズの主人公達が集まり、運動能力のスペックが高くヒーロー気質な女子が揃うピンクチームのメンバーがごっそり抜けてしまうというのは色々な意味で厳しくなってしまうだろう。


  • ※2 桃園ラブ宇佐美いちかのように勉強が苦手という設定だが本編でそのような場面がない者や、日向咲のように「やれば出来るタイプ」の者も少なからずいる。又、朝日奈みらいは序盤では苦戦している描写もあったが、後に相当学力がある事が判明した。
  • ※3 明確な描写がなく、第12話のテストでは赤点こそ取らなかったがドイツの首都を答えられなかったことから、大森ゆうこの学力を不安視する声があったが「コツコツやる」努力型で、勉強は怠っていないことが第27話で語られている。また40話ではめぐみに勉強を教えるなど、学力そのものはそこそこ高いが地理が苦手だった可能性が高いと思われる(そのため28話では世界のプリキュアの応援をブルーに頼まれていて、上記の苦手を克服させる意味もあるようである)。
  • ※4 羽衣ララについて、ロケットの操縦や修理を行える位なので高い学力を有してると思いきや、第12話で2ケタの計算すらままならない事が発覚した(下記参照)。但し"AIがかなり高度に発達したサマーン星に学校等の様な教育機関が存在していなかった"が故の学校生活への不慣れさがもたらした失敗の連続だった。
  • ※5 剣崎真琴の学力が不明なため保留だが、彼女は異世界出身でこちらの世界の常識に疎い為やや非常識な言動が見られ、対象者に入る可能性が高い。ただ、一晩特訓しただけで料理の腕前が飛躍的に上達しているあたり、学習能力は高い様子。
  • ※6 キラ星シエルいちご坂中編入初日の国語の授業で、ことわざの穴埋め問題で大いにボケた解答を黒板に書き、意味の説明まで自己解釈に沿った珍回答をかます。→『日本語は難しい』と言いながら休み時間に教科書や参考書を開いて自習していた→レギュラーの“妖精キュア”としては唯一の『こちらの世界』出身(しかも日本生まれ)で在りながら他のソレより間違った解答をする辺り、フランス生活が余程長かったのでは…→日本語は他の言語からの単語を簡単に織り交ぜやすい反面、間違った使い方もされ易い程に、他の言語圏から見たら実は非常に難しい言語である(その為、外国人白雪ひめは漢字書き取りを間違えやすかった{但し、今回は対象者から除外})。この悪癖は終盤になっても改善されておらず、しかし、他の教科や同じ国語でも他のカテゴリーは一応それなりに出来ている(らしい)為、敢えて保留者とした。

最低ラインは?

本編でブルーから課された「再テストで赤点を一つでも取ってはならない」というノルマを基準とすると、プリキュアに求められる学力はそこまで高くはないと思われる。
そしてめぐみはこの回、ヒメルダ先生による指導の末、再テストを赤点なしで無事に乗り切り、プリキュア活動禁止を免れた。また、ゆうこは赤点を取っていないのでセーフということになる。

そのため、プリキュアオールスターズが機能不全になる事態は起きないと信じたい。

愛乃めぐみ式プリキュア五つの誓い(その4)



もう一つの懸念

しかし、めぐみは相変わらずプリキュア活動の方が勉強より大事なようで、このままだと「夏休みの宿題」を忘れることを心配された。
これに関しては、夏休み期間中のストーリーである第27話でいおなの提案により、ハピプリチーム全員の宿題を片付けるべく勉強会が開催された。そしてめぐみ達はいおな先生による指導を得て夏休みの宿題に取り組んでいた。

これで今年は安心なのかと思うのかもしれないが、ゆうこが大部分を済ませている傍らでめぐみとヒメルダはあまりはかどっていないような描写があったり、勉強会の途中でトラブルが発生し、勉強を中断したままストーリーが終了しており(しかも夕方になっていた)、夏休みの宿題がまだ残っている可能性も残されている。

宿題


夏休みの宿題には「自由研究」という独力でしかやることができないものも課される場合もあるし……と思われたが大したイベントも無かったので普通にこなして終わったのだろう。

ちなみに、過去のシリーズにおいて「夏休みの宿題」に関する話題といえば

  1. 自由研究で梨園の見学に行くなぎさ達(MH)。
  2. 大嫌いな宿題をやりたがらないばかりに「(小)学校を壊してしまえばいい」というコブラージャの作戦を聞いて「あの~よければ中学校も…」と便乗しかけて仲間達を呆れさせたキュアマリンハトプリ)。
  3. れいかを除いた全員が(ウルフルン達による妨害があったとはいえ、主に自堕落な日々を過ごしたために)夏休み中に宿題が終わらず、補習授業を新学期早々受ける(スマプリ)。
などが挙げられる。

過去には

Yes!プリキュア5』第11話で平均80点の小テストで18点という低成績を取ったのぞみが仲間から「プリキュアを休んで勉強に専念した方がいい」と言われて傷ついたことがあった。その後ココに諭されたこともあり努力して36点まで取れるようになった。

2016年 魔法つかいプリキュア!

魔法少女達については、第1話早々に当事者達ポンコツぶりや身内の台詞等、その学力を不安視させる描写があり、スタート時のメンバーが揃って赤点対象という前代未聞な展開が危惧されていた。

魔法学校補習編

リコは座学では学年トップでありながら、肝心な魔法の実技が苦手なせいで落第しそうになっていたことが第4話で明確に語られた。ただし、これはプリキュアになる前の成績である。また、赤点になった理由も勉学に不真面目なのではなく優秀な実の姉から伝家の秘宝を与えられたことが逆にプレッシャーになってしまい実力を中々発揮できないという点が大きい。結局リコはみらいと触れ合うことで自分の内面と向き合うことで成長してゆき、補習を無事にクリアして進級することに成功した。

まほプリ第14話ショック

一方のみらいは第14話予告を含む様々な前情報からアホの子枠と思われていたが、いざ本編が始まると5教科中4教科は興味が湧くためにちゃんと出来ることが判明し、興味が唯一持てず赤点の26点を取ってしまった数学も努力を陰で怠らないリコに感化されてやる気を出して、再テストでは85点を叩き出して合格し視聴者を大いに驚かせた。
それ以降、作中ではみらいが苦手を克服していく様子が描写され(第22話では母親がリコが来て以降みらいの成績が上がったと発言している。更には、第47話では数学を含めた冬休みの宿題を自力できちんと終わらせ、第49話では成長したみらいは大学に合格している。)、まさかの4人目出来る子桃キュア(しかも前任者のはるかに続いて2年連続)となった。しかも、序盤がコンビで活動するプリキュアの中では初めて双方ともに学業優秀組に入るコンビとなった。
またみらいは魔法に関しては、”魔法の媒体である杖を手に入れて時間が浅いにもかかわらず瞬く間に使えるようになっている””魔法知識の習得も周囲に後れを取っている描写はない””魔法学校生で重要な項目であるナシマホウ界においての魔法を使ってはいけないタイミングを心得ている”、などなど魔法学校の同年代の生徒の中でもかなりの優等生として描写されていた。そのため本来なら魔法界の大人が担当する”ナシマホウ界に馴染むコツを生徒に教える”役割をリコとことはに関してはみらいに任されて、リンクルストーンや精霊の探索をスムーズに進めることができた一因となった。

なお、妖精のはーちゃんが成長した花海ことはの学力に関する描写は現時点では存在しないが、第47話の描写を見るに日頃からコツコツと勉学はこなすタイプの模様(但し、校長からの関連書物の読み漁りではかなり参った様子だった辺り、活字だらけの本を長時間読み続けるのは苦手な模様)。二人の振る舞いを見つめていい具合に成長したようだ。

2017年 キラキラ☆プリキュアアラモード

事前情報で有栖川ひまりが優等生枠であることは確定しており、何でも器用にこなす琴爪ゆかりも優等生枠である可能性は極めて高いと思われていた。
初期5人チームということもあり、まあ優等生枠2人くらいいてもそんなにおかしくないだろうとみんな油断していたところで、第14話で、立神あおいも学年5位以内をずっとキープしてきた優等生であることが判明。あおいは典型的な脳筋系イメージだったのでこれは衝撃を持って迎えられた。作中でも主人公の宇佐美いちかが「勉強できない仲間だと思ったのに!」とまことに失礼なセリフを吐いている。
なおこのセリフからいちかは勉強が得意でないことも図らずも明らかになった。

第14話放映後に発刊されたアニメージュのスタッフインタビューでは「学業についてはいちか以外はみんなかなり優等生」とはっきり語られており、残る剣城あきらも成績優秀組に入る。

てすとべんきょう



さて、今作品でこの手の話題で注目を最も集めやすいポジションのいちかではあるが、苦手とはカミングアウトしたため自分の成績が優秀ではないという自覚はあるものの、劇中でいちか本人が試験で悪い成績を取ったり勉強がわからなくて困ったりする描写はされなかった。今作のキラキラパティスリーはそこで働いてるメンバーの正体を公表し街中で目立つ形で活動する形である以上学業をサボっていたら教師や保護者から何らかの小言が来るであろうし(しかもいちかはチーフパティシエという大変重要かつ目立つポジションである)、計量や熱加減が大事とされているスイーツづくりも作中中盤では様々なレシピをきちんとこなしている。更にはSDも「地頭はいいほうなのでドジはするけどおバカじゃない」とコメントしており最終話では成長したしたいちかは外国で現地の子供たちと会話をしていた。
これらをふまえると、”周りのメンバーが成績優秀すぎるだけで本人は勉強がそこまで苦手というわけではなさそう”であり、桃キュア成績優秀組ほどではないがそれなりの学力はありそうである。いちかはシリーズで初めての成績優秀組でも赤点常連組でもない桃キュアとなった。
これで3年連続該当者なし、という学力の向上ぶりである
・・・いまのところ、当の本人よりも寧ろ後輩たちの方が真摯に受け止めている気がするのは気のせいだろうか?

2018年 HUGっと!プリキュア

知恵のプリキュアと評される薬師寺さあやが学年1位の優等生であることが明かされており、青キュアの伝統を守る。また、はなは現段階では勉強は相当苦手な模様で、第13話では授業で漢字を読めなかったり「勉強内容がもうちょっと難しくなると0点になってしまう」と発言している、第30話では旅行が終わって二学期に話題が移ったところで「宿題を忘れた!」と慌てるなど、普通に深刻なレベルの様子。あるいは転校前のシャインヒル学園当時の親友を庇ったら今度は自分が標的になり孤立したという深刻なトラウマがあって自信を無くしており、9月に入ってからその同級生が立ち直ったことを知って自分の行動が正しかったと実感できるまで自分から行動を起こす勇気がなかなか持てなかったというのもあるのかもしれない(ある意味でえりかのようなタイプである→但し、彼女と違い、それ程“勉強嫌い”だという描写は無かった)。
ほまれについては学力に関する明確な描写は最後まで無かった。ただ、第13話での授業風景にて僅かだが気怠そうにした表情のカットが入っていた→これが、「単にその教科がつまらなかった」のか、「理解不能で困惑して疲れた」のか、いずれにしても机にあまり座ってられないタイプかもしれない。ただし少なくとも不成績を取る描写は無いこと、学業がフィギュアスケートやプリキュア活動に支障をきたす様子も無かったこと、はなと違って夏休みの宿題はちゃんとやり終えているらしいことなどから、赤点禁止令に抵触することは無いと考えてよいだろう。

追加キュアであるルールー・アムールは教科書を完璧に暗記するほどの頭脳の持ち主であるが、ハイスペックな機能を有するアンドロイドであることに留意する必要がある。
もう一人の追加キュアである愛崎えみるに関しては、音楽のスキルは高いと明かされているが他の科目については不明。小学生であるため、よほど特異な小学校に通わない限り赤点という制度の対象年齢ですらないとそもそも思われる。ただ、彼女が通学する学校はラヴェニール学園の小等部、既に義務教育の筈の中等部でもスポーツ特進コース等のコース分けがある辺り、恐らく、小等部もかなり特殊性がある可能性もある。

2019年 スター☆トゥインクルプリキュア

事前情報では香久矢まどかが文武両道の生徒会長と確定している。一方で羽衣ララは第一話で妖精と一緒に宇宙からやってきたとあり、この手の先輩たちのように慣れない異邦の地での非常識な言動を起こしてしまう可能性がある。

……と思っていたら、”過去作とは違い言葉の壁が明確に存在しているせいで会話はともかく文字が読めない””サマーン星では教育という概念が無いため2ケタの計算すらできない”、などなどAIのサポートが無いと学校で行動することすらままならないレベルの深刻さであることが判明。予想斜め上の展開となりまさかの対象者入りとなってしまった。AIが付いていれば誤魔化すことは出来そうだが(ただしカンニング臭が漂うのは否定できない)、本人は地球について学びたいと発言しておりどこまで成長するのか見モノである。

星奈ひかるについては、割と頭の回転が速く通常の授業では真面目に受けてる描写があったが、夏休みの宿題では様々なUMAに出会った経験をレポートにする自由研究に無駄に力を入れすぎたせいで2学期開始前の出校日時点で他の課題がほとんど進んでいないというミスをやらかしてしまっていた。
尚、追加戦士たるユニに関しては、とうとう最後まで学校教育機関に通う事無く物語の最後を迎えてしまった。そもそも、彼女は年齢不詳であり、見た目はひかる達と同年代に見えても、地球人基準では成人している可能性も否定出来ず、初となる、レギュラーメンバーでの社会人キュアであった可能性もあると言える。故に、結局学力は最後まで不明であった。

2020年 ヒーリングっど♥プリキュア

沢泉ちゆは青キュアのお約束通り文武両道の優等生。
そして今作はチームの勉強苦手担当が黄キュアの平光ひなたとなった。第5話では校庭の木の枝から教室の様子を見ていたニャトランに気をとられよそ見してしまい授業内容も耳に入っていなかったため教師から指名されてかなり焦ってしまい、その時の問題である光合成について答えることが出来ず教師から呆れられてしまっていた。公式アナウンスでも”勉強は苦手……”としっかり記されてしまっており注意力や集中力のなさも懸念されている。第36話では英語のテストで32点、次はのどか、ちゆと一緒に勉強会をしたにもかかわらず25点という残念な点数を叩き出してしまっている。2人と同じ高校に行きたいと、勉強に励む意志を改めて示したが……

ヒープリ漫画 第36話
ひぐっと36話


桃キュアの花寺のどかについては第1話の入院生活の描写から、一部の視聴者から「重病で学校に行けていなかった分苦戦もありうるのでは?」と懸念する声もあった。が、第8話にてちゆの応援横断幕をひなた、ニャトランと共に作成していたが、ペギタンに指摘されるまで誤字に気付かなかったといううっかりミスはやらかしたことはあったものの、上記の第5話で真面目に授業を受けており、意識が授業から脱線してしまっていたひなたに授業の進行具合を後ろからコッソリと教えている、夏休みの宿題を順調にこなしている、英語のテストでは84点、88点とかなりの高得点を取っている等々学業面では全く問題ない模様。まぁ、ミスは誰にだってあります。

桃キュアに関してはドキプリ以降はキャラクターに好奇心旺盛という性質が付く場合、興味を持った事柄について知るために積極的に学ぶため、チームトップとは言えないまでも赤点を軽く躱せるぐらいの学力は身に着けている傾向にある模様。

なお、風鈴アスミについては登場時点では学力以前に地球人の一般常識が欠落している状態だった。また、外見が20歳相当であること、のどかの家にバックパッカーとして居候している等の理由も相まって、ユニ同様に学校に通っていない。アスミの場合、学力云々とは別次元な問題だろう。ただし、学習能力自体は高く、一度学んだ事はすぐ身につける。

2021年 トロピカル〜ジュ!プリキュア

まず初期設定において一之瀬みのりが学年の成績トップであることが明言されている。
涼村さんごは、英語の授業を真面目に受けており、現状勉強が不得手という描写はない。
その他の情報は未定、続報が待たれるが、本作のテーマは「今、一番大事なことをやろう」なので、勉強をなおざりにしたり宿題をあとまわしにするような描写は絶対にないと信じたい。

あとまわしにしていいの


…………と思っていたら、夏海まなつが入学直後の英語の授業でいきなり居眠りしたり、4話では「そこはノンフィクションの棚」と、みのりが教えるも、その単語の意味がわからず、「のん…へくしょん?」と白目になり、脳内では『ヘックション!』という空耳が聞こえる始末だったり、6話では「トロピカる部設立会議」を「せつりつ会ぎ」と漢字も碌に書けない、本を読んでいる途中で眠りこけて、トロピカルメロンパンを食べる夢を見て滝沢あすかの左腕をガブっと嚙みつき寝ボケるなど、アホな子全開で雲行きが早速怪しくなってきた。

番外《魔法学校における学力ランク(プリキュア&補習メイト)》

まほプリにおける魔法魔法界の住人にとって必要不可欠であり、言ってしまえば現実世界義務教育に相当する重要な要素であり赤点となると魔法界での行動に支障をきたすのでこちらも検討対象となる。魔法学校に関しては日本の中学とは違って落第があるので、実質Dランクが普通に及第可能な最低ランクに相当する。最もこのメンバーの中には最終段階では下記のようにDランク以下はいない。

対象者名
ランクA(完全除外対象)みらい(実質的に飛び級クラスの魔法優等生扱いされている) ことは
ランクB(準除外対象)リコ
ランクC(除外対象保留)ジュン ケイ  エミリー

補足

ブルーの台詞はプリキュアに傾倒するあまり勉学が疎かになっていためぐみの人生を考えての措置という側面が強く、このルールは明確に「掟」とはされていない。

関連タグ

ハピネスチャージプリキュア!
ブルー プリキュア恋愛禁止令
愛乃だめぐみ ヒメルダ先生 夏休みの宿題 反面教師
補習組 学力落ちこぼれ テスト勉強 まるで成長していない だめだこりゃ

関連記事

親記事

プリキュア恋愛禁止令 ぷりきゅあれんあいきんしれい

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュア赤点禁止令」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255494

コメント