ピクシブ百科事典

うるとらわいるど7

うるとらわいるどせぶん

特撮を中心にイラストを投稿しているユーザー。
目次[非表示]

ID

http://www.pixiv.net/member.php?id=2897706

概要

特撮ヒーローアニメなどのイラストを多く投稿しているユーザー。好きな作品はウルトラマンマックス
特徴的なのはその凄まじいまでに「濃い」絵柄と古き良き時代の児童誌を彷彿とさせる油絵調の彩色で、ヒーローものの作品を独自の解釈で多く子供向け漫画にコミカライズしている。中でも有名なのが

心に剣、輝く勇気。それが君の響き。


こういうものすごい説明口調の台詞が所せましと書き込まれた「さらば仮面ライダーシリーズ」である。仮面ライダー剣終了時の2005年から1度も休むことなく毎年書かれている仮面ライダーの交代劇を描いた作品で、どれもこれも大変熱いノリの名作なのだが、基本的に始まる寸前の次回作は雑誌ネット情報だけで執筆するため放送からしばらく経った後で見返すととんでもない設定予言めいた描写になっていたりする。通常のライダーよりも残酷な描写が多い(『冒険王』に連載されていたすがやみつるの漫画版ライダーに近い)。
平成二期以降は映像において次回作の番宣が行われることが多くなったので、それを踏まえた描写もある(W編ではオーズに翔太朗が「あんたはあの時の…」と発言しているなど)。
ちなみに「さらば仮面ライダーシリーズ」の元ネタはわいるど氏曰く「マジンガーZの最終回」。

さらば仮面ライダーシリーズのあらすじ

平成一期







平成二期






  • さらば仮面ライダードライブ
    • 蛮野天十郎は死に、遂にドライブの戦いは終わった。しかし、最後のけじめをつけるため、ハートはドライブに最後の決闘を挑む。死に瀕したハートはドライブの一撃を甘んじて受けると、彼の強さを認め、メディックの亡骸を抱き、散って行った。しかし、ロイミュードが全滅したことを知った眼魔たちは特になんの理由も告げずドライブをめった刺しに。あわや一巻の終わりか。そこに突然仮面ライダーゴーストが現れ、暴れ回る眼魔を調伏。「おれの前では、誰も死なせはしない」―――そう決意の言葉をしたためて。進ノ介は体が癒えたら必ずまた正義のために戦うことを告げ、ゴーストに明日を託すのだった。

  • さらば仮面ライダーゴースト
    • 激戦の果てに遂にグレートアイザーを倒したゴースト。かくて天空寺タケルは息を吹き返すのだが、直後にバグスターに乗っ取られた御成に背後から刺されてしまう。タケルの息の根を止めるべく押し寄せるバグスター軍団に、精神的・肉体的に限界を迎えていたスペクターネクロムも倒されてしまう。ボロボロの身体に鞭打って(というか文字通りバグスター打たれつつ)再び変身するタケルだったが、その命も尽きかけようとしていた。だがすんでのところでエグゼイドレベル1が御成の身体からバグスターを引きはがし、レベル2に変身することでこれを仕留めた。「命を燃やして」闘い抜いた戦士に向け、エグゼイドは「ノーコンティニューで」世界を護ると指を立てて見せた…。


  • さらば仮面ライダービルド
    • 死闘の果てにジーニアスフォームとなったビルドはエボルトを撃破。「異星人が作り上げた偽りのヒーロー」が導き出した勝利の法則を見抜けなかったエボルトは滅び、肉体を乗っ取られていた石動惣一との再開を喜ぶ美空スカイウォールは消え、ラブ&ピースの世界を守ったビルド。だが、彼の前に突如アナザービルドが襲い掛かる。ジーニアスの力を失ったビルドにはもう戦う力は無い。勝利の法則を決める間もなく死を覚悟した次の瞬間、奇跡が起こった。「まいったかアナザービルド! 俺が仮面ライダージオウだ!」時空を超えて現れたジオウに倒されたアナザービルドは人間に戻り「俺は仮面ライダーの王になる!」と宣言するジオウ。ビルドが創った「明日の地球」を守る戦いが、今ここに始まろうとしていた…。

関連項目

仮面ライダーシリーズ ウルトラシリーズ 東宝特撮 ロボットアニメ
だいたいあってる

pixivに投稿された作品 pixivで「うるとらわいるど7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25331

コメント