ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鉄道×『艦隊これくしょん』のクロスオーバータグ。
特に、元は同じ公務員であった国鉄JR列車愛称とは命名規則が類似しているため、しばしば関連が指摘されている。

なお、本稿では解説の便宜上、軽微な表記揺れや修飾語の有無、あるいは由来の差異は同一名称扱い(例:「スーパーまつかぜ」=松風)とし、それ自体で一つの単語が成立している場合は別名称扱い(例:「きぬがわ」=鬼怒川鬼怒)としている。

ちなみに「鉄道コレクション」とカタカナ表記してしまうと、実在する鉄道模型の商品名になってしまうので注意すること。

列車愛称と艦娘

一部車両側の愛称を含む。

一覧

凡例

  • 表は五十音順。
  • 特記無き場合は全て国鉄~JR。
  • 年月が斜体のものは完全一致していない。
  • イベント等による一時的な設定は除外。
  • 発着駅が複数ある列車は代表例を記載。

名称種別期間区間備考
青葉急行1950~65上野~仙台「きたかみ」に統合。
特急1971~75仙台~秋田急行に格下げの上、再び当時の「きたかみ」に統合
新幹線1982~97上野~仙台新幹線における初の廃止愛称。
赤城快速1950~60上野~小山当初は「はるな」と対の関係だった。
急行1960~82上野~小山当初は準急。
特急1982~上野~小山
急行1958~64東京~大阪1961~62年に中断期間あり。
特急1965~2008京都~長崎西日本の基幹列車となり、全盛期には夜行だけで1日7往復運行された。
阿賀野準急1959~66仙台~新潟
急行1966~85郡山~新潟
快速1985~会津若松~新潟じわじわと衰退しながらもどっこい生きてる
急行1962~68仙台~青森「しらゆき」との連結経験あり。「きたかみ」に統合。
特急1970~2015上野~青森最後のブルートレイン。書類上はまだ終わっていない。「鳥海」との関係が非常に深い。
朝風特急1956~2005東京~博多最初のブルートレイン。廃止後にタイ国鉄に渡り、紫色になった車両がある。
朝潮急行1964~68金沢~出雲市小浜線を経由し、舞鶴も通っていた。
特急1972~96京都~米子経路は変わったが、同じく舞鶴に寄る便があった。
足柄特急1950~99小田急新宿~箱根湯本1966~67年に中断期間あり。
愛宕直通特急2011~高速神戸阪急嵐山
阿武隈準急1958~66上野~福島
急行1966~82郡山~平「平」は現在のいわき駅
快速2004~06郡山~いわきSLによる観光列車として断続的に設定。使用された客車のうち1両は大戦を経験していた。
天城準急1950~66東京~熱海数度の中断期間あり。
特急1966~81東京~伊豆急下田当初は急行。
有明準急1951~65門司港~熊本
急行1965~67岡山~熊本特急に名を譲る形で「しらぬい」に改称。
特急1967~2021博多~西鹿児島一時は「スーパー」や「ハイパー」を冠するイメージリーダーだった。西鹿児島系統の「つばめ」への改称や九州新幹線開業の影響で運転区間の縮小と減便がなされ、2018年3月から2021年3月12日の最終運転時は大牟田発博多行きが片道1本のみの運行までに縮小された。列車名称としては準急時代から数え70年間にわたり使用された事に。
五十鈴特急1932~38参急上本町~宇治山田
特急1952~60近鉄上本町~宇治山田
急行1966~68名古屋~鳥羽
伊勢急行1953~68東京~鳥羽「大和」「那智」との連結経験あり。
急行2013~14名古屋~伊勢市伊勢神宮の式年遷宮に合わせた時限設定。
磯風特急1965~68大阪~宮崎67年から半数ほどが佐世保へ向かうようになったが、それらを「日向」と「かもめ」に分離したため消滅。
特急1985~2005米子~小倉「まつかぜ」からの分割で誕生。気動車および昼行特急で最後の関門トンネル通過列車だった。
準急1935~37両国~安房鴨川「漣」と対の関係だったが、戦後は「黒潮」を経て「わかしお」を名乗るように。
急行1959~68名古屋~紀伊勝浦以降は単独設定。当初は準急。「くまの」との連結経験あり。
海風快速1988~2004仙台~石巻末期はあおば通駅を発着。
親潮-1990~2004三陸鉄道レトロ調車両の愛称で、「くろしお」と対の関係だった。
大淀特急1974~80博多~宮崎
加賀急行1961~68大阪~金沢当初は準急。中断期間あり。
急行1993~98上野~金沢
鹿島急行1975~82両国~鹿島神宮
葛城特急1947~60近鉄名古屋~伊勢中川
神風特急1937~38参急上本町~宇治山田※1
木曾急行1947~66名古屋~長野当初は準急。
北上急行1952~68上野~青森1964~65年に中断期間あり。漢字書きの時期あり。急行時代は東北の基幹列車だった。
急行1968~82仙台~青森北上線を経由するのはこの時から。
快速1982~2002北上~湯沢
鬼怒特急1948~東武浅草~鬼怒川温泉
霧島急行1950~70東京~西鹿児島1956年から漢字表記。「西鹿児島」は現在の鹿児島中央駅
特急1970~75京都~西鹿児島
急行1990~95新大阪~西鹿児島再度急行・漢字表記に戻った珍しい事例。
特急1995~宮崎~鹿児島中央「ひゅうが」との関係が非常に深い。
国後急行1967~68根室標津~釧路末端部で普通列車となり、実際に普通用の車両が使われた事もあったという。
熊野準急1952~66天王寺~新宮1956年からはひらがな表記。1961年からは那智勝浦以東の設定に大幅変更。
急行1966~80京都~紀伊勝浦草津線経由。
黒潮準急1933~37※2正式名称「黑潮號」。高度な技術をふんだんに盛り込んだ伝説の列車だった。
準急1950~65※2当初は快速。「くまの」と同時にひらがな表記になっている。
特急1965~天王寺~新宮当初は紀伊半島全体をカバーし、名古屋まで出ていた。
快速1952~63新宿~安房鴨川
準急1963~65両国~安房鴨川「さざなみ」との連結経験あり。
準急1961~65高松~須崎一時は国鉄だけで3種類の「黒潮」が同時に存在していた事になる。
-1990~2006三陸鉄道レトロ調車両の愛称で、「おやしお」と対の関係だった。
準急1935~37両国~安房鴨川「潮」と対の関係だった。
快速1952~70両国~館山準急の期間あり。中断期間あり。
特急1972~両国~館山
佐渡急行1956~85上野~新潟
島風特急2013~※3※3
不知火急行1967~72岡山~熊本「有明」(当時)からの改称。
-1993~94不定※4
白雪急行1963~82金沢~青森「あけぼの」「きたかみ」との連結経験あり。
快速1997~2002秋田~青森
特急2015~新潟~えち鉄新井なお、乗り入れ先の路線名は妙高はねうまラインである。
川内特急2011~16川内~鹿児島中央正式名称「川内エクスプレス」。
筑摩急行1959~2005大阪~長野当初は準急。
千歳急行1959~90室蘭~札幌当初は準急。
鳥海急行1950~56上野~秋田奥羽本線経由。
急行1965~82上野~秋田これ以降は羽越本線経由。
特急1982~97上野~青森「あけぼの」との関係が非常に深い。
長門急行1958~65広島~門司
急行1968~73大阪~下関
急行1975~92出雲市~長門市
長良準急1960~64東京~大垣
快速1996~東京~大垣正式名称「ムーンライトながら」。
観光列車2016~長良川鉄道1両ごとに車両愛称もあり、3両目が表記は異なるものの「川風(かわかぜ)」である。塗装も真っ赤。
那智急行1959~68東京~新宮「伊勢」との連結経験あり。
羽黒急行1956~68上野~秋田羽越本線経由で、末期は「鳥海」と平行設定。最終的に統合された。
浜風準急1961~63新宿~館山「さざなみ」に近い性格だった。
特急1972~大阪~鳥取駆逐艦の無念を晴らすかのようなエピソードを持つ。鉄道界でと言えばこの列車。
-2014~三陸鉄道正式名称「さんりくはまかぜ」。お座敷車両の愛称。
榛名快速1950~60上野~桐生当初は「あかぎ」と対の関係だった。
急行1965~68上野~前橋当初は準急。当時の「あかぎ」と同格で復活したものの補完的な立場となる。
急行1982~85上野~小山特急に昇格した「あかぎ」から急行のまま残る便を継承しようとした。
比叡急行1957~84名古屋~大阪当初は準急。名阪間の基幹列車で、新幹線開業後も長期間残存した。
観光列車2018~叡山電鉄「デオ732」の大規模改造後の愛称。とても独特なデザインをしている。
特急1959~64東京~大阪※5
日向急行1960~68京都~都城
特急1968~75大阪~宮崎「いそかぜ」(当時)からの改称。
特急2000~延岡~宮崎空港「きりしま」との関係が非常に深い。
平戸急行1961~65大阪~佐世保
急行1965~68京都~佐世保
急行1968~83博多~長崎筑肥線松浦線経由
急行1983~88唐津~長崎筑肥線松浦線経由
Prinz EugenICE1971~2004キールウィーン
松風特急1961~86京都~博多福知山線山陰本線経由。基幹列車だったが、「いそかぜ」等に細分化され消滅。
特急2003~鳥取~益田「くにびき」となっていた列車を改称する形で復活した。
瑞穂特急1961~94東京~熊本後発かつ補完的な立場だった。
新幹線2011~新大阪~鹿児島中央大人の事情で同区間の最速列車に大抜擢。「日本国の別名」という古い比喩表現が意識されるようになったのは実質この時から。
妙高急行1958~93上野~直江津当初は準急。
快速1997~2015長野~直江津※6
武蔵特急1973~西武池袋~飯能
特急1976~93西武新宿~所沢同一会社が意図的に名前を被らせた珍しい例。
陸奥※71963~85※7※7
特急1985~86青森~秋田格上げされイラスト入りのヘッドマークまで用意されたが、短命に終わる。
最上急行1959~86仙台~酒田当初は準急。
山城急行1961~62東京~大阪※8
大和急行1950~68東京~湊町「湊町」は現在のJR難波駅「伊勢」との連結経験あり。
夕張急行1961~72札幌~夕張当初は準急。
若葉団体専用1965~73明石~品川修学旅行用列車の一種で、近畿圏の学校向けに半定期で設定されていた。

  • ※1:元は同名の朝日新聞所有の飛行機(軍用ベース)と接続して伊勢神宮への参拝を行う目的で設定された臨時列車。当時の世相もあって好評を博したため「五十鈴」の大半を改称して常設となったが、戦時体制の強化によって特急の運行そのものが廃止されるという終焉を迎えている。現代の感覚からすれば隔世の感しかない。
  • ※2:激しく競合していた阪和電気鉄道南海電気鉄道紀勢線を飛び地路線として開業させた国の思惑が一致した結果、両路線を別々に発車した「黑潮號」が合流・連結して紀勢線に乗り入れるという呉越同舟の運行形態を取っていた。この関係は戦争を挟んで阪和電気鉄道が国鉄阪和線となった後も特急格上げまで続いた。
  • ※3:現在の近鉄は全て車両側の愛称としており、「50000系」を用いる列車全てが「しまかぜ」である。なお、コンセプトから漢字表記は「志摩風」になる可能性が高いが、実際にそのように表記された事は無い点、「特殊構造・近鉄最速・2013年デビュー」という特徴が艦娘・島風を彷彿とさせ特に話題となっていた点から一覧に含めた。
  • ※4:ジョイフルトレインの一種。当該車両は改造と改名を繰り返してこの形態に落ち着いたが、更なる方針変更で「ジョイフルトレイン」というカテゴリーそのものの廃止が決まり、結局廃車・解体されたという曰くを持つ。
  • ※5:「こだま」(当時)の補完的意味合いが強く、同じ特急ながら2ランクほど劣る設備の車両が充当されていた。新幹線にも引き継がれずにそのまま消滅しており、騒音公害が社会問題化してからは忌名扱いされているとの説までまことしやかに語られる、艦艇とはうって変わった不幸ネームである。
  • ※6:当初は「信越リレー妙高」という名称だった。それが示す通り、元々特急「あさま」の新幹線化で余剰となった車両を、新幹線が北陸地方に到達するまでの繋ぎとして再利用した時限設定の列車であった。なお、新幹線より圧倒的に少ない本数にもかかわらず利用が低迷した事から、最終的には全区間普通列車となる運用まで現れている。
  • ※7:当初は仙台~青森に設定された準急であったが、ほどなく秋田まで延長されU字型の経路を取るようになる。しかし、青森を境に種別が変わるなど方針が二転三転した末に再度分割される事となり、その際何故か延長部分の青森~秋田の急行が継承して同区間で定着した。
  • ※8:この当時の国鉄は、列車の混同を防ぐ目的でほぼ1本ごとに異なる名前を付けるという事を試みていた。そのためだけに既存列車から無理矢理分離されたような存在で、結局長続きせずその後も二度と使用されていない。

番外

  • 神威:国鉄~JR北海道で「かむい」または「カムイ」の設定が断続的にあるが、漢字および「かもい」で表記された例が無いため除外した。カムイ(列車)の項目も参照のこと。由来は共通である。
  • 千代田東海道本線に1959年4月10日と12日の2日間限りで準急「ちよだ」の設定があった。「皇太子(現・上皇御成婚記念」として運行された実質的な祝賀列車で、彼らと同じ新婚夫婦のみが乗車できたという。
  • 多摩:小田急に一時期「多摩急行」が存在していたが、「多摩急行」という種別名(急行「多摩」ではない)であったため除外した。


以下は装備品の名称。

  • 銀河:東海道本線の名脇役的な寝台急行だった。その経歴を買われてか、JR西日本にて寝台列車と観光列車の中間的存在となる「WEST EXPRESS 銀河」として復活している。銀河(列車)の項目も参照のこと。
  • 彩雲:大阪~長野の団体専用列車に設定例がある。
  • 彗星:京都~南宮崎の寝台特急だった。「あかつき」との連結経験あり。
  • 東海:その名の通り一貫して東海道本線に設定され、急行の代名詞的存在でもあった。東海(列車)の項目も参照のこと。
  • 疾風:2002年の八戸延伸から2011年の「はやぶさ」登場まで、東北新幹線の最速列車の名称だった。その後も青森付近の区間列車に意味合いを変えて少数が継続使用されている。はやての項目も参照のこと。
  • :2009年までは東京~西鹿児島の寝台特急として、2011年からは東北新幹線の最速列車として設定されている。はやぶさ(列車)の項目も参照のこと。
  • 雷電函館本線岩内線の直通列車で使用例がある。岩内線付近に存在する「雷電温泉」に由来する名称で、同名の駅を設置する計画もあったが、実現することなく岩内線自体が廃線となっている。当然のことながらコンビ名としての「雷電姉妹」とはさらに関係が無い。
    • 余談だが単体としては「公募すると割と上位に入ってくるが結局選ばれない愛称候補」として妙な知名度があるようで、「いかづち」「いなづま」と読む鉄道関係者は少なくないらしい。

  • 江若鉄道湖西線の前身)が自社発注したC11形蒸気機関車の一両に「ひえい(比叡)」と名付けていた例がある。同車は巡り巡って東武鉄道の所有となり、2020年冬にSL大樹牽引機として復活する予定である。

  • 国鉄時代に落成した12系を種車とするジョイフルトレインには、列車名とは別に一両ごとの愛称が付けられる例があった。
    • 符合車両は以下の通り(カッコ内は列車名)。
    • オロ12 801「日向」(海編成):ただし由来は海名
    • オロ12 805「武蔵」(なごやか)
    • オロ12 814「大和」(ワカ座)
    • オロ12 826「加賀」(サワ座)
    • オロ12 831「伊勢」(ナコ座)
    • オロ12 841「榛名」(くつろぎ)
    • オロ12 854「利根」(やすらぎ)
    • スロフ12 805「妙高」(カヌ座)
    • スロフ12 807「伊勢」(ワカ座)
    • スロフ12 810「さつき」(旅路):ただし由来は植物名
    • スロフ12 822「赤城」(くつろぎ)

  • イギリス国鉄50形ディーゼル機関車(Class50)には、1両ごとにイギリス海軍で活躍した軍艦の名が付けられていた。現状艦艇そのものを命名規則とした例はこれらのみである。

路線名と艦娘


一覧

名称記事期間所在備考
愛宕×1929~44京都府愛宕山鉄道。※1
阿武隈1986~福島県宮城県国鉄の未成線を継承した第三セクター
伊勢1973~三重県1987年までは国鉄だった。
鹿島1970~千葉県茨城県国鉄の財政悪化によって建設が中断し、未成部分は「鹿島臨海鉄道」として開業。
葛城×1967~奈良県葛城索道線。※2
北上1966~岩手県秋田県
金剛×1924〜1950?朝鮮金剛山電気鉄道。※3
川内×1913~27熊本県鹿児島県鹿児島本線に編入。
高雄×未成線京都府高雄電気鉄道。※4
多摩1974~神奈川県~東京都
千歳1943~北海道「北海道鉄道」の戦時買収で成立。
千代田1969~東京都営団東京メトロ地下鉄
摩耶×※4兵庫県※5
屋代×2002~12長野県長野電鉄の一部だった。廃線の過程で一時的に命名。
夕張1909~81北海道運炭の効率化のため「北海道炭礦鉄道」を買収し、命名。その後「石勝線夕張支線」となり、2019年廃止。
1926~75北海道「北海道炭礦鉄道」の流れを汲む私鉄として設立。廃線後も社名をそのままにバス会社として存続している。


  • ※1:一般鉄道とケーブルカーの組み合わせで愛宕山を登る、京阪系の私鉄だった。この「愛宕山」は艦艇・愛宕の直接の由来にもなった、愛宕信仰の総本山である。
    • ところが関西私鉄にありがちな周辺の観光開発・多角経営化が徒となり、全線が「不要不急路線」として運行停止を余儀なくされる。戦後に復活も検討されたものの、観光施設ごとあらかた撤去されて軍事転用されるなどしていたため最早不可能と判断され、そのまま野に還る事となってしまった。

  • ※2:近鉄葛城山にかけたロープウェイ。何かと駆逐艦との縁が深い「葛城」であるが、現在同線で使用されているゴンドラにもはるかぜ」「すずかぜどこかで聞いたような名前が付けられている
  • ※3:朝鮮半島では数少ない本格的な電気鉄道だったが、日本統治終了後は沿線が38度線地帯だったために路線が韓国と北朝鮮に分断された。さらに朝鮮戦争で破壊される形で廃線となってしまった。なお、「金剛」の由来となった金剛山は大阪府と奈良県の府県境にある山である
  • ※4:愛宕山と同様の経緯で高雄山への参詣・観光を計画した私鉄だった。こちらは有力な経営基盤を持たず、愛宕山鉄道や山陰本線との接続を予定しながら規格が合わない(当初は世界的にも珍しい広軌の採用も)など疑問点が多く、戦争を待たずして免許を取り消されている
    • もっとも、発想自体は悪いものではなかったようで、後に国自らその経路の一部を辿る形でバス路線を開業。現在も西日本JRバス高雄・京北線」として数少ない生き残りになっていると、変遷はとことん対照的である。

  • ※5:以上の鉄道と同じく摩耶山の参詣・観光路線。阪神系だった「摩耶ケーブル」(1925年開業)と、神戸市交通局系だった「摩耶ロープウェー」(1955年開業)が、震災復興の過程で神戸市の外郭団体の管理下に入り、現在は「まやビューライン」として一体運営されている。
    • ケーブルカーの方は戦時中に不要不急路線指定による廃線危機も経験している。

駅名と艦娘

数が膨大になるため、「旧国名+地名」等の複合名称(例:伊勢中川駅)も完全一致するもののみの掲載とする。

一覧

名称期間主な発着路線所在備考
青葉1988~室蘭本線北海道
赤城1933~65流鉄千葉県現・平和台駅。車両愛称としてはその後も使用例がある。
1958~東武桐生線上毛電気鉄道群馬県
明石1888~山陽本線兵庫県
秋月1913~38両筑軌道福岡県路線ごと廃止。
1916~33山東軽便鉄道和歌山県数社を経て現在は和歌山電鐵貴志川線日前宮駅として営業中。
1941~70羽幌炭礦鉄道北海道路線ごと廃止。
足柄1903~御殿場線静岡県当初は信号場。1947年に駅に昇格。
1927~小田急小田原線神奈川県御殿場線の駅とは足柄山を挟んで反対側の関係。
愛宕1929~44愛宕山鉄道京都府路線ごと廃止。
1929~東武野田線千葉県
1929~73旭川電気軌道北海道路線ごと廃止。会社はバス会社として存続。
1962~東北本線宮城県
阿武隈1988~阿武隈急行宮城県
天城1913~72下津井電鉄岡山県路線短縮により廃止。その後残る区間も廃止され、バス会社に。
有明1915~大糸線長野県
1995~ゆりかもめ東京都
伊勢大井1938~名松線三重県
1975~2018三江線島根県路線ごと廃止。艦これ稼働中に廃駅となった初の例。
大淀1914~75阪神北大阪線大阪府路線ごと廃止。
沖波1988~2005のと鉄道能登線石川県長らく仮駅だった。常設化時に「立戸ノ浜」から改称。路線ごと廃止。
鹿島1898~常磐線福島県なお、鹿島線が発着するのは「鹿島神宮駅である。
葛城1913~54鞆鉄道広島県路線ごと廃止。会社はバス会社として存続。
香取1931~成田線鹿島線千葉県
神威1898~88歌志内線北海道路線ごと廃止。こちらの読みは「かもい」だった。
北上1954~東北本線、北上線東北新幹線岩手県
衣笠1944~横須賀線神奈川県
金剛1937~南海高野線大阪府
Sheffield1870~イースト・ミッドランズ・レールウェイミッドランド本線、シェフィールド・スーパートラムサウスヨークシャー都市州
Johnston1856~トランスポート・フォー・ウェールズウェスト・ウェールズ線支線ペンブルックシャー州"Milford Road"に改称されていた時期がある。
川内1940~鹿児島本線九州新幹線肥薩おれんじ鉄道鹿児島県他の「川内駅」は全て「かわうちえき」と読む。
鈴谷1925~45豊真線樺太線路移設により日本統治中に廃止。
大東2008~高雄捷運橘線高雄市現在の読みは「ダードン」
高雄1912~13名鉄犬山線愛知県ほどなく「下野」となり、さらに「扶桑」へ改称。
1940~台湾鉄路・高雄捷運各線高雄市現在の読みは「ガオション」もしくは「コーヒョン」
1958~2018三江線島根県路線ごと廃止。前述の潮駅から江津方面に7駅という位置。
Ташкент1899~ウズベキスタン鉄道・タシュケント地下鉄タシュケント特別市
丹陽1907~中国国鉄江蘇省読みは「タンヤン」。艦艇「丹陽」と同一の由来とされる。
1948~韓国鉄道公社忠清北道読みは「タニャン」。当初「忠北丹陽」として開業していたものを省略。
千歳1926~千歳線北海道
1927~内房線千葉県当初は仮駅。
鳥海1951~52羽越本線山形県仮駅。「南鳥海駅」として常設化され今に至る。
千代田1938~南海高野線大阪府同名の工場・車庫を併設する。
長門大井1929~山陰本線山口県
那智1912~紀勢本線和歌山県
名取1963~東北本線・仙台空港鉄道宮城県
日進1940~川越線埼玉県
1955~宗谷本線北海道
1979~名鉄豊田線愛知県当地の地名は帝国海軍の二代目「日進」に由来するとされる。
能代1909~五能線秋田県
Perth1881~トランスパース・レールウェイ各線西オーストラリア
羽黒1904~水戸線茨城県後述の水戸線大和駅とともに桜川市にあり、その中心駅である岩瀬駅を挟んで反対側の位置にある
1931~名鉄小牧線愛知県明治村口駅」に改称されていた時期がある。
日向1899~総武本線千葉県なお、ひゅうが」が発着するのは「日向市駅である。
Houston1960~アムトラックテキサス長距離列車「サンセット・リミテッド」停車駅。
藤波1960~2005のと鉄道能登線石川県「沖波」と同線で、同様に廃止。この路線は他にも「波」の付く駅を複数有していた。
扶桑1948~名鉄犬山線愛知県上記「高雄」として開業したもの。
摩耶1925~2001摩耶ケーブル・摩耶ロープウェー兵庫県両線とも被災したため1995年以降は営業休止。再開時に「虹の駅」と改称した。
2016~東海道本線兵庫県艦これ稼働中に新設された初の例。
三日月1934~姫新線兵庫県
瑞穂1917~台湾鉄路台東線花蓮県「水尾」だったものが訛ったとされる。現在の読みは「ルイスイ」
1956~宗谷本線北海道長らく仮駅だった。
深雪1911~46樺太東線樺太※1
武蔵1933~64大分交通国東線大分県水害により廃止。その後残る区間も廃止され、バス会社に。
武蔵大和1936~西武多摩湖線東京都※2
最上1999~陸羽東線山形県
屋代1888~しなの鉄道しなの鉄道線長野県長野電鉄屋代線が存在した頃は同線もこの駅を発着していた。
大和1926~相鉄本線・小田急江ノ島線神奈川県小田急側は当初「西大和」として開業。
1988~水戸線茨城県前途の水戸線羽黒駅とともに桜川市にあり、その中心駅である岩瀬駅を挟んで反対側の位置にある
山城1918~65山鹿温泉鉄道熊本県休止期間を経て路線ごと廃止。なお、現存する三岐鉄道の駅は「やまじょう」と読むため除外。
弥生1948~87幌内線北海道当初は仮駅。路線ごと廃止。
1948~水島臨海鉄道水島本線岡山県
夕張1892~2019石勝線夕張支線北海道路線ごと廃止。なお、夕張鉄道の方は「夕張本町駅」を発着していた。
由良1903~山陰本線鳥取県通称コナン駅」。作者の出身地および記念館の最寄駅のため。
若葉1979~東武東上線埼玉県
Washington(英米に複数該当)なお、艦名の由来となった米ワシントン州には同名の駅は存在しない。


  • ※1:ソ連に接収。現在も「ロシア鉄道」がコルサコフ-ノグリキ線スタロルースコエ=サハリンスコエ駅として営業している。
  • ※2:サジェストに「強そう」と出るほどの知名度を誇る。単線の中間駅というローカルな存在にもかかわらず専用の記事まである。

その他


  • 東京急行:ゲーム中の作戦名として取り上げられた名称(ただし、由来は連合国側から)だが、東急電鉄が長らくこの社名で営業してきた事から、そちらを連想した人も多かった模様。詳細はリンク先を参照。

なお、以上は全て運行面から見た話であり、メーカー視点で見ればまた違った関係が見えてくる。
現在も川崎重工がそうであるように、艦艇と鉄道車両を共に製造する企業は珍しい存在ではなかった。ボイラーの技術も共通していた蒸気機関車の時代はさらにである。
藤永田造船所のように現存せず、もはや製造物を目にする事自体が聖地巡礼の域に達してしまったメーカーも存在する。

関連イラスト

あけぼのの夜
温泉卓球黒潮


春。桜が綺麗…【日刊桐沢】
ウソ表紙



まさかの公式

  • 富士急行:2017年に傘下の富士急ハイランドで『瑞雲祭り』が開催されるのに合わせ、期間中「6000系」1編成を艦これのラッピングトレインとして運行した。言うまでもなく鉄道業界初の公式コラボである。
    • なお、「6000系」は模型の方の「鉄道コレクション」で製品化(ただし数形態あり、全くの同型は富士急限定販売)されており、頑張れば両者をコラボさせる形で再現できなくもないというのもポイント。実際にした報告がSNS上に複数上がっている。


磯波×柴口このみ



関連タグ

艦隊これくしょんのコラボタグ一覧 艦娘 列車愛称
シーサイドライン磯波
国鉄航空艦隊これくしょん
鉄道省としては海軍の提案に反対である:実際には軍と鉄道が対立する事も多々あった。
てつどう! 鉄道m@ster 東方乗車録 アズールレール:他作品における類似のタグ。

関連記事

親記事

艦隊これくしょんのコラボタグ一覧 かんたいこれくしょんのこらぼたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鉄道これくしょん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1831836

コメント