ピクシブ百科事典

日本面(その他)

にほんめんのそのたあれこれ

日本独自の発想で生み出された様々なもの(日本面)のうち、軍事と乗り物以外のもの。
目次[非表示]

ここには、日本面のうち、軍事・乗り物・任天堂以外のことがらを記載しています。
日本面についての概要と、軍事に関するものについては「日本面」を、
鉄道に関するものは「日本面(鉄道)」を、
自動車(二輪車等も含む)・船舶・航空など、鉄道以外の乗り物に関するものは「日本面(乗り物)」ををご覧ください。

企業・組織部門

  • NHKBBCに比べれば小粒だが、時に「お前確か公共放送だったよな」と言いたくなるような番組を作ったりする。元々受信料を徴収することでCM収入による民放にはない安定した経営を保証、その上で最低の報道を確保する役目を負っており、東日本大震災の時はその本気を発揮した。反面、視聴率度外視の「地味でダサい」番組ばかり作っていたためかつてはそれを批判されたりもしていたが、最近は視聴率競争でフジテレビに噛みつく快感を覚えた模様
  • テレビ東京:そのNHKといい勝負の変態性を誇る民放。そもそもの開局動機が「通信制の高校の授業のため」な地点でお察し(ry(もちろん計画は頓挫し、その後普通の番組をやるようになり現在に至る)。そのせいで資金力は他局と比べ圧倒的に小さく、そのような状況下の1995年に起こった二つの出来事で他局の轍を踏んだところ大赤字に。この出来事をきっかけに報道のスタンスを「最初は事実を淡々と伝え、忘れた頃に事件を検証」というものに転換。そのせいで戦争があろうと通常運転という有名な伝説が誕生した。だが近年はオフェンスに定評のある池上を選挙特番に起用して信号機の旗の宗教団体某政権与党との繋がりを明らかにして(本来は公然の秘密状態)当選した議員に信者か聞いてみたり、他局がやらないような事(経済関係番組が代表例)の導入などには積極的。他系列が1990年代に報道路線に転換し終えた「平日の夕方」に、唯一アニメの放送を続ける。最近はバラエティーにも積極的で、「予算がないことをネタにする」は王道。その結果視聴率万年最下位だったはずがNHK共々フジテレビに噛み付く快感を覚えたりしている。彼らの座右の銘は「金が無いなら頭を使え!」
  • JAXA:日本の宇宙開発機構。上記TRDIと同じくありえないくらいの低予算で"新兵器"を次々作り出す。そしてその材料はだいたい秋葉原で集められる。
  • セブンイレブンコンビニエンスストア最大手のこの会社、実は発祥の地は米国である。1973年にイトーヨーカドーがライセンス契約を締結し順調に展開していたのだが、米本社が1991年に経営破綻。イトーヨーカドーが買収し再建に乗り出すこととなった。つまり子会社が親会社を買い取り子会社化するという展開になってしまったのである。その後日本的なきめ細やかさを前面に出した経営方針により見事再建、世界各地で事業展開していく傍らでロスチャージ詐欺裁判などの問題も引き起こしつつ営業中。だって便利なんだもん。食べ物美味しいし。
  • セイコー:おなじみ和製時計メーカー。水晶振動子を利用した「クオーツ時計」の市場を開拓したことで有名だが、実はこの時計、スイスの時計産業に大打撃を与えた上にアメリカの機械時計産業を再起不可能なレベルで壊滅させた(ただしこの革新は同時に日本の機械時計産業をも破壊しており、80年代に入ってステイタスとしての機械時計が再評価される頃には逆に日本メーカーを苦戦させる要因になったのはご愛嬌。それでもめげずに立ち直るあたりがさすがの日本企業だが)。クオーツのみならず性能の高さは世界でもトップレベルであり、歴代オリンピックの公式判定用時計として使用され続けている。
  • カシオ:電卓戦争と呼ばれる開発競争のさなか、ICを利用した世界初の個人向け電卓「カシオミニ」を発売。現在のパソコンにつながる集積回路の転換点となった。更には出張の合間に電卓で暇つぶしをしていたサラリーマンを見たのがきっかけで、後世にゲームボーイが生まれている。また、「腕時計は落とせば壊れる」という常識を覆し、「トリプル10(落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年)」を始めとする驚異の堅牢性を実現したG-SHOCKは米軍を始め、戦場で活動する兵士たちにも親しまれている。
  • 三菱重工業富士重工業川崎重工業:一般に知られている製品だけでもぶっ飛び具合が解るこの3社だが、何よりおかしいのはその出自。三菱重工・中島飛行機川崎造船でそのままWWII日本軍需3大メーカーである。うん、義務教育を終えている人はもうおかしいことに気づいたろう、日本の軍事力の再生を阻止するためGHQがバラバラにしたにもかかわらず、そのせいで陥った不景気に対する有効かつ温和な手段を用意できなかったためにあっという間に元の会社に合体しかも富士重以外はきっちり法人格主体自体が残っている有様。……いや、何よりおかしいのは連合国や同じ枢軸国のドイツ・イタリアでは戦後、名門軍需メーカーはスクラップ&ビルドを繰り返しその1/3も残っていない(あのグラマンすら名前こそ残っているものの、継承法人格はノースロップの側。欧州の飛行機メーカーに至ってはほぼエアバスグループに集約)のに、日本の名門軍需メーカーはきっちり残っている。敗戦によって一時的に民需へと転換せざるを得ない状況に陥ったことがむしろ幸いしたのである。
  • 茨城県の3大変態小売
    • ジョイフル本田:東関東ではその名を知らぬものなどいないディスカウント界の無敵艦隊。日本のホームセンター、そして本格的チェーンストアの嚆矢となったという栄光ある企業だが、今や突き抜けすぎてどうしてこうなったというレベル
    • カスミ:スーパーマーケット。バブル全盛期には全国規模のスーパーの経営陣が予想だにしなかったことをやらかすため小売業界の変態としてそのスジでは有名だった。しかしバブル崩壊時には多角経営が裏目に出てしまい、うまく損切りして生き残ったものの今は県外勢に圧されている。
    • ケーズデンキバブル絶頂期にタイムスリップして当時の茨城県民に「カトーデンキが20年後はこんなにデカくなるんですよ」と言ってもまず誰一人として信用しない。チェーン展開とは言え県内限定、個人経営規模に毛が生えた程度の古臭くて汚い店舗ばかりだったカトーデンキ。バブル後半の1990年代前半には秋葉原・新宿勢が県南地区に進出し潰れるのも時間の問題と思われていたのが、バブル崩壊後にまさかの大発展・全国進出。その秘訣は「物価が高い好景気時には既存の施設で売り上げを伸ばす体制とし、物価が下がる不況時に店舗などの整備を行う」という頑張らない経営。しかしよくよく考えてみると茨城県全体がこの傾向のような……
    • 常陽銀行:そしてジョイフル本田・ケーズデンキの躍進の影の立役者がこの地元地銀である。バブル絶頂期には土地価格はまるで永遠に上昇し続けるかのような“土地神話”が存在し、どの金融機関も土地を担保に無尽蔵にカネを貸していた時期に、土地の担保審査が厳しく「商売下手な茨城のケチな銀行」扱いされていた。ところがバブルがはじけてみれば、地価下降で大火傷した銀行が多い中ダメージが最小限にとどまり、当時親会社だった第一勧業銀行(現・みずほ銀行)を上回る自己資本比率で安定経営を続け、県内企業の再生と発展の原動力となった。
  • 町工場のオヤジ:よその国が国家予算と最新技術を投入してもできないことをカンと経験と気合だけでやってのけてしまう恐ろしい方々。今日も人知れず世界を支えている。しかし彼らに経済的な報いはなく、高齢化と後継者不足という致命的な問題を抱えている。
  • 日本の労働者のみなさん:町工場のオヤジだけじゃない、そもそも日本人は異様に真面目で意欲的、奉仕意識に溢れている労働者ばかりである。全社員のサービス残業や創意工夫の企画提案(報酬なし)、休日出勤、単身赴任、QCサークル活動などは当たり前であり、多くの労働者は自主的かつ積極的に参加している。もちろん海外でも経営者であれば残業などの概念はないのが当たり前だし、役員や重役クラスには過労死するほど働く人もいるわけだが、日本人の異常性は、ただの平社員やアルバイトであっても、経営者並に自分が会社を背負っているとの意識が高いところにある。これはどうしてかというと、諸外国では労働者は「給料のために働く」(裏を返せば給料分働けば十分とされる)のが普通だが、日本では一般に「仕事は人間性を高めるため」「お客様のためならどんな苦行も笑顔で耐えるべき」とされているからである。おかげで日本は大変物価が安くてサービスが至れりつくせりという消費者天国となり、最近は外国人観光客に大人気。しかしこれにより無理がたたって体を壊したり精神を病んだりニート化したりする人々が多数発生。深刻な人手不足という問題が顕在化してきている。物価が安くなっているのも実質賃金の低下によるデフレの結果であり、国民が貧しくなっていることと表裏一体の現象、これでは景気がよくなるはずもない。近頃は「技能実習制度」なるチートを使って外国人を雇っている企業も多いが、実習生の逃亡や犯罪などの問題が多発。そりゃあ外国人を日本人並に働かせたら壊れるよねえ普通…。日本人の異常性は今日昨日始まったわけではなく、1919年のILO(国際労働機関)設立時に日本政府は「日本人は外国人と違って長時間働いても平気である」と主張し、本来の8時間労働の原則を日本限定で10?12時間労働に緩和する特別扱いを認めさせる暴挙に出ているが、それにもかかわらず、嫌がる財界からの圧力により批准を拒否してしまった。このため米英からは、日本の工場では労働者を酷使して不当に安売りを行っていると考えられ日米関係悪化の一因ともなった。諸外国ではILO条約の規定に基づき労働時間の上限が法律で決められているのが普通なのだが、日本では今なお労働時間関連のILO条約を一つも批准しておらず「労使協定さえ結べば何時間でも働かせてもよい」ということになっている(三六協定)。近年、長く続く不況により労働環境が悪化しているのは事実であるが、景気の良かったはずのバブル期にも長時間労働により自殺したり体調を崩す人々が多数存在し社会問題になっていた。日本人の働きすぎと滅私奉公的な労働観は、時代により濃淡こそあれ戦前からずっとつながっている悪しき伝統なのである。
  • ザ・ドリフターズ:なんでもお笑いに変えてしまった人たち。これでもビートルズ日本公演の際前座を務めた凄腕ミュージシャン。
  • TOKIO:本業農家、時々ミュージシャンなジャニーズ事務所出身のアイドル(?)グループ。その活動はここに列挙出来ないレベルでとにかく多彩なので個別ページへ。


電気製品部門

  • VHS:(詳細は後述)
  • F-07C富士通が開発した携帯電話。・・・であるが、その正体はWindows7搭載のPC(ネットブック)を携帯電話にねじ込んだという狂気の端末である。ちなみにCPUはAtom。つまるところがインテル入ってる」を現実にしてしまった
  • バーチャルボーイ任天堂が発売した(一応)据え置き型ゲーム機。32ビット世代のマシンであるが、同時期のプレイステーションセガサターン3DOPC-FXがビジュアル面の強化や3Dポリゴン表示能力を売りとしたのに対し、こいつはHMD型の筐体に赤一色のLEDディスプレイを組み込み立体視の実現を目指したという、当時としては……いや、今でも十二分すぎるくらいの前衛的なマシンである。まあ後のニンテンドー3DSにつながるといえば間違ってはいなかったとも言えそうだが…任天堂自身上記のセガと並ぶ変態企業として知る人には知られている。
  • サイクロン式掃除機:前日譚はやはり英国面から、日本では吸引仕事率200W以下の掃除機は「お話になりません」といわれていることに気づかず、消費者の失望をよそに「やーい! いまだに性能落ちる掃除機作ってんの!」と貶され続けたパナソニックいや日本家電業界の怒りの逆襲。ダイソンと同じ完全固体分離式の掃除機を、白物家電の帝王パナソニックの便利機能をフラグシップ機として全部おつけして半額でお届け! ついでに重量も半分(Dyson Ballシリーズ約5.6kg、パナソニックMC-SR530G/MCーSR33G 約2.8kg)ですよ奥さん! これで家事が楽になりますね! 吸引仕事率は200Wと日本国内の水準ぎりぎり……かと思いきや、長年1000Wが水準だった消費電力のほうを720Wまで削減(もちろん、パナソニックいや松下電器産業時代の1988年以来同社のフラグシップ掃除機に搭載されてきたダストセンサーによる手元表示機付オートパワーコントロールで実質の消費電力はさらに削減)、エコじゃなイカ!? クルマと白物家電で生半可に日本に喧嘩を売ってはいけないという現状をドイツともども味わわせた。
  • 斜めドラム式洗濯乾燥機:21世紀の日本家電メーカーが生み出した驚異の変態家電。洗濯機のドラムを縦型(今でも一大勢力)でも横型(欧米で主流、システムキッチンに組み込まれることが多い)でもない斜めにしたのは「洗濯物を取り出し易くするため」、この一点に尽きる。構造力学的に無理だらけのこの方式を、自動車用サスペンションを超えるアクティブサスペンション、ドラムにモーターを直接取り付けるDD(ダイレクトドライブ)方式といった超絶テクノロジーをもって力尽くで克服、「それ一台で洗濯から乾燥まで」という手軽さを手に入れヒット商品に。さらにメーカーによってはオゾンによる殺菌・カビ防止、エアコンと同じヒートポンプを用いての低温乾燥、あるいは洗濯機自体の発熱を回収し乾燥に使用、ジェットエンジン並みの風圧を浴びせて水分を吹き飛ばすといったどう考えても洗濯・乾燥に使うにはオーバーテクノロジーな技術もちらほら。


コンテンツ部門

  • 源氏物語:古典の名作に数えられるものの一つで古典の授業で使われる題材の定番。なのだが世に出て約1000年後、つまり現代のギャルゲーやらハーレム系ラノベに出てきそうな典型的なキャラクター・設定の宝庫だったりする。某大統領曰く「古典文学とはいえ、日本は近親相姦の話を紙幣(※2000円札の裏面の事)に刷るのか」
  • ファミコン:アメリカでは「Nintendo Entertainment System(略称;NES)」としてリリースされ、“アタリショック”でどん底だったゲーム市場を復活させた。湾岸戦争が別名、“Nintendo War”と呼ばれたのも、だいたいこいつのせい
    • そしてそんなオモチャを日本人に与えた結果がコレ:任天面
  • 特撮:御大・円谷英二の時代から、海外でも“知る人ぞ知る”日本の十八番だったが(戦時中のプロパガンダ映画に使用された“真珠湾攻撃”の特撮を、GHQは実写と信じて疑わなかった&公職追放の根拠が「それだけ」だったとか)、海外の一般家庭レベルまで浸透したきっかけは『パワーレンジャー』。サバン・エンターテイメント(現在はBVSエンターテイメント)CEO、ハイム・サバンスーパー戦隊シリーズに注目、東映から同シリーズの国際放映権(正確には恐竜戦隊ジュウレンジャー以降の作品のみ。これの時に大体の作品は出てきたが)を獲得し米国風にローカライズしたパワーレンジャー・シリーズを放映し、選挙の応援演説に呼び出されるほどの大人気に。中でもS.P.D.は日本でも国外でも評価が高かったらしく、パワレン仕様を日本版のキャストで吹き替えたうえで逆輸入された程。
  • アニメ:製作費を抑えるための苦肉の策として、ディズニー系の“フルアニメーション”とは異なる、動画(セル画)のコマ数を押さえた“リミテッド・アニメーション”として独自の進化を遂げた。リミテッド・アニメーション自体はアメリカ等でも例があるが、アメリカのリミテッド・アニメの標準は1秒あたり12枚である。日本は1秒あたり8枚が標準であり、完全な止め絵も多く使われる。ここまでコマ数を抑えると"ぬるぬる動く"動画を作ることは不可能であるが、これを逆手にとって、テンポのよい場面転換、けれん味のある構図(勇者パースなど)など日本アニメ独自の演出が工夫された。 どんなものでも萌え化させる技術:ムサイオッサンだろうが、それどころか人外ないしは無機物まで美少女化してしまう。日本人の眼球には特殊なフィルターがあるとしか思えない。ただしこれは、インターネットが普及した昨今では下手な細菌よりもよっぽど感染力が強く、中国台湾にも伝染している。最近では台湾の総統選挙に当たって野党第一党党首が公式で萌え化されたり台湾の萌え擬人化作品コンセプトに触発されたゲームが日本でパンデミックを起こしたかと思うと中国製の類似作品が日本でも評判になったりしているなど、「萌え化」は元は日本発ではあったが、もはや東アジア全域を席捲していると言わざるをえない。最近では中国の小中学生が描く絵の多くが日本風の萌え絵になっている有り様な時点でお察しだが。こうなると日本も元祖としてはうかうかしていられない。
  • オカルト、ホラーへのこだわりイギリスアメリカとはまた違った方向でオカルトやホラーへのこだわりが強いのも我が国。日本発のホラーものは「じわりじわりと忍び寄る恐怖」や「意味がわかったら怖い」という、他国ではあまり見られないパターンが多いという特徴があるがそれはどうにも都市伝説方面にも反映されているようで…
    • SCP財団日本支部:で、そんなところのSCPを収容しに例の財団が進出したのがある意味運の尽き。他の海外支部と比べて発展速度が異常に速く、海外支部では初めて1000番代のSCPナンバーが開放されるという快挙?を成し遂げた。そりゃ本家から「日本にはSCPを生み出すSCPがいるのか!?」と言われますわな…
  • MikuMikuDance:ご存知世界最軽量の3DCG制作ツール。Windows純正の3D描画エンジンDirectXを使うためソフト本体容量が最新Ver.でも約5MB、それでいてセガ・ProjectDIVA開発陣をして「凄いの出てきちゃいましたけどどうしましょう」と言わしめるほどの汎用性の高さを誇る。初期の段階で完成した初音ミクモデルが同梱されており、根気さえあればそれこそ自由自在にモデルを動かすことが出来る。今では派生モデルはもちろん組み合わせる背景や小道具まで数多のモジュールが存在し、とうとう作品がTV放映されるまでに。これだけの偉業を成し遂げながら発表から現在に至るまで一貫してフリーソフトのスタンスを貫いているのには感心するしかない。
  • JW_Cad:一言で言うならば2DCAD界のMMD」。2DCADソフトとしての機能の殆どは押さえているのにも関わらず完全無料というトンデモソフト。プロ、或いは企業でもCADソフトとしてJW_Cadを使用しているという例は少なからずある。欠点?AutoCADその他の有償のCADとの互換性が無いくらい。
  • グランツーリスモこれはもはやゲームというよりシミュレーターだろと言うほどの超リアルなレースゲーム。2017年に発売された「グランツーリスモSPORT」はeスポーツになるのはもちろん、なんと実際のレーシングライセンス(レースの免許)も取れてしまう(FIAのお墨付き)。さらには写真機能やガレージ画面の背景(実際にある道や街)などは実写だという。ゲームってレベルじゃねーぞコレ。そう、これは「ゲームという皮を被ったシミュレーター」である。
  • 鳥人間コンテスト:日本テレビの番組「びっくり日本新記録」の1コーナーとして始まったこの大会、最初は飛距離は二の次、いかに笑いを取るかといういわばコスプレ飛び込み大会だったのだが、ガチ勢がとにかく凄まじすぎた。大学の航空研究会やそのOBで構成される私営サークルが設計でPCを駆使し、材質に工夫をこらし、プロペラ機部門ではパイロットも体を鍛えまくり、飛距離は伸びに伸びてついに2019年大会で設定コース一周・60kmの大記録を達成。パイロットにはまだスタミナの余裕があり、まだまだ行けたというから呆れるしか無い。そんなガチ勢に押されコミカル部門が廃れてしまったところが実に。肩の力もちっと抜こうぜ日本


その他の部門

  • 原子力へのこだわり:日本は言わずと知れた唯一の被爆国。しかもビキニ環礁第五福竜丸)での漁船の被曝で日本中が放射能の恐ろしさに恐怖した経験がある(当時の放射能の恐怖が反映されてできた映画が『ゴジラ』である)。にもかかわらず、1950〜60年代に米英ソなどが熱中した原子力熱にご多分にもれず取り憑かれ、いろいろやらかしている。1970年代のオイルショックへのトラウマが原子力への期待を加速させた。業の深いのはスリーマイルチェルノブイリ事故以降も原子力発電へのこだわりを捨てられなかった(アメリカなど欧米各国はまともに安全対策をすると経済的に割に合わないということでフランス以外は原発から撤退する方向)。後述の福島第一原子力発電所事故日本の原子力のヤバさを全世界に明らかにしてしまったが……(詳細は後述)。この事故をきっかけに国民の過半が原子力政策の継続に否定的になったにも関わらず、「原子力は成長戦略の柱」としてベトナムその他に原発輸出を画策し、結果として輸出用原子炉を手がけていた東芝は海外の原子力事業の大赤字で経営破綻に瀕するなど原子力がこの国にもたらしている莫大な損失は計り知れないのだが、原子力推進の国策は止まらない。「一度ネジが外れると、とことんまで」という日本人の性癖が存分に出ている分野だと言えるだろう。
    • AH100形原子力機関車: 昭和29年に原子力の平和利用が解禁されてすぐに検討が開始された。かなり具体的なところまで詰めていたらしく、自重179トン・3000HP級の在来線用貨物機関車として設計まで始めた……そう、大柄・大味・大雑把のアメリカなんざ目じゃねぇ、1067mm狭軌用に開発していた間違いなく狂気の機関車である。
    • もんじゅ:高速増殖炉実験炉「常陽」、新型転換炉「ふげん」の失敗に懲りずに建設した高速増殖炉実証炉。建設してから24年間もの間使い物にならず年間200億円を浪費。累計損失は1兆円以上の赤字を垂れ流した。やっと廃炉が決まったが廃炉に3000億円かかるとか。
    • 頼れる仲間プルト君1993年に動力炉・核燃料開発事業が制作した広報用ビデオ。「プルトニウムは飲んでも大丈夫」という狂気の内容が国際問題になり絶版。(悪い意味で)頭のネジが外れているとしか思えない内容が今でもよくネタにされる。
    • 東海村JCO臨界事故:ウラン溶液をバケツで混ぜた結果、臨界状態に。2人死亡。まあこのレベルの事故はアメリカやイギリスも1940〜50年代(その頃は放射能の恐ろしさがあまり知られていなかった)に何度もやらかしているが、日本は1999年にもなってやってしまった。もちろんこれは規定違反の操作の結果起こったものであり正規のマニュアルを二重に違反していた結果、核分裂反応を抑制する構造ではない槽で臨界量を越えてしまったために起きた事故。が、その根底には日本の産業界特有の“下請けに無茶をやらせて儲けを出す”体質がある。原子力事故としても深刻だが、それ以上に日本の製造業の今後に立ち込めた暗雲である。
    • 福島第一原子力発電所事故:まずこの福島第一原子力発電所というのが成り立ちからしてヒドい。関西電力美浜原子力発電所1号機に遅れてはならじと、東京電力が突貫で建てさせた原発なのである。この為、安全性よりもコストと建設期間の短縮を図って1ループ系のGE製BWRを導入する同様に工期短縮のためGEのパッケージ販売をほぼそのまま受け入れる(関電美浜はWHのパッケージ販売を受け入れず当初から三菱重工との共同施工とさせノウハウを蓄積させようとした)、その条件を満たすため高波・津波のリスクを限りなく低く見積もる、などして見事美浜原発を出し抜き、既存電力会社初の臨界にこぎつけた……が、この時後の破綻も約束された。
    • 中部電力浜岡原子力発電所:「起きるかどうか」ではなく、「いつ起きるか」という状況の東海沖地震の想定震源域の真上に建てられている狂気の原発。海外からは「核のロシアンルーレット」とまで言われている。福島第一原発事故以前は世界で最も危険な原発と言われていた。しかも原子炉は東京電力と同じGE製BWR。さらに過酷事故を起こすと季節風によって東京が汚染される
    • 三菱重工型APWRウェスティングハウス型PWR(加圧型軽水炉)を祖とし、関西電力以下60Hz地区の主要プラントとして建設し、電力会社と足踏みを揃えて不具合を潰してきた三菱によって開発された改良型PWR。大容量の格納容器と2ループ系の構造(原子炉を冷却する1次冷却水は格納容器外には出てこない)、受動安全性の確保というPWR本来の特徴をさらに改良したことにより、地震国日本でも最大限の安全性を発揮できるプラント……なのだが、海外に向けると高すぎて売れないといういつものオチに。ちなみに三菱重工は自身は好調(元連結子会社がやらかしたため手放したが)。
      • ちなみに、東芝は近年ウェスティングハウスを買収しているが、東芝(と日立製作所)の原発プラントは基本的にGE製BWR(沸騰水型軽水炉)の系譜である。
  • ヤマハPROTOシリーズ:インパクトの時間とラケットの固有振動数を一致させた世界初のテニスラケット。わかりやすく言うとラケットの持つパワーをロスなく打球に伝えるスーパーハイテクラケット。1988・1990年グッドデザイン賞を受賞、「厚ラケ」の愛称が付き、他のラケットメーカーもヤマハの特許に触れないように注意しつつ追随。だが、この(特にPROTO以外の)製品には大きな欠点があった。強くスピンをかける打ち方をすると空気抵抗が大きく振り辛い。それでも無理に強振するとボールをフレーム面で打ってしまいあらぬ方向にホームラン、という事態が多発。結局、各メーカーはフレームの厚さを従来サイズに戻し素材の組み合わせと構造で厚ラケ的特性を持たせる方向に進み、テニスはさらなるスピード・パワー・スピンの時代へと突入。ヤマハは、というと、PROTO自体にそこまでの使い辛さは無かったのが災いしたのか方向転換に失敗し、テニスラケット事業から撤退の憂き目に。最強と呼ばれるヤマハも地雷を踏む時は思い切り踏み抜く
  • 機械(特にロボット自動車)に対する異様な熱意「常軌を逸する」の一言に尽きる。そんなものまで機械を使う必要あるのかと突っ込まれそうなモノや場面までメカをねじ込む、メカを使えないならそれ自体を機械化すればいいじゃないとばかりに生物だろうがなんだろうが機械化して再現、フィクションでは神でも悪魔でも歴史ある建造物でも容赦なくメカ化するのもお手の物。上と合わせた美少女アンドロイドキャラなぞ多すぎて数え切れず、メカと恋愛どころか結婚なんてのも当たり前。特にロボット・車・家電、次点で鉄道に対する情熱は一種の病気レベル。何しろ某変態企業のアジア地区統括マネージャーが「(自動車における)日本市場の特徴は一般人の技術面に対する関心がやたらめったら高いところだ!他の国ならありえねーよ!そんなにメカが好きかこのメカフェチ共!!!(要約&一部誇張)」と漏らしていたという程である。ある意味イギリスとは正反対…ではあるが、冷静に考えてみるとこちらも向いている方向が逆なだけで確実に「変態」或いは「病気」の領域である。その原因の一端は間違いなくこの方
  • 古代出雲大社本殿:基礎跡から予想される復元図がファンタジック。
  • 戦国時代のデザイン額に堂々と「」とか入れてんじゃねーよ直江兼続。……と思ったら、実は「雲の上に愛」というデザインで1セット、仏教界の暴れん坊・愛染明王を意味しているんだそうである。他にも前立てに毛虫とかムカデとか伊勢海老とかつけちゃったり茄子の形してたり変なのは多い。ついでに言うとこのデザイン性は後にリアルロボット系アニメの嚆矢それに影響を与えたSF映画に取り入れられ、その上現代においてなお健在だったり……
  • 納豆:大豆を納豆菌によって発酵させた食品。日本固有の食品であり、糸を引く見た目とねばねばした食感、独特の風味から海外ではゲテモノ扱いされることも少なくないことは日本人の間でも有名であろう。独特の風味を持ち、本国の人間でも好き嫌いが分かれるという点では、英国のマーマイトに通じるものがあるかもしれない。……が、しかし話はこれで終わらない。なんと納豆のネバネバ成分から水質浄化剤を作る会社があり、発展途上国で少しずつ活動拡大中。
  • マグロに対する執着紅茶パスタが霞むくらいすごい。消費量も、世界中で和食ブームが起きてマグロ自体の需要が増えているにもかかわらず、全世界の消費量の1/5~1/4を日本が占めており、生鮮での消費に限れば日本>日本以外全部になっていると言うよく解らない構図。あまりに食べ過ぎたこともあり、世界の海からマグロが減ってしまった。ならばと近畿大学水産研究所が30年以上の歳月をかけて完全養殖に成功。しかも味が天然モノより優れていると言う代物で、まさにマグロへの執念恐るべし、である。
  • フグに対する執着糠漬けにすれば無毒化できることも発見。更に温泉水で養殖すれば、フグ毒の元である海洋毒性プランクトンもシャットアウト出来て、最初からほぼ毒が無いフグも生み出してしまうなど、仰天の発想まで飛び出す始末。また下関近海でハリセンボンが異常繁殖し、網に取り込まれ網や別の魚を傷つけて価値を無くしてしまうという被害が出たが、程なくして別の防御手段を持つがゆえに毒を持つ能力が退化しているというハリセンボンの特徴に気がついてしまいハリセンボンを食べてしまった近藤春菜「冗談じゃねぇよ!!」
  • ウナギに対する執着:こちらも食べ過ぎて絶滅危惧種に。深刻さはマグロの比ではないレベルなのだが、漁業管理もままならず「絶滅する前に食べておこう!」(「絶滅しそうなので食べるのはやめておこう」ではない)とテレビで呼びかける始末。完全養殖技術も開発されたが、実用化まではまだ遠く、絶滅までに間に合わない可能性も……ならば、絶滅危惧種のニホンウナギ養殖技術の完全実用化前に、その代わりとして現地民がまず食べない東南アジア産やアフリカ産のウナギにまで手を出し始めるなど、ウナギへの執着は冗談抜きで半端ない。
  • というか海産物全般:「一度ネジが外れたらとことんまで行く」という日本の国民性が思いっきりネガな方向に出ている例。「日本近海で海産物を取り尽くす→発展途上国の人々に海産物を獲らせ輸入する→日本人が好きな海産物は、漁業管理に成功している先進国を除き全世界で絶滅危惧種に」という流れが確立している。例えばサバなどは長年の乱獲が祟り日本近海では小さく痩せた魚ばかりが水揚げされる有様となり(漁獲規制を導入して良質な魚がとれている)ノルウェー産に市場を席巻され、結果として魚を安く買い叩かれる漁民は困窮している。それでも漁業界は生活のためにもっとたくさんの魚がとれるようにいっそうの規制緩和を要請しており、「小さいサバしかとれないなら、ふりかけなどの加工食品を開発しよう」「小サバをエサにしてサバを大きくなるまで養殖しよう」などと全力で間違った方向に努力を傾ける始末。
  • 日本酒日本人にとってはごくありふれた世界一の変態醸造酒(褒め言葉)。本来、ビール、ワインに代表される醸造酒のアルコール度数はだいたい5~15%。ところが糖化しやすい米を原料とする日本酒のアルコール度数は下限で15%前後と、醸造酒としては群を抜いて高い。日本人より総じて酒に強いと思われがちなロシア人だが、刺激の強い蒸留酒に慣れているため日本酒にかかると余裕で潰されるとか。日本人が酒に強いというより飲み方のテクニック……と言われがちだが、日本酒最強の「越後武士」(玉造酒造)のアルコール度数は醸造酒世界最強にして蒸留酒ですらこれ以上は少数派と言う46度。日本人の約半数は酒に弱い体質なのにどうしてこうなった
  • ラーメン(日式拉麺)海外の食文化の自国流の改造に定評のある日本面」のその代表例。明治時代に中国からの帰省者が“かん水”を用いた拉麺(ラーメン)を始めとした中華料理を多数もちこみ、戦後にその文化が大きく展開される。その中で誕生したのが日清食品の「チキンラーメンであり、世間一般にラーメンの存在を広く知らしめることになった。以降、日清を筆頭に日本の各食品メーカーがインスタントラーメンの製造・販売に力を注ぎ、日本人の“麺好き”の遺伝子も手伝ってあっという間に日本の食文化に根を張っていく。そして2000年代に突入するとラーメンブームが到来し、東京を中心に専門店がしのぎを削り出す。さらに今度は御当地ラーメンの発掘や開発も過熱し、もはや“ラーメン”という一つのジャンルを確立してしまった。麺の精製や、スープの出汁の取り方ももはや独自の進化を遂げており、本場である中国はおろか世界中さえ「日本のラーメンは“日本食”」と認定する始末
  • インスタントラーメン他、インスタント食品・レトルト食品・冷凍食品、等々:というか、ラーメンを筆頭にインスタントにできるもの全部。“乾燥→湯戻し”という単純な工程だけで、大体のものを美味しくしてしまえる驚異のフリーズドライ技術を確立。さらに“具と味付けを分ける”という考え方で、乾燥かやくと粉スープの付属という形式を編み出し、レトルトパウチ製法による食品を生のまま長期保存させるという方法を世界で最初に商品化(これがボンカレー)。これに味をしめたのか、とりあえずインスタント・レトルト・冷凍保存が出来るならやってみるという方針が食品業界に定着。おまけに舌の肥えた消費者を満足させるために、2000年以降は日進月歩の勢いで次々と新しい技術を確立。これが勢い余って軍用レーション宇宙食にまで波及し世界で絶賛される
  • イグノーベル賞:「人々を笑わせ、考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞。分野は多岐にわたるが、日本は2007年~2016年まで10年連続で受賞1995年以降の21年間で、受賞を逃したのは4回だけだったりする上に皮肉の意を込めての受賞がほとんどない(ペット育成ゲームが「数多くの人の労働時間を無駄にした(意訳)」という理由で受賞した程度)。
  • プラモデル:日本のプラモデルはその完成度や部品の精度で世界的に評価されているのは事実なのだが、中でもとんでもない奴らと言えば・・・
    • ガンプラ:シリーズ黎明期こそ単色成型・接着剤必須と良くも悪くも単なるプラモデルだが、いつの間にか接着剤完全不要・塗装不要レベルの多色成型というプラモデルとして異色すぎる仕様が標準に。ブランドによっては人型ロボ?航空機の変形などのギミック完全再現も当たり前
    • というかバンダイのプラモデル全般:最近ではガンプラ以外でも、ガンプラで培った技術を応用して様々な方面へのプラモデル化を進めている傾向がある。(もちろんいずれの製品も多色成型で基本塗装不要)例としてポケモン(しかも子どもでも組み立てやすいようにランナーの切り離しを工具なしでできるように工夫していたり)や、ドラゴンボールの登場人物や仮面ライダーシリーズなど、フィギュアのプラモ化も積極的に行っている。さらには、マクロスシリーズ、やラブライブ!サンシャイン!!初音ミクなどの美少女や、刹那・F・セイエイ三日月・オーガスなどの美男子の胸像フィギュアもラインナップしている。
    • ミニ四駆:当初はあくまで「安くて簡単に作れる動力付きプラモデル」だったのだが、レーシングタイプ登場から時が経つにつれてその内容はもはや「ただの動力付きプラモデル」の範疇を越えて軸受けにボールベアリング使ってみたりシャフトにステンレスやチタン合金(※限定商品)使ってみたり補強プレートにカーボン使ってみたりと「お前みたいなプラモがあるか」と言わんばかりのやりたい放題。ガチ勢はバッテリーの電圧管理は当たり前、ベアリングやモーターの「当たり」を探すために選別したりパーツ加工にCNC旋盤を持ち出したりする上にチーム組んで全国のレースを転戦とすると言うからもう、タミヤのキャッチコピーである「手のひらサイズのモータースポーツ」を地でいく様相を呈してきている。ついには第3次ブームで増えすぎた(公式戦では地方でも数百人~1000人規模)レーサーを捌く目的もあり、2016年から専用のスマホアプリをタミヤが世に出した。しかも公認レース用レギュレーションに則った仕様でも作る人が作れば40km/hも驚くような数字ではない。単3電池2本で走るプラモデルが原チャリよりも速いってどういう事だ。
    • ゾイド:旧トミーが世に送り出した動力内蔵式の幼児向けプラモデル。80年代前半に生まれたプラモデルでありながら多色成形及びスケールモデル顔負けの情報量とディティールを誇り、素組の時点で当時の全塗装したガンプラを超越する無茶苦茶な完成度からいい年したミリタリーマニアたちの心と財布もガッチリ掴んだ。小学館とのメディアミックスで生まれた「バトルストーリー」の現実的ながらもロボット物らしさ溢れる描写も人気を支えたが、末期から設定や造詣がやっつけ気味になってしまい、90年代前半にシリーズが終了。数年後にシリーズが再開されるも、やはり商品展開などでしくじってしまい、2000年代半ばに新シリーズは終了している。現在は下火となっているが潜在的な人気は今なおかなり高く、タカラトミーから企画を持ち込まれた縁でコトブキヤが展開しているHMM(ハイエンド・マスター・モデル)は地味に息の長いシリーズである。HMMは動力を廃した代わりに可動範囲が爆発的に増えており、造詣も大幅にアレンジされ情報量と完成度が更に上昇した。
  • 岸和田だんじり祭:アメリカ人やスペイン人もうならせる、リオサンバ・カーニバル、中華圏の春節のロケット花火乱射に並ぶ狂気の祭。狭っ苦しい日本の住宅街を巨大な地車(だんじり)を引っ張って暴走するというシロモノ。人力とは言え数百人がかりで突っ走るそれは40km/hだか60km/hだかに達するとか。当然、ちょっと舵切りを間違えようものなら人家に突っ込み半壊させ生身の人間が激突されれば即死である。でもやめられない。この為岸和田地区には「だんじり保険」という特別な保険があるのだとか……
    • ちなみに、かつてはヒートアップした結果、電線や電話線、踏切や路面電車の架線をぶっ千切るとかいう祭りが全国的に存在したが、今はここまではっちゃけるのは岸和田くらい。
  • 大局将棋:36×36(1296マス)の盤面と209種804枚の駒を使用する日本最大の将棋どころか世界最大の将棋類。ここまで巨大化したのは将棋は立像型駒や漢字一文字の平面駒である海外の将棋類と違い漢字二文字の平面駒であるため容易にコマを考案できるからだと思われる。とあるTV番組で行われた対局では実に三日間・対局時間32時間41分という大勝負(というよりもダルダルの展開)に。
  • 東京ディズニーリゾート:世界的にも有名なテーマパークであるが実はここ、世界で唯一本家の直営ではなく三井不動産京成電鉄が関与している「オリエンタルランド」がフランチャイズ方式で実際の経営を行っている。…だがその結果「本家」の意向を受けずにいい意味で好き勝手に企画や拡張を行い、日本人特有のきめ細かなサービスとも相まって世界のディズニー・テーマパークの中でもとりわけ高水準な位置にあるとすら言われている。さすが雑食と変態と魔改造の国、相手がディズニーでも容赦は無しということか…。
  • 防災科学技術研究所 E-ディフェンス:地震大国日本では、当然のことながら建物の耐震技術については世界の最先端をいっているわけだが、それを支えている施設の一つがこのE-ディフェンス、地震と同じ震動を起こして建物の耐震性などを調べる装置であるが、問題はそのスケールでなんと実物大の10階建て程度のビルを実際に揺らすことができる代物で、もちろんこんなものは日本以外には存在しない。
  • 研究不正:日本は21世紀に入るまで目立った研究不正はほとんどなかったにもかかわらず2004年を境に研究不正が急増。今や世界ランキングトップの藤井善隆を筆頭に「撤回論文ランキング上位の半分近くが日本人」という有様で、特に生命科学分野では「研究不正大国」という不名誉な烙印を押されている。原因としては、2004年の国立大学の法人化をはじめ「短期間で成果を出すことを強く求める」大学改革の影響が指摘されている。海外に留学している人も日本で教育を受けた(あるいは成果を上げて日本に帰ることを目指している)以上この影響からは逃れられず、小保方晴子をはじめ海外の研究機関で不正に手を染める若手日本人研究者が続出しており、日本の高等教育政策の失敗は世界的に被害を撒き散らしている。

関連記事

親記事

日本面 にほんめん

兄弟記事

コメント